MSP:
Clarity PPM
とのデータ交換

ccppmop158
Microsoft Project (MSP)でプロジェクトを開くか、プロジェクトを保存すると、Schedule Connect は、変更が同時に発生した場合でも、
Clarity PPM
と MSP の間のデータ交換および更新を調整します。 このデータ交換を有効にするには、MSP フィールドを
Clarity PPM
フィールドにマップします。 リソースおよび見積もりルールなどの主要な情報は、
Clarity PPM
で制御されます。 MSP でこの情報を変更すると、変更は
Clarity PPM
で保存されません。
2
Clarity PPM
Studio で作業する場合は、MSPField テーブルの[PRNAME]フィールドに、属性 ID 値を小文字で入力します。
Clarity PPM
Studio ではこの値を使用します。 ただし、
Clarity PPM
では、カスタム割り当て属性は Microsoft Project にマップされません。
Microsoft Project でプロジェクトを開く
表示権限または編集権限があれば、任意のアクティブ プロジェクトを
Clarity PPM
から開くことができます。
Clarity PPM
でプロジェクトを開くには、MSP 用にフォーマットされている必要があります。
Clarity PPM
でプロジェクト開始日と異なる日付を設定して作成されたタスクは、[
指定日以降に開始
]制約が適用され、保留状態になります。 超過作業時間の配分を含め、タスクごとに各ロールの作業工数見積もりが、Microsoft Project にロードされます。
プロジェクトを表示または編集するアクセス権がある場合、
Clarity PPM
から Microsoft Project を呼び出して、読み取り専用または読み取り/書き込みモードで、プロジェクトを開くことができます。 プロジェクトに対する読み取り専用アクセス権が割り当てられている場合、またはプロジェクトが現在ロックされている場合は、プロジェクトを読み取り専用として開くことができます。
Microsoft Project でプロジェクト ID と MPP ファイル名が同じであるプロジェクトを、コンピュータ上の異なる
Clarity PPM
サーバから開くことはできません。 この状況でプロジェクトを正しく開くには、まず、ローカルに保存した MPP ファイルを削除します。 次に、他の
Clarity PPM
サーバから、重複したプロジェクト ID を持つプロジェクトを開きます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトが Microsoft Project で開いている場合は、保存して閉じます。
  2. 開いているダイアログ ボックスをすべて閉じるか、または Microsoft Project との対話操作をすべて終了します。
  3. 別の
    Clarity PPM
    サーバのプロジェクトを開く場合は、以下の手順を実行します。
    1. Microsoft Project を終了します。
    2. Schedule Connect のサーバ設定を変更します。
  4. [スケジューラで開く]
    メニューから Microsoft Project を選択します。
  5. 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • 読み取り専用。 ロック解除されたプロジェクトを Microsoft Project で開きます。
      読み取り/書き込み (既定) Microsoft Project でプロジェクトを開き、そのプロジェクトを
      Clarity PPM
      でロックします。
      プロジェクトを表示するアクセス権しか許可されていない場合、またはプロジェクトが別のユーザによってロックされている場合、「読み取り専用」が既定値として選択され、リストボックスは使用できません。
  6. [実行]
    をクリックします。
  7. Microsoft Project で
    Clarity PPM
    のプロジェクトを開くと、以下の処理が実行されます。
    • Clarity PPM
      ログインが自動的に Microsoft Project に送信されます。
      Clarity PPM
      のプロジェクトを Microsoft Project で開く際に、Schedule Connect にログインする必要はありません。
    • プロジェクトが Microsoft Project で開きます。 Microsoft Project がすでに実行中の場合は、Microsoft Project のそのインスタンスが使用されます。 Microsoft Project ですでに開いているプロジェクトはすべて開いたままになります。
    • Clarity PPM
      のプロジェクトを読み取り/書き込みモードで Microsoft Project で開く場合、他のユーザは読み取り専用モードでのみ、そのプロジェクトを開くことができます。
Microsoft Project で
Clarity PPM
プロジェクトを開く
Clarity PPM
サーバへの接続をセットアップした後、Microsoft Project で
Clarity PPM
プロジェクトを開くことができます。 表示または編集権限のある任意のアクティブな
Clarity PPM
プロジェクトを開くことができます。
