需要管理

ccppmop159
HID_using_demand_mgmt
クラシック PPM
の需要管理機能を使用すると、需要のすべてのソースを捕捉、分類、評価、および解決できるようになります。情報技術(IT)部門には、以下のあらゆるフォームのビジネス需要があります。
  • 新製品、サービスまたは戦略構想のアイデア
  • インシデントまたは問題
  • プロジェクト要求
  • サービス要求
  • サポート要求
アプリケーションは 2 つの主なタイプの需要(アイデアおよびインシデント)を認識します。IT マネージャ、アナリスト、またはビジネス ユーザとして、
クラシック PPM
フォーム上で、アイデア、リクエスト、またはインシデントに関する情報を取得できます。フォームは強力かつ包括的ですが、多くの場合、インシデント用の主要データ ソースにはなりません。ヘルプ デスク チケット、インシデント、およびサービス要求を取得する場合、組織が他のシステムを使用することもあります。また、これら他のシステムのデータを統合することもできます。
統合環境では通常、インポートされるインシデントに、存在しないまたは未完了の投資データが表示されます。インシデントには投資と関連付けられていない個々の工数エントリが含まれる場合があります。その場合は
クラシック PPM
を使用し、1 つの投資をそのようなすべての工数エントリに割り当てます。システムの統合を有効にするには、XML Open Gateway (XOG)を使用します。XOG では、他のシステムからインシデント データを取得し、
クラシック PPM
に移動します。
IT アナリストまたはマネージャとして、アイデア、インシデント、およびその他のタイプの需要を管理するには、以下の記事までスキップします。
管理者は、このページで作業を続けます。この記事のトピックを使用して、アプリケーションの需要管理機能を設定します。
ドキュメントが製品のユーザ インターフェースに表示される内容と一致しない場合があります。この違いは、機能、メニュー、ページ、ボタン、およびオブジェクトへのアクセスがすべて、ユーザのアクセス権によって判断されるために発生します。組織は、アプリケーションのページ、オブジェクト、ルックアップ、パーティション、プロセス、およびユーザ インターフェースを設定することもできます。ドキュメント内の手順のいずれかを完了できない場合は、管理者に連絡してください。
需要管理の前提条件
ユーザが需要を管理できるようにするには、以下の管理の前提条件のリストを完了させます。
  • 需要管理モジュールがインストールされていて、有効なライセンスを所有していることを確認します。
  • アクセス権限リファレンス
    を参照して、各ユーザにアイデアまたはインシデントへの適切なアクセス権があることを確認します。
    • インシデント - アクセス
      このアクセス権はユーザがインシデント ページにアクセスできるようにします。
    • アイデア - ナビゲート
      このアクセス権は、ユーザが[アイデア]ページに移動し、[アイデア]リンクを表示できるようにします。
    ログインして[需要管理]メニューから[アイデア]または[インシデント]を選択することで、ユーザはアクセス権を確認できます。
  • インシデント カテゴリの設定
    」の手順を実行します。
  • ユーザがインシデントを作成できるようにするには、1 つ以上のインシデント カテゴリに対してアクセス権を割り当てます。
    • インシデント - 作成
    • インシデント - カテゴリの選択
  • ユーザがアイデアの会計計画を表示または編集できるようにするには、以下のアクセス権を 1 つ以上割り当てます。
    • アイデア - 会計計画 - すべてを承認要求
    • アイデア - 会計情報の表示 - すべて
    • アイデア - 利益計画 - すべて編集
    • アイデア - 利益計画 - すべて表示
    • アイデア - 予算計画 - すべて承認
    • アイデア - 予算計画 - すべて編集
    • アイデア - 予算計画 - すべて表示
    • アイデア - コスト計画 - すべて編集
    • アイデア - コスト計画 - すべて表示
  • インシデント用の以下のジョブが実行されるようにスケジュールされていることを確認します。
    • インシデント後の会計ジョブ
    • インシデント後の工数チャージバック ジョブ
  • 通貨およびコスト/レート マトリクスを設定します。リソースがインシデント用の会計データを入力できるようにするには、各エンティティに対して必要に応じた数のコスト マトリクスを作成します。一般プロパティを定義し、マトリクスに列を割り当てます。詳細については、
    「使用」 - 「会計管理」
    を参照してください。
インシデント カテゴリの設定
リソースがインシデントをログ記録する前に、
インシデント カテゴリ
