Clarity
: 会話の開始または返信のポスト

ccppmop1581
HID_newux_conversations
会話を開始したり、オプションの添付ファイルやリンクを使用して、返信メッセージでコメントを投稿したりできます。 会話は、元のテーマや質問への応答のコレクションです。 会話では、議論、ドキュメント、およびプロジェクトに固有の問題を解決するすべてのチーム メンバーのコラボレーションに基づくフォーラムを提供します。 たとえば、会話を使用して顧客フィードバックを議論、または開発中の意見を共有します。 会話は、投資に割り当てるリソースやロールについてのリソース マネージャとプロジェクト コーディネータの議論にも役立ちます。
2
会話および返信
すべての会話は、以下のように表示されます。
  • 最初に最新の会話が表示されます。最後に、会話の中で最新の返信が表示されます。
  • [会話のリフレッシュ]
    をクリックし、会話の最新の 2 つの返信を表示します。 会話に 2 件よりも多い返信がある場合、
    [すべて表示]
    をクリックし、残りの返信のリストを展開して表示します。
    [簡易表示]
    をクリックすると、最新の 2 件の返信が表示されます。
  • 会話を投稿したユーザだけが、編集したり、削除したりすることができます。
    会話を削除すると、アプリケーションによって、すべての返信も削除されます。 削除した会話は回復できません。
  • 返信では最大 200 件のコメントがサポートされています。
  • 投稿または返信には最大で 1300 文字を入力できます。 スペース、特殊文字、改行、および @ メンション文字列は、1300 文字制限に含まれます。
  • コメントに新しい行を追加するには、
    Shift
    キーと
    Enter
    キーを押します。
  • 会話では、HTML コンテンツはサポートされていません。ただし、他のコンテンツへのリンクを追加することはできます。 リンクをコピーして貼り付けたり、直接入力したりできます。 [ポスト]ボタンをクリックすると、URL がハイパーリンクとして表示されます。 ユーザは、リンクをクリックして新しいブラウザ タブでコンテンツを表示できます。 会話は、以下の URL 形式をサポートします。
    www http:// https:// ftp:// sftp://
    クラシック PPM
    または
    Clarity
    のデータ フィールドに、山かっこで囲まれた値を入力しないでください。 たとえば、プレースホルダ テキスト用の山かっこを使用して <abc> や <value1> を入力しないでください。 ペアになった山かっこは、サポートされている特殊文字の組み合わせではなく、予期しない結果が生じる可能性があります。
プロジェクトに関する会話
会話を使用して、チームと連絡を取り、質問し、および問題を解決します。 プロジェクト チーム メンバとプロジェクト マネージャは、会話内で別のチーム メンバを返信およびメンションすることができます。
「プロジェクト - 編集」
(グローバル、インスタンス、または OBS)のアクセス権がある他のユーザも返信できます。
以下の手順に従います
  1. [プロジェクト]
    ページに移動し、プロジェクトを開きます。
  2. [会話]
    タブをクリックします。
  3. [会話を開始します]
    ボックスにメッセージを入力して
    [投稿]
    をクリックするか、
    Enter
    キーを押します。
    他のユーザが応答ボックスにメッセージを入力することができます。
    image2017-8-1 10:47:13.png
タスクに関する会話
プロジェクト内の特定のタスクに関する会話を開始できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトの
    [タスク]
    ページに移動します。
  2. タスクをクリックします。
    右側に[タスクの詳細]ペインが表示されます。
    image2017-8-1 10:34:29.png
  3. [会話]
    タブでタスクに関する会話を開始します。
  4. 投稿された返信を編集または削除するには、
    [⋮ オプション]
    メニューをクリックします。 自分の投稿または返信のみを編集または削除できます。
プロジェクトのリスク、問題、または変更に関する会話
プロジェクトに関連付けられている特定のリスク、問題、または変更に関する会話を開始することもできます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトの
    [リスク]
    [問題]
    、または
    [変更]
    ページに移動します。
    デフォルトでは、[会話]列は最初の列として固定されています。 リスク、問題、または変更について少なくとも 1 つの会話が存在していると、青い会話アイコンが表示されます。
  2. アイコンをクリックすると、会話が表示されます。
例: 会話を使用したプロジェクト チーム コラボレーション
内部電子メール システムをアップグレードする新規プロジェクトが開始されました。 プロジェクト マネージャの Nicole は、チーム メンバ Mike との会話を開始します。 以下の図は、ニコルとマイクの間の会話を示しています。
image2017-8-8 15:49:5.png
投資、リソース、およびロールに関する会話
新しい会話を開始したり、既存の会話に返信したりすることができます。 2 つの一般的な例は、リソースまたはロールの要求に関する会話です。
リソース要求
