MSP: MSP と
Clarity PPM
間のフィールド マッピング

ccppmop158
HID_admin_map_msp
Microsoft Project (MSP)の標準フィールドの多くは、
Clarity PPM
フィールドにマップされています。 Schedule Connect は、MSP と
Clarity PPM
との間でデータを交換します。 このドキュメントでは、ユーザ インターフェースに表示される MSP フィールドの場所とデフォルト名について説明します。
Clarity PPM
の列には、
Clarity PPM
ユーザ インターフェース フィールド、次にデータベース テーブルと列が一覧表示されます。
2
Microsoft Project フィールドをマップするときには、まだマップされていない既存の
Clarity PPM
属性と、[プロジェクト]、[リソース]、[タスク]、[割り当て]、[チーム]の各オブジェクトのカスタム属性のみを Microsoft Project フィールドにマップできます。 マッピングは、以下の属性データ タイプに制限されています。
  • 日付
  • 番号
  • 文字列
  • ブール
  • ルックアップ文字列
フィールドをマップする場合は、以下のビジネス ルールが適用されます。
  • 静的ルックアップ文字列マッピングには、新しい MSP ドライバが必要です。レガシー ドライバでルックアップ文字列をマップすることはできません。
  • 製品がリソース レコードを所有するため、マップされたリソース フィールドに対する変更は
    Clarity PPM
    には保存されません。
  • マップされたデータのインポート、エクスポート、または両方が可能かどうかを指定できます。
  • [オブジェクト タイプ]および[Clarity 属性 ID]のマッピングがすでに存在する場合は、[作成]または[更新]の操作によりエラーが発生します。
  • [オブジェクト タイプ]および[MSP フィールド名]がすでに存在する場合は、[作成]または[更新]の操作によりエラーが発生します。
  • [PPM 属性 ID]を
    prUID
    に設定した既定のマッピングの場合、[作成]または[更新]の操作を行うとエラーが発生します。
  • [PPM 属性 ID]を
    prUID
    に設定したマッピングの場合、更新操作で修正できるのは[MSP フィールド名]のみです。 たとえば、テキスト 3 からテキスト 4 に UID のマッピングを変更できます。
[MSP フィールド マッピング]ページを表示するには管理者権限が必要です。
Clarity PPM
14.2 では、[PPM 属性 ID]には[Clarity 属性 ID]の古い名前が表示されます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]を開き、[プロジェクト管理]から[MSP フィールド マッピング]をクリックします。
  2. [MSP マッピング]リスト ページで[新規]をクリックします。
  3. 以下の情報を入力し、保存します。
    • オブジェクト タイプ
      マップされた属性が属している
      Clarity PPM
      オブジェクトを示します。
      値:
      Project、Task、Resource、Assignment、および Team
    • データ操作
      実行する操作を指定します。
      値:
      • インポートおよびエクスポート:
        Clarity PPM
        と Microsoft Project の間でデータをインポートおよびエクスポートします。
      • インポート: Microsoft Project フィールドから
        Clarity PPM
        にデータをインポートします。
      • エクスポート:
        Clarity PPM
        属性のデータを Microsoft Project にエクスポートします。
    • PPM (Clarity)属性 ID
      Microsoft Project にマップされている属性の
      Clarity PPM
      属性 ID を示します。 属性 ID は、各オブジェクトの[属性]タブに表示されています。
    • MSP フィールド名
      Clarity PPM
      属性にマップする Microsoft Project フィールド名を示します。
      • テキストおよびルックアップ文字列フィールド: テキスト 4 ~ テキスト 30 を使用します
      • ブール フィールド: フラグ 2 ~ フラグ 20 を使用します
      • 数値フィールド: 数値 1 ~ 数値 20 を使用します
      • 日付フィールド: 日付 1 ~ 日付 10 を使用します
