リソース要求の管理

ccppmop158
要求は、単一のスタッフ配置要件に関連付けられます。要求には、常に特定リソースやロールへの参照が含まれます。 要求は、スタッフ割り当て要件からの詳細情報を使用して、要求情報を入力します。
複数のリソースやロールを選択する際、新規要求が各リソースやロールに作成されます(スタッフ配置要件)。 与えられたスタッフ配置要件では、1 つの未処理の要求(
[新規]
[オープン]
[提案済み]
のステータスを持つ)のみ存在できます。 すでに未処理の要求を持つスタッフ配置要件の要求は作成できません。 選択したスタッフ割り当て要件のいずれに関する要求も作成できない場合、全要求に対する作成操作は失敗します。 アラート メッセージが表示されます。
ユーザはプロジェクト マネージャとして、リソース要求のなかで要求された配置数量を編集できます。 ステータスが
[新規]
である間は、要求を編集できます。 リソース マネージャがすでに要求に対する作業を行っていて、候補者リストの一部を作成し、要求が変化してしまうという状況を避けます。
リソース要求からのプロジェクト スタッフ配置要件の対応
以下の手順に従います。
  1. プロジェクト マネージャは、ソフト予約済みのリソースやロールをプロジェクト チーム メンバとして追加することでスタッフ配置要件を定義します。
  2. プロジェクト マネージャは、事前に定義されたスタッフ配置要件に基づき、リソース要求を作成します。
  3. プロジェクト マネージャは新規要求を送信し、リソース マネージャが要求を確認できるようにします。 リソース要求は適切なリソース マネージャに送られます。 リソース マネージャは、要求にあるリソースまたはロールについて定義された既定の予約マネージャに基づいて決定されます。
  4. リソース マネージャは、リソースのリストを提案することで要求に応答します。 リソース マネージャは要求を拒否することもできます。 両方の場合とも、プロジェクト マネージャに通知されます。
  5. プロジェクト マネージャは、提案された配置を検討し、以下のいずれかのアクションを完了します。
    • 提案された要求の拒否。 この場合、リソース要求は再オープンされ、リソース マネージャに通知されます。 リソース マネージャは提案を変更し、再送信します。
    • 提案された要求の受諾。 この場合、リソース要求はプロジェクトに対してハード予約されます。
リソース要求の作成
以下の方法のいずれかを使用してリソース要求を作成できます。
  • 要求を作成して、その要求のステータスを[
    新規
    ]に設定。 これにより、要求を編集して、スタッフ割り当て要件から持ち越されない補足情報を追加することができます。 また、手動でリソース要求を開くことにより、期限や要求数量といった既定値を変更できます。
  • 要求を作成して、その要求のステータスを[
    オープン
    ]に設定。 これにより、詳細を編集する必要がない場合は、すべてのリソース要求を直ちに提出できます。 詳細については、スタッフ割り当て要件内ですでに定義されています。 要求の提出後、リソース マネージャは電子メールによる通知を受け取り、要求に関するアクションを実行できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. ソフト予約されたリソースまたはロールに対応するチェック ボックスをオンにして、[アクション]メニューから[リソース要求の作成]をクリックします。
  3. 要求タイプを選択します。
    値:
    • リソースを要求: 新しい要求を作成するには、このオプションを選択します。
    • リソースの予約解除: ハード予約された時間を予約解除およびリリースする要求を作成するには、このオプションを選択します。
    • リソースの置換: ハード予約されたリソースを予約解除または置換するには、このオプションを選択します。
  4. 各リソースまたはロールの予約マネージャを選択します。 リソース マネージャまたは管理者が既定の予約マネージャを指定すると、この値は自動的に入力されます。
  5. 以下のいずれかを実行します。
    • ステータスが
      新規
      の要求を作成するには、[作成]をクリックします。
    • リソース要求を作成するには、[作成して開く]をクリックします。 ステータスを[
      オープン
      ]に設定します。
  6. 変更を保存します。
未オープンの要求依頼の編集
プロジェクト マネージャとして、新しいリソース要求を表示し、オープンな要求を監視し、オープンでない要求を編集することができます。 [要求ステータス]フィールドでリソース要求ステータスを表示できます。 リソース要求ステータスが変更されると、[要求ステータス]フィールドが必ず更新されます。 ステータスが[新規]である要求依頼のみ編集できます。
