サービス チームへのスタッフ割り当て

ccppmop159
マネージャとして、チームのリソースまたはロールをサービスの作業に割り当てることができます。プロジェクトで利用可能な同一の機能の多くは実装することができます。たとえば、サービ スチームと協力する場合は、以下の作業を実行できます。
  • ロール別のキャパシティの計画
  • リソースおよびロールの OBS 別の追加または更新
  • スタッフ ロールと要件の変更
  • ロールまたはリソースの配置のシフトおよび増減
IT アナリスト、エンジニア、コンサルタント、およびその他のスタッフは、サービス、インシデント、およびリクエストでの作業時間をタイムシートに記録できます。
サービスはタスクに関連付けられておらず、スタッフ メンバの配置によって、リソースが長期的にそのサービスに従事するというわけではありません。
サービス チームへのリソースまたはロールの追加
サービスにスタッフを配置するには、特定の名前付き労働リソース、非労働リソース、またはロールをプレースホルダとして追加します。
  • リソースは、利用可能な作業日の 100 パーセントで自動的に配置されます。
  • 配置を調節する、リソースを過剰に割り当てる、またはリソースの残りの利用可能時間のみを自動的に配置することができます。
  • 複数のロール インスタンスをサービスへ追加できますが、同じ名前のリソースのインスタンスは複数追加できません。たとえば、開発者スキルを持ったリソースに対する異なる 2 つの要件を表すためには、開発者ロールを 2 度割り当てます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. スタッフを追加する前に、
    サービスの[チーム スタッフ]ページを確認します。このページには、以下の列およびアイコンが含まれます。
    • プロパティ アイコン
      リソース プロファイルを開きます。プロファイル情報を表示して、計画配置やハード配置などの配置を変更できます。
    • リソース ファインダ アイコン
      選択済みリソースに対し、[リソースを検索]ページを開きます。そのリソースまたはロールを別のリソースまたはロールに置き換えることができます。
    • リソース配置
      [リソース/ロール配置]ページを開きます。リソース配置を更新できます。
    • ロール
      この割り当てのリソースのロールを表示します。このロールは、リソース プロファイルで選択されたプライマリ ロールとは異なる場合があります。
    • 時間
      リソースまたはロールがこの投資のタイムシート値を入力できる場合、黄色いチェックマークが表示されます。
    • 予約ステータス
      以下のいずれかのリソースまたはロールの予約ステータス値が表示されます。
      • ハード
        : リソースが投資に対して確定されます。
      • ソフト
        : リソースが投資に対して仮スケジュールされます。
      • ミックス
        : リソースに対してソフト配置とハード配置の両方が存在します。
    • 開始
      チーム メンバの配置開始日が表示されます。日付が定義されていない場合、既定では投資の開始日になります。
    • 終了
      チーム メンバの配置終了日が表示されます。日付が定義されていない場合、既定では投資の終了日になります。
    • 配置率
      このチーム メンバの投資への配置率を表示します。
    • 配置
      リソースがこの投資に対して仮予約されている時間数を表示します。予約日を変更しない限り、スタッフ メンバはこの期間全体に自動的に予約されます。配置を直接編集することはできません。配置は、以下の方法を使用して変更できます。
      • 配置の設定オプション
      • リソースの[スタッフ メンバのプロパティ]ページで定義された新規の配置曲線
      • 配置期間のシフト オプション
    • 配置した実績値
      この投資に対する現在までのリソースの総時間数を表示します。
    • インシデントの実績数
      この投資に関連付けられたインシデントにポストされた時間数が表示されます。
    • 合計実績値
      この投資にポスト済みの合計実績時間の集計が表示されます。この値は、配置された実績値とインシデントの実績数の合計です。
  3. リソースおよびロールを追加するには、
    [追加]
    をクリックします。
    [リソースの選択]ページが表示されます。
  4. サービス スタッフに追加するリソースおよびロールを選択します。
    リソースの名前がわからない場合、ロールをプレースホルダとして使用します。または、リソースをユーザのサービスに割り当てることができない場合は、ロールを使用します。
  5. 検索フィルタを使用して、名前またはその他の基準でリソースまたはロールを検索します。
  6. 選択したリソースまたはロールを追加するには、[追加]をクリックします。
  7. (オプション) OBS レベルでチーム メンバをサービスに追加するには、[OBS 別に追加/更新]をクリックします。
