WBS (Work Breakdown Structure)のプロジェクト タスク

ccppmop158
タスクは、プロジェクトを完了するのに必要な作業を特定します。 タスクには、作業の実行の開始日、終了日、およびその間の期間があります。 一般に、プロジェクト マネージャは、リソースをタスクに割り当て、マイルストーンを設定してタスクの進行ステータスを測定します。
  • プロジェクト タスクを作成および管理して、リソースを割り当てることができます。
  • プロジェクトのタスクは、プロジェクトの開始日から終了日までの範囲内で開始および完了するよう定義できます。
タスクに労働リソースを割り当てると、リソースがそのタスクを実行し、タイムシートにその時間を記録することが可能になります。 タスクには、経費、資材、および備品のリソースを割り当てることもできます。 これらのタイプのリソースでもタイムシートを使用して時間を追跡でき、トランザクション全体で記録された実績を参照できます。
マイルストーンまたは要約タスクにリソースを割り当てることはできません。
ワーク ブレークダウン ストラクチャ(WBS)
WBS は、タスク間の関係を表す階層リストです。 WBS はガント チャートと併せてガント ビューに表示されます。 WBS を使用して、タスクを作成および整理し、タスク割り当てによるリソース稼働ステータスを表示します。 ガント ビューには、要約タスク、マイルストーン タスク、および詳細タスクが表示されます。
  • 作成したすべてのタスクは、WBS 内で同じレベルに追加されます。
  • その後、要約タスクの下で詳細タスクをグループ化できます。
  • WBS 内には、階層レベルをいくつでも作成することができます。
  • このリストをフィルタして、単純または複雑なフィルタ基準に基づく特定のタスクを検索できます。
タスクは、作成された順にガント ビューに表示されます。 タスクの順序とレベルが互いの関係を示します。 詳細タスクの上にあるタスクは要約タスクである場合があります。または、上下のタスクとの関係で、2 番目、3 番目、4 番目のレベルのタスクになります。
例: WBS の構築
Build the Training Collateral という名前の要約タスクを作成し、そこには Develop the Online Training および Develop the Training Quiz という 2 つの詳細タスクが含まれているとします。 3 つのタスクを作成し、詳細タスクを要約タスクの 1 段下にインデントします。
この図は簡単な WBS を示しています。
工数タスク
詳細なタスク割り当てレベルでのタスクについて作業を行っているリソースを追跡する必要がない場合があります。 たとえば、組織でプロジェクトの時間を追跡したいが、各タスクの詳細な時間入力は必要ない場合などです。 ただし、それでもリソース割り当てを追跡して、チームが時間を記録する方法を提供することができます。
システム設定を使用すると、詳細なタスク割り当てを定義しなくても、プロジェクトにスタッフを配置できます。 管理者は、[
工数タスクの作成を許可
]というプロジェクト管理設定を選択できます。 このオプションを選択した場合、以下の状況で工数タスクが自動的に作成されます。
  • タスクを作成する前にプロジェクトにスタッフを配置する。
  • アイデアのチーム スタッフを配置し、アイデアをプロジェクトに変換する。
  • すべてのプロジェクト タスクにキー タスクのフラグが付いている。
製品は、チーム配置に基づいて ETC 時間を持つ工数タスクに新しく追加されたスタッフ チーム メンバを自動的に割り当てます。 チーム メンバはタイムシート上の工数タスクに対して時間を記録できます。
工数タスクが自動的に作成されないようにするには、プロジェクトにチーム メンバを追加する前に 1 つの非キー タスクを作成します。
要約タスク
要約タスクは、その下に 1 つ以上のサブタスクがネストされているタスクです。 要約タスクへのサブタスクとして含めるタスクをインデントすることができます。 サブタスクとは、タスクの下にネストされているタスクです。 サブタスクは、詳細タスクまたは要約タスクである場合があります。 要約タスクは、他の要約タスクの下にネストすることができます。 要約タスクは、インデントおよびアウトデントでき、ネストされているサブタスクは併せて移動します。
要約タスクを作成するときは、論理的な組織グループを表す名前を付けます。 たとえば、Phase I、Phase 2、Planning Phase および Build Phase といった名前を使用します。
レベル 1 のタスクは、WBS における最上位のタスクです。 レベル 1 タスクは、すでに最上位にあるため、アウトデントすることはできません。 詳細タスクは、工数に対して割り当てが追跡されるタスクです。 詳細タスクは、レベル 1 タスクにできますが、要約タスクのサブタスクにもできます。
詳細タスクの日付により、要約タスクの日付が決定されます。 1 つ以上の詳細タスクの最も早い開始日が、要約タスクの開始日になります。 1 つ以上の詳細タスクの最も遅い終了日が、要約タスクの終了日になります。 詳細タスクの日付を編集すると、要約タスクの日付も変更されます。 要約タスクの工数およびコストの合計は、詳細タスク情報に基づいて計算されます。
WBS を使用したタスクの編成
ガント ビュー ツールバー アイコン([タスクのアウトデント]、[タスクのインデント]、および[タスクの移動])を使用してタスクを整理します。
WBS 内でのタスクの移動
タスクを移動すると、サブタスクもすべて移動されます。 異なるプロジェクト間でタスクを移動させることはできません。 タスクに依存関係がある場合、タスクを移動しても依存関係は解除されません。
以下の手順に従います。
  1. タスクを選択します。
  2. 以下のいずれかを実行します。
    • [移動]アイコンを使用してタスクを移動します。
    • ドラッグ アンド ドロップ操作を使用します。
WBS の展開と折りたたみ
WBS を展開して、要約タスクを参照することができます。 サブタスクは、1 つ上のレベルのタスクの下にネストされています。 1 つ上のレベルのタスクには、タスクの前にプラス記号(+)が表示されます。
ガント ビュー ツールバーで[すべて展開]および[すべて折りたたむ]アイコンを使用して、すべてのタスクを展開または折りたたむこともできます。
タスクの小さなグループ(親と子)のみを表示するには、折りたたまれたビューが便利です。 たとえば、ネストしているサブタスクをすべて表示するためには、要約タスクを展開します。 そして終わったら折り畳み、要約レベルへ戻します。 要約タスクを展開したり折りたたんだりするにはプラス記号 (+)またはマイナス記号(-)のアイコンを使用します。
Clarity PPM
セッションの WBS の展開した状態および折りたたまれた状態は、次にページを開くときまで保持されます。