オープンな要求を実行すると、リソース マネージャはその要求を処理するよう、通知を受信します。 要求が指名されたリソースに対する場合、ステータスが[オープン]に変化すると、指名されたリソースは自動的に要求のリソース リストに追加されます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. [チーム]メニューを開き、[リソース要求]をクリックします。
  3. プロパティを編集するリソース要求名をクリックします。
  4. 要求された情報を指定します。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • リソース要求件名
      リソース要求名を、スタッフ割り当て要件を説明する名前に変更します。 リソース要求が作成されるとき、このフィールドには選択したスタッフ割り当て要件名が入力されます。
      必須:
      はい
    • 期限
      リソース要求を満たす最後の日付を選択します。 日付は通常、リソースが必要な日付の前に表示されます。
    • ステータス
      リソース要求のステータスを示します。 リソース要求を提出するには、そのステータスを[新規]から[オープン]に変更します。
      必須:
      はい
      値:
      「新規」、「オープン」、「提案済み」、「クローズ」
    • 依頼者
      要求を作成したプロジェクト マネージャの名前が表示されます。
    • 予約マネージャ
      スタッフ割り当て要件に従い、リソースまたはロールの予約マネージャ名を表示します。
    • 要件名
      スタッフ配置要件の名前が表示されます。 各リソース要求はチーム メンバからの情報すべてにアクセスできます。 たとえば、スキル、必要とされる配置、またはリソース要求の基になるロールなどです。
    • 要求リソース
      要求リソースやロールの名前が表示されます。
    • プロジェクト
      要求に対するプロジェクトの名前が表示されます。
    • 予約解除
      リソース要求を作成するときに選択されたオプションに基づいてステータスが表示されます。 たとえば、[リソースを要求]、[リソースの予約解除]、または[リソースの置換]です。
    • 置換
      リソース要求を作成するときに選択されたオプションに基づいてステータスが表示されます。
      値:
      [リソースを要求]、[リソースの予約解除]、または[リソースの置換]
    • 要求量
      リソースがプロジェクトで作業する期間を定義します。 また、リソースに対する利用可能時間のパーセンテージを指定します。
  5. 変更を保存します。
提案された配置の確認と予約
要求には、関連付けられた複数の予約を持たせることができます。 要求候補リストに追加する各リソースが、予約を構成します。 予約とは、候補リストに関連付けられたリソースのレコードであり、リソースがプロジェクトに予約される時間量が含まれます。 予約のステータスにより、リソースがプロジェクトに対して提案済みか、拒否済みか、予約済みかが決定されます。
リソース マネージャがリソース要求を行った後、要求者は、誰かがリソース要求を完全に、または部分的に満たしたという通知を受信します。 ユーザは提供されるリソースに関する情報を表示できます。 また、どのスタッフ割り当て要件が、リソース マネージャがリソース要求上の配置を提案したことを意味する「提案済み」ステータスであるかがわかります。 リソースの確定した配置(またはハード配置)が存在するのは、提案を受諾したときのみです。 [チーム]メニューを開いて[リソース要求]をクリックすることにより、提案された数量に対するリソース要求をすべて表示し、複数のリソース要求を 1 度に受諾できます。 また、[チーム スタッフ]またはチームのリソース要求ページから、個々の要求の詳細を表示することもできます。
以下の表に、プロジェクトにリソースをハード予約する方法を示します。
[リソース要求の承認が必要]フィールド
メソッド
オン
プロジェクト マネージャは、リソース マネージャによって提案された要求を予約します。
オン
プロジェクト マネージャは、リソースやロールをプロジェクトに直接的にハード予約します。 プロジェクト マネージャには、ハード予約権限および「
プロジェクト - 編集
」アクセス権があります。
オフ
プロジェクト マネージャまたはリソース マネージャは、ハード予約権限があれば、リソースやロールをプロジェクトに直接的にハード予約します。
[リソース要求の承認が必要]フィールドは、[スケジュールのプロパティ]ページの[スタッフ割り当て]セクションに表示されます。
リソース配置の表示
提案されたリソースを受諾したり、プロジェクトに予約する前に、他のプロジェクトへのリソース配置を確認します。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソースの配置を表示するには、リソースの隣にある[リソース配置]アイコンをクリックします。