[Clarity から開く]ウィンドウには、Microsoft Project 用にフォーマットされている、編集または表示可能な、アクティブな
Clarity PPM
プロジェクトのリストが表示されます。
以下の手順に従います。
  1. Microsoft Project を起動します。
  2. [CA Clarity PPM の統合]
    タブをクリックし、
    [開く]
    をクリックします。
  3. 以下の情報が表示されます。
    • プロジェクト ID
      通常自動ナンバリングされるプロジェクト用の一意の識別子を定義します。
      制限:
      20 文字
      必須:
      はい
    • 名前
      プロジェクトの名前を表示します。 この値は、[プロジェクトのプロパティ]ページの[プロジェクト名]フィールドに基づいています。
    • ロックをかけているユーザ
      現在プロジェクトを編集している、リソースのユーザ名が定義されます。
    • マネージャ
      プロジェクトの管理を担当するリソースの電子メール アドレスを指定します。
  4. プロジェクトを選択し、[開く]をクリックします。
    プロジェクトがロックされ、ローカルに保存されている場合、
    Clarity PPM
    バージョンを開いてローカル バージョンを置換するように求められます。
  5. [はい]をクリックして、
    Clarity PPM
    バージョンを開きます。
Microsoft Project の[保存]および[名前を付けて保存]
Microsoft Project (MSP)で更新したプロジェクトを
Clarity PPM
に再び保存すると、保存されたプロジェクトには、更新されたスケジュールが反映されます。 タスク スケジュールやリソース作業量などの個別情報を含め、MPP プロジェクト ファイルが
Clarity PPM
にアップロードされます。
(レガシー バージョン
ではなく
、新しいバージョンの) Microsoft Project インターフェースを使用する場合、既存の
Clarity PPM
プロジェクトに対して
[名前を付けて保存]
することはできません。
ファイルをローカルに保存するために Microsoft Project の
[保存]
および
[名前を付けて保存]
を使用します。
Clarity PPM
へプロジェクトを保存するには Schedule Connect を使用します。
プロジェクトをローカルで保存せずに Microsoft Project を終了すると、プロジェクトを保存するように求められます。 この場合、プロジェクトはローカルには保存されますが、
Clarity PPM
には保存されません。
Clarity PPM
の[統合]メニューの
[保存]
ボタンを使用して、
Clarity PPM
に保存します。
Microsoft Project から
Clarity PPM
への新規プロジェクトの保存
Microsoft Project でプロジェクトを作成し、それを
Clarity PPM
に保存することができます。 以下のことが想定されています。
  • Clarity PPM
    でプロジェクトを作成するアクセス権がある。
  • プロジェクトで参照されるリソースまたはチャージ コードが
    Clarity PPM
    に存在する。
  • プロジェクトがパスワード保護されていない。 プロジェクトがパスワード保護されているかどうかを確認するには、[保存]オプションを選択します。
Microsoft Project で作成した新規プロジェクトを
Clarity PPM
に保存すると、以下の処理が自動的に行われます。
  • ユーザは、
    Clarity PPM
    プロジェクト マネージャとして設定されます。
  • Clarity PPM
    でそのプロジェクトがロックされます。
  • Microsoft Project では、そのプロジェクトは開いたままです。
そのプロジェクト ID が
Clarity PPM
に存在する場合、[
Clarity PPM
の統合
]メニュー バーの[
名前を付けて保存
]をクリックすると、既存のプロジェクトに上書きして保存できます。 既存のプロジェクトを上書きして保存する場合、新規プロジェクト情報によって既存のプロジェクト情報が置換されます。 未計画タスク、実績値付きの割り当て済みタスクは削除済みタスクとして、[削除済みタスク]要約フェーズに移動されます。
プロジェクトを
Clarity PPM
から開く場合、MPP ファイルに格納されているプロジェクト ID が、既定のプロジェクト ID として使用されます。 そのプロジェクトを
Clarity PPM
から開かない場合、プロジェクトのタイトルがプロジェクト ID として使用されます。
プロジェクト ID を変更するには、
Clarity PPM
にプロジェクトを作成します。 プロジェクト ID は一意です。 プロジェクト ID が存在する場合は、既存のプロジェクトを新しいプロジェクト情報で置き換えることができます。
ID を変更すると、MPP ファイル名がそれに合うように変更されます。
以下の手順に従います。
  1. Microsoft Project でプロジェクトを開きます。
  2. CA Clarity PPM の統合
    ]メニュー バーをクリックし、[名前を付けて保存]をクリックして、アクセス権があるアクティブなプロジェクトのリストを表示します。
  3. 以下の情報を定義します。
    • プロジェクト ID
