サブプロジェクトの定義

ccppmop1591
プロジェクト マネージャはサブプロジェクトを使用して、スケジューリング用に、関連するプロジェクトを 1 つのマスタ プロジェクトの下にグループ化します。サブプロジェクトを関連付けることにより、計画を作成し、個別のプロジェクトを詳細に分析および追跡できます。関連付けはまた、複数のプロジェクトの進捗ステータスを、マスタ プロジェクト レベルで表示し、要約し、分析することを支援します。マスタ プロジェクトをサブプロジェクトと使用することで、トップダウンの計画を実行したり、プロジェクト全体でリソースの利用可能時間を共有できます。
プロジェクトはいくつでも関連付けることができます。サブプロジェクトとマスタ プロジェクトの間、またはサブプロジェクト同士の間では情報は共有されません。
たとえば、フェーズ I、フェーズ II、およびフェーズ III の 3 つのサブプロジェクトを含むマスタ プロジェクトを作成できます。サブプロジェクトはマスタ プロジェクトに 100% 配置され、マスタ プロジェクトのベースラインとアーンド バリュー メトリックに関与します。配置率を変更することはできません。
マスタ プロジェクトへのサブプロジェクトの追加
マスタ プロジェクトには既存のサブプロジェクトをいくつでも追加できます。[プロパティ]ページ、またはガント ビューを使用して、プロジェクトをサブプロジェクトとして追加します。マスタ プロジェクトからサブプロジェクトを開いて変更することができます。
プロパティ ページ
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開いて、その下にサブプロジェクトを作成します。
  2. [プロパティ]メニューを開き、[メイン]から、[サブプロジェクト]をクリックします。
    サブプロジェクトのプロパティ ページが表示されます。
  3. サブプロジェクトとして追加するプロジェクトの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[追加]をクリックします。
ガント ビュー
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. ガント ビューで[既存のサブプロジェクトを追加]アイコンをクリックします。
    サブプロジェクトの選択ページが表示されます。
  4. サブプロジェクトとして追加するプロジェクトの隣にあるチェック ボックスをオンにして、[追加]をクリックします。
プロジェクト テンプレートからのサブプロジェクトの作成
プロジェクト テンプレートを使用してサブプロジェクトを作成することができます。プロジェクト テンプレートに定義された既定フィールド値は、テンプレートで選択された内容に応じて変わります。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. ガント ビュー ツールバーの[既存のサブプロジェクトを追加]アイコンの下向き矢印をクリックし、[テンプレートからプロジェクトを新規作成]をクリックします。
    利用可能なプロジェクト テンプレートが表示されます。
  4. プロジェクト テンプレートを選択し、[次へ]をクリックします。
  5. 要求された情報を指定します。以下のフィールドには説明が必要です。
    • 割り当てプール
      リソースをタスクに割り当てるときに、許可するリソースのプールを指定します。
      値:
      • チームのみ。スタッフ メンバのみを許可します。
      • リソース プール。自分がプロジェクトに予約するアクセス権を持つチーム スタッフ メンバおよびリソースを許可します。このオプションを使用すると、ユーザがリソースをタスクに割り当てる場合、スタッフ メンバとしてリソースも追加されます。
      既定値:
      リソース プール
    • マネージャ
      プロジェクトの管理を担当するリソースの名前を指定します。プロジェクトのマネージャは、プロジェクトに関する特定の権限を自動的に受信します。
      プロジェクト マネージャは、コラボレーション マネージャと同じではありません。既定では、プロジェクトを作成する人がプロジェクトのコラボレーション マネージャになります。
      既定値:
      プロジェクトを作成しているリソース。他の人が管理するプロジェクトを作成している場合は、既定を別のリソースに変更します。
      必須:
      いいえ
    • ページ レイアウト