単一要求の受諾と予約
提案された予約を受諾する前にリソース要求の詳細を表示します。 プロジェクト マネージャは、リソース マネージャが確認できるリソース要求の詳細と同じ情報を表示できます。 依頼した数量、リソース マネージャの提案した数量、リソース マネージャの提案した人員がわかります。
[リソース要求の承認が必要]フィールドを選択すると、ハード予約権限を持っていても、リソース マネージャはプロジェクトにチーム メンバを直接予約できません。 プロジェクト マネージャとしてのみ、チーム メンバを予約できます。
リソースがプロジェクトに配置を確定していることが、[チーム スタッフ]ページで確認できます。 要求ステータスは[予約済み]です。 予約ステータスは[ソフト]から[ハード]に変わります。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. [チーム]メニューを開き、[リソース要求]をクリックします。
  3. 希望するリソース要求の右にある[リストのある人員]アイコンをクリックします。
    リソース要求ページが表示されます。 このページには、依頼された配置、提案された配置、および差分が表示されます。 ヒストグラムには、提案されたリソースの全体の利用可能時間が表示されます。
  4. 提案を受諾するには、[予約]をクリックします。
複数要求の受諾と予約
複数のリソース要求の確認と受諾をプロジェクトの[チーム スタッフ]ページで同時に行うことができます。 このページから、提案されたリソース要求の平均の利用可能時間の割合を表示できます。 複数の要求を選択し、[予約]ボタンをクリックすると、すべての提案を一度に受諾できます。
リソース マネージャがリソースをプロジェクトに予約するか、またはリソースの計画配置を変更すると、関連付けられたスタッフ割り当て要件の予約ステータスが自動的に更新され、最新のステータスを反映します。
スタッフ配置要件の予約ステータスは、以下の表にある値を基に変化します。
計画配置
ハード配置
予約ステータス
日付範囲と配置は設定済み
なし
ソフト
日付範囲と配置は設定済み
計画配置に等しい
ハード
日付範囲と配置は設定済み
日付範囲と配置は計画配置未満
ミックス。 この予約ステータスは、[ミックス予約を許可]のシステム設定が有効になっている場合に限り表示されます。 既定: 有効
日付範囲と配置は設定済み
日付範囲と配置は計画配置より多い
ミックス
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. [チーム]メニューを開き、[リソース要求]をクリックします。
  3. 提案されたリソース要求を選択し、[予約]をクリックして、選択されたリソース要求を受諾します。
  4. プロジェクトの[チーム スタッフ]ページに戻ります。
    チーム メンバには予約済みの要求ステータスがあります。 予約ステータスは「ハード」で、計画配置数と確定済み配置数は同じです。
要求の拒否
指名されたリソースの提案された利用可能時間が目的にそぐわない場合、要求を拒否できます。 特定のロールについて、リソース マネージャが提案したリソースの候補リストから、1 つ以上のリソースを拒否することもできます。 リソース要求を拒否すると、リソース マネージャは未オープンの要求について通知されます。
リソース要求を開き、リソース要求のプロパティを表示して、[拒否]ボタンを使用して要求を拒否することもできます。 要求の拒否理由を記録するには、[ディスカッション]機能を使用します。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. [チーム]メニューを開き、[リソース要求]をクリックします。
  3. 1 つ以上の提案されたリソース要求を選択し、[拒否]をクリックします。
    要求のステータスが[提案済み]から[オープン]に変わります。
配置超過されたリソースを予約する
リソースの利用可能時間がリソース要求された合計時間数を下回る場合、[残存利用可能時間の確認]ページが表示されます。
[残存利用可能時間の確認]
ページには、プロジェクトまたは投資にリソースを追加すると、そのリソースが予約超過状態になることが表示されます。 100 パーセントの[リソース配置]列には、リソースをその利用可能時間の 100 パーセント(既定値)で予約する場合に使用された時間数が表示されます。 [残存利用可能時間]列には、プロジェクトの作業に利用できるリソースの実際の作業時間数が示されます。
このページが表示されたら、以下を実行できます。
  • リソースが配置超過になります。
  • 残りの数値にのみリソースを予約。 この数値は、[残存利用可能時間]列に一覧表示されます。
要求を使用しているハード予約されたリソースの予約解除
プロジェクトのスコープを縮小するか、またはリソースがプロジェクトで特定の期間利用できないと仮定しましょう。 その場合、ハード予約されたリソースの予約を解除して、その解除された時間を別のプロジェクトで使用することができます。
