PMO プロジェクトのライフサイクルとプロセス

ccppmop157
アイデアは、承認プロセスを通過するか、優先処理されて、プロジェクトを作成できます。 アイデアの変換準備が完了すると、アイデア レビュー プロセスによってプロジェクト作成プロセスが開始されます。 プロセスは、次のアイデア タイプとアイデア カテゴリの組み合わせを基にしています。 このプロジェクト作成プロセスによって、適用可能なプロジェクト テンプレートを使用して、アイデアがプロジェクトに変換されます。 さらに、フィールドの値は、アイデアからプロジェクトにコピーされます。
 
アイデア タイプ
 
 
アイデア カテゴリ
 
プロジェクト作成プロセス
プロジェクト テンプレート
メジャー プロジェクト
該当せず
メジャー プロジェクトの作成
メジャー プロジェクト テンプレート
インフラの展開
該当せず
インフラストラクチャ プロジェクトの作成
インフラストラクチャの展開テンプレート
アプリケーションの変更
拡張
アプリケーション変更プロジェクトの作成
アプリケーション変更テンプレート
アプリケーションの変更
COTS 評価
アプリケーション COTS プロジェクトの作成
アプリケーション COTS テンプレート
 
 
プロジェクト ライフサイクル プロセス
以下の自動プロセスは、アイデアのレビューおよび承認に始まりプロジェクト作成に至るまでのプロジェクト ライフサイクルの管理を容易にすることを目的としています。
  • ドキュメントのレビュー
    ドキュメントのレビュー プロセスでは、提案または業務タイプのドキュメントのレビュー ワークフローを管理します。
    以下の図は、提案および操作のドキュメントに使用されるドキュメントのレビュー プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、提案および操作のドキュメントに使用されるドキュメントのレビュー プロセス ワークフローを示しています。
 
  • アイデアのレビュー
    アイデアを使用すると、より適切な分析を、より早い段階で行うことができます。 分析を行うことで、不十分または会計的に実現不可能なアイデアを、投資になる前に除外できます。 アイデアは、追跡して投資案件に変換できます。
    以下の図は、不十分で会計的に実現不可能なアイデアを除外するために使用されるアイデア レビュー プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、不十分で会計的に実現不可能なアイデアを除外するために使用されるアイデア レビュー プロセス ワークフローを示しています。
 
  • 問題のレビューとエスカレーション
    問題のレビューとエスカレーション プロセスでは、優先度の高いプロジェクト問題のレビュー ワークフローを管理できます。
    以下の図は、優先度の高いプロジェクト問題に対する問題のレビューとエスカレーション プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、優先度の高いプロジェクト問題に対する問題のレビューとエスカレーション プロセス ワークフローを示しています。
 
  • アプリケーション変更プロジェクトの作成
    アプリケーション変更プロジェクトの作成プロセスでは、アプリケーション変更テンプレートを基に、プロジェクトを作成します。
    以下の図は、プロジェクトを作成するために使用されるアプリケーション変更プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、プロジェクトを作成するために使用されるアプリケーション変更プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
  • アプリケーション COTS プロジェクトの作成
    アプリケーション COTS プロジェクトの作成プロセスでは、アプリケーション COTS テンプレートを基に、プロジェクトを作成します。
    以下の図は、プロジェクトを作成するために使用されるアプリケーション COTS プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、プロジェクトを作成するために使用されるアプリケーション COTS プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
  • インフラストラクチャ プロジェクトの作成
    インフラストラクチャ プロジェクトの作成プロセスでは、インフラストラクチャ展開テンプレートを基に、プロジェクトを作成します。
    以下の図は、プロジェクトを作成するために使用されるインフラストラクチャ プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、プロジェクトを作成するために使用されるインフラストラクチャ プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
  • メジャー プロジェクトの作成
    メジャー プロジェクトの作成プロセスでは、メジャー プロジェクト テンプレートを基に、プロジェクトを作成します。
    以下の図は、プロジェクトを作成するために使用されるメジャー プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
この図は、プロジェクトを作成するために使用されるメジャー プロジェクトの作成プロセス ワークフローを示しています。
 