      プロジェクト情報を表示するためのページ レイアウトを指定します。利用可能なレイアウトは会社固有のものであり、 管理者が設定した値によって異なります。レイアウトはまた、アドインがインストールされているかどうかによっても変わります。他のレイアウトが利用可能ではない場合、このフィールドは表示のみになります。
      既定値:
      プロジェクト既定レイアウト
      必須:
      はい
    • 開始日
      プロジェクトの初期開始日を定義します。タスクを作成し割り当てを行うと、この日付はタスクが開始するようにスケジュールされた最初の日と一致するように自動計算されます。この時点で、この日付を編集するには、以下の日付を調節します。
      • プロジェクトの最初のタスクの開始日
      • プロジェクトでのリソース割り当てと配置の開始日
      既定値:
      現在の日付
      必須:
      はい
      タスクおよび割り当ての開始日がプロジェクトの開始日以降であることを確認します。それ以外の場合、タスクおよび割り当ての開始日に従って、プロジェクトの開始日が自動的に再定義されます。
    • 終了日
      プロジェクトの初期終了日を定義します。タスクを作成し割り当てを行うと、この日付はタスクが終了するようにスケジュールされた最終日と一致するように自動計算されます。この時点で、この日付を編集するには、以下の日付を調節します。
      • プロジェクトの最初のタスクの終了日
      • プロジェクトでのリソース割り当てと配置の終了日
      既定値:
      現在の日付
      タスクおよび割り当ての終了日がプロジェクトの終了日以前であることを確認します。それ以外の場合、タスクおよび割り当ての終了日に従って、プロジェクトの終了日が自動的に再定義されます。
    • 計画コスト日付を設定
      計画コスト日付と投資日付を同期するかどうかを指定します。詳細な会計計画用のオプションを選択しても、計画コスト日付には影響しません。
      既定値:
      オン
    • ステージ
      投資のライフサイクルのステージを定義します。選択肢のリストは会社固有であり、管理者が設定した値によって異なります。
      すべてのポートフォリオ投資に対して同様のステージ基準を利用している場合、このメトリックがポートフォリオ分析に使用されます。
    • ゴール
      プロジェクトの目的やビジネス ケースを指定します。
      値:
      コスト回避、コスト削減、ビジネスの拡大、インフラの改善、およびビジネスの管理
      必須:
      いいえ
    • 優先度
      他のすべての投資に対するこの投資の相対的重要度を定義します。優先度は、オートスケジュール中にスケジュールされるタスクの順序を制御します。優先度は、依存関係の制約を受けます。
      値:
      0 ~ 36 (ゼロは最も重要度が高い)
      既定値:
      10
      必須:
      いいえ
    • 進捗ステータス
      タスクで完了している作業のレベルを示します。
      値:
      • 完了(100 %)
      • 開始済み(1 ~ 99 %)
      • 開始前(0 %)
      既定値:
      開始前
      必須:
      はい
    • 必須
      ポートフォリオに追加する際に、この投資を含めるかどうかを指定します。このフィールドは、シナリオ生成中に使用します。
      既定値:
      オフ
      必須:
      いいえ
    • 完了率(%)計算方法
      プロジェクトおよびタスクの完了率(%)の計算方式を指定します。
      値:
      • 手動
        。プロジェクト、要約タスク、および詳細タスクに対して完了率(%)を手動で入力する場合は、この方式を使用します。
        クラシック PPM
        を Microsoft Project と併用している場合、または外部ジョブを使用して[完了率 (%)]を計算する場合は、この計算方式を選択します。[完了率(%)]フィールドは[タスクのプロパティ]ページに表示されます。手動の方法を使用する場合、タスクのステータスは自動的には変更されません。タスクのステータスは、[完了率(%)]値またはステータスを手動で更新した場合にのみ変更されます。
      • 期間
        。期間に基づいて完了率(%)を管理するには、この方式を使用します。期間は、タスクに対するアクティブな作業時間の合計期間を計測する単位です。これは、タスクの開始日から終了日までに基づいています。要約タスクの完了率(%)は、以下の公式に基づいて自動的に計算されます。