  8. (オプション) サービスに配置超過リソースを予約できます。利用可能時間が要求した時間数よりも少ない場合、[残存利用可能時間の確認]ページが表示され、リソースが予約超過であると通知されます。
    • リソースをその利用可能時間の 100 パーセント(既定)で予約する場合、[100 % リソース配置]列に、使用済み時間数が一覧表示されます。
    • [残存利用可能時間]列は、サービスで作業するのに利用できるリソースの実際の作業時間数を示します。
    以下のいずれかのオプションを選択します。
    • 配置超過
      リソースを配置超過にします。
    • 残存のみ
      [残存利用可能時間]列に一覧表示されている量のリソースを予約します。
  9. (オプション)リソースを削除するには、チェック ボックスをオンにして[削除]をクリックします。
    そのサービスに対して実績値をポスト済み、または未確定の実績値を提出済みであるリソースは削除できません。
  10. 変更を保存します。
サービスのスタッフ要件の定義
ユーザのサービスへリソースまたはロールを追加した後に、リソースまたはロールの[スタッフ メンバ]ページを使用して、スタッフ割り当て要件を変更します。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソースまたはロールの[プロパティ]アイコンをクリックします。
  3. [スタッフ メンバのプロパティ]を編集します。
    • 要件名
      スタッフ割り当て要件名を表示します。
    • 開始日および終了日
      チーム メンバの投資への配置の開始日および終了日を定義します。
      既定: 投資開始日および投資終了日。
    • 既定の配置率
      この投資にリソースを割り当てる時間のパーセンテージを定義します(0 パーセントを入力できます)。この値を変更すると、[投資チーム スタッフ]ページの[配置]列および[配置率]列が更新されます。
    • 予約ステータス
      スタッフ メンバの割り当ての確定レベルを示します。スタッフ メンバの予約は、ソフト、ハード、またはミックスです。チーム メンバを予約したとき、またはチーム メンバの配置が変化したときに、予約ステータスは自動的に設定されます。
    • 要求ステータス
      スタッフ配置要件のタイプを決定します。
      既定値: 新規
    • リソース
      要件に関連付けられるリソース名を表示します。
    • 投資開始日/投資終了日
      投資の開始日と終了日が表示されます。
    • 投資ロール
      この投資に対してリソースに要求されているロールを定義します。
      例: 開発者、企業アナリスト、アーキテクト
    • スタッフ OBS ユニット
      スタッフ OBS ユニットを定義します。
      既定値: OBS ユニットが定義されている場合、その投資のスタッフ OBS ユニットの値です。
    • 時間入力オープン
      リソースが、タイムシートを使用して、タスク割り当てに費やされる時間を追跡できるかどうかを指定します。クリアすると、リソースは、すべてのプロジェクトに対して時間を記録することができなくなります。
      既定値: オン
  4. [リソース検索]セクションの以下のフィールドに入力します。
    • リソース雇用形態
      リソースが契約社員か従業員かを指定します。
    • 履歴書キーワード
      リソースの履歴書からキーワードを定義します。
    • 計画配置
      リソースがこの投資に配置される時間割合の合計を定義します。配置は投資マネージャが要求します。この配置により、開始日と終了日も指定されます。
    • ハード配置
      この投資に対するリソースのハード予約された配置の合計パーセンテージを定義します(値はリソース マネージャが入力)。この配置により、配置の開始日と終了日も指定されます。リソース管理者が配置をハード予約するまでは、ハード配置の値は存在しません。
  5. 変更を保存します。
サービスのロール キャパシティの調査
サービスのスタッフ配置要件を計画するには、すべてのロール需要の集計表示を使用します。各リソースのキャパシティをロール別に検討できます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. [チーム]メニューをクリックし、[ロール キャパシティ]を選択します。
  3. サービスのロール配置を表示し、それをその他の投資またはサービスの配置と比較します。投資階層によってロールのデータが集計され、各サブ投資によって特定の割合がサービスに割り当てられます。
  4. サービスおよびサブ投資用に利用可能なロール キャパシティを表示します。
  5. チーム ロールのないリソースを[ロールなし]列に表示することもできます。
  6. (オプション)この情報は、シナリオ内またはシナリオの外部から表示できます。たとえば、ロールが配置超過であるように表示されるとします。[スタッフ]アイコンをクリックして[チーム スタッフ]ページを開き、ロールを使用しているリソースを調べます。