を作成しておく必要があります。インシデント カテゴリは、投資の論理的なグループであり、特定のタイプのインシデントを分類するのに役立ちます。組織の構造を反映するようにインシデントの論理グループを設定します。その後、投資を作成してこれらのインシデント カテゴリに関連付けます。
インシデント カテゴリは IT サービス要求と実際のインシデントを区別するのに役立ちます。インシデントはすべて、インシデント カテゴリに属している必要があります。インシデント カテゴリ マッピングは、投資レベルや管理レベルで実行できます。どちらも特定のアクセス権が必要です。リソースがすべてのインシデント カテゴリを操作する小組織では、グループにすべてのリソースを追加できます。次に、グループをインシデント カテゴリに割り当てます。リソースがスペシャリストである大組織では、グループを作成し、専門知識に基づいてリソースを追加できます。次に、グループを異なるインシデント カテゴリに割り当てます。
管理者は、インシデント カテゴリのプロパティを定義し、インシデント カテゴリと投資を関連付けます。その後、リソース、グループ、および OBS ユニットにインシデント カテゴリへのアクセス権を付与します。
以下の手順に従います。
  1. [管理]
    を開いて、
    [データ管理]
    から
    [インシデント]
    をクリックします。
  2. [新規]
    をクリックし、以下のフィールドに入力します。
    • カテゴリ名
      インシデントの関連するグループの略称を定義します。たとえば、
      2016 New System
      Mobile Devices
      、または
      Access Issues
      が含まれます。
    • カテゴリ ID
      インシデント カテゴリの一意の識別子を定義します。
    • 説明
      インシデントのこのカテゴリを説明します。
  3. [保存]
    をクリックします。
  4. 資産、アプリケーション、製品、サービス、およびその他の作業などの投資のカテゴリを作成するには、これらの手順を繰り返します。
  5. [関連投資]
    タブをクリックします。
  6. インシデント カテゴリと投資を関連付けるには、[参照]をクリックして 1 つ以上の投資の隣にあるチェック ボックスをオンにします。
  7. [追加]
    をクリックします。
    投資はインシデント カテゴリに割り当てられます。
  8. [保存]
    をクリックします。
  9. [このカテゴリへのアクセス]
    タブをクリックし、以下のいずれかのメニュー オプションを選択します。
    • すべてを表示
      インシデント カテゴリへのアクセス権があるすべてのリソースのリストを表示します。キー アイコンをクリックして、各リソースがインシデント カテゴリに対して持つアクセス権を表示できます。結果のアクセス権のプロファイルに、どのように権限が許可されたかが示されます。たとえば、付与者列に、リソース、OBS、またはグループ名が示されます。
    • リソース
      このインシデント カテゴリにアクセス権があるリソースを定義します。
    • グループ
      このインシデント カテゴリにアクセス権があるグループを定義します。
    • OBS ユニット
      このインシデント カテゴリにアクセス権がある OBS ユニットを定義します。
  10. [続行]
    をクリックします。
  11. [追加]
    をクリックし、各アクセス権の隣のチェック ボックスをオンにして、[追加して続行]をクリックします。
    1. 各エンティティ(リソース、グループまたは OBS ユニット)の隣のチェック ボックスをオンにして、[
      追加
      ]をクリックします。
    2. [続行]
      をクリックして、リソースから、グループ、OBS ユニットに進み、
      [追加]
      をクリックして
      [続行]
      をクリックします。完了したら、
      [終了]
      をクリックします。
  12. 各カテゴリへのアクセスを設定するには、これらの手順を繰り返します。
  13. [優先度の設定]
    タブをクリックします。
    1. 指定された影響と緊急度の組み合わせに応じてインシデント優先度を選択します。製品はインシデントの優先度マトリクスを使用し、インシデントをエスカレーションします。
      影響値は緊急度値に対してプロットされます。それぞれの影響と緊急度値の交点がインシデントの優先度になります。既存のインシデントを保存すると、インシデントの優先度マトリクス内の変更に基づいてインシデント優先度が再計算されます。
    2. [保存]
      をクリックします。
  14. (オプション)特定のインシデントにのみ投資を割り当てるには、
    [投資の割り当て]