 
C2_Process7_CreateMajorITProject_Part2.png
 
プロジェクト テンプレート
プロジェクト テンプレートを使用することで、そのプロジェクト タイプの標準のタスクおよびロール割り当てを基に、プロジェクトを作成できます。 テンプレートによって、プロジェクトの作成を一貫性を持って、効率的に行うことができます。 アイデアのレビュー プロセスでは、これらのテンプレートを使用して、これらのタイプのプロジェクトを作成します。 あるいは、これらのテンプレートを使用して、プロジェクトを作成できます。 組織の需要および要件に合わせて、テンプレートを変更できます。 これらのテンプレートを複製して、ユーザの組織の各プロジェクト タイプに合わせて新規プロジェクト テンプレートを作成することもできます。
メジャー プロジェクトの承認およびゲート レビュー プロセスを使用するには、各フェーズの最後のタスクの名前およびプロパティを変更できます。 ただし、ID は変更しないでください。 ゲート レビュー プロセスは、特定の ID を持つタスクの完了時に開始されます。
詳細については、「プロジェクト管理」を参照してください。プロジェクト管理
以下のプロジェクト テンプレートが用意されています。
  • アプリケーションの変更
    アプリケーションの変更テンプレートは、プロジェクトを管理して、ソフトウェア アプリケーションを変更する際に役立ちます。
    アプリケーション変更プロジェクトの作成プロセスでは、プロジェクト テンプレートが使用されます。 プロセスでは、プロジェクトを作成するために自動ワークフローが提供されます。 また、テンプレートを使用して、新規アプリケーション変更プロジェクトを作成することもできます。
    以下の図は、アプリケーション変更テンプレートの例を示しています。
 
この図は、アプリケーション変更テンプレートの例を示しています。
 
  • アプリケーション COTS
    アプリケーション COTS テンプレートは、商用在庫(COTS)アプリケーション選択の管理を目的として設計されています。 このプロジェクト テンプレートは、新製品を提供するベンダーの選択時に、アクティビティを管理するために使用します。
    アプリケーション COTS プロジェクトの作成プロセスでは、プロジェクト テンプレートが使用されます。 プロセスでは、プロジェクトを作成するために自動ワークフローが提供されます。 また、テンプレートを使用して、アプリケーション COTS プロジェクトを作成することもできます。
    以下の図は、アプリケーション COTS テンプレートの例を示しています。
 
この図は、アプリケーション COTS テンプレートの例を示しています。
 
  • インフラの展開
インフラストラクチャ展開テンプレートは、インフラストラクチャ拡張機能の展開を管理するのに役立ちます。
インフラストラクチャ プロジェクトの作成プロセスでは、プロジェクト テンプレートが使用されます。 プロセスでは、プロジェクトを作成するために自動ワークフローが提供されます。 また、テンプレートを使用して、アプリケーション IT インフラストラクチャ展開プロジェクトを作成することもできます。
以下の図は、インフラストラクチャの展開テンプレートの例を示しています。
 
この図は、インフラストラクチャの展開テンプレートの例を示しています。
 
  • メジャー プロジェクト
    メジャー プロジェクト テンプレートは、アプリケーション拡張および開発プロセスのフレームワークを提供します。 このテンプレートは、プロジェクト マネージャがプロジェクトをすべてのゲート レビューを通過させるのに役立ちます。
    メジャー プロジェクトの作成プロセスでは、プロジェクト テンプレートが使用されます。 このプロセスでは、プロジェクト作成、および承認およびゲート レビュー ワークフローの管理の自動ワークフローが提供されます。 また、テンプレートを使用して、プロジェクトを作成することもできます。 このテンプレートには、サンプル作業ブレークダウン ストラクチャ(WBS)が含まれます。 WBS には 6 つの主要なフェーズがあり、各フェーズにはサブタスクがあります。
    以下の図は、メジャー プロジェクト テンプレートの例を示しています。
 
