PMO アクセラレータ アドインと PMO サンプル データのインストール

ccppmop1592
管理者として、
クラシック PPM
の PMO アクセラレータ コンテンツを設定します。PMO アクセラレータ アドインは、
Clarity
のすべての新規インストールとアップグレードに必要です。
新機能を評価できるように、オプションの PMO サンプル データのコンテンツも使用できます。オプションの PMO サンプル データは、USD 通貨に設定されたシステムのみにインストールできます。
2
ビデオ:
Clarity
コンテンツ アドイン(PMO アクセラレータ)のインストール

(オンプレミスのみ)
PMO アクセラレータ アドインのインストール
Clarity
データ ウェアハウスがすでにインストールされていることを確認します。PMO アクセラレータ アドインには、データ ウェアハウス スキーマに基づく項目が含まれます。データ ウェアハウス スキーマが利用できない場合、アドインのインストールは成功しません。「
データ ウェアハウスのインストールと設定
」を参照してください。
クラシック PPM
アプリケーション サーバに PMO アクセラレータ アドインをインストールします。PMO アクセラレータ アドインは
クラシック PPM
に含まれており、すぐにインストールできます。PMO アクセラレータ リリース 3.2 より前のリリースでは、サポート サイトからアドイン インストーラをダウンロードする必要がありましたが、これは必要なくなりました。
以前の
クラシック PPM
リリースからアップグレードしており、PMO アクセラレータがインストールされている場合は、その PMO アクセラレータもアップグレードする必要があります。必要なバージョンについては、「リリース ノート」を参照してください。
以下の手順では、
クラシック PPM
アプリケーション サーバに PMO アクセラレータ アドインをインストールする方法について説明します。
以下の手順に従います。
  1. ベスト プラクティスとして、アドインをインストールする前に、既存の
    クラシック PPM
    インストール ディレクトリおよびデータベースをバックアップすることを推奨します。必要に応じてアプリケーションを前のバージョンに復元できるように、このアドインをインストールする前に、インストールをバックアップしてください。アドインをインストールすると、アンインストールすることはできません。
  2. サービスの停止。アドインをインストールする前に、
    クラシック PPM
    アプリケーション(app)および
    クラシック PPM
    バックグラウンド(bg)サービスを停止します。
    クラシック PPM
    システム管理(CSA)からサービスを停止します。
  3. インストール スクリプトの実行。スクリプトでは、ルックアップ、クエリ、ポートレット、ページ、ビュー、プロセス、グループ、リソース ロール、プロジェクト テンプレートおよびデータベース オブジェクトをインストールします。
    1. コマンド プロンプトを開き、
      クラシック PPM
      runtime bin ディレクトリに移動します。
    2. コマンドを入力します:
      admin content csk
      インストール プロセスが開始され、画面に情報が表示されます。これらの情報はキャプチャされ、ログ ディレクトリにある admin.log ファイル内に格納されます。出力ファイルは logs/content/xog/csk ディレクトリに格納されます。
    3. インストールが完了したら、画面の出力やログに重要な情報がないかどうかを確認します。
  4. サービスの起動アドインをインストールしたら、CSA で
    クラシック PPM
    アプリケーション(app)および
    クラシック PPM
    バックグラウンド(bg)サービスを開始します。
(オンプレミスのみ)
PMO アクセラレータ用の Jaspersoft 拡張レポート コンテンツのインポート
以下の手順では、ドメイン、レポート、入力コントロール、ローカライゼーション バンドル、画像、テンプレート、データ ソース、およびロールをインポートします。また、[
クラシック PPM
システム管理(CSA)レポート]サブタブで指定した組織名とユーザも作成します。
Jaspersoft 拡張レポート コンテンツをインポートする前に、CSA の[レポート]サブタブで組織名、組織 ID、ユーザを指定する必要があります。さらに、レポートの多くは PMO アクセラレータで提供されるオブジェクトと属性を参照しているため、PMO アクセラレータが、Jaspersoft 拡張レポート コンテンツの必須前提条件になります。
Jaspersoft 拡張レポート コンテンツをインポートする前に、Jaspersoft および
クラシック PPM
で拡張レポートを設定するための手順を完了します。拡張レポートの設定方法に関する詳細については、「
インストールおよびアップグレード
」を参照してください。
このインポートでは以下を実行します。
  • 組織を作成します。インポートを行う前に、CSA の[レポート]サブタブで組織名と組織 ID を定義します。
  • 組織のリポジトリ内に
    Clarity
    フォルダおよびそのサブフォルダを作成します。
    Clarity
    フォルダに Jaspersoft 拡張レポート コンテンツのアイテムがすべて含まれています。
  • [拡張レポート]ロールを作成します。これらのロールの説明については、「
    拡張レポート ロールおよび権限
    」を参照してください。
  • PMO アクセラレータのロールを作成します。このロールに応じてコンテンツの権限が決まり、ロールの先頭は「CSK_」になります。
  • データベースに固有なデータ ウェアハウスのスキーマ所有者名を持つドメインを更新します。
  • [UI テーマ]をアップロードします。
  • [共有]フォルダを作成します。
  • Jaspersoft 管理者ユーザを作成します。既定ユーザは「ppmjasperadmin」です。このユーザは、インポート前に[CSA レポート]サブタブで変更できますが、インポート後には変更しないでください。[Jaspersoft ユーザの作成および更新]ジョブおよび[データ ウェアハウスのロード]ジョブでは、ドメインが動的に更新されるため、このユーザが必要になります。
  • Jaspersoft コンテンツのエントリをインストール履歴テーブル(CMN_INSTALL_HISTORY)に作成します。
以下の手順に従います。
  1. コマンド プロンプトを開き、
    クラシック PPM
    runtime bin ディレクトリに移動します。
  2. 以下のコマンドを入力します。
    admin content-jaspersoft csk -userName superuser -password <password>
    インポート プロセスが開始し、インポート情報が admin.log に格納されます。インポート プロセスにはスーパーユーザ ユーザが必要です。
  3. インポートが完了したら、admin.log で重要な情報を確認します。
  4. [管理]を開き、Studio で[コンテンツ アドイン]をクリックします。
    [コンテンツ アドイン]ページが表示されます。
  5. [アクセラレータ: プログラム マネジメント オフィス]アドイン(ID: csk)をクリックします。
    [コンテンツ アドイン アクセラレータ: プログラム マネジメント オフィス - プロパティ]ページが表示されます。
  6. このページの[バージョン]セクションに含まれる[Jaspersoft コンテンツ インストール日]を確認します。
PMO アクセラレータ コンテンツのアップグレード
PMO アクセラレータ アドインの既存のインストールがある場合、または以前に
クラシック PPM
Studio オブジェクトが設定されている場合は、以下の手順を実行します。アドインを初めてインストールするときは、これらの手順は必要ありません。
以前のバージョンの PMO アクセラレータがインストールされていて、より高いバージョンのアドインにアップグレードする場合は、[コンテンツ アドイン項目リスト]ページにインストールされていないアイテムが表示されます。アイテムの更新が新しい PMO アドインに含まれている場合、そのステータスは[
更新の準備ができました
]と表示されます。
アップグレードされるアドインについては、最初のインストール後に、コンテンツ項目をインストールし、定期的に更新できます。
以下の手順に従います。
  1. クラシック PPM