  • [オブジェクト タイプ]および[PPM 属性 ID]のマッピングがすでに存在する場合は、[作成]または[更新]の操作によりエラーが発生します。
  • [オブジェクト タイプ]および[MSP フィールド名]がすでに存在する場合は、[作成]または[更新]の操作によりエラーが発生します。
  • [PPM 属性 ID]を
    prUID
    に設定した標準設定のマッピングの場合、[作成]または[更新]の操作を行うとエラーが発生します。
  • [PPM 属性]を
    prUID
    に設定したマッピングの場合、更新操作で修正できるのは[MSP フィールド名]のみです。 たとえば、テキスト 3 の UID のマッピングを変更できます。
  • ルックアップ名に重複がある場合は、資本(1)、資本(2)など、「(1)」が追加されて表示されます。 非アクティブなルックアップも MSP にリスト表示されますが、「(*) inactive」など、アスタリスク(*)付きで表示されます。
  • ルックアップは、MSP のテキスト フィールドにのみマップできます。
プロジェクト情報フィールドのマッピング
以下のフィールドでは、Microsoft Project から
Clarity PPM
にプロジェクト情報がマップされます。
  • スケジュール
  • プロジェクト ベースライン
  • マネージャ
  • その他のプロジェクト属性
  • カレンダ
スケジュール フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project のフィールドと
Clarity PPM
のスケジュール プロパティ ページのフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
開始日
開始日
PRJ_PROJECTS: PRSTART
該当せず
終了日
終了日
PRJ_PROJECTS: PRFINISH
該当せず
スケジュールの基点
指定開始日
このフィールドは既定では表示されません。
PRJ_PROJECTS: PRSTARTIMPOSED
指定終了日
このフィールドは既定では表示されません。
PRJ_PROJECTS: PRFINISHIMPOSED
このフィールドが表示される場合、[スケジュールの基点]フィールドは Microsoft Project でプロジェクトを開いたときに[開始日]に設定されます。 それ以外の場合、[スケジュールの基点]は[終了日]に設定されます。
ステータス日
対象日
PRJ_PROJECTS: PRASOF
Microsoft Project では、このフィールドをプログラムによって N/A に設定できません。
Clarity PPM
の[対象日]が空白の場合、このフィールドの既存の値が保持されます。
優先度
優先度
PRJ_PROJECTS: PRPRIORITY
優先度は、Microsoft Project の範囲(0 〜 1000)と
Clarity PPM
の範囲(36 ~ 0)の間で変換されます。
マネージャ フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project のフィールドと
Clarity PPM
の[概要]ページのフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
マネージャ
マネージャ
Microsoft Project でプロジェクトを開くとき、このフィールドは、プロジェクト マネージャとして識別された
Clarity PPM
でのユーザ名に設定されます。 この値は
Clarity PPM
に再保存されません。
タイトル
タイトル
SRM_PPROJECTS:
NAME
該当せず
カレンダ フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project のフィールドと
Clarity PPM
の基準カレンダ フィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project のプロジェクト カレンダは、常に
Clarity PPM
の基準カレンダにリセットされます。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
目的
カレンダ名
PRCalendar: PRNAME
リソース カレンダでは使用されていません。
基準カレンダ
基準カレンダ
PRCalendar: PRBASECALENDARID
Microsoft Project では、リソース カレンダにのみ基準カレンダがあります。
この情報が Microsoft Project で設定されるときに、システム カレンダが基準カレンダに結合されます。
選択した日付の稼働時間の設定
PRCalendar: PRVALUE
Clarity PPM
で定義されたカレンダ情報が、Microsoft Project の[稼働時間の設定]オプションに表示されます。