    をクリックし、フィルタ条件を指定し、
    [適用]
    をクリックします。
需要管理のトラブルシューティング
インシデント管理: 処理エラーのチェック
インシデント管理エラーを識別するには、この手順に従います。
以下の手順に従います。
  1. [管理]を開いて、[データ管理]から[インシデント]をクリックします。
    [セットアップ]ページが表示されます。
  2. [処理エラー]をクリックします。
  3. フィルタ条件を入力して[フィルタ]をクリックするか、[すべて表示]をクリックします。
インシデント管理エラー ITL-0514: インスタンスを作成するには、まず、インシデント カテゴリを作成する必要があります
症状:
インシデントに初めてアクセスしようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
ITL-0514: インシデント インスタンスを作成するには、まず、インシデント カテゴリを作成する必要があります。管理者に連絡してください。
解決策:
IT 担当者またはアクセス権のあるユーザとして、新しいインシデントをログ記録できます。
[報告済みインシデント]
メニューに作成したインシデントを表示および編集できます。IT 担当者は、
[担当項目]
メニューで、割り当てられているインシデント カテゴリのすべてのインシデントのリストを表示できます。
管理者として、これらのユーザがインシデントをレポートおよび管理しようとする前に、インシデント カテゴリ マッピングをセットアップします。「
需要管理のインシデント カテゴリ
」の手順を実行します。
アイデア管理メッセージ:
一致スコアが不正確な場合があります
症状:
スタッフ メンバを置換するために、[リソースの置換]ページを使用しています。ページにはアクセスできるすべてのリソースが一覧表示されます。割り当てられたスタッフ メンバを置換するためにアイデアのチーム スタッフ ページを使用する場合、以下のエラーが表示されます。
利用可能時間の日付が ddmmyy ~ ddmmyy の範囲にない場合、一致スコアは正確でない可能性があります。
解決策:
このメッセージは、メッセージ内の日付範囲と[利用可能時間]フィールド内の日付に不一致があると表示されます。[利用可能時間の一致]スコアは、不正確な場合があります。たとえば、[利用可能時間]フィールド内の日付が 9/30/2016 - 2/27/2017 であると想定します。メッセージ内の日付範囲は 10/20/2016 - 10/20/2017 です。リソースでの 1 対 1 の比較は生成できず、全体的な利用可能時間の一致スコアが低下します。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として、日次リソース配置の[タイム スライスのプロパティ]の日付を調節します。
    [開始日]および[期間数]の変更は、次の項目にも影響する場合があります: タイム スライス付けジョブ、データマートの抽出ジョブ、ポートレット、レポート。
  2. リソース マネージャまたは IT 担当者は、そのアイデアを開いて、[チーム]をクリックします。
  3. アイデアに割り当てたスタッフ メンバを置換するには、アイデアのチーム スタッフ ページを使用します。[リソース/ロール]エントリの[リソース ファインダ]アイコンをクリックします。
    置換されるリソースと同じロールを持っているリソースのリストが表示されます。このリストでは、アイデア期間中のその利用可能時間が表示されます。
    • ページの右上の[利用可能時間]フィールドは、割り当て期間を特定します。ページには、リソースがアイデアに配置される場合の時間数も表示されます。配置された日付と時間の両方が新しい置換先に振り替えられます。
    • [利用可能時間の一致]列には、各リソースの作業期間と利用可能時間の要素に基づいた、スコアが表示されます。利用可能時間は、リソースの割り当て期間と、毎日の利用可能時間に基づいています。スコアが高いほど適合していることを示します。
  4. フィルタ条件を入力して、置換リソースを検索します。
    • スキル仕様を検索条件に追加する必要はありません。その場合、[完全一致]列の値には[利用可能時間の一致]スコアがコピーされ、[スキル一致]列が表示されます。スキルと利用可能時間の両方の条件を指定して検索した場合、[完全一致]列には両者の平均値が表示されます。
    • 製品はリソース配置データを使用し、基準に一致するリソースを検索します。このメッセージに表示される日付は、[タイム スライス]定義の DAILYRESOURCEALLOCCURVE(スライス ID=10)に基づいています。日付範囲は、現在の[開始日]、およびタイム スライスで定義された期間の数を使用して決定されます。
  5. リソースの隣のチェック ボックスをオンにして、[置換]をクリックします。
    [予約の確認]ページが表示されます。
  6. [はい]をクリックします。