    にログインします。
  2. 管理
    ]-[
    Studio
    ]-[
    コンテンツ アドイン
    ]をクリックします。
  3. [アクセラレータ: プログラム マネジメント オフィス]アドイン(ID: csk)のリスト アイコンをクリックします。アドインを選択します。ステータスには[
    更新の準備ができました
    ]と表示されます。
    [Content Add-In Items List]
    ページが表示されます。
    1. [項目]
      タブをクリックします。製品のアドイン項目を確認します。
    2. 新規または変更されたコンテンツを適用する前に、既存の設定を注意深く確認します。
    3. 新規バージョンにアップグレードする、
      [更新の準備ができました]
      または
      [未インストール]
      とマークされている項目を選択します。[ステータス]フィールドでフィルタすることができます。各コンテンツ項目は、以下のステータス値のいずれかです。
      • 未インストール
        : このアドイン バージョンで新しく追加された項目、またはインストール時にエラーが発生した項目。以前の
        クラシック PPM
        リリースからのアップグレードの後に PMO アクセラレータがアップグレードされていない場合は、いくつかの項目が[未インストール]として表示され、アドインをインストールする必要があることを伝えるアラート メッセージが表示されます。アドインをインストールして、これらの項目のステータスを変更します。
      • 更新の準備ができました
        : 以前のアドイン バージョンからインストールした項目で現在のアドイン バージョンで更新されている項目、または Studio を使用して更新したビューでアドインによって更新されたビュー。
      • インストール済み
        : インストールされている項目です。インストールする製品を選択します。
    4. [更新の準備ができました]
      ステータスが表示されているすべてのアクティブなプロセス インスタンスについて、古いプロセス インスタンスをキャンセルおよび削除します。
    5. 項目をインストールする前に、項目に対して行った設定を考慮してください。変更された項目をインストールすると、設定が上書きされます。ユーザが以前に Studio オブジェクト ビューを設定している場合、設定は保持され、インストール中に上書きされません。それらを選択することにより、インストールするビューを決定できます。PMO アクセラレータによるビューの設定方法の詳細については、「PMO アクセラレータのオブジェクト ビュー」を参照してください。
      以前に設定されたビューは、インストール中に上書きされません。このページから、適用する新規または更新されたビューを選択できます。Studio オブジェクト ビューを適用すると、既存の Studio オブジェクト ビューが上書きされます。
  4. [インストール]
    をクリックします。
    [コンテンツ項目のインストールを確認]ページに、選択された項目が表示されます。選択された項目が他の項目と依存関係にある場合は、ページに依存項目も表示されます。これらの項目もインストールする必要があります。
  5. 項目を更新またはインストールするには、[
    はい
    ]をクリックします。
    [確認]または[インストール]ページにリスト表示される項目がユーザによって事前に変更された場合は、更新を表示する前に、その項目がユーザに示されます。詳細については、「
    Clarity
    Studio Development
    」を参照してください。
リリース別の PMO アクセラレータ コンテンツ項目
以下の表は、以前のバージョンの PMO アクセラレータが完全にインストールされている(すべてのカスタム ビューを含む)ことを仮定しています。その後、アドインが次のバージョンにアップグレードされました。テーブル内の項目は、コンテンツ項目をキーとしてアルファベット順に並べ替えられます。
5
5
表を参照して、
[更新の準備ができました]
ステータスを持ったアドイン項目のインストールに推奨されるアクションを確認してください。表では、更新が強く推奨されている、推奨されている、またはオプションであるかどうかを示しています。
以下のフィールドが表に表示されます。
  • コンテンツ項目
    : 項目名を示します。[Content Add-In Items List]ページのコンテンツ項目と同じです。
  • タイプ
    : 項目タイプを示します。[Content Add-In Items List]ページのタイプと同じです。
  • 説明
    : 更新の説明、および更新を適用する理由についての簡単な説明です。
  • アクション
    : 推奨されるアクションを示します。
    • SR:
      更新が強く推奨されます。これはインストールする必要があります。
    • R:
      更新が推奨されます。これはインストールする必要があります。
    • O:
      更新はオプションです。カスタム ビューまたは項目を変更した場合または変更が上書きされるのを望まない場合以外は、更新のインストールを推奨します。ビューの更新を適用しない場合は、変更の説明を読み、設定されたビューで手動で変更を行うことを考慮するようにしてください。
リリース 15.6.1 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.6.1 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
PMO エグゼクティブ ビューア
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO エグゼクティブ ビューア - 拡張
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO 会計管理者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO アイデア作成者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO アイデア レビュー担当者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO 投資作成者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO 投資ビューア拡張
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO ポートフォリオ マネージャ
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO プログラム マネージャ
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO プロジェクト作成者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO プロジェクト マネージャー
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO プロジェクト マネージャ拡張
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO プロジェクト レビュー担当者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ拡張
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO システム管理者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO チーム メンバ
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO ベンダー管理者
グループ
このグループは、新しい「プロジェクト管理 - タイル ナビゲート」グローバル アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
リリース 15.6 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.6 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
変更依頼管理
ポートレット
このポートレットは、優先度でフィルタするときにより多くのオプションを使用できるように変更されました。以前は