リソース情報フィールドのマッピング
[概要]タブ
以下の表に、Microsoft Project のリソース情報フィールドと
Clarity PPM
の[リソースのプロパティ]ページのフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
リソース名
リソース/ロール名
SRM_RESOURCE: Full_Name
Clarity PPM
のロールおよび非労働リソース名。 労働リソースの場合、カンマの付いていない、結合されている最後および最初のリソース名。
Microsoft Project でプロジェクトを開くとき、カンマがスペースに置き換えられます。 プロジェクトを
Clarity PPM
に再保存するとき、スペースがカンマに置き換えられます。
頭文字
リソース ID
SRM_RESOURCE: UNIQUE_NAME
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するとき、このフィールドは、既存の
Clarity PPM
リソース ID を確認します。
一致するリソース ID が見つかった場合、
Clarity PPM
にプロジェクトが保存されます。 一致するリソース ID が見つからない場合、有効なリソース ID を指定するよう要求されます。
リソース タイプ
雇用形態
SRM_RESOURCE: RESOURCE_TYPE
Clarity PPM
では、このフィールドが次に設定されます。
  • 労働リソースおよびロールの作業。
  • 他のすべてのリソース タイプの資材。
汎用
該当せず
ロールに対してはこのフィールドは[オン]に設定され、リソースに対しては[オフ]に設定されます。
予約の種類
該当せず
Clarity PPM
にはマップされませんが、値は .MPP ファイルに保持されます。
電子メール
電子メール アドレス
SRM_RESOURCE: EMAIL
該当せず
グループ名
カテゴリ
PRJ_RESOURCES: PRCATEGORY
該当せず
コード
入力タイプ コード
PRJ_RESOURCES: prTypeCode
該当せず
リソースの利用可能時間
Microsoft Project では、リソース利用可能時間は、あるリソースがプロジェクトでどのくらい利用可能であるかを表す単位です。
Clarity PPM
では、リソース利用可能時間は、リソースのシステム レベルの利用可能時間と、リソースのプロジェクトへの配置率に基づいています。
Microsoft でプロジェクトを開くと、以下の式を使用して、
Clarity PPM
からリソースの利用可能時間が設定されます。
リソースのシステム レベルの利用可能時間 * リソース プロジェクト % 配置率
以下の表に、Microsoft Project のリソースの利用可能時間フィールドと
Clarity PPM
のプロジェクト チーム スタッフ ページおよび[リソースのプロパティ]ページのフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
該当せず
PRJ_RESOURCE: PRAVAILCURVE
Microsoft Project では、労働リソースに対してのみ使用されます。
Microsoft Project 内のプロジェクトを開くとき、このフィールドはプロジェクトへのリソースの配置情報と統合されます。 プロジェクトを
Clarity PPM
へ保存する際、このフィールドは分離されます。
該当せず
PRTeam:
PRALLOCCURVE
Microsoft Project では、労働リソースに対してのみ使用されます。
このフィールドは、Microsoft Project でプロジェクトを開くときに、リソースの利用可能時間と結合され、プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するときに分離されます。
利用可能期間の開始日
プロジェクト チーム: スタッフ: 開始
PRTeam:
PRAVAILSTART
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するとき、このフィールドは、プロジェクトを終了するためにリソースが使用できる日付に設定されます。
Microsoft Project で、[利用可能期間の終了日]フィールドが[該当せず]に設定されている場合、
Clarity PPM
のこのフィールドは空白に設定されます。これは、プロジェクトを開始するときにリソースが使用可能であることを示します。
利用可能期間の終了日
プロジェクト チーム: スタッフ: 終了
PRTeam:
PRAVAILFINISH
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するとき、このフィールドは、プロジェクトを終了するためにリソースが使用できる日付に設定されます。