サービスへのリソース配置の調整
スタッフ配置は、サービスに対する特定リソースの割り当てを表します。スタッフ メンバは、サービスの期間全体で自動的に予定されます。予約日およびその他のスタッフ割り当て情報を変更することができます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 以下のフィールドを編集します。
    • リソース
      リソース名を表示します。リソース名のリンクをクリックして、リソースのプロパティを開きます。
    • ロール
      投資におけるリソースのロールを定義します。
    • 時間
      このリソースがこの投資で完了した作業の時間を入力できるかどうかが示されます。
    • 予約ステータス
      この投資のリソース予約ステータスを示します。
    • 開始日と終了日
      この投資にこのリソースを予約する開始日と終了日を定義します。日付を変更すると、[配置]列の値が更新されます。
    • 配置率
      このリソースをこの投資に配置する既定の量を定義します。配置率として「0」を入力することもできます。この値を変更すると、[配置]列の値も更新されます。
    • 配置
      リソースが仮予約されている時間数を表示します。サービス開始日から終了日までのリソースの稼働日数合計(開始日および終了日を含む)に、1 日当たりのリソースの作業可能時間数を掛け合わせて、各リソースに対する配置量が算出されます。ETC は、サービスに対する各リソースの割り当て時間数に基づいています。
    • 配置した実績値
      このリソースがこの投資に割り当てられていた総時間数が表示されます。
    • インシデントの実績数
      この投資に関連付けられたインシデントにポストされた時間数が表示されます。
    • 合計実績値
      このリソースに対してポストされた合計実績値を定義します。
  3. 変更を保存します。
サービスへのリソース配置の調整
リソース割り当ての拡張やハード予約されたリソースの予約解除など、リソース配置を調整できます。
たとえば、リソースの計画配置または既定の配置が 100 パーセントであるとします。このリソースは、4 月 1 日~ 7 月 1 日までユーザのサービスで作業するよう予約されています。このリソースは、4 月 1 日~ 4 月 30 日の 50 パーセントの時間が、別のプロジェクトの作業にもスケジュールされています。このリソースは、5 月 15 日~ 5 月 22 日の期間は休暇を取る予定です。この例では、2 つの配置曲線を作成することができます。1 本のカーブは、4 月 1 日~ 4 月 30 日に 50 パーセントの偏差を示します。もう 1 本のカーブは、5 月 15 日~ 5 月 22 日まで 0 パーセントの偏差を示します。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. リソースの隣の[プロパティ]アイコンをクリックし、以下の項目を確認します。
    • 計画配置
      この曲線は、サービス マネージャから要求された合計の
      計画
      (既定値)配置量を表します。
    • ハード配置
      この曲線は、リソース マネージャによって確定済みの配置量を表します。
    リソースの予約ステータスは、計画配置およびハード配置の曲線の変化に合わせて自動的に調整されます。プロジェクト管理の[ミックス予約を許可](既定)設定により、[ハード配置]セクションを表示する権限が決まります。
  3. [既定の配置率]
    フィールドで、そのサービスに配置するリソースの時間のパーセンテージを入力します。たとえば、0、50、または 100 パーセントを入力します。
    この値は、[チーム スタッフ]ページの
    [配置]
    および
    [配置率]
    列に反映されます。
  4. サービスへの計画配置およびハード配置を調べて、
    [既定の配置率]
    フィールドからの偏差を確認します。
  5. 既定の配置から各偏差に対して 1 つの行を作成します。このトピックの先頭での例に続き、2 つの行を作成します。
    1. 1 つ目の行は、リソースが 50 パーセントで作業する期間を表します。
    2. 2 つ目の行は、リソースが 0 パーセント(不在)で作業する期間を表します。
  6. 計画配置期間またはハード配置期間を作成するには、以下の手順に従います。
    1. 期間に対して、開始日を入力します。
    2. 期間に対して、終了日を入力します。
    3. 求める作業時間(一時的または確定)を、[配置率(%)]フィールドにパーセントで入力します。
      たとえば、0、50、または 100 パーセントを入力します。
  7. 変更を保存します。
リソース配置のシフト、確定、受諾
リソース配置に以下のタイプの変更を行うことができます。
  • 配置期間のシフト
