Clarity Connections - Rally 統合

ccppmop1592
組織は、新しく改良された
Clarity
-Rally 統合を使用して、2 つのアプリケーション間のデータをシームレスに流れるようにすることができます。
新しく改良された
Clarity
-Rally 統合:
  • 簡単に拡張および設定可能:
    Clarity
    と Rally 間でオブジェクトと属性をマップして、統合が特定の要件を満たしていることを確認できます。
  • 容易な保守: クラシック PPM の基本的な知識を持つ
    Clarity
    管理者は、この統合を設定および保守できます。
  • Broadcom による検証とサポート: リリースごとに回帰テストを行う必要はありません。
この統合を活用するために実行する必要がある重要な手順を確認してみましょう。
Linked
  1. 関連する前提条件を満たし、統合を設定します。
  2. 統合オブジェクトを作成し、
    Clarity
    と特定の Rally インスタンスを統合します。
  3. 統合マッピングを作成します。
  4. 統合マッピングのインポート ジョブを実行し、すべての Rally ポートフォリオ アイテムタイプ オブジェクトおよびそれらの関連する属性を取得します。
  5. 有効なオブジェクト マッピングを定義します
  6. 有効なフィールド マッピングを定義します。
  7. Rally のオブジェクトにマッピングする
    Clarity
    投資を指定します。
  8. マップされた情報の同期ジョブを実行し、
    Clarity
    と Rally 間でデータを同期します。
  9. Clarity
    のステージング テーブルを確認して、Rally から
    Clarity
    にプッシュされる変更を理解します。
これらの各手順を詳細に確認します。
2
統合の前提条件
新しい
Clarity
-Rally 統合を設定する前に、以下の手順を実行する必要があります。
  1. Clarity
    -Rally 統合を設定する管理者に、[統合マッピング - ナビゲート]のアクセス権を割り当てます。[統合マッピング - ナビゲート]のアクセス権があるユーザは、[管理]ページで[統合(ベータ)]タイルを表示およびアクセスできます。このアクセス権について詳しくは、「アクセス権」のマニュアルを参照してください。
  2. 最新バージョンの PMO-Accelerator コンテンツ アドインがインストールされていることを確認します。PMO-Accelerator の最新バージョンがインストールされている場合、
    Clarity
    には、「Rally オブジェクト ID」と「統合マッピング」属性が含まれ、プロジェクト、アイデア、およびカスタム投資の設定に使用できます。
クラシック PPM での統合オブジェクトの作成
統合オブジェクトを作成すると、新しい
Clarity
-Rally 統合を設定できます。クラシック PPM ページの統合ページから統合オブジェクトを作成できます。ここは、すべての統合情報を 1 か所で定義および管理できる場所です。
Linked
統合オブジェクトの作成に必要な重要な情報は以下のとおりです。
  • 統合 URL
  • 統合インスタンス
  • 統合 API キー
  • プロキシ ポート
以下の手順に従います。
  1. クラシック PPM にログインします。
  2. [管理]
    -
    [一般設定]
    -
    [統合]
    をクリックします。
  3. [新規]
    をクリックします。
  4. 以下のフィールドに入力し、
    [保存]
    をクリックします。
フィールド名
説明
エリア
ソフトウェア アプリケーションまたはベンダーのビジネス分野(例: Agile)。
ベンダー
Clarity
が統合する会社名(例: Rally)。
サプライヤ
統合を実装する会社名(例: Broadcom)。
統合 URL
統合インスタンスの URL (例: Rally インスタンスの URL)。
統合 API キー
Rally にアクセスしてデータを取得するために使用するキー
統合インスタンス
Rally ワークスペース ID
Clarity
での統合マッピングの作成
統合オブジェクトを作成した後に、統合マッピングを作成します。
Linked
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [管理]
    をクリックし、
    [統合(ベータ)]
    タブを選択して[統合]ページを開きます。
  3. [行の追加]をクリックし、統合マッピングの名前を入力します。
    このリリースでは、統合マッピング名の指定に特殊文字は使用できません。「&」などの特殊文字を使用するとマップされた情報の同期ジョブはエラーで完了し、ステージング テーブルのインポート ジョブは失敗します。
  4. [統合]列で、関連する統合オブジェクトを選択します。
  5. 統合マッピングが利用可能になります。
クラシック PPM での統合マッピングのインポート ジョブの実行
クラシック PPM の統合マッピングのインポート ジョブを使用すると、
Clarity