[すべて]
のみが使用可能でした。
SR
現在の問題のリスト
ポートレット
このポートレットは、他の問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。このポートレットでは、優先度でフィルタするときにより多くのオプションを使用できるようになりました。以前は
[すべて]
のみが使用可能でした。
SR
問題管理
ポートレット
このポートレットは、優先度でフィルタするときにより多くのオプションを使用できるように変更されました。以前は
[すべて]
のみが使用可能でした。
SR
リスク管理
ポートレット
このポートレットは、優先度でフィルタするときにより多くのオプションを使用できるように変更されました。以前は
[すべて]
のみが使用可能でした。
SR
問題のリスト
ポートレット
このポートレットは、他の問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。このポートレットでは、優先度でフィルタするときにより多くのオプションを使用できるようになりました。以前は
[すべて]
のみが使用可能でした。
SR
PMO 拡張レポート投資管理
グループ
このグループは、[ロードマップ タイムライン]レポートにレポート実行インスタンス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO 拡張レポート プロジェクト管理
グループ
このグループは、[トレンド プロジェクト メトリック]および[プロジェクト KPI トレンド]レポートにレポート実行インスタンス権限が含まれるように変更されました。
R
PMO システム管理者
グループ
このグループは、新しい
[アイデア管理 - ナビゲート]
および
[プロジェクト - タスク管理 - すべて]
アクセス権限が含まれるように変更されました。
R
リリース 15.5.1 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.5.1 へアップグレードする環境の新しいアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
プロジェクト KPI トレンド
レポート
新しいプロジェクト KPI トレンド レポートは、トレンド スナップショットの使用例として使用できます。トレンド レポートにより、チームとリーダーは一定期間にわたってシフトする全体的なパターンを識別できます。プロジェクト KPI トレンド レポートを使用して、キー パフォーマンス インジケータを監視し、優先順位を確立します。たとえば、一定期間にわたるオープン リスクの数と重大度を追跡します。トレンド データは、設定オプションに基づいてデータ ウェアハウスから取得されます。
SR
ロードマップ タイムライン
レポート
新しいロードマップ タイムライン レポートにより、投資計画アクティビティが加速します。このレポートは、
Clarity
のトランザクション データベースに格納されている
Clarity
ロードマップから直接データを取得します。
SR
上記の 2 つの新しいレポートは PMO アクセラレータと一緒に自動的にインストールされ、「
更新の準備ができました
」と表示されませんが、一貫性を保つために、この表に記載されています。適用されたレポートの使用はオプションです。
リリース 15.5 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.5 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
タイムシートのレビュー
ポートレット
ポートレットが変更され、アクティブなリソースおよびチームによってフィルタできるようになりました。ポートレットは新しい
LOOKUP_RES_AND_TEAMS ルックアップを使用します。
R
リリース 15.4.1 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.4.1 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
概要スポンサー フィルタ
ポートレット
ポートレットが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
OBS 別プロジェクト KPI
ポートレット
ポートレットが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
プロジェクト計画コスト
ポートレット
ポートレットが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
プロジェクト スケジュール
ポートレット
ポートレットが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
アイデア レビュー プロセス
プロセス
プロセスが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
問題のレビューとエスカレーション プロセス
プロセス
プロセスが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
アイデア スポンサー
ルックアップ
ルックアップが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。
R
アイデア オブジェクト フィルタ ビュー
表示
ビューが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。ビューを適用するのではなく、
Clarity
Studio で以下のように手動で変更できます。
  1. 管理
    ]-[
    Studio
    ]-[
    オブジェクト
    ]を選択します。
  2. アイデア
    オブジェクトを選択します。
  3. ビュー
    ]をクリックします。
  4. [アイデア フィルタ]ビューの[
    フィールド
    ]リンクをクリックします。
  5. ビジネス オーナー
    ]フィールドを選択し、スポンサーに名前を変更します。
O
アイデア オブジェクト プロパティ ビュー
表示
ビューが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。ビューを適用するのではなく、
Clarity
Studio で以下のように手動で変更できます。
  1. 管理
    ]-[
    Studio
    ]-[
    オブジェクト
    ]を選択します。
  2. アイデア
    オブジェクトを選択します。
  3. ビュー
    ]をクリックします。
  4. [アイデア プロパティ]ビューの[
    フィールド
    ]リンクをクリックします。
  5. ビジネス オーナー
    ]フィールドを選択し、スポンサーに名前を変更します。
O
プロジェクト オブジェクト フィルタ ビュー
表示
ビューが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。ビューを適用するのではなく、
Clarity
Studio で以下のように手動で変更できます。
  1. 管理
    ]-[
    Studio
    ]-[
    オブジェクト
    ]を選択します。
  2. プロジェクト
    ]オブジェクトを選択します。
  3. ビュー
    ]をクリックします。
  4. [プロジェクト フィルタ]ビューの[
    フィールド
    ]リンクをクリックします。
  5. ビジネス オーナー
    ]フィールドを選択し、スポンサーに名前を変更します。
O
プロジェクト オブジェクト プロパティ ビュー
表示
ビューが変更され、「ビジネス オーナー」ラベルではなく、「スポンサー」ラベルが表示されるようになりました。変更により、
Clarity
のラベルに表示されるラベルと一致します。ビューを適用するのではなく、
Clarity
Studio で以下のように手動で変更できます。
  1. 管理
    ]-[
    Studio
    ]-[
    オブジェクト
    ]を選択します。
  2. プロジェクト
    ]オブジェクトを選択します。
  3. ビュー
    ]をクリックします。
  4. [プロジェクトのプロパティ]ビューの[
    フィールド
    ]リンクをクリックします。
  5. ビジネス オーナー
    ]フィールドを選択し、スポンサーに名前を変更します。
O
