Clarity
の開始

Clarity
の重要な構成要素と、組織内でその使用を開始する方法について説明します。
ccppmop1592
HID_ca_ppm_doc_home
2
Clarity
: 概要
今日の環境では、新たな競争上の脅威や顧客のニーズに迅速に対応しないと、ビジネスに問題が発生する可能性があります。多くの企業は、優れた計画と実施能力がないためにデジタル変革に苦労しています。
従来のポートフォリオ管理ツールを使用しても、競合企業に追い付くことはできません。新しいアイデアを市場に投入することはできず、イニシアチブに優先順位を付けようとして長期計画のミーティングから抜け出せなくなります。
Clarity
は、真の製品/プログラム ポートフォリオとして、プロジェクトの管理からイニシアチブの策定にいたるまで組織の変革をサポートします。
一言で言えば、
Clarity
はデジタル変革を実現する最速の手段です。
シンプル:
ビジネス リーダーや経営幹部と協力して、ロードマップ上に会社の投資戦略をドラッグ アンド ドロップで簡単に図にまとめることができます。数回クリックするだけで、チーム、コスト、リスク、および依存関係を追加できます。
使いやすさ:
道筋を定めたら、プロジェクト管理オフィスはリソース マネージャと協力して、スキル、地域、および利用可能性に基づいて、ジョブに最適なチームを見つけます。チーム メンバは、携帯電話からタイムシートを更新します。
強力
: 会計管理を支援するために、
Clarity
では、Excel ライクな機能を使用して、基本となる経費を把握できます。チームの計画済み予算、実際の予算、および予測された予算をリアルタイムで分析できます。
Clarity
がどのように組織の変革に役立つかを学ぶには、以下のビデオをご覧ください。

Broadcom Academy での無料の
Clarity
トレーニング
  • Broadcom Academy に登録すると、無料の
    Clarity
    トレーニングに参加できます。
    Univ
  • Clarity
    : Getting Started (はじめましょう)
    」トレーニングは、
    Clarity
    の主な機能を知るのに役立ちます。
  • Broadcom Academy には、既存の Broadcom 認証情報を使用してログインできます。Broadcom 認証情報がない場合は、企業の電子メール アドレスを入力するとトレーニングを開始できます。
Clarity
には、組織の変革を支援する一連の主要なモジュールがあります。組織自体、市場開拓の戦略、顧客体験を変革している組織の例を通じて、お客様の組織で
Clarity
を使用して同様の目標を達成する方法について理解できます。
Clarity
の主要なモジュール
GT
Clarity
の使用方法に関するビデオ シリーズの概要については、以下のビデオをご覧ください。

カスタム投資
あらゆる変革を成し遂げるには戦略が欠かせません。
Clarity
でカスタム投資を使用すると、コラボレーションを行い、戦略を決定し、その戦略を測定可能な目標に分割できます。
Clarity
でカスタム投資をどのように使用できるかを確認するには、以下のビデオをご覧ください。

カスタム投資の詳細については、「カスタム投資の作成および編集」を参照してください。
ロードマップ
ビジネス目標は通常、経営陣に提示して承認される必要があります。
Clarity
のロードマップを使用すると、各戦略に沿った目標をレビューし、各成果に割り当てられる予算を定義できます。
Clarity
でロードマップを使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

Clarity
のエキスパートが語る、ロードマップを活用する方法については、「エンタープライズ計画のロードマップ」を参照してください。
ロードマップの詳細については、「
Clarity
: ロードマップでのトップダウンの計画
」を参照してください。
需要管理
戦略と目標を組織に伝えると、多くの従業員が素晴らしいアイデアを思い付きます。これらのアイデアでは、既存の製品を改善する方法と、目標を達成するために新しい製品を開発する方法を追求する必要があります。需要管理モジュールを使用すると、適切なアイデアをレビューして承認し、他のアイデアに対してフィードバックを提供できます。
Clarity
でアイデアを使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

アイデアの詳細については、「
Clarity
: 新しいアイデアの取得、展開、および承認
」を参照してください。
プロジェクト管理
アイデアは出発点にすぎません。小規模なチームを組んで、アイデアに取り組み、プロトタイプや POC (概念実証)を作成することができます。しかし、デジタル変革によって急激な変化が起こっている現在、プロジェクト計画者は、変化にすばやく適応して対処することが求められます。また、チームはコラボレーションを強化し、他の関係者に任せずに済むようにする必要があります。
プロジェクト管理モジュールを使用すると、プロジェクト管理を簡素化し、プロジェクト マネージャとチーム メンバは組織に価値をもたらす作業に専念できるようになります。
Clarity
でプロジェクト管理を使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

Clarity
のエキスパートが語る、
Clarity
のプロジェクト管理機能を活用する方法については、「プロジェクト管理: すべてのユーザの作業」を参照してください。
プロジェクト管理の詳細については、「
Clarity
: プロジェクトの作成、オープン、および表示
」を参照してください。
リソース管理
適切なリソースが関連付けられている場合にのみ、プロジェクトを成功させることができます。プロジェクトに割り当てる最適なスタッフを見つけるにはどうすればよいでしょうか? スタッフの割り当てをうまく調整するには、1 つのスプレッドシートを扱うだけでは済みません。リソース管理は理論と実践の組み合わせであり、適切なスキルと利用可能性を備えた最適なチームを見つけて、複数のスタッフ間で割り当てを分割し、キャパシティをリアルタイムで追跡します。リソース管理モジュールを使用すると、利害関係者は協力して
Clarity
のプロジェクトやその他の投資にスタッフを割り当てることができます。
Clarity
でリソース管理を使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

Clarity
のエキスパートが語る、
Clarity
のリソース管理機能を活用する方法については、「リソース管理: バランスの取れたチーム」を参照してください。
リソース管理の詳細については、「
Clarity
: スタッフ投資へのリソースとロールの要求
」を参照してください。
タイムシート
よく聞かれる重要な質問の 1 つは、あるリソースが投資に費やしている実際の時間です。
Clarity
のタイムシート モジュールを使用すると、時間を記録して正確な時間レポートを作成し、プロジェクト コストの追跡と請求コードの分析を行うことができます。
Clarity
でタイムシートを使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

タイムシートの詳細については、「
Clarity
: 時間の入力およびタイムシートの提出
」を参照してください。
会計
投資管理で重要な要素の 1 つは、投資が予算内に収まるようにすることです。会計マネージャは通常、さまざまなツールを利用して、投資に関連する実コストと資本化の調整に何時間も費やしています。
Clarity
の会計モジュールを使用すると、世界中の自己編成チームの資本支出と運用支出をほぼリアルタイムで管理できます。
Clarity
で会計を使用する方法については、以下のビデオをご覧ください。

Clarity
のエキスパートが語る、
Clarity
の会計管理機能を活用する方法については、「会計管理: 最新の予算設定」を参照してください。
会計の詳細については、「
Clarity
: 会計計画の管理
」を参照してください。
レポート
経営陣が求める重要な事柄の 1 つは、計画内容と実施内容の違いを把握するために役立つ、年末の統合レポートです。
Clarity
のレポート モジュールを使用すると、ほぼリアルタイムの情報をすばやく作成して調整し、利害関係者およびチームメンバと共有できます。
Clarity
のエキスパートが語る、
Clarity
のレポート機能を活用する方法については、「レポートおよび分析: 真実を見つける」を参照してください。
レポートの詳細については、「Jaspersoft での拡張レポート」を参照してください。
追加情報
Clarity
の主要なコンポーネントについて説明しました。必要に応じて、以下の追加情報を参照してください。