この図は、メジャー プロジェクト テンプレートの例を示しています。
 
アイデア タイプとアイデア カテゴリ ルックアップ マッピング
[アイデア タイプ]と[アイデア カテゴリ]の値の利用可能なリストを管理するには、[ルックアップ マッピング]オブジェクトを使用します。 これらの値は、ユーザが[アイデアの作成]ページでアイデアを作成するときに表示されます。 [アイデア タイプ](親ルックアップ)と[アイデア カテゴリ](子ルックアップ)フィールド用として、以下のデフォルトのルックアップ値が表示されます。
  • [アプリケーション変更]と[COTS 評価]
  • [アプリケーション変更]と[拡張]
  • [インフラの展開]と[デスクトップ]
  • [インフラの展開]と[配布済み]
  • [インフラの展開]と[ネットワーク/通信]
  • [メジャー プロジェクト]と[遵守性/法令]
  • [メジャー プロジェクト]と[新規開発]
  • [メジャー プロジェクト]と[新規の製品またはサービス]
  • [メジャー プロジェクト]と[その他]
 
以下の手順に従います。
 
  1. [ホーム]から[カスタム オブジェクト]-[ルックアップ マッピング]をクリックします。
  2. [新しいルックアップ マッピング]をクリックします。
  3. 以下のフィールドに入力します。
    • マッピング タイプ
      2 つのルックアップ値(親/子)が表すマッピングのタイプを定義します。 選択内容により、利用可能な親ルックアップと子ルックアップの値が決定されます。
      既定値:
      [アイデアとプロジェクトのタイプ]/[カテゴリ]
    • 親ルックアップ
      マッピング用のプライマリ ルックアップ値を定義します。 選択した値により、利用可能な子ルックアップの値が決定されます。
      値:
      [アプリケーション変更]、[インフラの展開]、または[メジャー プロジェクト]
    • 子ルックアップ
      マッピング用のセカンダリ ルックアップ値を定義します。
      値:
      [新規開発]、[遵守性/法令]、[新規の製品またはサービス]、[その他]、[拡張]、[COTS 評価]、[配布済み]、[ネットワーク/通信]、または[デスクトップ]
  4. 変更を保存します。
  5. (オプション)作成したルックアップ マッピングを削除できます。 削除したルックアップ マッピングは再アクティブ化できません。 システムのルックアップ マッピングとシステムの制約付きのルックアップ マッピングは、削除できません。
アドイン ルックアップ マッピング
アイデア オブジェクトと同様に、アドイン ルックアップ マッピング オブジェクトを使用して、マッピング タイプに基づくアドイン ルックアップ マッピング値の間の関係を管理します。 マッピング タイプにより、親と子のルックアップ値のさまざまな組み合わせの作成に使用できるオプションが決定します。 マッピング タイプは、アドインによってシードできます。 アドイン ルックアップ マッピングの使用方法の例については、「アプリケーション ポートフォリオ管理」を参照してください。
以下のマッピング タイプは、その他の
Clarity PPM
アドインのプレースホルダとして、PMO アクセラレータでシードされます。
  • アプリケーション ソフトウェア カテゴリ/サブカテゴリ
アドイン ルックアップ マッピング オブジェクトは
Clarity PPM
アドインに対してのみ使用します。 既存のマッピング タイプに値を追加します。新しいマッピング タイプはアドイン機能に影響を与える可能性があるため、作成しないでください。
 
以下の手順に従います。
 
  1. [ホーム]から[カスタム オブジェクト]-[アドイン ルックアップ マッピング]をクリックします。
  2. [新しいアドイン ルックアップ マッピング]をクリックします。
  3. 以下のフィールドに入力します。
    • マッピング タイプ
      マッピング対象の 2 個のルックアップ値(親/子)を定義します。
    • 親ルックアップ
      マッピングする最初のルックアップを定義します。 [マッピング タイプ]で選択した値が親ルックアップ値を決定します。
    • [子ルックアップ]
      マッピングする 2 番目のルックアップを定義します。 [マッピング タイプ]で選択した値が子ルックアップ値を決定します。
  4. 変更を保存します。
  5. (オプション)作成したアドイン ルックアップ マッピングを削除できます。 削除したルックアップ マッピングは再アクティブ化できません。 システムのルックアップ マッピングとシステムの制約付きのルックアップ マッピングは削除できません。