リリース 15.4 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ リリース 15.4 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
PMO エグゼクティブ ビューア
グループ
このグループは、
Clarity
のロードマップ機能にアクセスするために必要な新しい「ロードマップ - ナビゲート」および「ロードマップ - 表示 - すべて」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO エグゼクティブ ビューア拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のロードマップ機能にアクセスするために必要な新しい「ロードマップ - ナビゲート」および「ロードマップ - 表示 - すべて」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO システム管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のロードマップ機能にアクセスするために必要なすべての新しい「ロードマップ」アクセス権を含むように変更されました。
R
チーム詳細リスト ビュー
表示
プロジェクト チーム - 詳細リスト ビューの[配置]列は、その動作がプロジェクト チーム - スタッフ、スタッフ リスト - 詳細、およびスタッフ リスト ビューの同じ列と一貫するように、編集不可に変更されました。必要に応じて、このビューを適用する代わりに、
Clarity
Studio でこのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[チーム]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから[プロジェクト チーム - 詳細]ビューの[フィールド]リンクをクリックします。[配置]フィールドを選択し、[編集の許可]オプションをオフにします。
O
リリース 15.3 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ アドイン 15.3 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
変更依頼管理
ポートレット
このポートレットは、他のリスクおよび問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。画像の上にポインタを移動したときに低、中、高と表示する代わりに、優先度信号列に数値が表示されるようになりました。また、列名をクリックすると、列を並べ替えることができます。
SR
コストと工数ダッシュボード
ポートレット
ポートレットは同じダッシュボードのリスク、問題、および変更ポートレットと一貫するようになりました。[プログラムを含める]フィルタで[
すべて
]を選択すると、想定通り明示的に[
はい
]を選択したのと同じロジックがフィルタにより適用されます。
SR
現在の問題のリスト
ポートレット
このポートレットは、他のリスクおよび問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。イメージの上にマウスを置いたときにLOW、MEDIUM、HIGHを表示する代わりに、優先度のストップライトの列に数字が表示されるようになりました。また、列名をクリックすると、列を並べ替えることができます。
SR
問題管理
ポートレット
このポートレットは、他のリスクおよび問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。イメージの上にマウスを置いたときにLOW、MEDIUM、HIGHを表示する代わりに、優先度のストップライトの列に数字が表示されるようになりました。また、列名をクリックすると、列を並べ替えることができます。
SR
リスク管理
ポートレット
このポートレットは、他のリスクおよび問題管理ポートレットと一貫して動作するように変更されました。イメージの上にマウスを置いたときにLOW、MEDIUM、HIGHを表示する代わりに、優先度のストップライトの列に数字が表示されるようになりました。また、列名をクリックすると、列を並べ替えることができます。
SR
スケジュール ダッシュボード
ポートレット
ポートレットは同じダッシュボードのリスク、問題、および変更ポートレットと一貫するようになりました。[プログラムを含める]フィルタで[
すべて
]を選択すると、想定通り明示的に[
はい
]を選択したのと同じロジックがフィルタにより適用されます。
SR
概要
ページ
[プロジェクト ダッシュボード]および[リスク、問題および変更]タブに対して行われた変更のため、[概要]ページは[更新の準備ができました]として表示されます。これらのタブは、[概要]ページの一部です。
O
表示マッピング - 色(優先度)
ルックアップ
複数のインスタンスで、このルックアップは、「
優先度
」という単語を含むように変更されました。たとえば、「
」ではなく「
高優先度
」、「
」ではなく「
低優先度
」となります。
O
ポートレット クエリ翻訳
ルックアップ
このルックアップは、ポートレットおよびレポートで使用される新しいラベルを含めるように変更されました。
SR
PMO エグゼクティブ ビューア
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO エグゼクティブ ビューア拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO 会計管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO アイデア作成者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO アイデア レビュー担当者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO 投資作成者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO 投資ビューア拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO ポートフォリオ マネージャ
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO プログラム マネージャ
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO プロジェクト作成者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO プロジェクト マネージャー
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO プロジェクト マネージャ拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO プロジェクト ビューア
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
PMP システム管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO チーム メンバ
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO タイムシート管理者
グループ
このグループは[担当レポート]ポートレットにアクセスするのに必要なアクセス権を含むように変更されました。
R
PMO ベンダー管理
グループ
このグループは、
Clarity
のプロジェクト機能にアクセスするために必要な新しい「プロジェクト管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。また、[担当レポート]ポートレットへのアクセス権を含むように変更されました。
R
リリース 15.2 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ アドイン 15.2 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
PMO 会計管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のスタッフ配置機能にアクセスするために必要な新しい「リソース管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のスタッフ配置機能にアクセスするために必要な新しい「リソース管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ
グループ
このグループは、
Clarity
のスタッフ配置機能にアクセスするために必要な新しい「リソース管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMO リソース マネージャ拡張
グループ
このグループは、
Clarity
のスタッフ配置機能にアクセスするために必要な新しい「リソース管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
PMP システム管理者
グループ
このグループは、
Clarity
のスタッフ配置機能にアクセスするために必要な新しい「リソース管理 - ナビゲート」アクセス権を含むように変更されました。
R
ポートレット タイムシート期間参照
ルックアップ
このルックアップは、期間属性がルックアップ定義の非表示属性と関連付けられた表示属性であるため、表示ページの一部として期間属性を含めるように変更されました。
SR
リリース 15.1 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ アドイン 15.1 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
コストと工数ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、関連付けられているプロジェクト マネージャがないプロジェクトが表示されるようになりました。
SR
プロジェクト ドキュメント レビュー
ポートレット
ポートレットが変更され、オーナーによってフィルタされるようになりました。
R
スケジュール ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、関連付けられているプロジェクト マネージャがないプロジェクトが表示されるようになりました。
SR
ステータス レポートのプロパティ
表示
ビューは、ステータス レポート ID を含むように変更されています。
O
リリース 14.4 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ アドイン 14.4 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
コストと工数ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、親プロジェクトによってポートレットがフィルタされたときにサブプロジェクトが表示されるようになりました。
R
PMO リソース参照
ルックアップ
ルックアップ クエリが変更され、[最終更新者]列が -99 (マイナス 99)としてシードされたプロジェクトが含まれるようになりました。
R
ポートレット クエリ翻訳
ルックアップ
ルックアップは、未定義の値を含めるよう変更されています。
SR
スケジュール ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、親プロジェクトによってポートレットがフィルタされたときにサブプロジェクトが表示されるようになりました。
SR
リリース 14.3 の PMO コンテンツ
以下の表は、PMO アクセラレータ アドイン 14.3 へアップグレードする環境のアップグレード対応コンテンツ項目を示しています。
コンテンツ項目
タイプ
説明
アクション
コストと工数ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、親プロジェクトによってポートレットがフィルタされたときにサブプロジェクトが表示されるようになりました。
R
総勘定元帳の配置オブジェクト - 借方ルール フィルタ ビュー
表示
フィルタ ビューが変更され、[コスト タイプ]フィールドが追加されました。必要に応じて、このビューを適用する代わりに、
クラシック PPM
Studio でこのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[総勘定元帳配置]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから[借方ルール フィルタ ビュー]の[レイアウト]リンクをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。
O
総勘定元帳配置オブジェクト - 借方ルール リスト ビュー
表示
リスト ビューは、[コスト タイプ]フィールドを含むように変更されています。必要に応じて、このビューを適用する代わりに、
クラシック PPM
Studio でこのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[総勘定元帳配置]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから[借方ルール リスト ビュー]の[レイアウト]リンクをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。
O
総勘定元帳配置オブジェクト - 借方ルール プロパティ ビュー
表示
プロパティ ビューは、[コスト タイプ]フィールドを含むように変更されています。オプションで、これらのビューを適用する代わりに、
クラシック PPM
Studio でこれらのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[総勘定元帳配置]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから以下のビューを変更します。
1) [レイアウト]をクリック: [総勘定元帳配置]-[借方]-[プロパティ]ビューのリンクを作成します。[概要]に移動し、[プロパティとレイアウト]アイコンをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。[レイアウト]-[編集]リンクに対して、これらの手順を繰り返します。
2) [レイアウト]をクリック: [標準ルール - 借方]-[プロパティ]ビューのリンクを作成します。[概要]に移動し、[プロパティとレイアウト]アイコンをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。[レイアウト]-[編集]リンクに対して、これらの手順を繰り返します。
O
総勘定元帳配置オブジェクト - 標準ルール フィルタ ビュー
表示
フィルタ ビューが変更され、[コスト タイプ]フィールドが追加されました。必要に応じて、このビューを適用する代わりに、
クラシック PPM
Studio でこのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[総勘定元帳配置]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから[標準ルール フィルタ ビュー]の[レイアウト]リンクをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。
O
総勘定元帳配置オブジェクト - 標準ルール リスト ビュー
表示
リスト ビューは、[コスト タイプ]フィールドを含むように変更されています。必要に応じて、このビューを適用する代わりに、
クラシック PPM
Studio でこのビューを手動で変更できます。[管理]を開き、Studio メニューで[オブジェクト]をクリックします。[総勘定元帳配置]オブジェクトを選択し、[ビュー]タブから[標準ルール リスト]ビューの[レイアウト]リンクをクリックします。[利用可能]から[コスト タイプ]フィールドを選択し、[選択済み]に移動します。
O
概要ページ
ページ
[概要]ページは[更新の準備ができました]として表示されます。これは、
クラシック PPM
の再ブランディングの一環として Clarity の[概要]ページから
Clarity
の[概要]ページに記述が変更されたためです。
O
PMO リソース参照
ルックアップ
ルックアップ クエリが変更され、[最終更新者]列が -99 (マイナス 99)としてシードされたプロジェクトが含まれるようになりました。
R
ポートレット クエリ翻訳
ルックアップ
ルックアップは、未定義の値を含めるよう変更されています。
SR
スケジュール ダッシュボード
ポートレット
ポートレットが変更され、親プロジェクトによってポートレットがフィルタされたときにサブプロジェクトが表示されるようになりました。
SR
(オンプレミスのみ)
(オプション) PMO アクセラレータ サンプル データのインストール
PMO アクセラレータのサンプル データをインストールして、
クラシック PPM
