認証とキー

[認証とキー]ページを使用すると、オンプレミスのお客様が SAML 2.0 をサポートしている IdP によって発行された認証情報を使用して
Clarity
にログインできるようにすることができます。また、キーベースの認証を使用して、ユーザの SSO 認証情報、アクセス権限、ステータス設定に基づいて、特定のクライアントの個人 API キーを生成することもできます。
2
SAML 2.0 をサポートするための
Clarity
の設定
Clarity
では、オンプレミスのお客様は、SAML 2.0 をサポートしている IdP によって発行された認証情報を使用して
Clarity
にログインできます。
SAML ベースの SSO ログインを使用する主な利点は以下のとおりです。
  • ネットワークと環境の間のシームレスな統合: すべてのユーザは、所属組織のイントラネットと
    Clarity
    の間を容易に移動できます。
  • 簡素化されたパスワード管理: 既存のユーザ管理システムでパスワード管理が処理されるため、
    Clarity
    とは別個にユーザ パスワードを管理する必要がありません。
  • 簡素化された証明書管理: さまざまな
    Clarity
    セキュリティ証明書を管理するために使用します。
SAML 認証の詳細については、「SAML 2.0 をサポートするための Clarity の設定」を参照してください。
キーベースの認証
キーベースの認証では、ユーザの SSO 認証情報、アクセス権限、ステータス設定に基づいて、特定のクライアント用に生成された個人 API キーを使用します。キー認証により、セッションごとに認証情報またはトークンを生成して渡す必要性が排除されます。キー認証は以下のシナリオで使用します。
  • Clarity
    と他のクライアント アプリケーション間でデータを統合する場合。統合アーキテクチャによって、ユーザは REST API を通じて認証を行い、ユーザ インターフェースを介さずに特定の
    Clarity
    アクションを実行できます。
  • Clarity
    インスタンスが認証に SSO を使用している場合。
たとえば、
Rally
統合によって Webhook コールを作成して、現在のユーザ用にパーソナライズされた
Clarity
プロジェクトデータを取得することができます。プロジェクト マネージャの場合、サードパーティ統合によって、他のユーザによる JIRA カンバン ボードの更新など、外部アプリケーション トリガに基づいて
Clarity
のリソース配置データを読み取ったり更新したりすることができます。
キーベース認証の詳細については、「REST API Authentication」を参照してください。