は、設定済みの Rally ワークスペースからポートフォリオ アイテムタイプ オブジェクトおよびサポートされている属性を取得できます。インポートすると、オブジェクトとフィールドは
Clarity
の[Rally オブジェクト]タブで利用可能になります。
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [ホーム]
    -
    [レポートとジョブ]
    -
    [ジョブ]
    をクリックし、[ジョブ]タブを開きます。
  3. ドロップダウン リストで
    [利用可能なジョブ]
    を選択していることを確認し、
    [統合マッピングのインポート]
    ジョブを開きます。
  4. 関連する統合マッピングを選択し、統合をすぐに実行するには
    [送信]
    をクリックします。このジョブは、後で実行するスケジュールに設定することもできます。
ジョブが正常に実行された後、以下の手順に従って Rally のさまざまなポートフォリオ アイテムタイプ オブジェクトを表示できます。
Linked
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [管理]をクリックし、
    [統合(ベータ)]
    タブを選択して[統合]ページを開きます。
  3. 関連する統合マッピングを開いて[Rally オブジェクト]を選択すると、Rally からインポートされたさまざまなオブジェクトが表示されます。
Clarity
でのオブジェクト マッピングの定義
Linked
選択した
Clarity
投資(プロジェクト、アイデア、およびカスタム投資)を選択した Rally ポートフォリオ アイテムにマッピングできます。
たとえば、組織が戦略を決定し、
Clarity
のカスタム投資を使用してテーマ、ビジネス エピック、およびビジネス結果を作成したとします。これらの投資は、Rally のテーマ、エピック、オブジェクトにマッピングできます。組織が
Clarity
に個別のプロジェクトを作成した場合、これらを関連するポートフォリオ アイテムタイプ(Rally のプロジェクトなど)にマッピングすることもできます。
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [管理]
    をクリックし、
    [統合(ベータ)]
    タブを選択して[統合]ページを開きます。
  3. 関連する統合マッピングを開き、
    [オブジェクト マッピング]
    タブに移動します。
  4. [行の追加]アイコンをクリックして以下の詳細を入力します
    1. 名前: オブジェクト マッピングの名前を指定します
    2. Rally オブジェクト:
      Clarity
      投資にマッピングする Rally オブジェクトを選択します
    3. 方向: [
      Clarity
      から Rally]を選択します。このリリースでは、統合により
      Clarity
      の投資に関連する Rally のポートフォリオ アイテムタイプのインスタンスを作成および更新できます。つまり、
      Clarity
      の投資に関連する機能を Rally で作成することになります。ただし、Rally で機能または他のポートフォリオ アイテムタイプ インスタンスを作成する場合、統合では
      Clarity
      の投資を作成することはできません。
オブジェクト マッピングを定義した後、
Clarity
と Rally フィールドをマッピングする準備が整います。フィールド マッピングは、
Clarity
と Rally 間でデータを交換する方法を管理するのに役立ちます。
Clarity
でのフィールド マッピングの定義
Linked
定義済みフィールド マッピングは、
Clarity
投資/フィールドと Rally ポートフォリオ アイテム/フィールド間でデータを交換する方法を指定します。フィールド マッピングは常にオブジェクト マッピングと関連付けられます。以下のオブジェクトおよびフィールドのマッピング手法を検討してください。
  • データ タイプ互換性テーブルを確認して、サポートされているフィールド タイプをマッピングしていることを確認します。
    • テーブルは[データ タイプの互換性]タブに表示され、[統合]ページからアクセスできます。
      Linked
  • マッピングを定義するときに、データ フローの方向を指定します。
    Clarity
    のフィールドから Rally のフィールドへのデータ フローのマッピングを定義できます。
    • Rally のフィールドから
      Clarity
      のフィールドへのデータ フローのマッピングも定義できます。
    • ただし、このリリースでは双方向の統合はサポートされていません。
    • つまり、Rally の計画開始日を
      Clarity
      の[開始]フィールドで更新するマッピングを作成した場合、Rally の計画開始日が更新された場合に
      Clarity
      の[開始]フィールドを更新する別のマッピングを設定することはできません。