の機能の例を評価できます。
サンプル データは厳密にテストまたは開発環境向けです。実稼働
クラシック PPM
サーバにはサンプル データをインストールしないでください。現在の本稼働データを含む
クラシック PPM
サーバにデータをインストールすると、システムが不安定になったり、既存のデータが上書きされたりすることがあります。テスト環境にサンプル データをインストールした後は、そのインスタンスが有効な間はデータを削除できません。
アドイン サンプル データをインストールする前に:
  • どのようなデータも含まれず、デモンストレーション目的のみに利用可能なサーバに、サンプル データをインストールします。
  • 既存のカスタマー サンプルまたはインハウスのデモ データがある環境にはサンプル データをインストールしないでください。
以下の手順に従います。
  1. 管理者として、または[会計保守 - 会計管理]および[会計保守 - FOS (会計組織構造)]グローバル アクセス権を持つ任意のユーザとして
    クラシック PPM
    にログインします。
  2. [管理]を開き、[会計]メニューから[セットアップ]をクリックします。
    会計管理の既定値ページが表示されます。
  3. 通貨に USD を選択して保存します。サンプル データのインストーラでは USD が必要です。
    Clarity
    15.3 以降では、通貨が設定されていない場合、インストーラによって USD に設定されます。すでに USD 以外の通貨を設定している場合は、続行できないことを示す警告がインストーラによって表示されます。
  4. クラシック PPM
    システム管理にログインします。
  5. ホーム
    ]-[
    すべてのサービス
    ]をクリックします。
  6. Clarity
    アプリケーション(app)および
    Clarity
    バック グラウンド(bg)のチェック ボックスをオンにします。
  7. [停止]をクリックします。
  8. Clarity
    14.3 またはそれ以前のリリースのみ) IBM WebSphere を使用している場合は、アプリケーション サーバの管理コンソールを使用して、
    クラシック PPM
    システム管理とアプリケーションを停止します。
    詳細については、J2EE ベンダーのドキュメントを参照してください。
  9. コマンド プロンプトを開き、
    クラシック PPM
    runtime bin ディレクトリに移動します。
  10. 以下のコマンドを入力して、サンプル データをインストールします。
    admin content-demo csk
    インストール プロセスが開始され、画面に情報が表示されます。出力ファイルは logs/content/xog/csk ディレクトリに格納されます。
  11. インストールが完了したら、画面の出力やログに重要な情報がないかどうかを確認します。
  12. アドインをインストールしたら、
    クラシック PPM
    アプリケーション(app)および
    クラシック PPM
    バックグラウンド(bg)サービスを開始します。
  13. [管理]を開き、Studio で[コンテンツ アドイン]をクリックします。
    [コンテンツ アドイン]ページが表示されます。
  14. [アクセラレータ: プログラム マネジメント オフィス]アドイン(ID: csk)をクリックします。
    [コンテンツ アドイン アクセラレータ: プログラム マネジメント オフィス - プロパティ]ページが表示されます。
  15. このページの[バージョン]セクションに含まれる[サンプル データ インストール日]を確認します。
PMO アクセラレータ サンプル データ
PMOアクセラレータのサンプルデータには、製品で使用されているコンテンツが含まれています。たとえば、サンプル OBS、アクセス グループ、リソース、投資などがあります。サンプル コンテンツを使用して、機能を理解し、ビジネス要件に基づいて独自のデータを作成します。
6
6
PMO サンプル データ: 組織ブレークダウン ストラクチャ(OBS)
OBS サンプルのリストを表示するには、メイン メニューで[管理]-[組織とアクセス]-[OBS]をクリックします。[OBS(組織ブレークダウン ストラクチャ)]ページには、OBS サンプルのリストが表示されます。
企業の[部門 OBS]
: 企業の[部門 OBS]は、企業エンティティの[部門 OBS]です。OBS には 2 つのレベルと以下のユニットがあります
ユニット
レベル
IT
部門
ビジネス業務
開発
共有サービス
企業の[場所 OBS]:
企業の[場所 OBS]は、企業エンティティの[場所 OBS]です。OBS には 1 つのレベルと以下のユニットがあります。
ユニット
レベル
シカゴ
場所
ハイデラバード
場所
ロンドン
場所
ニューヨーク
場所
パリ
場所
サンパウロ
場所
シンガポール共和国
場所
シドニー
場所
東京
場所
組織的 OBS
: [組織的 OBS]には 3 つのレベルと以下のユニットがあります。
ユニット
レベル
すべてのグループ
すべてのグループ
管理
グループ
アプリケーション管理
グループ
ビジネス工学
グループ
インフラストラクチャ
グループ
設備
サブグループ
ハードウェア
サブグループ
モバイル イニシアチブ
グループ
製品
グループ
規制
グループ
サービス
グループ
ソーシャル ネットワーキング
グループ
[リソース プール]OBS
: [リソース プール]OBS には 3 つのレベルと以下のユニットがあります。
ユニット
レベル
すべてのグループ
すべて
外部
グループ
オフショア開発
チーム
オンショア開発
チーム
内部
グループ
開発
チーム
Operations
チーム
共有サービス
チーム
[セキュリティ OBS - ページ]OBS
: [セキュリティ OBS - ページ]OBS には 2 つのレベルと以下のユニットがあります。
ユニット
レベル
すべて
すべて
会計
グループ
概要
グループ
問題とリスク
グループ
ポートフォリオ
グループ
プログラム
グループ
プロジェクト
グループ
レポート
グループ
要求者
グループ
リソース計画
グループ
チーム
グループ
タイムシート
グループ
PMO サンプル データ: アクセス グループ
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のアクセス グループが含まれています。
  • PMO パーティション IT
    : [PMO パーティション IT]グループのメンバは、PMO サンプルデータでは IT パーティションに関連付けられます。PMO サンプル データに含まれるリソースはすべてこのグループのメンバです。
  • PMO プロセス マネージャ
    : [PMO プロセス マネージャ]グループのメンバは、PMO サンプルデータでプロセスを開始し管理します。
このグループには、以下のアクセス権が与えられます。
タイプ
エリア
アクセス権
グローバル
プロセス管理
  • プロセス - 自動開始 - すべて
  • プロセス - キャンセル - すべて
  • プロセス - 管理 - すべて
  • プロセス開始 - すべて
  • プロセス - 定義の表示 - すべて
  • プロセス表示インスタンス - すべて
PMO サンプル データ: リソース
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のユーザおよびリソースがいくつか含まれています。以下のリソース例は、アドインでインストールされたアクセス グループのメンバの特別なユーザです。
リソース名
ユーザ名
リソース ID
グループ
Ed Carmen
exec
edCarmen
PMO エグゼクティブ ビューア拡張
PMO 投資ビューア拡張
Randy Quinn
rq
randyQuinn
PMO アイデア作成者
PMO プロジェクト作成者
PMO プロセス マネージャ
Beth Roberts
apr
bethRoberts
PMO アイデア作成者
PMO アイデア レビュー担当者
Peter Thompson
pt
peterThompson
PMO ポートフォリオ マネージャ
PMO 投資ビューア拡張
Paula Granger
pg
paulaGranger
PMO プログラム マネージャ
PMO プロジェクト作成者
PMO プロジェクト ビューア
PMO プロセス マネージャ
Paul Martin
pm
paulMartin
PMO プロジェクト マネージャ拡張
PMO プロジェクト作成者
PMO タイムシート管理者
PMO プロセス マネージャ
Rosie Miller
