チーム スタッフ メンバの管理

ccppmop158
プロパティの定義、コストの資産計上、メンバの削除、メンバの置換など、チーム メンバのさまざまな側面を管理することができます。
2
チーム スタッフ メンバのプロパティの定義
チーム スタッフ メンバのプロパティを定義して編集することができます。 たとえば、リソース タスクに費やされる時間をタイムシート上で追跡するには、そのリソースを「時間入力オープン」として定義します。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、
    [チーム]
    タブをクリックします。
  2. リソースまたはロールの
    [プロパティ]
    アイコンをクリックします。
  3. 以下のフィールドに入力します。
    • 既定の配置率
      このプロジェクトにリソースを割り当てる時間のパーセンテージを定義します(0 パーセントを入力できます)。 この値は、[プロジェクト: チーム: スタッフ]ページの[配置]および[配置率]列に反映されます。
      既定値:
      100 パーセント
    • 予約ステータス
      リソースの予約ステータスを定義します。
      値:
      • ソフト: このリソースは、この投資に対する作業として一時的にスケジュールされています。
      • ハード: このリソースは、投資に対する作業として確定されています。
      • ミックス: このリソースは、投資に対してソフトまたはハードに配置されています。または、リソースのソフト配置がハード配置に一致していません。 管理者はミックス予約を許可するように、または許可しないように CA PPM を設定できます。
      既定値:
      ソフト
    • 要求ステータス
      リソース要求がチーム レコードにリンクされている場合のリソース要求ステータスを指定します。 プロジェクト マネージャは要求ステータスを使用して、リソース要求のステータスを監視し、正式リソース要求を使用せずにリソースを手動で予約します。 このフィールドは、要求ステータスが「
      新規
      」、「
      オープン
      」、「
      提案済み
      」のとき、またはリソース要求が存在しないときにのみ、読み取り専用です。
      値:
      • 新規: スタッフ配置要件は新規です。 プロジェクト マネージャは、必要なスタッフ配置をまだ要求していません。
      • オープン: リソース要求はアクティブであり、対応されるのを待機しています。
      • 提案済み: リソース要求が提案されました。
      • 予約済み: プロジェクト マネージャは提案されたリソースを受諾しました。
      • クローズ: このチーム メンバに関連付けられているリソース要求はありません。
      • 拒否済み: この投資について、このリソースまたはロールをチームに配置するリクエストが承認されませんでした。
      既定値:
      新規
    • 投資ロール
      プロジェクトに対して要求されているリソースのロールを定義します。
      例:
      開発者、ビジネス アナリスト、製品マネージャなど
    • スタッフ OBS ユニット
      プロジェクトに割り当てられたリソースの OBS ユニット系列を定義します。
      既定値:
      既定スタッフ OBS ユニット(この値がプロジェクトに対して定義されている場合)。
    • 時間入力がオープン
      リソースが、タイムシートを使用して、タスク割り当てに費やされる時間を追跡できるかどうかを指定します。 このフィールドの既定値は、リソースの作成時に使用されます。 リソースの作成後は、既定値を編集できます。 このオプションがオフの場合、リソースはプロジェクトの時間を記録できません。 リソースがタイムシートで時間を追跡する場合、以下の条件を満たす必要があります。
      • リソースの[トラック モード]オプションが、[PPM]に設定されています。
      • プロジェクトの[トラック モード]オプションが[PPM]に設定されています。
      • プロジェクト、チーム、およびタスクの[時間入力オープン]オプションが選択されています(オン)。
    • 履歴書キーワード
      リソースの履歴書のキーワードを定義します。
    • 計画配置
      リソースがプロジェクトに関わる必要がある期間を定義します。 これは、プロジェクトに対してリソースが利用可能となるべき時間の合計を表します(製品マネージャの要求に基づく)。
      ハード配置
      この値は、(リソース マネージャによって入力された)プロジェクトに対するこのリソースのハード予約された利用可能時間の合計を定義します。 リソース マネージャが配置をハード予約するまで、ハード配置の値は存在しません。
チーム スタッフ メンバのコストの資本化 % を設定
チーム スタッフ メンバのコストの資本化 % を表示するには、チーム スタッフ ページを設定します。 [資本化 %]の値は、関連するコスト/レート マトリクスからコスト タイプ(資本または業務)別に、コストの内訳を取得するために使用されます。 投資マネージャがコスト計画を作成し、投資チームからその計画に自動入力すると、コストの内訳がコスト計画の詳細で利用可能になります。
チーム メンバに対する資本および業務コストの区分をコスト計画の詳細に表示するには、以下の要件を確認します。
  • 関連するコスト/レート マトリクスの列として[コスト タイプ]を割り当てます。
  • コスト計画のグループ化属性として[コスト タイプ]を追加します。
