ガント ビューでのプロジェクト スケジュール

ccppmop158
プロジェクト マネージャは、すべてのプロジェクト タスクをガント ビューで作成および管理できます。 ガント チャートを使用して、タイムライン内のタスクと依存関係を編集できます。 ガント バーをドラッグ アンド ドロップして、タスクの日付を変更し、終了と開始の依存関係を作成できます。 ガント チャートには、現在のプロジェクトの WBS に基づいてマスタ プロジェクトとサブプロジェクトからの情報が含まれます。 既定では、遅延タスクおよびマイルストーンがガント チャートに表示され、タスクまたはマイルストーンのガント バーに感嘆符が示されます。 完了したタスクおよびマイルストーンについては、タスクまたはマイルストーンのガント バーにチェック マークが示されます。
ガント ビューでの作業
ガント ビューでは、左側に WBS、右側にガント図が表示されます。 以下の図に例を示しています。
ガント ビューで CA PPM プロジェクトを表示する図。
  • タスクのガント バー上にある緑の進捗ステータス バーは、タスクの作業がどの程度完了しているかを示します。 ガント チャートの表示設定を変更することにより、進捗ステータス バーを変更できます。
  • 既定では、オブジェクト アクションはガント ビューに表示されません。 ガント ビューでオブジェクト アクションを表示するには、
    Clarity PPM
    管理者に問い合わせて、ガント ビュー用の[アクション]メニューを設定してもらう必要があります。
  • ガント ビューでは、ユーザは WBS またはガント自体を変更できます。また、これらの変更は保留中の編集として保存されます。 これらの保留中の編集は、明示的に保存するか、または廃棄できます。
  • 保留中の編集を保存しようとする際に、編集内容に関するエラー メッセージが表示される場合があります。 たとえば、一意でない ID でタスクを作成しようとすると、エラー メッセージが表示されます。 エラーを解決するか、またはエラー メッセージ ウィンドウでエラーを引き起こした編集を廃棄することができます。 また、エラー以外の保留中の編集を保存することもできます。
詳細パネルをワークスペースに読み込むか、またはページを最大化することで、作業領域を最大限に広げます。
ガント ビュー ツールバーの使用
いくつかのツールバー オプションは、ユーザが WBS 内の項目を選択した場合のみアクティブになります。 ユーザにアクセス権がない場合、ツールバー オプションは無効になる場合があります。
以下の表に、ガント ビュー ツールバーのアイコンと実行できるアクションを示します。
アイコン
アクション
変更内容を保存するには、このアイコンをクリックします。
変更内容を保存します。
明示的に保存する場合に限り、変更が保存されます。
現在保存されていない変更を破棄するには、このアイコンをクリックします。
現在保存されていない変更を破棄します。
WBS に新しいタスクを挿入するには、このアイコンをクリックします。
WBS に新しいタスクを挿入します。
プロジェクト テンプレートからタスクをコピーするには、このアイコンをクリックします。
プロジェクト テンプレートからタスクをコピーします。
既存のサブプロジェクトを WBS に追加するには、このアイコンをクリックします。
サブプロジェクトを作成し、WBS に追加するには、このアイコンをクリックします。
プロジェクト テンプレートからサブプロジェクトを作成し、WBS に追加するには、このアイコンをクリックします。
選択したタスクにリソースを割り当てるには、このアイコンをクリックします。
選択したタスクにリソースを割り当てます。
選択したタスクをアウトデントするには、このアイコンをクリックします。
選択したタスクをアウトデントします。
選択したタスクをインデントするには、このアイコンをクリックします。
選択したタスクをインデントします。
選択したタスクを移動するには、このアイコンをクリックします。
選択したタスク間にタスク依存関係を作成するには、このアイコンをクリックします。
選択したタスク間のタスク依存関係を削除するには、このアイコンをクリックします。
選択したタスク間のタスク依存関係を削除します。
WBS 内のタスクをすべて展開するには、このアイコンをクリックします。
WBS 内のタスクをすべて折りたたむには、このアイコンをクリックします。
プロジェクトがロックされていることを示します。 プロジェクトをロック解除するには、このアイコンをクリックします。
プロジェクトがロックされていることを示します。 アイコン上カーソルを置くと、プロジェクトをロックしたユーザが示されます。 管理者権限がある場合、アイコンをクリックしてプロジェクトのロックを解除できます。
保留中の編集がある場合、プロジェクトは自動的にロックされます。 ユーザが編集を保存、または廃棄するか、あるいはプロジェクトのロックを解除すると、ロックが削除されます。
プロジェクトがロックされていないことを示します。
プロジェクトがロックされていないことを示します。
オプションを使用してオートスケジュールするには、このアイコンをクリックします。
新しいスケジュールをオートスケジュールして発行するには、このアイコンをクリックします。