        要約タスクの完了率(%) = 完了した詳細タスクの期間の合計/詳細タスクの期間の合計
        要約タスクの完了率(%) = 詳細タスクのリソースの割り当て実績値の合計/詳細タスクのリソースの割り当て工数の合計
        詳細タスクの完了率(%) = リソースの割り当て実績値の合計/リソースの割り当て工数の合計
      • 工数
        。リソースの割り当てによって完了した作業単位に基づいて、要約タスクおよび詳細タスクの完了率(%)を自動的に計算するには、この方式を使用します。労働以外のリソースをタスクに割り当てる場合、リソースの工数と実績値はこの計算では無視されます。この計算は以下の公式を使用して行われます。
      既定値:
      手動
      プロジェクトの開始時点で、完了率(%)の計算方法を設定し、その後はこの値を変更しないでください。
    • 部門
      プロジェクトの部門 OBS を定義します。
    • 場所
      プロジェクトの場所 OBS を定義します。
    • テンプレート名
      新しいプロジェクトにデータを入力するために使用するプロジェクト テンプレートの名前を表示します。テンプレートを使用して、以下の事前定義済みの情報のタイプでプロジェクトを作成します。
      • プロジェクト ロール
      • WBS
      • 会計計画
      • プロジェクト ドキュメント
      テンプレートを使用すれば、組織全体にわたり共通の要素を持つプロジェクトを実装することができます。
    • 作業規模の増減
      新しいプロジェクトに対して、各タスクの作業見積もりを増加させたり減少させたりする必要があるとき、そのパーセンテージを定義します。このスケーリングはテンプレートに関連しています。
      値:
      0 ~ 100 (ゼロは変更がないことを意味します)
      既定値:
      ゼロ
    • 予算規模の増減
      プロジェクト コスト計画と利益計画で定義されている金額に対するパーセンテージ(正または負)をスケール係数として定義します。
      値:
      0 ~ 100 (ゼロは変更がないことを意味します)
      既定値:
      ゼロ
      例:
      2012 年 1 月 1 日から 2012 年 12 月 31 日までのテンプレート プロジェクトで、プロジェクト期間の計画コストに 10,000 ドル、計画利益に 20,000 ドルを割り当てます。20 パーセントの[予算規模の増減]値が定義されている場合、計画は新しいプロジェクトに以下のように上書きされます。プロジェクト期間がテンプレート プロジェクトと同じであると仮定します。
      • 計画コストは 12,000 ドルと表示されます(元の値の 20 パーセントまで増加)。
      • 計画利益は 24,000 ドルと表示されます(元の値の 20 パーセントまで増加)。
    • リソースをロールに変換
      新しいプロジェクトのリソースを、プロジェクト テンプレート上の名前付きリソースの、プライマリ ロールまたはチーム ロールに置換するかどうかを指定します。名前付きリソースにプライマリ ロールやチーム ロールが含まれていない場合、名前付きリソースは新しいプロジェクト上で保持されます。この設定によって、設定ページの既定のプロジェクト管理設定が上書きされます。
      たとえば、コスト計画がグループ化属性としてリソースを使用すると仮定します。このチェック ボックスを選択すると、テンプレートからコスト計画がコピーされます。ただし、リソース値はロールに変換されません。リソースの値は、1 つの行項目の詳細行を他と区別する唯一の値になります。この値がない状態では、コスト計画に詳細行が重複して発生する場合があります。
      既定値:
      オフ
  6. 変更を保存します。
プロジェクトのワーク ブレークダウン ストラクチャ(WBS)からのサブプロジェクトの作成
マスタ プロジェクトの WBS からサブプロジェクトを作成することができます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクトを開きます。
  2. [タスク]メニューを開き、[ガント]をクリックします。
    [ガント]ビューが表示されます。
  3. ガント ビューのツールバーの[既存のサブプロジェクトを追加]アイコンの下向き矢印をクリックし、[プロジェクトの新規作成]をクリックします。
  4. 要求された情報を指定します。以下のフィールドには説明が必要です。