たとえば、あるチーム メンバが 40 時間、投資に配置されており、25% の資本率が割り当てられています。 ロールに基づいて、コスト/レート マトリクスで定義されているリソースの資本コストは 100 です。 このリソースの会計計画の詳細における実資本コストの金額は、以下の計算に基づいて「
1000
」です。
Capital Cost = (Capitalization % * Allocation) * Cost
(25% of 40)*100 = 1000
このリソースのコストの残りの 75% が、業務コストに割り当てられます。
(75% of 40) *100 = 3000
チーム スタッフ リスト ページを設定して[資本化 %]フィールドを表示する方法については、「」を参照してください。
[資本化 %]フィールドを編集するには、「
<投資> - 会計の編集
」アクセス権が必要です。 たとえば、プロジェクトのこのフィールドを編集するには、「
プロジェクト - 会計の編集
」アクセス権が必要です。
時間管理のためのプロジェクトの開始と終了
プロジェクト マネージャは、スタッフ メンバーがプロジェクト タスクに費やした時間をタイムシートで追跡できます。 プロジェクト タスクに関する時間を入力するために、スタッフ メンバーのプロフィールも開く必要があります。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [プロパティ]
    メニューをクリックし、
    [設定]
    を選択します。
  3. [時間およびスタッフ]
    セクションで以下のフィールドに入力します。
    • 時間入力がオープン
      スタッフ メンバが、この投資に対してタイムシートに時間を入力できるかどうかを示します。 チェック ボックスをオンにして、時間入力用に投資を有効にします。 このチェックボックスをオフにして、スタッフ メンバが特定のプロジェクトの時間を記録できないようにします。 各スタッフ メンバは、時間入力が有効になっている必要があります。 このオプションの既定の選択項目は、プロジェクトの作成時に使用されます。 プロジェクトが作成されると、既定の選択項目を編集できます。
      このプロジェクト フィールドの設定は、プロジェクト チームまたはタスクの時間入力設定には影響しません。
    • トラック モード
      この投資用に時間を入力するために使用されるトラッキング方法を示します。
      • PPM (デフォルト値)
        : スタッフ メンバは、タイムシートを使用して、割り当てられたタスクに対する時間を入力します。
      • なし
        : 経費、資材、および備品などの非労働リソースは、トランザクション伝票を介して、または、Open Workbench または Microsoft Project などのスケジューラを介して、実績値を追跡します。
      • その他
        : 実績値がサードパーティ プログラムからインポートされることを示します。
    • 請求コード
      すべてのプロジェクト タスクに使用する既定の請求コードを選択します。 タイムシートのタスク レベルで異なる請求コードを入力すると、タスクレベルの請求コードが、プロジェクトレベルの請求コードを上書きします。
  4. 変更を保存して終了します。
チーム スタッフ メンバの削除
関連付けられたポスト済みトランザクションまたは実績値が存在しないチーム メンバをプロジェクトから削除できます。 チーム メンバに関連付けられた、
予約
ステータスのリソース要求がある場合は、プロジェクトからチーム メンバを削除する前に、最初にそのリソース要求を予約解除してから削除します。 詳細については、「要求を使用しているハード予約されたリソースの予約解除」を参照してください。
プロジェクトのチーム メンバを削除しても、そのリソースはシステムから削除されません。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、
    [チーム]
    タブをクリックします。
  2. リソースを選択し、
    [削除]
    をクリックします。
  3. [はい]
    をクリックして確定します。
タスクの割り当てで、スタッフ メンバーを置き換える。
[タスクの割り当て] ページで、リソースを、ロール、または別のリソースと置き換えることができます。 また、ロールをリソースに置き換えることもできます。
ロック解除されたプロジェクトのスタッフ メンバだけを置換できます。 プロジェクトがロックされている場合は、チーム スタッフ メンバのロール(タスクの置換はなし)を置換できます。 プロジェクト管理の既定の設定[投資のロック時に配置の編集を許可]が選択されていれば、チーム スタッフ メンバのロールを置換できます。
プロジェクトがロック解除されている場合は、既存のロールまたはリソースを置換する新しいリソースにリソースの割り当てを転送できます。
スタッフの置換前に以下の条件を確認します。
  • 元のチーム スタッフ メンバは、置換が発生する前に実績値がポストされるように時間入力を完了します。
  • 元のロールまたはリソースには配置が残っていません。
置換スタッフへのデータ振り替え方法
チーム スタッフ メンバを別のチーム スタッフ メンバで置き換えると、特定のプロジェクト情報が新しいスタッフに振り替えられます。 例:
  • 利用可能時間の開始
    利用可能時間の開始日が過ぎていない場合、および交代スタッフがその日に予約されていない場合のみ、情報が振り替えられます)
  • 利用可能時間の終了
  • 残存配置
  • 配置率
  • 残りの ETC