Microsoft Project で、[利用可能期間の終了日]フィールドが[該当せず]に設定されている場合、
Clarity PPM
のこのフィールドは空白に設定されます。これは、プロジェクトを開始するときにリソースが使用可能であることを示します。
[稼働時間]タブ
Microsoft Project の稼働時間情報は、
Clarity PPM
の[リソース カレンダの編集]ページのリソース カレンダ設定に基づく基準カレンダおよびリソース固有の例外に設定されます。 Microsoft Project では、労働リソースに対してのみカレンダが使用されます。
[コスト]タブ
Microsoft Project でプロジェクトを開くと、コスト情報は
Clarity PPM
コスト マトリクスの最初のコスト レート テーブルに設定されます。
タスク情報フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project のフィールドと
Clarity PPM
の[タスクのプロパティ]ページのフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
[概要]タブ
名前
名前
PRTask: PRNAME
Clarity PPM
にプロジェクトを保存するときに、Microsoft Project の[名前]フィールドが空の場合は、
Clarity PPM
内部 ID に設定されます。
このフィールドは空白にはできません。
テキスト1
ID
PRTask: PREXTERNALID
同じプロジェクト内のタスク ID は、
Clarity PPM
で一意である必要があります(空白を除く)。
開始
開始
PRTask: PRSTART
Microsoft Project では、[稼働時間の設定]で同じカレンダ情報が反映されます。
終了
終了
PRTask: PRFINISH
[稼働時間の変更]ダイアログの[稼働時間の設定]オプションでは、同じカレンダ情報が反映されます。
期間
期間
このフィールドは既定では表示されません。
PRTask: PRDURATION
Microsoft Project では、期間の単位は[オプション]ダイアログ ボックス([ツール]-[オプション])の
[入力時の期間単位]
フィールドで設定できます。
経過した期間は同等の作業期間に変換されますが、モデルは変更されます。
優先度
優先度
このフィールドは既定では表示されません。
PRTask: PRPRIORITY
優先度は、Microsoft Project の範囲(0 〜 1000)と
Clarity PPM
の範囲(36 ~ 0)の間で変換されます。
精度は失われます。
フラグ 1
キー タスク
PRTask: PRISKEY
既定のマッピングであり、変更できます。
任意のユーザ テキスト フィールド
請求コード
PRTask: PRCHARGECODEID
請求コードの名前は、Microsoft Projectに表示されます。 タスクの請求コードを変更するには、ドロップ ダウン リストで使用可能なコードを選択します。
達成率
達成率
PRTask: PRSTATUS
および
PRTask: PRPCTCOMPLETE
完了率が 0 % を超えるとタスク ステータスが[開始済み]に設定され、100 % に達すると[完了]になります。 それ以外の場合、このフィールドは[開始前]に設定されます。
[詳細]タブ
マイルストーンに設定する
マイルストーン
PRTask:
PRISMILESTONE
Microsoft Project では、ガント バー ルールの実行手段として、任意のタスクにマイルストーンのフラグを付けることができます。 たとえば、ひし形の描画およびフィルタなどの他の機能です。 タスクの期間がゼロになると、Microsoft Project はこのフラグを自動的に設定します。
カレンダ
カレンダは Microsoft Project で使用できますが、使用可能なカレンダのリストは
Clarity PPM
から取得します。
タスク タイプ
期間固定
PRTask: PRISFIXED
Microsoft Project のすべてのタスク タイプがサポートされています。 Microsoft Project では以下のとおりです。
  • 期間固定のタスク タイプは True にマップされます。
  • 固定された単位および固定された作業は False にマップされます。
残存作業の優先
マッピングなし
Microsoft Project で[残存作業の優先]としてフラグが付いたタスクは、より多くの処理を必要とします。
多くのタスクがある場合、システム メモリの要件およびパフォーマンスが著しく低下する場合があります。
制約
Microsoft Project で定義されている制約は
Clarity PPM
に保存されますが、Schedule Connect からは編集できません。
