リソース配置の管理

ccppmop158
リソース配置とは、リソースがプロジェクトにスタッフとして配置(予約)されている期間を指します。 プロジェクトの開始日から終了日までのリソースの作業日数合計(開始日と終了日を含みます)に、作業日 1 日当たりにリソースが作業できる時間数を乗じます。 結果は、各リソースの配置量を表示します。 既定では、リソースは作業可能な稼働日に 100 パーセントで配置されます。 この既定値は変更できます。
配置が ETC と異なるのは、ETC はリソースがタスクに割り当てられている時間数に基づいているという点です。 スタッフ メンバを、そのメンバがプロジェクトに割り当てられているすべての時間について、タスクに割り当てることができます。
より正確なスケジュールの作成が役に立つ場合は、プロジェクト リソースの各作業日または各週の 1 または 2 時間、別の作業やプロジェクト以外の会議への配置を許可します。
既定のリソースの配置の変更
[既定の配置率]フィールドからの偏差を指定することができます。 ハード予約されたリソースの予約解除や、リソースを延長して追加のプロジェクト計画を行うことができます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 配置を変更するリソースの[プロパティ]アイコンをクリックします。
  3. [概要]セクションの以下のフィールドに入力します。
    • 既定の配置率
      このプロジェクトにリソースを割り当てる時間のパーセンテージを定義します(0 パーセントを入力できます)。 この値は、[プロジェクト: チーム: スタッフ]ページの[配置]および[配置率]列に反映されます。
      既定値:
      100 パーセント
      必須:
      いいえ
  4. [計画配置]と[ハード配置]の各セクションに、既定配置からの偏差を指定する行をそれぞれ 1 行作成します。 計画配置およびハード配置期間を作成するには、行の以下のフィールドに入力します。
    • 開始
      配置期間の開始日を定義します。
    • 終了
      配置期間の終了日を定義します。
    • 配置率
      リソースが投資の作業に費やすことが予期される時間の割合(仮または確定)を定義します。
  5. 変更を保存します。
計画配置およびハード配置
[計画配置]曲線は既定値、またはプロジェクト マネージャによって要求された配置量の合計を表します。 [ハード配置]曲線は、リソース マネージャにより確定された配置量を表します。 リソースに対応する予約ステータスは、計画配置とハード配置の曲線で示される配置量に従って変化します。
例: 配置セグメントでのギャップを埋める
リソースの既定配置セグメントを編集するとき、セグメントのギャップがある場合、セグメントが自動的に作成されます。 新しいセグメントは既定のパーセント配置率を表示します。
リソースは、100 パーセント未満の利用可能時間でプロジェクトに予約しています。 配置セグメントは、配置の開始日が、前の配置セグメントの終了日よりも後になるように追加されます。
  • 最初のセグメントの開始日と終了日: 2012 年 10 月 1 日~ 2013 年 10 月 9 日。
  • 新しいセグメントの開始日と終了日: 2013 年 12 月 4 日~ 2014 年 4 月 9 日。
    ギャップは、2 つのセグメント間の 2013 年 10 月 10 日~ 2013 年 12 月 3 日に未配置として作成されます。
ギャップを作成するには、[スタッフ メンバのプロパティ]ページの[計画配置]および[ハード配置]セクションで配置行を 2 行作成します。 既定では、リソースは 100 パーセントで配置されます。 1 つは、リソースが 50 パーセントで作業する期間を対象とします。 もう 1 つは、リソースが 0 パーセントで作業する期間を対象とします。 変更を保存すると、ギャップ期間に対して、100% で配置される既定のセグメントが作成されます。
リソースの超過配置
自分のプロジェクトにリソースを配置する際、リソース マネージャは、リソースを配置超過することも、残存利用可能時間を受諾することもできます。 チーム スタッフ メンバを置換する際に、元のリソースを置換する新たなリソースを超過配置させることもできます。
スケジュールの遅延や作業効率の低下を招く可能性のあるリソースの配置超過は避けてください。
リソース配置のシフトとスケール変更
プロジェクト内のリソース配置の全体または一部をシフトまたはスケーリングできます。 リソース配は、時間的に前後させることができます。 セグメント化された配置日は、リソース配置情報を移動しても変更されませんが、各セグメントに配置されたパーセントは変更される場合があります。 リソース配置のシフトは、許容可能な期間単位を越えてプロジェクト配置を行う場合に便利です。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 配置をシフトするリソース名前の隣にあるチェック ボックスをオンにします。 ページの右上で[アクション]メニューを開き、[配置期間のシフト]をクリックします。
  3. [投資スケジュール]セクションに、以下のフィールドが表示されます。