  • タスクの割り当て([管理]で、プロジェクト設定の「ロールの置換時にタスクを再割り当て」オプションがオンの場合にのみ発生します)
  • プロジェクト ロール(ロールを別のロールと置換していない場合)
以下のフィールド情報は移されません。
  • 完了した割り当て
  • 既存の実績値
  • 未確定の実績値
  • 保留中の見積もり
  • ベースライン
チーム スタッフ メンバの置換
プロジェクトのチーム スタッフ メンバを置き換えるには、以下のいずれかの方法を使用します。
4
4
タスクのリソースを未割り当てのチーム スタッフ メンバで置換する
プロジェクトの [割り当てプール] フィールドがリソース プールに設定されている場合は、プロジェクト タスクの割り当てを、プロジェクト チームではないスタッフ メンバーと置換できます。 ただし、プロジェクトの [割り当てプール] フィールドがチームに設定されている場合には、このオプションは使用できません。 この場合、タスク割り当てはプロジェクト チームのスタッフ メンバーとのみ置換できます。
同じタスクに割り当てられていないことを条件として、チーム スタッフ メンバを別のチーム スタッフ メンバに置換できます。 また、複数のスタッフ メンバを 1 人のスタッフ メンバに置換することもできます。
その場合、元のリソースに関連する ETC と割り当て日が新しいリソースに振り替えられます。 複数のリソースを 1 人のリソースで置き換える場合、置換されたメンバの合計 ETC が、新しいメンバに振り替えられます。
タスクの割り当て日はプロジェクトの割り当て日より優先されます。 タスクの終了日が、チーム スタッフ メンバがプロジェクトに割り当てられている日付より後である場合でも、そのタスクにメンバを割り当てることができます。
タスクのリソースを割り当て済みのチーム スタッフ メンバで置換する
1 人のチーム スタッフ メンバを別のチーム スタッフ メンバで置換できます。 この方法によって、以下のことが可能になります。
  • チーム スタッフ メンバを、すでに同じタスクに割り当てられているメンバを含む、いずれかのチーム スタッフ メンバで置き換えます。 1 つのチーム メンバを別のメンバで置き換えると、同じタスクに割り当てられているメンバの数をまとめることができます。
  • 別のタスクに割り当てられているチーム スタッフ メンバを、同じチーム スタッフ メンバで置き換えます。
チーム スタッフを割り当て済みのチーム スタッフに置換するとき、取って代わる(割り当て済みの)スタッフの名前が、交代したスタッフの代わりに表示されます。 ETC はそれに応じて調整されます。 1 人のメンバから、または置換のために選ばれた複数のメンバの組み合わせから振り替えが行われる場合、ETC はそのまま振り替えられます。
タスクのロールを割り当て済みのチーム スタッフ メンバで置換する
あるロールを、プロジェクトにすでに割り当てられているリソースで置き換える場合、そのロールの配置が置換リソースの既存の配置に追加されます。 リソースに追加された配置の分だけロールの配置が減少します。
ロールを置き換える際は、以下の動作を考慮してください。
  • 指定したリソースでロールを完全に置き換えた場合、以下の動作が発生します。
    • ロールの配置が 0 になり、ロールがチーム スタッフ ページから削除されます。
    • ロールに割り当てられていたすべての割り当てと ETC は、指名されたリソースに振り替えられます。
    • ロールの配置は、指定されたリソースの配置に追加されます。 この場合、指定したリソースに過剰に配置することができます(つまり 100 パーセント以上配置可能)。
  • 1 つ以上の指定されたリソースでロールを部分的に置き換えた場合、以下の動作が発生します。
    • ロールの配置が置換された分だけ減少し、ロールはチーム リストに留まります。
    • 指定されたリソースへの割り当ての振り替えは行われません。
    • 置換されたロールの配置が、指定されたリソースの配置に追加されます。
  • 割り当てと ETC のあるロールを置き換えて、ロールの配置がゼロになった場合、そのロールはチーム リストに残ります。 1 つ以上のリソースにタスクを再割り当てし、次にプロジェクト チームからロールを削除します。
割り当てられていないチーム スタッフ メンバでロールを置換することもできます。 このオプションは、プロジェクトの作成時に全般プロパティの[割り当てプールとしてのリソース プール]を選択した場合のみ利用可能です。
利用可能時間のスコアを使用したリソースの置換
利用可能時間のスコアを使用して、利用可能時間の観点から、プロジェクトのリソースをどのリソースで置き換えるのが最適かを判断することができます。 アクセス権があるリソースのそれぞれに対して、利用可能時間のスコアが自動的に生成されます。 このスコアは、置換されるリソースと置換リソースの間の、利用可能時間の一致度が最も近いものを示します。 利用可能時間は、リソースの割り当て期間と、毎日の利用可能時間に基づいています。 一般に、スコアが高いほど適合していることを示します。
タスクに割り当てられているチーム スタッフ メンバを置換する際、利用可能時間のスコアを使用して置換メンバを検索するには、以下の手順に従います。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開き、[チーム]タブをクリックします。
  2. 代わりのチーム スタッフ メンバを検索するため、[リソース ファインダ]
    アイコンをクリックします。
  3. 前のリソースと置換するリソースの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[置換]をクリックします。
  4. 確認ページで、はいをクリックします。