会計管理

ccppmop159
HID_using_financial_mgmt
エンタープライズ プログラム管理オフィスおよび会計マネージャは、会計管理機能を使用して、長期的な予測、短期的なコスト計画および予算を管理し、レガシー ERP システムや会計ツールと連動させることができます。会計管理機能は、プロジェクト、アプリケーション、およびサービスのライフサイクルにわたって提供されます。
たとえば、プロジェクト要求は、高レベル予算またはより詳細なコスト利益分析を使用して提出できます。作業が実行されると、実際のコストが取得され、予算に対するパフォーマンスを追跡するために予測が再考されます。資本支出は、適切な会計レポートおよび準拠性のために経費から分離されます。チャージバックは、ビジネス ユニットおよび部門全体に、プロジェクト コストの均等配分をマッピングおよび割り当てることができます。
ドキュメントが製品のユーザ インターフェースに表示される内容と一致しない場合があります。この違いは、機能、メニュー、ページ、ボタン、およびオブジェクトへのアクセスがすべて、ユーザのアクセス権によって判断されるために発生します。組織は、アプリケーションのページ、オブジェクト、ルックアップ、パーティション、プロセス、およびユーザ インターフェースを設定することもできます。ドキュメント内の手順のいずれかを完了できない場合は、管理者に連絡してください。
会計管理の設定
会計管理を設定するには以下の手順を実行します。
会計管理を設定する前に、「アクセス権の参照
」を確認し、各ユーザに適切なアクセス権が設定されているかを確認します。
会計管理ジョブ
以下は、会計管理に通常使用されるジョブです。
  • 会計実績のインポート
  • タイムシートのポスト
  • レート マトリクスの抽出
  • 請求書の生成
  • インシデントの会計のポスト
  • トランザクションを会計にポスト
  • WIP へのポスト([WIP ページへのポスト]ページを使用する代わりの任意のジョブ)
以下は、請求書の生成にチャージバックと共に使用されるジョブです。
  • 集計データの更新
  • 一時集計データの削除
これらを含む
Clarity
ジョブの詳細については、英語版ドキュメントの「Reference (参照)」にある「
Jobs Reference (ジョブ参照)
」を参照してください。
自動会計管理タスク
プロセスを作成して、以下のような特定の会計管理タスクを自動化できます。
  • コスト計画に関連付けられている予算計画の承認または拒否。
  • プロジェクト マネージャおよびチーム メンバへの割り当て済みアクション項目の通知。
以下のベスト プラクティスに従います。
  • 自動開始トランザクション行関連プロセスの開始条件を明確に定義します。この開始条件によって、誤っていくつかの意図しないプロセスが起動される場合があります。
  • コスト計画のパーティションを設定するプロセスを定義する必要はありません。コスト計画は、それが属する投資のパーティションを継承します。
会計管理機能およびビジネス ロジックの標準化
会計トランザクション処理の基本的なルールを設定することにより、会計管理機能およびビジネス ロジックを標準化できます。これらのルールを定義したら、いつでも変更することができます。
以下の手順に従います。
  1. [管理]-[会計]-[処理]
    をクリックします。
  2. 以下のフィールドに入力します。
    • 請求可能コストの上書きを許可
      トランザクションの入力時に、コスト コードの請求可能コスト ステータスを、リソースから変更できるかどうかを示します。
    • 複数通貨の使用
      複数通貨を有効にすると、トランザクション、チャージバック、およびレポートで複数の通貨コードと外国為替レートが追跡されます。
      このオプションを選択する前に、組織で複数通貨を有効にする必要があることを確認します。複数通貨を有効にして
      [保存]
      をクリックすると、単一通貨に戻すことはできません。
      [複数通貨の使用]
      チェックボックスがオンになっており変更できない場合、複数通貨のシステムからアップグレードされたか、別の管理者がこのオプションをすでに選択しています。このオプションを一度有効にすると、元に戻すことはできません。
    • レート/コストに通貨の精度を適用
      通貨の精度がレート/コストに適用されるかどうかを示します。この設定により、拡張通貨精度を使用して計算されるか、または通貨精度まで丸めてから計算されるかが決まります。
    • エンティティ ベースのセキュリティ
      会計処理に適用されるセキュリティのタイプを指定します。
      • なし。セキュリティは使用されません。
      • 厳密。アクセスは指定された会計エンティティ オブジェクトおよびトランザクションにのみ許可されます。
      • 親。アクセスは、指定された会計エンティティ、その親および子のオブジェクトおよびトランザクションにのみ許可されます。
    • 会計 OBS を非表示
      一部の OBS 参照リストで、会計 OBS タイプを非表示にする必要があるかどうかを示します。OBS 参照リストで部門および場所 OBS タイプを非表示にするには、このチェック ボックスを有効にします。
  3. 変更を保存します。