    : サービスへのリソース配置全体または一部をシフトまたはスケール変更できます。配置期間のシフトは、6 か月間の有効な時間スケール ビューを越えて延長できます。たとえば、配置が その既定の 100 パーセントの割合で 5 月 1 日に開始され 5 月 31 日まで続行されます。その後、配置は、50 パーセントの縮小された配置で 6 月末まで延長されます。開始日を 6 月 1 日に変更すると、この配置は 100 パーセントで 6 月 1 日~ 7 月 1 日(暦日で 31 日)にシフトされ、その後、50 パーセントで 8 月 2 日まで延長されます。セグメントがない期間についても配置をシフトできます。
  • 計画配置を確定
    : ハード配置を設定して計画配置と同等にすることができます。セグメントをハード予約するには、リソースの計画配置セグメントを編集します。リソースのステータスがハード予約になっている場合は、そのリソースが完全に確定済みであることを意味します。計画配置を確定しても、既定の配置率はリセットされません。
  • ハード配置を受諾
    : [計画配置]セクション内のソフト予約済みセグメントを削除できます。ハード予約された確定済みセグメントと等しくなるようにすべてのセグメントがリセットされます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[
    チーム
    ]をクリックします。
  2. 配置をシフトするリソースの隣のチェック ボックスをオンにします。
  3. 配置をシフトまたはスケール変更するには、以下の手順に従います。
    1. アクション
      ]メニューを開いて、[
      配置期間のシフト
      ]をクリックします。
    2. [シフトする期間]セクションでは、サービスに対して作業するために配置されているリソースの開始日および終了日を変更します。
      データを移動すると、セグメント化された配置日付はそのまま保たれますが、各セグメントに配置される割合は変化します。
    3. [時間のシフトのパラメータ]セクション:
      • シフト開始日
        ]フィールドで、シフトされた配置を開始する日付を入力します。
      • シフト対象最終日
        ]フィールドで、配置のシフトの終了日を入力します。終了日をまたいで配置をシフトすることはできません。
      • スケール変更 %
        ]フィールドで、シフトに必要な配置のパーセントの変更を入力します。
  4. ハード配置になるように計画配置を確定するには:
    1. [アクション]
      メニューを開き、
      [計画配置を確定]
      をクリックします。
      [確認]ページが表示されます。
    2. [はい]をクリックします。
  5. 逆に、ハード配置と一致するようにハード配置を受諾して計画配置をリセットするには:
    1. [アクション]
      メニューを開き、
      [ハード配置を受諾]
      をクリックします。
      [確認]ページが表示されます。
    2. [はい]
      をクリックします。
      すべての配置が完全に確定します。ハード予約された確定済みセグメントと等しくなるようにすべてのセグメントがリセットされます。
      [予約ステータス]
      値は、「
      ハード
      」に変わります。
      [配置率]
      列と
      [配置]
      列の値が更新されます。
  6. 変更を保存します。
    変更は、サービス チームの[スタッフ]ページにある
    [配置]
    列に表示されます。
複数のチーム メンバに対する配置の設定
複数のチーム メンバの配置を一度に設定することができます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、
    [チーム]
    をクリックします。
  2. 配置を更新するリソースの隣のチェック ボックスをオンにします。
  3. [アクション]
    メニュー、
    [配置の設定]
    の順にクリックします。
  4. [概要]セクションで、選択したチーム メンバに対する次の配置を設定します。
    • 開始日および終了日
      配置の開始日と終了日を定義します。
      サービスの開始日および終了日と一致するようにリソースのスタッフ配置要件をリセットするには、[
      投資開始日に一致するようリセット
      ]チェック ボックスをオンにします。
    • デフォルトの配置率
      このサービスのリソース配置を定義します。
  5. このページの[既存の配置セグメント]セクションにある[
    既存の配置セグメントをクリア
    ]チェック ボックスをオンにします。これにより、選択されたチーム メンバに対するすべての配置セグメントが削除されます。
  6. 選択したチーム メンバーに対応する[新規配置セグメント]を作成するには、[新規配置セグメント]セクションで、以下のフィールドを完成させます。
    • 開始および終了
      配置の開始日と終了日を定義します。