仮スケジュールを作成するには、このアイコンをクリックします。
仮スケジュールを発行するには、このアイコンをクリックします。
仮スケジュールを削除するには、このアイコンをクリックします。
仮スケジュールを削除します。
プロジェクトのベースラインを作成するには、このアイコンをクリックします。
選択したタスクのタスク ベースラインを更新するには、このアイコンをクリックします。
コスト合計を更新するには、このアイコンをクリックします。
コスト合計を更新します
タスクを削除するか、またはマスタ プロジェクトからサブプロジェクトを削除するには、このアイコンをクリックします。
タスクを削除するか、またはマスタ プロジェクトからサブプロジェクトを削除します。
ガント図の凡例を表示するには、このアイコンをクリックします。
ガント図の期間単位を定義するには、このアイコンをクリックします。
ガント図の期間単位を定義するには、このアイコンをクリックします。
WBS のみを表示するためにガント ビューを折りたたみます。
ガント ビュー内の保留中の編集
WBS またはガント自体に加える変更は、それらの変更を明示的に保存するか破棄するまで、保留中の編集として保存されます。 プロジェクトに加えられた編集は、特定のユーザのセッションを超えて保持されます。 これらの編集には、保存が実行された後のみ再計算されるロールアップ フィールドへの編集が含まれます。 たとえば、サブタスクの日付を延長する場合、ユーザが変更を保存するまで、親タスクの日付は延長されません。
保留中の編集には WBS 内の以下のタイプの編集が含まれます。
  • インライン挿入を使用してタスクを作成。
  • 任意のタスク属性の編集。
  • タスクへのリソースの割り当て。
  • ドラッグ アンド ドロップを使用した、タスクまたはタスク日の移動。
  • [タスクのプロパティ]からのタスクの作成または削除。
  • タスクのインデントまたはアウトデント。
  • ツールバー アイコンを使用した、タスクの移動またはコピー。
  • ドラッグ アンド ドロップを使用した、WBS 内でのタスクの上下移動。
  • [タスクのプロパティ]からのリソースの割り当て。
  • 既存のサブプロジェクトの追加。
  • ベースライン。
  • オートスケジュール
  • Open Workbench など、外部スケジューラ内でのプロジェクトのオープン。
  • ドラッグ アンド ドロップを使用した、タスク依存関係の作成または削除。
ガント ビュー内で編集する際のプロジェクトのロック
ユーザがガント ビューで編集を始めると、プロジェクトは自動的にロックされます。 他のユーザがすでにプロジェクトをロックしていた場合は、ロック アイコンがツールバーに表示されます。 ロック アイコンの上にカーソルを置くと、プロジェクトをロックしたユーザが表示されます。
現在のプロジェクトのみがロックされます。 サブプロジェクトはロックされません。
ユーザが外部スケジューラ内のプロジェクトを開く場合、プロジェクト ページはすべて現状のままロックされます。 ページはプロジェクトをロックしたユーザを含めてすべてのユーザに対してロックされます。 ガント ビューはこのルールの例外です。 ロックを持つ現在のユーザは、ガント ビューで編集できます。 プロジェクト管理の設定として、[投資のロック時に配置の編集を許可]が選択されている場合、プロジェクトのリソース管理権限を持つユーザは誰でもプロジェクトへスタッフを追加できます。
ユーザ、またはプロジェクトをロックしたユーザが編集を保存すると、プロジェクトはただちにロックを解除されます。
「管理 - アプリケーション設定」権限を持つ管理者はプロジェクトのロックを解除できます。
ユーザがプロジェクトを外部スケジューラ内で開く場合、ガント ビューは現在のユーザを含めてすべてのユーザに対してロックされます。
別のウィンドウでのガント ビューの使用
以下の方法で、個別のウィンドウのガント ビュー内のプロジェクト タスクを表示および編集できます。
  • プロジェクト リスト、または[担当プロジェクト]ポートレットから、プロジェクトのガント アイコンをクリックします。
  • プロジェクトを開きます。
  • [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
ガント ビュー内でプロジェクトを開く際は、以下のルールが適用されます。
  • 別のプロジェクトの複数のガント ビュー ウィンドウを同時に開くことができます。
  • 1 つのプロジェクト当たり 1 つのガント ビュー ウィンドウのみを開くことができます。
  • ガント ウィンドウは自動的に更新されません。 ガント ウィンドウで、開いている別のガント ウィンドウに影響するデータを変更する場合は、ウィンドウを更新して変更を表示します。
  • サブプロジェクト プロキシ タスクへドリルダウンすることにより、そのプロジェクトの別のガント ウィンドウが開始されます。
ガント図の凡例
ガント ビュー ツールバーから凡例を開くことができます。 ガント図は、以下の表のインジケータを表示して、タスクのタイプまたはステータスを指定します。
インジケータ
説明
この図は、ガント ビュー ツールバーのタスクを示しています。
タスク。