リソースは、プロジェクトから完全に予約解除することも、部分的に予約解除することもできます。 予約解除された数量は、既定で計画配置よりも少ないチーム メンバのハード配置になります。
リソース要求を予約解除した後、関連付けられているリソース マネージャに通知されます。 リソース マネージャは予約解除されたリソース要求への応答を処理できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 予約解除するハード予約されたリソースの名前の隣にあるチェック ボックスをオンにします。 次に、[アクション]メニューから[リソース要求の作成]をクリックします。
  3. [要求タイプの選択]セクションで、[リソースの予約解除 (計画にない全ハード配置を削除)]を選択します。
  4. リソースを完全に予約解除するには、[リソース]セクションで[作成して開く]をクリックします。
    プロジェクトのチーム スタッフ ページに、予約ステータスが「ミックス」と表示されます。 リソース要求の予約解除は、そのリソースのハード配置の全量を予約解除するために作成されます。
  5. リソースを部分的に予約解除するには、以下の手順に従います。
    1. [リソース]セクションで、[作成]をクリックします。
      プロジェクトの[チーム スタッフ]ページが表示されます。
    2. ステータスが[新規]と表示されているリソースの依頼ステータス リンクをクリックします。
      [リソース要求のプロパティ]ページが表示されます。
    3. 期間および予約解除のパーセンテージを入力して、予約解除の量を指定します。 次にステータスを「オープン」に変更します。
  6. 変更を保存します。
予約解除されたリソース要求の置換
要求からリソースを予約解除する際、代替チーム メンバを依頼できます。 このアクションにより、選択したリソースの予約解除と新規チーム メンバの要求を行うことができます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 予約解除するハード予約されたリソースの名前の隣にあるチェック ボックスをオンにします。 次に、[アクション]メニューから[リソース要求の作成]をクリックします。
  3. [要求タイプの選択]セクションで、[リソースの置換]を選択して全ハード配置を新リソースで置換します。
  4. [リソース]セクションで[作成して開く]をクリックして、リソースを完全に予約解除します。
    プロジェクトのチーム スタッフ ページに、予約ステータスが「ミックス」と表示されます。 リソース要求の予約解除は、そのリソースのハード配置の全量を解除するために作成されます。
追加予約の依頼
プロジェクトが延長した場合、リソースの追加の計画配置を追加できます。
リソース要求の提出、提案、受諾の処理は、前のセクションで説明した処理と同一です。 2 つのリソース要求(最初に作成された要求と追加予約のために作成された要求)は、個別のトランザクションの 2 つの異なるレコードとして保存されます。
リソースを予約解除するには、計画予約を削減します。 追加予約を依頼するには、ハード予約に対して計画予約を増加させます。
予約の分割
追加の要求と予約解除に際しては、[配置期間のシフト]オプションを使用して、配置を変更できます。 通常のリソース要求を作成し、[予約解除]オプションを選択して要求の予約を解除します。 2 つの異なるアクションを個別のタスクとして実行する必要があります。 チーム レコードに同時に持たせることができるのは、最大 1 つのオープンなリソース要求と、最大 1 つのリソース要求の予約解除です。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. ハード予約されているリソースの[プロパティ]アイコンをクリックします。
  3. リソースの[計画配置]図を編集します。
  4. リソース要求を作成します。
    新規要求は、自動的に計画時間と確定された時間との差について問い合わせます。
すでに予約済みのリソースの予約
1 ロールの複数インスタンスを 1 プロジェクトに追加することはできますが、同一名リソースの複数インスタンスは追加できません。 すでに予約済みのリソースをプロジェクトに予約した場合、以下の状況によって、次のエラー メッセージが表示されます:
Resource not booked because it exists in the team.
状況:
  • そのリソースがすでに予約されているプロジェクトに対して予約している。
  • そのプロジェクト チームにすでに配置されているリソースを予約し、一致するロールの配置を削減しないことを選択している。
このリソースの配置を更新するには、[チームのプロパティ]ページを使用します。
「プログラマ(1)」と「プログラマ(2)」を、同じタスクに割り当てることができます。