    • 割り当てプール
      リソースをタスクに割り当てるときに、許可するリソースのプールを指定します。
      値:
      • チームのみ。スタッフ メンバのみを許可します。
      • リソース プール。自分がプロジェクトに予約するアクセス権を持つチーム スタッフ メンバおよびリソースを許可します。このオプションを使用すると、ユーザがリソースをタスクに割り当てる場合、スタッフ メンバとしてリソースも追加されます。
      既定値:
      リソース プール
    • マネージャ
      プロジェクトの管理を担当するリソースの名前を指定します。プロジェクトのマネージャは、プロジェクトに関する特定の権限を自動的に受信します。
      プロジェクト マネージャは、コラボレーション マネージャと同じではありません。既定では、プロジェクトを作成する人がプロジェクトのコラボレーション マネージャになります。
      既定値:
      プロジェクトを作成しているリソース。他の人が管理するプロジェクトを作成している場合は、既定を別のリソースに変更します。
      必須:
      いいえ
    • ページ レイアウト
      プロジェクト情報を表示するためのページ レイアウトを指定します。利用可能なレイアウトは会社固有のものであり、 管理者が設定した値によって異なります。レイアウトはまた、アドインがインストールされているかどうかによっても変わります。他のレイアウトが利用可能ではない場合、このフィールドは表示のみになります。
      既定値:
      プロジェクト既定レイアウト
      必須:
      はい
    • 開始日
      プロジェクトの初期開始日を定義します。タスクを作成し割り当てを行うと、この日付はタスクが開始するようにスケジュールされた最初の日と一致するように自動計算されます。この時点で、この日付を編集するには、以下の日付を調節します。
      • プロジェクトの最初のタスクの開始日
      • プロジェクトでのリソース割り当てと配置の開始日
      既定値:
      現在の日付
      必須:
      はい
      タスクおよび割り当ての開始日がプロジェクトの開始日以降であることを確認します。それ以外の場合、タスクおよび割り当ての開始日に従って、プロジェクトの開始日が自動的に再定義されます。
    • 終了日
      プロジェクトの初期終了日を定義します。タスクを作成し割り当てを行うと、この日付はタスクが終了するようにスケジュールされた最終日と一致するように自動計算されます。この時点で、この日付を編集するには、以下の日付を調節します。
      • プロジェクトの最初のタスクの終了日
      • プロジェクトでのリソース割り当てと配置の終了日
      既定値:
      現在の日付
      タスクおよび割り当ての終了日がプロジェクトの終了日以前であることを確認します。それ以外の場合、タスクおよび割り当ての終了日に従って、プロジェクトの終了日が自動的に再定義されます。
    • 計画コスト日付を設定
      計画コスト日付と投資日付を同期するかどうかを指定します。詳細な会計計画用のオプションを選択しても、計画コスト日付には影響しません。
      既定値:
      オン
    • ステージ
      投資のライフサイクルのステージを定義します。選択肢のリストは会社固有であり、管理者が設定した値によって異なります。
      すべてのポートフォリオ投資に対して同様のステージ基準を利用している場合、このメトリックがポートフォリオ分析に使用されます。
    • ゴール
      プロジェクトの目的やビジネス ケースを指定します。
      値:
      コスト回避、コスト削減、ビジネスの拡大、インフラの改善、およびビジネスの管理
      必須:
      いいえ
    • 優先度
      他のすべての投資に対するこの投資の相対的重要度を定義します。優先度は、オートスケジュール中にスケジュールされるタスクの順序を制御します。優先度は、依存関係の制約を受けます。
      値:
      0 ~ 36 (ゼロは最も重要度が高い)
      既定値:
      10
      必須:
      いいえ
    • 進捗ステータス
      タスクで完了している作業のレベルを示します。
      値:
      • 完了(100 %)
      • 開始済み(1 ~ 99 %)
      • 開始前(0 %)
      既定値:
      開始前
      必須:
      はい
    • 必須
      ポートフォリオに追加する際に、この投資を含めるかどうかを指定します。このフィールドは、シナリオ生成中に使用します。
      既定値:
      オフ
      必須:
      いいえ
    • 完了率(%)計算方法
      プロジェクトおよびタスクの完了率(%)の計算方式を指定します。
      値:
      • 手動
        。プロジェクト、要約タスク、および詳細タスクに対して完了率(%)を手動で入力する場合は、この方式を使用します。
        クラシック PPM
        を Microsoft Project と併用している場合、または外部ジョブを使用して[完了率 (%)]を計算する場合は、この計算方式を選択します。[完了率(%)]フィールドは[タスクのプロパティ]ページに表示されます。手動の方法を使用する場合、タスクのステータスは自動的には変更されません。タスクのステータスは、[完了率(%)]値またはステータスを手動で更新した場合にのみ変更されます。
      • 期間
        。期間に基づいて完了率(%)を管理するには、この方式を使用します。期間は、タスクに対するアクティブな作業時間の合計期間を計測する単位です。これは、タスクの開始日から終了日までに基づいています。要約タスクの完了率(%)は、以下の公式に基づいて自動的に計算されます。
        要約タスクの完了率(%) = 完了した詳細タスクの期間の合計/詳細タスクの期間の合計
        要約タスクの完了率(%) = 詳細タスクのリソースの割り当て実績値の合計/詳細タスクのリソースの割り当て工数の合計
        詳細タスクの完了率(%) = リソースの割り当て実績値の合計/リソースの割り当て工数の合計
      • 工数
        。リソースの割り当てによって完了した作業単位に基づいて、要約タスクおよび詳細タスクの完了率(%)を自動的に計算するには、この方式を使用します。労働以外のリソースをタスクに割り当てる場合、リソースの工数と実績値はこの計算では無視されます。この計算は以下の公式を使用して行われます。
      既定値:
      手動
      プロジェクトの開始時点で、完了率(%)の計算方法を設定し、その後はこの値を変更しないでください。
  5. OBS (組織ブレークダウン ストラクチャ)セクションで、セキュリティ、所属組織、またはレポート上の目的でこのプロジェクトと関連付ける OBS を定義します。
  6. 変更を保存します。
統合されたサブプロジェクトの実績値と見積りの表示
サブプロジェクトのプロパティ ページを使用して、すべてのマスター プロジェクトのサブプロジェクトに対して統合されたサブプロジェクトの実績値と見積りを表示できます。このページに表示される列とデータを以下のリストに示します。
  • プロジェクト
    プロジェクト名およびプロジェクトのプロパティへのリンクを表示します。
  • ID
    通常自動ナンバリングされるプロジェクト ID を表示します。
  • カウント
    1 つのサブプロジェクト(プログラムの場合は、1 つのプロジェクト)が持っているサブプロジェクトの数を示します。
  • 実績値
    各サブプロジェクト内のタスクに対してポストされている実績値が表示されます。[合計]セルの値には、すべてのプロジェクトのサブプロジェクトに対して統合された実績値が反映されます。
  • ETC
    サブプロジェクトの予想残作業時間が表示されます。予想残作業時間(ETC)は、リソースが割り当てを完了するまでの見積もり時間です。[合計]セルの値には、すべてのサブプロジェクトに対して統合された ETC が反映されます。
  • 合計工数
    以下の公式に基づいて、サブプロジェクトの合計工数が表示されます。
    合計工数 = 実績値 + 残りの ETC
    [合計]セルの値には、すべてのプロジェクトのサブプロジェクトに対して統合された工数が反映されます。
  • 消費率
    このサブプロジェクトで消費されたリソース使用率が表示されます。[合計]セルの値には、すべてのプロジェクトのサブプロジェクトに対して統合されたパーセンテージが反映されます。
  • ベースライン
    以下の公式に基づいて、最新のベースラインに対するサブプロジェクトの使用値が表示されます。
    使用 = 現在までの合計工数(実績値 + 残りの ETC)
  • 合計
    サブプロジェクトの全体の承認ステータスを示す信号が表示されます。
  • 読み取り専用
    プロジェクト参加者が読み取り専用モードでサブプロジェクトにアクセスできるかどうかを指定します。