タスクの開始日を保持する必要がある場合、[指定日以降に開始]制約が Microsoft Project で自動的に設定されます。 追加済みの[指定日以降に開始]制約があり、タスクの開始日を保持するために Microsoft Project がより遅い[指定日以降に開始]制約を設定した場合、保存済みの[指定日以降に開始]制約は設定されません。
制約タイプ
Clarity PPM
のユーザ インターフェース フィールドは使用できません
PRConstraint: PRTYPE
Microsoft Project でプロジェクトを開いたときに、
Clarity PPM
にタスクの制約が複数存在する場合、最初に検索された制約が処理されます。
制約の指定日
Clarity PPM
のユーザ インターフェース フィールドは使用できません
PRConstraint:PRTYPE
該当せず
リソース割り当て情報フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project から
Clarity PPM
のフィールドにマップされるリソース割り当て情報の詳細を示します。
そのリソースのタイムシートがポストされたときに
Clarity PPM
に存在している任意の割り当ては、タイムシートの期間の最後に等しい[現在までの実績値]を取得します。 意図せずにこの日付より前に残存作業を配置している条件が存在する場合があります。 以下に、この条件の例を示します。
  • [現在までの実績値]の前に終了する実績値がタスク内にあり、残存作業はないが、作業を追加する必要がある。 更新済みの残存作業量を入力すると、Microsoft Project で、前の週のタスクの最後に配置されます。
  • 次の週に開始するようにタスクがスケジュールされているが、まだ開始されていない。 タスクで先行する依存関係を削除すると、タスクが 2 週間前に再スケジュールされます。
このような状況が発生すると、
Clarity PPM
にプロジェクトを保存するとき、作業は[現在までの実績値]外に移動します。 変更について警告するメッセージが表示されます。
製品がリソース レコードを所有するため、マップされたリソース フィールドに対する変更は
Clarity PPM
には保存されません。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
単位数
最大 % 負荷
PRAssignment: PRESTMAX
Microsoft Project でプロジェクトを開くと、このフィールドは、
Clarity PPM
の値にリソースの最大単位(最大単位が 0 の場合は 1)を掛けた値に設定されます。 この値は、適合していない労働リソースの割り当てに対してのみ、固定されていないタスクに設定されます。
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存するとき、このフィールドは、リソースの最大単位で割った割り当て単位に設定されます。 一方の値が 0 である場合、値は 1 に設定されます。 この値は、労働リソースの割り当てに対してのみ設定されます。
数値1
タスク割り当て: 提案された ETC (既定値では表示されません)
PRAssignment: PRPENDESTSUM
Microsoft Project でプロジェクトを開くと、このフィールドはこのフィールドの値または「-1」(
Clarity PPM
の[未確定の見積もり]が空白である場合)に設定されます。
以下のような場合のみ、このフィールドは
Clarity PPM
に保存されます。
  • プロジェクトまたは割り当てられたリソースが
    Clarity PPM
    で管理されている場合([トラック モード]が[Clarity]または[その他]に設定されます)。
  • 値は -1 です。これにより
    Clarity PPM
    の[未確定の見積もり]がクリアされます。
数値2
未確定の実績値(既定値では表示されません)
PRAssignment: PRPENDACTSUM
このフィールドは
Clarity PPM
に再保存されません。
タスク プロパティ: ステータス
PRAssignment: PRSTATUS
このフィールドは以下のように設定されます。
  • 開始前。 Microsoft Project では、実績値はありません。
  • 開始済み。 残存作業は 0 を超えます。
  • 完了。 残存作業はありません。
再開
現在までの実績値
PRAssignment: PRactThru
このフィールドは、常に割り当ての実績値の最終日またはその後である必要があります。
プロジェクトまたは割り当てられたリソースの[トラック モード]が[なし]に設定されている場合、以下のようになります。
  • プロジェクトを
    Clarity PPM
    に保存するとき、実績値への更新に対応するために、このフィールドが暗黙的に変更される場合があります。
  • 残存作業の最初の日より前に[再開]フィールドが設定されている場合、プロジェクトを
    Clarity PPM
