Clarity: To Do のトラッキングと編集

ccppmop1592
Clarity
では、フェーズ、マイルストーン、タスクの To Do アイテムを作成し、作業をより小さなアクティビティに分割することができます。新しい[To Do]ページには、
Clarity
のさまざまな投資タイプで自分に割り当てられたすべての To Do が表示されます。
2
新しい To Do ページへのアクセス
このリリースで、
Clarity
に以下のグローバル アクセス権が導入されました。
  • To Do - ナビゲート
  • To Do - 作成 - すべて
  • To Do - 削除 - すべて
  • To Do - 編集 - すべて
  • To Do - 表示 - すべて
これらのアクセス権は、
Clarity
のビューア ライセンス タイプに割り当てられます。
新しい To Do ページを表示するには、[To Do - ナビゲート]権を持つ必要があります。これで、
Clarity
のすべての投資で割り当てられたすべての To Do を表示できます。
To Do ページでの関連オブジェクト グリッドの使用
To Do グリッドは関連オブジェクト グリッドとも呼ばれます。これは、グリッドが主に To Do の表示と編集に関連付けられていると同時に、これを使用してタスクや投資の詳細など、作業を正確に計画して完了させるための情報を表示することにも利用できるからです。To Do のグリッドを使用して、すべての投資に共通する属性、または個々の投資固有の属性を確認できます。たとえば、複数の To Do がプロジェクトやカスタム投資全体で割り当てられているとします。このようなシナリオでは、以下のフィールドをグリッドに追加して正しい決定を行うのに役立てることができます
  • 名前、期限、所有者、完了などの To Do に関連する属性。
  • 完了率(%)、ETC などのタスクに関連する属性
  • 企業優先度やマネージャなどの共通投資オブジェクトに関連する属性。
  • To Do のあるすべての投資(プロジェクトおよびカスタム投資)と関連する属性。
グリッドを使用して実行できる主なアクションの一部を以下に示します。
  • 列パネルを使用したグリッドへの属性の追加
    [列パネル]ではオブジェクト タイプで属性がグループ化されます。To Do、タスク、共通投資、および To Do があるすべての投資に関連する属性が、それぞれのカテゴリで表示されます。さまざまな属性を選択して、グリッドに追加することができます。グリッドの列パネルの使用の詳細については、「共通コンポーネント」を参照してください。
  • 一括編集機能を使用した複数の属性の編集
    グリッド レイアウトで複数のレコードを編集できます。複数のレコードを選択して[編集]ボタンをクリックすると、[一括編集]ウィンドウが表示されます。ウィンドウには、グリッドに表示されたすべてのフィールドが含まれます。To Do オブジェクトに関連するフィールドのみを更新することができ、[保存]をクリックして変更を確定できます。
    以下の手順に従います。
    1. Clarity
      にログインします。
    2. To Do グリッドに移動し、更新するレコードを選択します。
    3. [編集]
      ボタンを選択します。
    4. [一括編集]
      ウィンドウで、複数のレコードに関連する変更を行います。
    5. [保存]
      をクリックして変更を確定します。
  • [詳細]パネルを使用した投資に関する詳細の表示
    [詳細]パネルを使用して、投資に関する詳細を表示できます。[詳細]パネルは 2 列のレイアウトで表示され、画面の 75% を占めるようにサイズを変更できます。詳細レイアウトでは、1 行あたり 2 つのフィールドを含めることができます。任意のフィールドを水平方向にドラッグして、1 つまたは両方の列を占めるようにできます。[詳細]パネルで特定の投資に関連付けられた属性を追加する場合、
    Clarity
    によって属性ラベルの投資タイプが追加されます。グリッドの[詳細]パネルの使用の詳細については、「共通コンポーネント」を参照してください。
  • フィルタおよび検索オプションを使用した To Do の分析
    [検索]オプションと[フィルタ]オプションを使用して、要件に基づいてさまざまな投資を特定することができます。[フィルタ]および[検索]オプションの使用の詳細については、「共通コンポーネント」を参照してください。
  • グリッドをパーソナライズしてビューを保存
    Clarity
    を使用すると、ビジネスの目標を達成するために役立つ複数のビューを保存して変更できます。実行できる主なアクションの一部を以下に示します。
    • グリッドでの既存の設定の保存
    • クイック保存機能を使用して既存のビューを更新する
    • 他のユーザによって保存されたビューにアクセスする
    • 関連するビューをお気に入りとしてマークし、簡単にアクセスできるようにする
    • デフォルト ビューを選択する
    ビューを保存しても、他の階層では利用できません。
  • 属性をグループ化して関連する行を折りたたむ
    [グループ化基準]オプションを使用して、関連する行を折りたたむことができます。グリッドでは、任意の属性に基づいてデータをグループ化できます。属性列は投資タイプ内で移動できます。例: すべての投資をレベル別にグループ化して、各レベルの集計メトリックを表示できます。
  • CSV へのデータのエクスポート
    共通のグリッド データを CSV ファイルにエクスポートできます。ビューに含まれている行が 500 以下の場合は、新しい CSV エクスポート ファイルがすぐに生成されます。ビューに含まれている行が 500 を超える場合は、通知が表示され、数分後に CSV ファイルをダウンロードできます。[CSV にエクスポート]オプションの使用の詳細については、「共通コンポーネント」を参照してください。
グリッドを使用する際の留意事項は以下のとおりです。
  • To Do は Studio オブジェクトとして実装されますが、クラシック PPM では利用できません。
  • データ ウェアハウスは、新しい To Do テーブルを使用します。
  • To Do の標準属性は、名前、ID、所有者、期限、および完了です
    • To Do の ID フィールドは自動ナンバリングをサポートします
    • To Do オブジェクトはサブオブジェクトを作成する機能はサポートしません。
  • To Do スコアカードはこのリリースでは使用できません。
  • さまざまな To Do をお気に入りとしてスターをマークできます。
  • Clarity
    で To Do オブジェクトのカスタム属性を作成できます。
  • このリリースの
    Clarity
    にアップグレードすると、ユーザに[To Do - ナビゲート]および他の関連するアクセス権を割り当てる必要があります。以前のバージョンでは、ユーザは To Do へのアクセスに追加の権限は必要ありませんでした。
  • To Do オブジェクトは、BPM プロセスでは使用できません。
  • このページから To Dos は作成できません。
  • To Do の期限は制限がなく、投資の開始日と終了日から外れる可能性があります。
  • To Do がテンプレートからコピーされると、
    Clarity
    により To Do の期限にコピー前の期限フィールド(空白や実際の日など)が入力されます。
  • 抽象投資オブジェクトに関連付けられた属性(Agile の開始予定日など)を保護できます。この属性は、抽象投資オブジェクトと具象投資オブジェクト(プロジェクト、カスタム投資)の間で共有されるため、以下を行う必要があります。
    • 抽象投資オブジェクト レベル(投資抽象オブジェクトおよび会計抽象オブジェクト)として保護する
    • 個別の具象投資オブジェクトを保護する
    抽象会計オブジェクトとプロジェクトの Agile の開始予定日を保護したが、カスタム投資は保護しない場合、グリッドのカスタム投資に Agile の開始予定日が表示されます。