    • 投資開始日
      プロジェクトの開始日を表示します。 このフィールドの値は、スケジュール プロパティ ページの[開始日]フィールドに基づいています。
    • 投資終了日
      プロジェクトの終了日を表示します。 このフィールドの値は、スケジュール プロパティ ページの[終了日]フィールドに基づいています。
  4. [シフトする期間]セクションで、以下のフィールドに入力します。
    開始日
    。 プロジェクト上のリソースの開始日を定義します。 この日付は、シフトする日付範囲の開始日です。
    終了日
    。 プロジェクト上のリソースの終了日を定義します。 この日付は、シフトする日付範囲の終了日です。
  5. [時間のシフトのパラメータ]セクションで、以下のフィールドに入力します。
    • シフト開始日
      シフトされた配置を開始する日付を定義します。
    • シフト対象最終日
      配置のシフトの終了日を定義します。 終了日をまたいで配置をシフトすることはできません。
    • スケール変更 %
      シフトに必要な配置の変更割合を定義します。
      注:
      このフィールドを空白のままにすると、スケーリングは行われません。
      必須:
      いいえ
  6. 変更を保存します。
チーム配置の編集
プロジェクト チームの詳細ページの時間変動セルを使用して、自分のプロジェクトのチーム配置を編集できます。 時間変動セルには既定で計画配置が含まれます。 ハード配置 ETC および実績値が含まれるように TSV を設定できます。 これらのセルの計画配置とハード配置の情報を編集し、配置セグメントを作成できます。 スタッフ チーム メンバの開始日と終了日の間に配置セグメントを作成できます。
スタッフ チーム メンバの明示的な開始日および終了日を定義できます。 または、スタッフ メンバは投資の開始日と終了日から日付を継承することができます。 時間変動セルの配置情報を編集する際、以下の編集ルールが変更の保存時に適用されます。
  1. スタッフ チーム メンバの開始日と終了日が、セルの日付範囲に対して検証されます。 チーム スタッフ メンバの現在の開始日または終了日が、セルの日付範囲内に収まる場合は、スタッフ チーム メンバについて入力した情報の開始日(または終了日)は、現在の日付になります。
  2. セルの日付範囲がチーム メンバの現在の開始日または終了日を超過している場合は、スタッフ チーム メンバの開始日(または終了日)は、セルの開始日(または終了日)に更新されます。
  3. 投資の開始日または終了日を編集する権限がある場合、スタッフ チーム メンバを現在の投資日付範囲の外部に配置すると、投資日付が配置を含むように変更されます。
  4. 配置情報を含んでいる 2 つのセルの間にあるセルに配置情報を入力しない場合、その空のセルの配置は、0% に設定されます。
プロジェクトをロックしている間もリソース マネージャがチーム配置を管理できる権限を与えるには、[
投資のロック時に配置の編集を許可
]の既定のプロジェクト管理設定を選択してください。 この設定により、仮スケジュール モード、またはデスクトップ スケジューラを使用してオフラインでプロジェクトをスケジュールしている間も、リソース マネージャはチームを変更することができます。
リソース配置の管理
プロジェクト マネージャは、リソースがプロジェクトにハード予約された後で、以下のようにリソース配置を変更できます。
  • 配置を減らします。 プロジェクト マネージャは以下の状況の場合一定期間に対してリソースの予約を解除できます。
    • リソースが必要な期間よりも長くプロジェクトに予約されている場合。
    • リソースが特定の期間に利用できない場合。
  • 配置の延長。 プロジェクトが延長された場合、プロジェクト マネージャは特定リソースの追加予約を要求できます。
  • リソースやロールの置換。 リソースを予約解除する場合、プロジェクト マネージャはそのリソースの代替リソースを要求できます。
また、以下の方法を使用して、チーム スタッフ メンバの配置を管理できます。
ビデオ: グリッド内のリソース管理データを更新する方法
以下のサードパーティ製のビデオは、Rego Consulting によって提供されます。 このビデオは、CA Technologies が「そのままの状態で」提供しており、その内容を保証するものではありません。

このビデオを全画面で再生するには、ビデオ下部の[設定]の右の YouTube ロゴをクリックします。
見積もりからリソースを配置
リソースの元の ETC を変更した場合は、[見積もりから配置]オプションを使用します。 新しい見積もりに基づいて計画配置を計算するオプションを使用します。 この計算によって影響を受けるのは、リソースの現在までの実績値の後の配置の部分のみです。
算出された配置セグメントは、プロジェクト管理設定の[配置を切り上げる単位(%)]フィールドの値に基づいて丸められます。 既定値は 25% に設定されています。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソース、ロール、または非労働リソースの名前の隣のチェック ボックスを選択し、[アクション]メニューから[見積もりから配置]をクリックします。
