Clarity: ページの操作

管理者は、
Clarity
でページのコレクションを定義できるようになりました。オブジェクト インスタンス内にいなくても、目的の
Clarity
または外部アプリケーション ページにアクセスできる単一の場所が提供されます。これにより、オブジェクト インスタンスの外でチャネル機能を利用できるようになります。このページにアクセスするための[ページ - ナビゲート]アクセス権があることを確認します。
Linked
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    で、
    [ページ]
    を選択します。
  2. 関連するページを選択して開きます。
  3. ページの関連するモジュールを選択して開きます。
ページを使用する際の留意事項は以下のとおりです。
  • すべてのページはブループリントに関連付けられます。ページのブループリントの詳細については、「Clarity: ページのブループリント」を参照してください。
  • クラシック PPM には、「ページ」と呼ばれる新しい Studio オブジェクトが含まれます。
    • インスタンス、グローバルおよび OBS アクセス権を含みます
  • ページの属性は、フィールド レベル セキュリティを使用して保護できます。
  • クラシック PPM ではページを表示できません。
  • ページ オブジェクトにサブオブジェクトを定義することはできません
  • ブループリント内のチャネルは、同じガバナ制限の 15 に制限されています。
  • クラシック PPM では、「ページ」オブジェクトにイベント有効フラグがあります。これは標準のオブジェクト設定ですが、プロセスはページ オブジェクトでサポートされていません。
  • セキュリティを設定すると、2 つの「ページ」オブジェクトがリスト表示されます。1 つはクラシック PPM ポートレット ページ、もう 1 つは
    Clarity
    ページを参照します。
    Clarity
    ページの説明には、「新しいユーザ エクスペリエンス」が表示されます。