rm
rosieMiller
PMO リソース管理者
PMO リソース マネージャ拡張
PMO タイムシート管理者
Faye Maxwell
fm
fayeMaxwell
PMO 会計管理者
Jason Berry
jberry
jasonBerry
PMO チーム メンバ
Tom Morris
tm
tomMorris
PMO チーム メンバ
PMO 管理者
csk.admin
csk.admin
PMO システム管理者
クラシック PPM
管理者
admin
admin
PMO システム管理者
Sid Patel (
Clarity
sidpatel
sidPatel
PMO ロードマップ エディタ
PMO エグゼクティブ ビューア拡張
Ian Conner (
Clarity
Barb Hudson (
Clarity
bhudson
barbHudson
PMO プロジェクト作成者
PMO プロジェクト マネージャ拡張
PMO プロジェクト ビューア
PMO タイムシート管理者
Nicole Fleming (
Clarity
nfleming
nicoleFleming
PMO プロジェクト作成者
PMO プロジェクト マネージャ拡張
PMO プロジェクト ビューア
PMO タイムシート管理者
Theresa Robertson
trobertson
theresaRobertson
PMO プロジェクト作成者
PMO プロジェクト マネージャ拡張
PMO プロジェクト ビューア
PMO タイムシート管理者
Mike Jones
mjones
mikeJones
PMO チーム メンバ
Derrick Joseph
djoseph
derrickJoseph
PMO リソース管理者
PMO リソース マネージャ拡張
Rita Cohen (
Clarity
PMO サンプル データ: サービス
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のサービスの例が含まれています。
サービス名
チーム
会計計画
資金管理
はい
顧客契約センター
はい
電子メール
はい
はい
グローバル経費サービス
はい
はい
HR セルフ サービス
はい
内部マーケティング ポータル
はい
オンライン Web ポータル サービス
はい
はい
法的遵守性サービス
はい
セキュリティ インフラストラクチャ サービス
はい
先物取引
はい
PMO サンプル データ: アセット
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下の資産の例が含まれています。
資産名
チーム
会計計画
APJ データ センター
はい
APJ 研究開発センター
はい
APJ 技術センター
BEA Weblogic 10.0 アプリケーション サーバ
はい
BrightStor HSM 階層ストレージ マネージャ
CA Wily Introscope
CA Wily ポータル マネージャ
はい
Dell PowerVault NX1950 ネットワーク ストレージ
はい
EMEA データ センター
はい
EMEA 技術センター
eTrust Anti-Virus for Linux
eTrust SiteMinder Apache Web プラグイン
はい
本社
はい
HP DL 580 - 4 x 2.8 Dual core 8GB RAM
はい
HP 1500cs Modular Smart Array - 48TB
はい
LATAM データ センター
はい
はい
LATAM 研究開発センター
はい
LATAM 技術センター
はい
Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition
はい
MS Exchange 2010
はい
NA データ センター
はい
NA 研究開発センター
はい
NA 技術センター
Red Hat Linux Advanced Platform サポート
はい
Solaris 11
Sun StorageTek 9970 System - 17TB
Sun Sunfire v440 - 4x1.5GHz 6GB RAM – App
Sun Sunfire v440 - 4x1.5GHz 6GB RAM - DB
Vignette ポータル
はい
Windows 2003 Enterprise Server
PMO サンプル データ: アプリケーション
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のアプリケーションの例が含まれています。
アプリケーション名
チーム
会計計画
Altus Online Order Application
はい
はい
BrightStor Storage Resource Manager for MS Exchange
はい
はい
コール コンタクト センター アプリケーション
はい
はい
CSS オンライン定年退職プランアプリケーション
はい
はい
従業員の利益管理アプリケーション
はい
はい
従業員の利益記録アプリケーション
はい
はい
固定資産
はい
はい
グローバル経費アプリケーション
はい
はい
給与支払
はい
はい
SAP R/3 Financial Accounting
はい
はい
SAP R/3 Human Resources
はい
はい
サプライ チェーン データマート アプリケーション
はい
はい
PMO サンプル データ: アイデア
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のアイデアの例が含まれています。
アイデア名
アイデア タイプ
アイデア カテゴリ
空港アクセス セキュリティ
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
AP アーキテクチャ統合
インフラの展開
ネットワーク/通信
モバイル デバイスのバンドル
メジャー プロジェクト
新製品サービス
クラウド コンピューティング拡張機能
メジャー プロジェクト
新規開発
データマート パフォーマンス アップグレード
インフラの展開
配布済み
BYOD 用データセキュリティ
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
電子メールのアーカイブ リポジトリ
メジャー プロジェクト
新規開発
グリーン IT イニシアチブ
メジャー プロジェクト
新規開発
Launch OD Version 14
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
ロスト デバイス サービス
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
モバイル環境テスト
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
EMEA 用モバイル イニシアチブ
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
ネットワーク監視のアップグレード
インフラの展開
ネットワーク/通信
新規オンライン アプリケーション
アプリケーションの変更
COTS 評価
Clarity
製品用オンデマンド ポータル
メジャー プロジェクト
新規開発
道路上のプランナー
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
オンライン注文の改善
メジャー プロジェクト
新規開発
リサイクルデバイス
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
規制レポート
メジャー プロジェクト
新規開発
レポート ライタ拡張機能
メジャー プロジェクト
その他
セキュリティの拡張機能
アプリケーションの変更
拡張
Tablet Office Systems
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
アップグレード技術センター
メジャー プロジェクト
新製品またはサービス
PMO サンプル データ: 他の作業
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下の他の作業の例が含まれています。
他の作業名
チーム
会計計画
休日
はい
個人的な休暇
はい
長期休暇
はい
PMO サンプル データ: プロジェクト テンプレート
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のプロジェクト テンプレートの例が含まれています。
プロジェクト テンプレート名
WBS
会計計画
リスク
問題
変更依頼
開発テンプレート(MSP)
はい
開発テンプレート(Workbench)
はい