リソース配置に基づいて見積もりを生成
配置に基づいて見積もることができます。 [配置から見積もり]オプションは、工数タスクに割り当てられたリソースの場合にのみ利用可能です。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソースの名前の隣のチェック ボックスを選択し、[アクション]メニューから[配置から見積もり]をクリックします。
    [ETC]列内の値が更新されて、[配置]の値に一致します。
複数のスタッフ メンバのリソース配置の設定
複数のチーム スタッフ メンバの配置を設定することができます。 OBS の範囲外でスタッフ配置されるプロジェクトに対応できます。 このページでの変更は、[スタッフ メンバのプロパティ]ページの設定を上書きします。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 配置を設定するリソースを選択し、[アクション]メニューから[配置の設定]をクリックします。
  3. 要求された情報を指定します。 以下のフィールドには説明が必要です。
    • 既定の配置率
      プロジェクトにリソースを割り当てる時間のパーセンテージを定義します(0 パーセントを入力できます)。 このフィールドの数値を変更すると、[スタッフ メンバのプロパティ]ページの[既定の配置率]フィールドの値がこの値で置換されます。
    • 予約ステータス
      リソースの予約ステータスを定義します。
      値:
      • ソフト。 このリソースは、この投資に対する作業として一時的にスケジュールされています。
      • ハード。 このリソースは、投資に対する作業として確定されています。
      • ミックス。 このリソースは、投資に対してソフトまたはハードに配置されています。または、リソースのソフト配置がハード配置に一致していません。
      既定値:
      ソフト
    • 要求ステータス
      プロジェクトでのリソースの要求ステータスを選択します。
    • 時間入力がオープン
      リソースが、タイムシートを使用して割り当てられたタスクに費やした時間を追跡できるかどうかを指定します。
      値:
      はい、いいえ
      既定値:
      いいえ
    • スタッフ OBS ユニット
      プロジェクトに割り当てられたリソースの OBS ユニット系列を定義します。
      既定値:
      既定スタッフ OBS ユニット(この値がプロジェクトに対して定義されている場合)。
    • ロール
      リソースのプロジェクト ロールを定義します。 ロールを指定すると、[スタッフ メンバのプロパティ]ページの[投資ロール]フィールドの値がこの値で置換されます。
  4. [既存の配置セグメント]セクションで、[
    既存の配置セグメントをクリア
    ]チェック ボックスをオンにして、既存の配置セグメントをすべて削除します。
  5. セグメントの開始日および終了日を指定して、スタッフ メンバの新しい配置セグメントを作成します。 また、リソースが仮または確定としてプロジェクトの作業を行うことができる時間の割合を指定します。
  6. 変更を保存します。
リソースのハード予約
計画配置をリセットして、ハード予約された(または確定した)配置と一致させることができます。 [計画配置]セクションで表示されているソフト予約された計画セグメントは削除され、すべてのセグメントはハード予約されたセグメントと同等になるようリセットされます。
これで、プロジェクト チーム スタッフ ページの[配置率 (%)]と[週次の要約]列の値が変更されます。 ハード配置を受諾すると、すべての配置が完全に確定されるため、リソースの予約ステータスが[ハード]と表示されます。
[ハード配置を受諾]アクションは、管理ツールで[
ミックス予約を許可
]プロジェクト管理設定がオンの場合にのみ使用可能です。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. ハード配置を受諾するには、リソースの名前の隣にあるチェック ボックスをオンにし、[アクション]メニューから、[ハード配置を受諾]をクリックします。
  3. [はい]をクリックして確定します。
計画された配置を確定
ハード配置を計画配置と等しくなるようにリセットすることができます。
リソースのステータスがハード予約になっている場合は、そのリソースは完全に確定されます。 計画配置を確定しても、既定の配置率はリセットされません。 計画配置は、プロジェクト チーム スタッフ ページ上にある[週次の要約]列の[ハード配置]フィールドにコピーされます。
ページの[ハード配置]セクションは、管理ツールで[
ミックス予約を許可
]プロジェクト管理設定がオンになっている場合に表示されます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソースの名前の隣にあるチェック ボックスをオンにし、[アクション]メニューから、[計画配置を確定]をクリックします。
  3. [はい]をクリックして確定します。