      。 通常自動ナンバリングされるプロジェクト用の一意の識別子を定義します。
      制限:
      20 文字
      必須:
      はい
    • ローカル ファイル名
      。 プロジェクトの既定のローカル パスおよび MPP ファイル名を定義します。 MPP ファイル名の既定値はプロジェクト ID です。 プロジェクト名がすでに存在する場合、既存のプロジェクトは新規プロジェクトの情報で置き換えられます。
      Microsoft Project の[ツール]-[オプション]-[保存]の設定により、パスおよびファイル名が決まります。 この設定を変更しても、Microsoft Project を次回起動するまでは有効になりません。
      トラック モード
      。 プロジェクト タスクに費やした時間を入力するために、リソース割り当てで使用するトラッキング方法を指定します。
      値:
      • Clarity。 (既定)割り当てられたリソースは、タイムシートを使用して、割り当てられたタスクに対する時間を入力します。
      • なし。 労働リソース以外のリソースは、会計トランザクション レコードから、または Microsoft Project および Open Workbench などのデスクトップ スケジューラを通して、実績値を追跡します。
      • その他。 サードパーティ アプリケーションから実績値をインポートします。
  4. プロジェクトを保存します。
既存の
Clarity PPM
プロジェクトのコピーを新規プロジェクトとして保存
既存の
Clarity PPM
プロジェクトのコピーを新規プロジェクトとして保存すると、すべてのプロジェクト情報が新規プロジェクトにコピーされます。 両方のプロジェクトとも、相互に独立して存在します。 ファイル共有は行われません。 また、標準的な Microsoft Project の保存機能を使用して MPP ファイルとしてローカルに保存しない限り、ロックはプロジェクトから削除されます。
以下の手順に従います。
  1. Clarity PPM
    から Microsoft Project でプロジェクトを開きます。
  2. Clarity PPM
    統合
    タブをクリックし、[名前を付けて保存]を選択します。
  3. 新しい一意の
    Clarity PPM
    プロジェクト ID を入力し、[名前を付けて保存]をクリックします。
    プロジェクトのコピーは新規プロジェクトとして
    Clarity PPM
    に保存されます。
既存のプロジェクトを Microsoft Project から
Clarity PPM
に保存
既存のプロジェクトを
Clarity PPM
に保存するには、そのプロジェクトの編集アクセス権およびロック オプションを保有している必要があります。 別のユーザがそのプロジェクトをロックしていたり、ユーザ自身がロックをかけていない場合は、保存することはできません。 必要に応じて、保存を強制することができます。 既存のプロジェクトを保存した後は、プロジェクトの変更を続行できます。
以下の手順に従います。
  1. Microsoft Project でプロジェクトを開きます。
  2. Clarity PPM
    統合
    メニュー バーをクリックし、[名前を付けて保存]をクリックします。
    プロジェクトは、ロックされて開いたままとなります。 プロジェクトをロックしていない場合は、保存を強制することができます。
  3. [はい]をクリックします。
Microsoft Project からのデータの取得
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存すると、タスクや割り当てを含む、プロジェクトに関する情報が更新されます。 以下の例外が適用されます。
  • リソースおよび請求コードの情報は更新または作成されません。
  • 実績時間など、追跡された割り当てに関する時間追跡情報は更新されません。
  • 未計画のタスクおよび割り当ては、強制保存が設定されている場合でも、更新または削除されません。
  • ベースライン情報の手動編集は保存されません。
タイムシートの実績値を提出済みの、プロジェクト、タスク、およびチーム スタッフ メンバを削除することはできません。 実績値を提出済みのタスクからリソース割り当てを削除することはできません。 実績値のある割り当てを削除しようとすると、見積もり(ETC)が「0」に設定されます。 実績値のあるタスクを削除しようとすると、タスクは「
完了
」としてマークされます。
タスクは、ワーク ブレークダウン ストラクチャ(WBS)の[削除済みタスク]要約タスクの下に移動されます。
Clarity PPM
は、このフェーズを作成するか既存のフェーズを再利用し、ローカライズされていない値にタスク ID を設定します。
Clarity PPM
および Microsoft Project は、言語設定に基づいてタスクを認識できます。
Microsoft Project でプロジェクトを開くと、コスト情報は
Clarity PPM
の会計コスト マトリクスから取得されます。 コスト レートは、プロジェクト タスクに割り当てられたリソースに関連づけられたコストを決定します。 Microsoft Project のコスト レートは、
Clarity PPM
のコスト マトリクスの[コスト]フィールドから取得されます。 これらのコストは、一定期間について、プロジェクト レベルで、タスク別に表示されます。