    • また、複数のマッピングに同じフィールドを含めることもできません。
  • 関連する同期オプションを選択します。
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [管理]
    をクリックし、
    [統合(ベータ)]
    タブを選択して[統合]ページを開きます。
  3. 関連する統合マッピングを開き、[オブジェクト マッピング]タブに移動します。
  4. 関連するオブジェクト マッピングを選択し、
    [詳細]
    をクリックし、
    [フィールド マッピング]
    タブを選択します。
  5. [展開]をクリックして
    [フィールド マッピング]
    ウィンドウを開きます。
  6. 以下の詳細を入力します。
    1. 方向 - 要件に応じて、[
      Clarity
      から Rally]または[Rally から
      Clarity
      ]を選択します。
    2. Clarity
      フィールド - 関連する
      Clarity
      フィールドを選択します。このフィールドは、オブジェクト マッピング時に特定した投資と関連付けられます。
    3. Rally フィールド -
      Clarity
      フィールドにマッピングする Rally フィールドを選択します。フィールドをマッピングする際に、データ タイプ互換性ガイドラインに従っていることを確認します。
    4. 同期オプション - 作成、更新、作成と更新オプションから選択します。これらのオプションの詳細については、「マップされた情報の同期ジョブの実行」を参照してください。
  7. Clarity
    がフィールド マッピングを検証すると、データ タイプ列が入力、保存されます。
  8. 以下の場合は、エラー メッセージが表示されます。
    1. マッピングされているフィールドに互換性がない場合
    2. どちらかのフィールドに既存のマッピングがある場合
Rally と同期する
Clarity
投資の選択
統合を設定し、関連するマッピングを定義したので、Rally と同期する特定の
Clarity
投資を選択できます。このリリースでは、Rally と同期する特定の
Clarity
プロジェクト、カスタム投資、およびアイデアを選択できます。
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. 関連する投資ページに移動し、グリッド レイアウトを選択します。
  3. 列ピッカーを使用して、Rally オブジェクトと統合マッピング属性をグリッドに追加します。
  4. 投資に関連付ける統合マッピングを選択します。
マップされた情報の同期ジョブを実行して
Clarity
と Rally 間でデータの同期に成功すると、Rally オブジェクト フィールドは自動的に入力されます。
マップされた情報の同期ジョブの実行
クラシック PPM のマップされた情報の同期ジョブを使用すると、管理者は
Clarity
と Rally 間でマッピングされた情報を同期できます。設定した方向および同期オプションにより、ジョブが以下の操作を実行する場合があります。
方向
同期オプション
予期される動作
Clarity
から Rally
作成
マッピングされたオブジェクトが Rally にない場合、このジョブは以下を実行:
  1. マッピングされた Rally オブジェクトおよびフィールドを作成して入力
  2. Clarity
    ステージング テーブルに入力
  3. Clarity
    で Rally オブジェクト(およびフィールド)テーブルを更新
Clarity
から Rally
作成および更新
マッピングされたオブジェクトが Rally にない場合、このジョブは以下を実行:
  1. マッピングされた Rally オブジェクトおよびフィールドを作成して入力
  2. Clarity
    ステージング テーブルに入力
  3. Clarity
    で Rally オブジェクト(およびフィールド)テーブルを更新。
その後の実行では、このジョブは以下を実行:
  1. マッピングされた Rally オブジェクトおよびフィールドを更新
  2. Clarity
    ステージング テーブルに入力
  3. Clarity
    で Rally オブジェクト(およびフィールド)テーブルを更新。
Clarity
から Rally
更新
マッピングされたオブジェクトが Rally にある場合、このジョブは以下を実行:
  1. マッピングされた Rally オブジェクトおよびフィールドを更新
  2. Clarity
    ステージング テーブルに入力
  3. Clarity
    で Rally オブジェクト(およびフィールド)テーブルを更新
Rally から
Clarity
作成
サポートされていません
Rally から
Clarity
作成および更新
サポートされていません
Rally から
Clarity
更新
マッピングされたオブジェクトが
Clarity
にある場合、このジョブは以下を実行:
  1. マッピングされた
    Clarity
    オブジェクトおよびフィールドを更新
  2. Clarity