この図は、ガント ビュー ツールバーの次のバーまでの進捗ステータスを示しています。
次のバーまでの進捗ステータス
この図は、[完了]ステータスのタスクを示しています。ガント ビュー ツールバーの残存作業はありません。
[完了]
ステータスのタスクです。残っている作業はありません。
この図は、ガント ビュー ツールバーの遅延タスクを示しています。
遅延タスク。
この図は、ガント ビュー ツールバーの要約タスクを示しています。
要約タスク。
この図は、ガント ビュー ツールバーの外部タスクを示しています。
ガント図に表示される外部タスク。
この図は、ガント ビュー ツールバーのサブプロジェクトを示しています。
ガント図に表示されるサブプロジェクト。
この図は、WBS の外部タスクを示しています。
WBS に表示される外部タスク。
この図は、WBS のサブプロジェクトを示しています。
WBS に表示されるサブプロジェクト。
この図は、マイルストーンを示しています。
マイルストーン。
この図は、[完了]ステータスのタスクを示しています。残存作業はありません。
[完了]
ステータスのタスクです。残っている作業はありません。
この図は、遅延タスクを示しています。
遅延タスク。
この図は、外部マイルストーンを示しています。
外部マイルストーン。
この図は、クリティカル パスを示しています。
クリティカル パス。
この図は、非表示タスクへのリンクを示しています。
非表示タスクへのリンク。
ガント図の期間単位の変更
必要に応じてガント図の期間単位を変更して、タイムラインを拡大および縮小できます。 ガント図の左上または右上にある 1 重矢印をクリックすると、一度に 1 期間スクロールします。 二重矢印をクリックすると、次の期間セットに移動します。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
  3. ツールバーの[期間単位]アイコンをクリックし、期間単位を選択します。
    選択に基づいてガント図の期間単位が変更されます。
印刷可能なガント ビュー
ガント ビューを印刷できます。 ガント図の[印刷可能ビュー]アイコンは、印刷するタスクの読み取り専用ビューを新しいウィンドウに表示します。 このウィンドウには一度に最大 300 タスクを表示できます。 ページの高さは自動的にタスクに適合します。また、ページ幅は自動的に列および期間設定に適合します。
以下の表に示すように、ガント ビューを印刷する前に、ブラウザ メニューで背景色およびイメージ オプションを選択します。
ブラウザ
実行するアクション
Internet Explorer、Firefox
ブラウザ メニューで[ページ設定]オプションを使用します。
Google Chrome
ブラウザ メニューで[印刷]オプションを使用します。
Internet Explorer および Firefox では、Alt キーを使用してブラウザ メニューを有効にすることができます。
タスクのコスト メトリック
現在のベースラインを作成せずに、ガント ビューでコスト メトリックを表示できます。
このフィールドは、既定ではページ上に表示されません。ページをパーソナライズする必要があります。 または、
Clarity PPM
管理者に依頼して、タスク オブジェクトのガントのリスト列ビューをシステム レベルで設定してもらうことによって、列を表示します。
以下のコスト メトリックが利用可能です。
ACWP (作業完了実コスト)
完了作業実コスト(ACWP)のシステム計算された値を表示します。 この値は、指定した期間中の作業で発生した合計の直接コスト(ポストされた実績値に基づく)です。 コスト計算には、対象日またはシステムの日付(対象日が指定されていない場合)までポストされた実績値がすべて含まれます。 ACWP は以下のレベルで計算されます。
  • 割り当て。 実コストは、会計コスト マトリクスに基づいて実績値のポスト プロセスの一部として計算されます。
  • 詳細 - タスク。 これは、以下の式に基づいて計算されます。
ACWP = Sum of Actual Cost for all the assignments on the task ACWP = Sum of ACWP for all detail tasks in project ACWP = Sum of ACWP for all summary tasks in project
  • 概要 - タスク。 これは、以下の式に基づいて計算されます。
  • プロジェクト。 これは、以下の式に基づいて計算されます。
現在のベースラインが必要:
いいえ
  • ETC (コスト)
    残存作業時間(ETC)のシステム計算値を表示します。これは、以下の数式に基づいて計算されます。
    ETC (Cost) = remaining labor cost + remaining non-labor cost
    現在のベースラインが必要:
    いいえ
  • EAC (T)
    完了時見積もり(EAC)のシステム計算値が表示されます。 現在の差分が後に典型的な差分になるとみなされる場合、この計算が最も使用されます。 これは、以下の式に基づいて計算されます。
    EAC (T) = ACWP + ETC
    現在のベースラインが必要:
    いいえ