    • 配置率
      このサービスへのリソースの配置率を定義します。
  7. 変更を保存します。
サービスへの計画配置および確定配置の編集
サービス マネージャとして、以下の質問に回答するとします。
  • サービスに対してどれだけのリソース利用可能時間がありますか。
  • どのリソースが予約超過で、どのリソースが予約不足ですか。また、どれくらいですか。
サービスに対する計画配置および確定済み配置を、リソース別および時期別にグラフ内で確認できます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開きます。
  2. [チーム]メニューをクリックし、[詳細]を選択します。
    配置がリソース別、配置別、および期間別に表示されます。
  3. 期間をスクロールします。
    簡単な説明付きの注記が表示されます。
  4. 期間列および配置の色を確認します。期間列は、既定では「
    週次
    」に設定されていて、常に今週から始まっています。
    • 黄は、その期間の利用可能時間以下で配置されているリソースを表しています。
    • 赤は、配置超過のリソースを表しています。予約された時間数は、その期間の利用可能時間を超えています。
    • 緑は、リソースが他の投資、アイデア、またはサービスに配置されていることを表しています。
  5. 時間関連の値を編集するには、グラフ内をクリックします。たとえば、各リソースの時間セルを編集できます。
  6. 変更を保存します。
サービス チーム上でリソースを置換する
サービス チームに割り当てられたスタッフ メンバを置換できます。類似したスキルで置換を探すには、利用可能時間のスコアを使用します。リソースを別のリソースで置換することや、ロールをリソースで置換することができます。
置換プロセスでは配置超過リソースが発生する場合があります。可能であれば、置換発生前に、元のスタッフ メンバに時間入力を完了およびポストさせておくことを勧めます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、[チーム]をクリックします。
  2. 置換するべきリソースの名前の隣にある[リソース ファインダ]アイコンをクリックします。
  3. 以下のフィールドを調査します。
    • 利用可能時間
      割り当て期間およびリソース割り当ての時間数を識別します。置換操作により、日付と時間が新しい置換先に振り替えられます。
    • 利用可能時間の一致
      割り当ての期間(作業期間)および一致するリソースの利用可能時間を要因とするスコアが表示されます。スコアが高いほど適合していることを示します。
      検索条件にスキル指定が追加されていない場合、[完全一致]列には[利用可能時間の一致]のスコアがコピーされ、
      [スキル一致]列はブランクになります。スキルと利用可能時間の検索条件を入力した場合、[完全一致]列には両者の平均値が表示されます。
  4. ページの上部にある以下のメッセージを確認します。
    利用可能時間の日付が ddmmyy ~ ddmmyy の範囲にない場合、一致スコアは正確でない可能性があります。
    このメッセージは、メッセージ内の日付と[利用可能時間]フィールドの日付が一致していない場合、
    [利用可能時間の一致]
    のスコアが正確でない可能性があることを示しています。たとえば、[ 利用可能時間 ]フィールドの日付が「10/1/2017 ~ 2/7/2018」ということがあります。メッセージ内の日付範囲が「10/7/2019 ~ 10/7/2020」ということがあります。リソースの比較は行われません。これにより、全体の利用可能時間一致スコアが低下します。
  5. 新しいリソースの隣のチェック ボックスをオンにして、
    [置換]
    をクリックします。
  6. 確認するには、
    [はい]
    をクリックします。
  7. ロールを別のロールに置換しない限り、元のスタッフ メンバのロールは新しいメンバに振り替えられます。新しいリソースは、置換されたリソースから以下のプロパティを受け取ります。
    1. 利用可能時間開始(日付が過ぎておらず、新しいリソースがその日付に予約されていない場合)
    2. 利用可能時間終了
    3. 残存配置
    4. 残りの ETC
    5. 配置率
    元のスタッフ メンバの実績値、未確定の実績値、およびベースラインは、新しいスタッフに振り替えられません。
サービスでのスタッフ メンバのロールの変更
サービスではスタッフ メンバのロールを変更することができます。この変更は、そのリソースに対して永続的ではありません。ロールの変更はローカル サービス レベルでのみ適用されます。
以下の手順に従います。
  1. サービスを開き、
    [チーム]
    をクリックします。
  2. リソースの横の[プロパティ]アイコンをクリックします。
  3. [概要セクション]で、[投資ロール]フィールドに対する値を選択します。
  4. 追加
    ]をクリックします。
  5. 変更を保存します。