    に保存するときに残存作業が変更されます。
実績作業
実績値
PRJ_BASELINE_ DETAILS:
PREXTENSION
プロジェクトまたは割り当てられたリソースに対して[トラック モード]が[なし]に設定されている場合のみ、この情報が
Clarity PPM
に保存されます。
残存作業時間
割り当てのプロパティ:
割り当て: ETC
作業時間
割り当てのプロパティ:
割り当て: 実績値および ETC
PRASSIGNMENT: PREXTENSION
このフィールドは、
Clarity PPM
に保存するときに設定され、実績作業と残存作業を組み合わせたものになります。 割り当てたリソースの[トラック モード]が[なし]に設定されている場合を除き、残存作業部分のみが再保存されます。
ベースライン開始日
割り当てのプロパティ: ベースライン: ベースライン開始日(既定値では表示されません)
PRJ_BASELINE_ DETAILS:
START_DATE
該当せず
ベースライン終了日
割り当てのプロパティ: ベースライン: ベースライン終了日(既定値では表示されません)
PRJ_BASELINE_ DETAILS:
FINISH_DATE
該当せず
ベースライン コスト
割り当てのプロパティ: ベースライン: ベースライン コスト(既定値では表示されません)
PRJ_BASELINE_ DETAILS:
COSTSUM
該当せず
ベースライン作業
割り当てのプロパティ: ベースライン: ベースライン使用(既定値では表示されません)
PRJ_BASELINE_ DETAILS:
USAGESUM
ベースラインを
Clarity PPM
に保存するには、「ベースラインの変更」権限を持っている必要があります。
メモ フィールドのマッピング
以下の表に、Microsoft Project の[ファイル プロパティ]または[タスク情報]、[リソース情報]、および[割り当て]のフィールドと
Clarity PPM
のフィールドとのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
なし
PRNote: PRCREATEDBY
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存する際、このフィールドが現在のユーザの名前に設定されます。
なし
PRNote: PRCREATEDTIME
プロジェクトを
Clarity PPM
に保存する際、このフィールドが現在のシステムの時刻に設定されます。
プロジェクトの[コメント]フィールド
タスク、リソース、および割り当ての[メモ]フィールド
PRNote:
PRVALUE
Microsoft Project でプロジェクトを開くと、同じオブジェクト(プロジェクト、タスク、リソース、または割り当て)に対する複数のメモを、単一の[メモ]フィールドに結合します。
Clarity PPM
にメモを再保存する方法
内部 ID とは、
Clarity PPM
にメモを保存するときに、メモを識別するために使用されるキーです。 メモや情報を編集しないでください。 新規メモの追加を行うと、新しいメモが追加されます。
The Intern[date/time note is entered by the user (internal ID)] note #1 [date/time note is entered by the user (internal ID)] note #2 Add new note(s) under here:
ハード リターンにより、新しいメモが開始されます。 空白行は削除されます。
プライベート フィールド マッピング
[テキスト 3]フィールドは、リソース、プロジェクト、タスク、および割り当て用です。 このフィールドは、Schedule Connect で必要とされる情報のために使用されます。 組織で別の目的のために[テキスト 3]を使用している場合は、マッピングを変更します。
関連マッピングは PRUID 用です。 これは、マッピングする必要があります。 再マッピングせずに削除しないでください。 これらのマッピングはシステム全体に渡っています。 1 つのプロジェクトに[テキスト 3]を再マップし、同じものを他のプロジェクトに保持することはできません。
[テキスト 4]フィールドは、ワーク ブレークダウン ストラクチャ(WBS)用です。 Microsoft Project でプロジェクトを開くときに、Schedule Connect はこのフィールドを内部的に使用して WBS を並べ替えます。 このフィールドは再マップできません。
以下の表に、プライベート フィールドのマッピングを示します。
Microsoft Project
Clarity PPM
メモ
カスタム プロパティ/prVersion
PRJ_PROJECTS: PRVERSION
Microsoft Project でプロジェクトを開く場合、および
Clarity PPM
に再保存する場合に、バージョンを設定します(内部使用のみ)。