Microsoft Project は、時間変動コスト レートとプロジェクト固有のコスト レートをサポートします。 Microsoft Project でコスト レートに対して加える変更は
のものです。
Clarity PPM
には保存できません。
同時進行のタイムシートおよびトランザクション変更
Microsoft Project は、同時進行のタイムシートおよびトランザクション変更を結合します。 更新中のプロジェクトの情報に影響を及ぼす可能性のある、
Clarity PPM
のタイムシートまたは会計トランザクションを更新できます。 プロジェクトがロックされているとき、プロジェクトに影響するタイムシートとトランザクション更新のほとんどはブロックされます。 以下の変更は、プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するときに保存され、結合されます。
  • 計画外のタスク
    。 計画外のタスクは、プロジェクト マネージャによって移動されるまで、Microsoft Project の[計画外のタスク]要約タスクに置かれます。 計画外のタスクは、スタッフ メンバによって以下が行われた場合に発生します。
    • 新規計画外タスクを作成する。
    • チーム スタッフ メンバが割り当てられていないタスクに実績時間を記録することで、計画外の割り当てを作成する。
    プロジェクトを
    Clarity PPM
    に保存する場合、計画外のタスクと割り当ては削除されません。 Microsoft Project で開いた計画外のタスクおよび割り当ては、「
    計画済み
    」としてマークされます。 計画外のタスクおよび割り当ては、後で Microsoft Project から削除できます。
  • 未確定の見積もり
    。 チーム スタッフ メンバは
    Clarity PPM
    で未確定の見積もり(ETC)を設定できます。 Microsoft Project で、追跡された割り当てのこのフィールドを変更しても、プロジェクトを
    Clarity PPM
    に保存する際、変更内容は無視されます。例外が 1 つあります。 保留中の見積もり値をユーザが受諾または拒否し、チーム スタッフ メンバが
    Clarity PPM
    でこの見積もりを同時には変更していない場合です。
  • メモ
    。 スタッフ メンバは
    Clarity PPM
    のタスクにメモを追加できます。
  • 実績値
    。 承認された実績値と未承認の実績値は両方とも、プロジェクト計画で未確定の実績値として表示されます。
関連プロジェクトおよびリソースの
Clarity PPM
の[トラック モード]フィールドが[Clarity]または[その他]に設定されているときに、割り当てが追跡されます。 [実績値]、[現在までの実績値]、[未確定の実績値]、[未確定の見積もり]の各フィールドの情報(空白設定を除く)は、
Clarity PPM
で管理されます。 Microsoft Project でのフィールドの変更はすべて無視されます。
ポストされたタイムシートと実績値
Clarity PPM
タイムシートは、Microsoft Project (MSP)の実績値に影響します。 プロジェクトに対するリソースの割り当てでは、通常
Clarity PPM
のタイムシートを使用して、割り当てられたタスクで達成した毎週の作業を入力します。 これらのタイムシートには、その週にスケジュールされたタスクが自動的に組み込まれます。 リソースはそれらのタイムシートを提出し、プロジェクト マネージャはプロジェクト計画にポストする前に承認します。 実績値をポストする前に、未確定の実績値が Microsoft Project に表示されます。
Clarity PPM
[未確定の実績値]
フィールドを Microsoft Project のカスタム数値フィールドにマップします。
タイムシートがポストされると、リソースがタイムシートの実績値を入力した割り当ての見積もり(ETC)が調整されます。 通常は、ETC は実績値の分だけ減少し、割り当ての合計作業時間は変わりません。
Microsoft Project では、作業時間の配分型に「適合」(
Clarity PPM
では「固定」)が指定されている割り当ては、違う方法で処理されます。 この場合、その週またはその週以前にスケジュールされている ETC は実績値と置換されます。 また、その週よりも後にスケジュールされている ETC は保持されます。 この結果、Microsoft Project で見積もりをスケジュールするタイミングによって、総作業時間が増加または減少する場合があります。
Microsoft Project で作業配分を編集すると、作業時間の配分型の割り当ては「適合」にリセットされます。 合計実績値または残存作業配分を修正しても、作業時間の配分型は変更されません。
ほとんどの場合、タイムシートをポストしても、タイムシートのタスクの終了日がただちに変更されることはありません。 たとえば、タスクの作業が計画よりも長くかかった場合(計画よりも大きい実績値が入力された場合)、ETC は新しくなり、減少します。ある週に、タスクで完了した作業が計画より少なかった場合、その作業はタスク スケジュール内でより高いレートでスケジュールされます。 この場合、Microsoft Project で
Clarity PPM
のプロジェクトを開くと、そのタスクは再スケジュールされ、終了日は遅延します。