投資を割り当てているプロジェクト コーディネータは、リソースの予約や、リソース マネージャとの会話の開始に[Investments to Resources (投資からリソース)]ビューを使用します。 他のユーザにメンションすると、そのユーザは通知を受信し、[通知]ウィンドウまたは[会話]タブで返信できます。 以下の画像は、Barb が Mike Jones というリソースについて Derrick Joseph と開始した会話を示しています。
この画像には、リソースについて会話を開始する方法が示されています。
以下の手順に従います
  1. [メイン メニュー]
    [スタッフ割り当て]
    を選択します。
  2. [Investments to Resources (投資からリソース)]または[Resources to Investments (リソースから投資)]ビューを選択します。
  3. 投資またはリソースを展開します。
  4. 投資のリソースまたはロール、またはリソースの投資をクリックします。
    [詳細]
    ペインが表示されます。
  5. [会話]
    タブをクリックします。
  6. 会話を開始するか返信します。 たとえば、リソースまたはロールに関する会話で、リソース マネージャにメンションします。 特定の投資に関する会話で、プロジェクト コーディネータまたはプロジェクト マネージャにメンションします。
ロール要求
この例では、プロジェクト コーディネータは、必要なリソースのソフトおよびハード予約権限を持っています。 プロジェクトの特定のロールを要求するには、[要求]ビューを使用します。 リソース マネージャとの会話を開始します。 他のユーザにメンションすると、そのユーザは通知を受信し、[通知]ウィンドウまたは[会話]タブで返信できます。 以下の画像は、Barb がアーキテクトのロールのリソースに関する要求について Derrick Joseph と開始した会話を示しています。
この画像には、ロール リクエストに関する会話のサンプルが示されています。
以下の手順に従います。
  1. [メイン メニュー]
    [スタッフ割り当て]
    を選択します。
  2. [要求]
    ビューで、目的のロールを検索またはフィルタします。
    一致するロールが表示されます。
  3. ロールをクリックして、そのロールを使用する投資のリストを表示します。
  4. 投資の名前をクリックします。
    [詳細]
    ペインが表示されます。
  5. [会話]
    タブをクリックします。
  6. 会話を開始するか返信します。
必要な予約権限がない場合、[スタッフ配置]ページでの結果は[ロール要求]に表示されません。
リソースのスタッフ配置の会話は、以下のように表示されます。
  • [スタッフ配置]
    ページで、小さな青色のドットは会話による投資を示します。
    image2017-8-26 8:28:49.png
  • リソースおよびロールの会話にアクセスするには特定の権限は必要ありません。 チーム レコードに対して適切な予約権限がある場合は、そのレコードに関する会話を表示したり、会話に参加したりできます。
  • [要求]ビューで、ロールをリソースに置き換えることができます。 アプリケーションによって、会話がロールのチーム レコードからリソースのチーム レコードに転送されます。 以下の例に、この動作を示します。
    1. [要求]
      ビューから、要求されたロールの[詳細]ペインに移動します。
    2. [配置先]
      をクリックし、リスト内のリソースを検索します。
    3. [配置の置換]
      をクリックします。
      割り当てられたリソースがロールに割り当てられます。 新しいリソースで、ロール レコードの会話を表示できるようになりました。
この画像には、ロール レコードで会話を参照できる新しいリソースにロール要求を配置する方法が示されています。
リソース マネージャが投資からスタッフ(リソース、ロール、またはチーム)を削除すると、アプリケーションによって、関連付けられたすべての会話も削除されます。 投資レベルの会話は削除されません。 後で、同じ投資にスタッフを追加しても、以前のすべての会話がそのスタッフでは使用できません。
例: リソースのスタッフ配置に関する会話の開始
Barb Hudson は、新規プロジェクトのプロジェクト コーディネータです。 Barb は、自分のプロジェクト用のリソースが必要です。 Barb は、Derrick Joseph (リソース マネージャ)と会話して、リソースとロールの利用可否を知っておく必要があります。 Barb は、
Clarity
にログインして[リソース]ページに移動します。 Barb は、[リソースに対する投資]ビューを使用して新しいプロジェクトをフィルタし、会話を開始します。
この画像には、プロジェクト コーディネータが会話を使用してロールを要求する方法が示されています。
@ 記号を使用したユーザへのメンション
会話では、@記号を使用して他のユーザーをメンションしてください。 名前で誰かにメンションすると、返信を警告する新しい通知が送信されます。 たとえば、Derrick と Barb は、スタッフ配置の問題の解決に向けて協力しているときはお互いに言及しません。 会話で、彼らはすでに通信しています。 ただし、新しい会話または返信で誰をメンションするか、または返信して返答をもらうようにリマインドします。
@ 記号を使用するためのヒント
  • 言及するユーザのフル ネームを覚えておく必要はありません。 @ 記号の後に、姓または名の文字を入力するだけです。 チーム メンバの候補が表示されます。
  • チーム メンバの特定を確認するため、完全な名前、プロジェクト ロール、およびアバター イメージが表示されます。 プロジェクト ロールが利用できない場合は、プライマリ ロールが表示されます。 情報が利用できない場合は、ロールは表示されません。
  • プロジェクト マネージャを含め、プロジェクトに配置されたすべてのユーザにメンションするには、@Team を使用します。