PMO サンプル データ: プロジェクト
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のプロジェクトの例が含まれています。
プロジェクト名
テンプレート
WBS
会計計画
リスク
問題
変更依頼
セキュリティの自動拡張機能
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
BYOD 管理
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
内部ポータルの変更管理
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
オンライン注文エントリの変更管理
はい
はい
はい
クライアント サービス データマート
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
遵守性監査 - セキュリティ
はい
はい
はい
クレジット カード処理拡張機能
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
クレジット カード セキュリティ向上
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
CRM 連絡先センターの開発
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
はい
はい
CRM の機能拡張
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
はい
はい
データ ウェアハウス パフォーマンスのチューニング
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
e ビジネス モバイル ネットワーク
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
eコマース ポータル
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
はい
はい
はい
電子メール SAN ストレージの実装
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
エグゼクティブ ダッシュボード表示
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
会計処理監査
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
会計ワークフロー開発
はい
はい
はい
グローバル HR アプリケーション メンテナンス
はい
はい
はい
HR 請求処理拡張機能
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
HR オンライン利益セキュリティのアップグレード
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
ラーニング ポータルの最適化
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
会議予約ポータル
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
モバイル広告
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
モバイル コマース
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
モバイル デバイス管理(MDM)の展開
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
モバイル ID 管理の拡張機能
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
モバイル セキュリティ
IT インフラストラクチャの展開テンプレート
はい
はい
モバイル時間と承認
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
モバイル管理サービス
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
MyLearning Mobile Pilot
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
Office アップグレード
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
オンライン注文カタログ
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
オンライン注文エントリ
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
オンライン注文パフォーマンスの向上
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
はい
はい
はい
オンラインからオフライン マーケット
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
Order Management Release 2
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
注文の傾向分析
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
PCI 制御の改善
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
セキュリティ遵守性
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
ソーシャル ネットワーキング セキュリティのアップグレード
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
System Upgrade Release 14
開発テンプレート(MSP)
はい
はい
Web アプリケーションの拡張機能
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
はい
はい
はい
XPL 変換
はい
はい
4G アップグレードの準備
メジャー プロジェクト テンプレート
はい
はい
既定では、自動ナンバリングがプロジェクトに対して有効になります。
PMO サンプル データ: プログラム
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のプログラムの例が含まれています。
プログラム名
サブプロジェクト
会計計画
リスク
問題
変更依頼
オンライン Web ポータル プログラム
eコマース ポータル
オンライン注文カタログ
オンライン注文エントリ
はい
はい
はい
はい
PMO サンプル データ: ポートフォリオ
PMO アクセラレータのサンプル データには、以下のポートフォリオの例が含まれています。
ポートフォリオ名
単位タイプ
ポートフォリオの内容
計画
アプリケーション管理
時間
アプリケーション
ビジネス サービス
時間
サービス
ビジネス工学
時間
組織的 OBS に関連付けられているアクティブなプロジェクト(ビジネス工学単位)
コスト削減
ゴールの整合性および必要性
高 ROI/低リスク
設備
FTE
組織的 OBS に関連付けられているアクティブな資産(設備単位)
HR 準拠(コンプライアンス)と報告
FTE
組織的 OBS に関連付けられているアクティブなプロジェクト(アプリケーション管理単位)
インフラストラクチャ
時間
組織的 OBS に関連付けられているアクティブな資産(ハードウェア単位)
モバイル技術
FTE
組織的 OBS に関連付けられているアクティブなプロジェクト(モバイル イニシアチブ単位)
ゴールの整合性および必要性
高 ROI/低リスク
パイプライン計画
FTE
[新規の製品またはサービス]と同等の[アイデア カテゴリ]を伴うアクティブなアイデア
ゴールの整合性および必要性
高 ROI/低リスク
規制および遵守性
時間
組織的 OBS に関連付けられているアクティブなプロジェクト(規制単位)
リクエスト管理
時間
[新規の製品またはサービス]以外の[アイデア カテゴリ]を伴うアクティブなアイデア
ゴールの整合性および必要性
高 ROI/低リスク
詳細
  • 参照
    」にある「
    Clarity
    アクセス権リファレンス
    」の「
    PMO アクセラレータ アクセス グループ
    」を参照してください。