ポストされたタイムシートは、リソースがその週に行ったプロジェクト作業の完全な会計報告であると仮定されます。 スケジュールされたタスクがタイムシートに表示されていない、ということは、リソースがそのタスクのいかなる作業も完了させていないことを意味します。 プロジェクト マネージャは、翌週以降のタスクを再スケジュールする必要があります。
Microsoft Project で
Clarity PPM
のプロジェクトを開くと、Microsoft Project で
手動計算
モードを使用している場合でも、スケジュールされます。 その結果、Microsoft Project でのタスク終了日とリソース作業配分が
Clarity PPM
と異なる場合があります。 実績値をポストした後、計画を再構築します。 計画を再構築すると、作業をバランスよく進めることができます。 また、進捗の割合で、スコープ、シーケンス、その他のプロジェクトの要素を変更する必要はありません。
Microsoft Project での経過期間
プロジェクト マネージャは、Microsoft Project で稼働日または経過(カレンダ)日として期間を入力できます。 経過期間は、休日およびその他の非稼働日を含めて、1 日 24 時間および週 7 日間に基づいてタスクが完了するためにかかる時間数です。 稼働時間および非稼働時間中に行われるようにタスクをスケジュールするには、プロジェクト マネージャは、Microsoft Project で(期間の省略形の前に文字
e
を追加することにより)タスクに経過期間を割り当てます。 たとえば、
3ed
は、稼働日か非稼働日かにかかわらず、経過日数 3 日を示します。 経過期間は、日単位、週単位、または月単位でのみ定義できます(時間単位はサポートされていません)。
Microsoft Project からプロジェクトを開き、
Clarity PPM
に保存すると、Microsoft Project インターフェース(レガシー バージョンでは
ない
)は経過期間値を保持します。 Microsoft Project のタスク依存関係については、このインターフェースはスケジュール内のリード(加速またはオーバーラップ)およびラグ(遅延またはギャップ)の経過期間も保持します。 以下の依存関係タイプがサポートされています。
  • 終了 - 開始
  • 開始 - 開始
  • 開始 - 終了
  • 終了 - 終了
ただし、経過期間は Microsoft Project でのみ表示および編集できます。 Microsoft Project 経過期間は、タスクの開始日、終了日、期間、または依存関係を変更しない限り、
Clarity PPM
で保持されます。 変更した場合、その期間は稼働日に変換されます。
Clarity PPM
で経過期間を保持するには、Microsoft Project 2010 以降のバージョンが必要です。
Microsoft Project Interface レガシーは、Microsoft Project から
Clarity PPM
に値を保持
しません
。 Microsoft Project の経過日数である期間は、
Clarity PPM
で稼働日に変換されます。
MSP の経過期間に影響する
Clarity PPM
の更新
タスクの開始、終了、または期間の値に影響する
Clarity PPM
のアクションは、MSP から保存された値よりも優先されます。 以下に、以前に MSP に入力された経過期間の値に影響する可能性がある
Clarity PPM
のアクションの例をいくつか示します。
  • 自動スケジュールの実行
  • タスク開始日の変更
  • タスク終了日の変更
  • タスクの開始日または終了日に影響するタスク割り当ての編集
  • プロジェクトの開始日または終了日の変更(タスクが新しい日付の範囲外である場合)
  • タスク割り当ての実績値のポスト:
    • ポスト後に残っている ETC に応じて、タスク終了日が変更される場合があります。
    • ポストによってタスク終了日が更新されると、経過期間は稼働日として再計算されます。
  • 経過値を稼働日に変換するタスク依存関係の編集。 例:
    • ガント ビューを使用したタスク依存関係のドラッグ アンド ドロップ
    • [タスクのプロパティ]または[依存関係]ページでの依存関係のリードまたはラグ時間の編集
Microsoft Project の外部依存関係
依存関係の作成元となるプロジェクトを開かずに、オープンなプロジェクトに依存関係を挿入できます。 Microsoft Project (MSP)では、依存タスクのファイル名とタスク ID を入力することで、依存関係を挿入できます。
あるタスクが別のプロジェクトの別のタスクに依存している場合、Microsoft Project には 2 番目のプロジェクトの ID とそのタスクの名前は表示されません。 リリース 14.x 以前の Microsoft Project ドライバを使用している場合、プロジェクトの ID が以下の形式 projectID\taskName で、タスク名列と共に表示されます。新しい Microsoft Project ドライバでは、タスク名のみが表示されます。
たとえば、以下の図は、プロジェクト PR1059、および別のプロジェクト PR1028 のタスク「
Define Scope
」に依存関係のあるタスク「
Network Map
」を示しています。 リリース 14.2 ドライバを使用すると、タスク名が Microsoft Project に表示されます。
Microsoft Project での依存タスクを示す画像。
外部依存関係を持つプロジェクトを保存すると、必要に応じて外部タスクが更新されます。