  • アクティブなチーム メンバおよびロックされているチーム メンバすべてに言及できます。 非アクティブなチーム メンバは表示されず、言及することはできません。
  • プロジェクトの会話では、11個までの名前が表示されます。 プロジェクトに含まれているすべてのチーム メンバ(プロジェクト マネージャを含む)が表示されます。
  • プロジェクトタスクの会話では、最大5つの提案が表示されます。 4 番目の提案はプロジェクト マネージャで、5 番目はチーム全体です。
  • スタッフの会話では、最大5つの提案が表示されます。 「
    スタッフ割り当て - ナビゲート
    」権限を持つユーザにのみメンションできます。
  • 1 つの会話でメンションするメンバは、20 人以内にすることをお勧めします。
会話の通知
あるユーザが自分または自分のチームに対してメンションしたときに、会話のアクティビティに関する通知が出されます。
  • 通知を表示するには、
    Clarity
    のすべてのページの上部にある通知のベル アイコンをクリックします。
  • 通知ベルの上に新規通知の件数が表示されます。 ベルをクリックすると、件数は表示されなくなります。
  • 通知パネルでは、送信者のアバターおよびそれらのメッセージの最初の行が表示されます。 以下の図に例を示しています。
    このイメージは、Clarity における会話の通知を示しています。
  • パネル上のすべての通知を確認するには、上または下へスクロールします。
  • 通知を表示するには、リストの通知をクリックします。 会話の内容に関するサポートについての詳細が表示されます。 メッセージに対して返信、編集、または削除することができます。 通知メッセージのウィンドウから、プロジェクトに移動することもできます。
    [プロジェクトへ移動]
    をクリックします。 以下の図に例を示しています。
    このイメージは、Clarity におけるプロジェクト会話の通知を示しています。
  • スタッフ割り当てについて通知を受信すると、
    [スタッフ割り当てに移動]
    ボタンが表示されます。 以下の図に例を示しています。
    このイメージは、Clarity におけるスタッフ割り当て会話の通知を示しています。
  • 特定のタスクのプロジェクトの会話の通知には、タスクのタイプが表示され、プロジェクト タスク ページに移動することができます。
  • あるユーザが 1 つのメッセージで複数回言及されている場合は、1 回だけ通知されます。
  • プロジェクトの会話の中でチームに言及(@Team)されている場合、プロジェクト マネージャを含むすべてのチーム メンバに通知が送信されます。
  • ユーザが「
    スタッフ配置 - ナビゲート
    」アクセス権を持っている場合、スタッフ配置の会話でユーザにメンションできます。 ただし、ユーザがそのリソースに対して必要な権限がない場合、そのユーザはリソースを参照できません。
  • 特定の通知を削除するには、通知にマウスを合わせて[削除]をクリックします。 すべての通知を削除するには、
    [すべてクリア]をクリックします。
    特定のユーザの通知が削除されます。
  • 会話が削除された場合、通知も削除されます。
  • 管理者は、会話用の 2 つの通知テンプレートを変更できます。 これらのテンプレートでは、アプリケーションでの通知の表示方法が定義されています。
    • 会話 - 会話で言及
    • 会話 - 会話への応答で言及
    通知および通知テンプレートの設定」を参照してください。
会話でのファイルの添付
会話の各コメントに、最大 5 つの添付ファイルをアップロードし、編集できます。 プロジェクト チーム メンバは、添付ファイルをダウンロードおよび表示できます。
以下の手順に従います
  1. 会話を開きます。
    次のコメントに対する
    [応答...]
    プロンプトが表示されます。
  2. 新しい返信で、
    [添付]
    をクリックします。 前のコメントに添付ファイルを追加するには、
    [オプション]
    メニューをクリックし、
    [編集]
    を選択して
    [添付]
    をクリックします。
  3. 添付するファイルを選択します。
    Ctrl
    キーを押したまま、最大 5 つのファイルを選択します。
    [開く]
    をクリックします。
    添付ファイルのサムネイルがコメントの下に表示されます。
  4. 返信テキストを追加または編集します。 関連するコメントを入力せずにファイルを添付することはできません。
  5. [投稿]
    をクリックするか、
    Enter
    キーを押します。
    添付ファイルがアップロードされます。
  6. (オプション)添付ファイルを削除するには、
    [⋮
    オプション]
    メニューをクリックし、
    [編集]を選択します。
    [X 削除]
    をクリックします。
    image2017-5-30 12:37:27.png
  • 返信を削除すると、アプリケーションによって添付ファイルも削除されます。
  • プロジェクト、タスク、またはリスク、問題、または変更エントリを削除すると、アプリケーションによって、関連する会話も削除されます。 プロジェクトとタスクについては、添付ファイルも削除されます。
添付ファイルは、プロジェクト ドキュメントと同じ制約に従います。 管理者はプロジェクト ドキュメント設定を決定します。 たとえば、添付ファイルの最大サイズは、20 MB です。 許容するファイル タイプを制限するため、
[承認済みファイル拡張子]
を設定することもできます。 「一般的なシステム環境の設定」を参照してください。