    ステージング テーブルに入力
  3. Clarity
    で Rally オブジェクト(およびフィールド)テーブルを更新
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [ホーム]
    -
    [レポートとジョブ]
    -
    [ジョブ]
    をクリックし、[ジョブ]タブを開きます。
  3. ドロップダウン リストで[利用可能なジョブ]を選択していることを確認し、
    [マップされた情報の同期]
    ジョブを開きます。
  4. 関連する統合マッピングを選択し、統合をすぐに実行するには[送信]をクリックします。
このジョブが正常に実行された後、
Clarity
は自動的に[ステージング テーブルのインポート]ジョブを実行し、ステージング テーブルから
Clarity
にデータを移動します。
[マップされた情報の同期]を定期的に実行するスケジュールを設定できます。ただし、マップされた情報の同期ジョブを手動でトリガすると、スケジュール済みジョブは同時に実行されません。
Clarity
でのステージング テーブルの確認
Linked
すべての統合マッピングには、
Clarity
に関連付けられたステージング テーブルがあります。ステージング テーブルには、PMO システム管理者グループのメンバのみがアクセスできます。ステージング テーブルへのアクセスを手動で提供する場合、ユーザまたはグループに以下のアクセス権を割り当てることができます。
  • <統合マッピング名> - 作成
  • <統合マッピング名> - すべて削除
  • <統合マッピング名> - すべて編集
  • <統合マッピング名> - すべて表示
  • <統合マッピング名> - Xog アクセス
このリリースでは、ステージング テーブルを使用して以下を実行できます。
  • マップされた情報の同期ジョブが正常に実行された後に、Rally から
    Clarity
    にコピーされたすべてのデータを確認します。
  • データの同期に失敗した場合、エラーメッセージを確認します
以下の手順に従います。
  1. Clarity
    にログインします。
  2. [管理]をクリックし、[統合(ベータ)]タブを選択して[統合]ページを開きます。
  3. 関連する統合マッピングを開き、[ステージング テーブル]タブに移動します。関連するアクセス権がある場合のみ、このテーブル内のレコードが表示されます。
  4. 関連する列をグリッド レイアウトに追加して、処理されたレコードのステータスを確認します。追加できるキー列:
    1. ジョブ実行 ID
    2. ステータス
    3. Clarity
      オブジェクト
    4. Clarity
      オブジェクト名
    5. Rally オブジェクト
    6. Rally オブジェクト
    7. 名前
    8. エラー メッセージ
留意事項
  • ステージング テーブルには、
    Clarity
    から Rally への送信データは表示されません。
  • ステージング テーブル データは、マップされた情報の同期ジョブが実行されるたびに
    Clarity
    から削除されます。
  • マップされた情報の同期ジョブが実行した後、ユーザはステージング テーブルへのアクセスが自動的に許可されます。
  • 統合マッピング(表示、編集、および削除)グローバル アクセス権は、PMO システム管理者グループに自動的に追加されます。このバックエンド プロセスにより、ステージング テーブルへのアクセスが有効になります。
Rally 統合のデータ同期フロー
Rally 統合を設定した後にマップされた情報の同期ジョブを実行するときに、関連する
Clarity
投資をチェックして Rally オブジェクト フィールドが更新されたことを確認します。
  • Rally オブジェクト フィールドは、
    Clarity
    が新しい Rally ポートフォリオ アイテムを作成する前は空です。同期ジョブを実行すると、
    Clarity
    の関連する投資の Rally オブジェクト フィールドが更新されます。次回ジョブを実行したときに、
    Clarity
    は Rally の関連するフィールドを更新します(
    Clarity
    から Rally マッピング)。また、ジョブはステージング テーブルおよび
    Clarity
    フィールド(Rally から
    Clarity
    マッピング)も更新します。
  • Rally フィールドが空ではない場合、
    Clarity
    は Rally の関連するフィールドを直接更新します(
    Clarity
    から Rally マッピング)。また、ジョブはステージング テーブルおよび
    Clarity
    フィールド(Rally から
    Clarity
    マッピング)も更新します。
統合を活用する際の留意事項
  • Clarity
    フィールドがマッピングされた Rally フィールドで更新されるたびに、[マップされた情報の同期]ジョブを実行したユーザが監査ログにリスト表示されます。
  • お客様は、保証されている場合、新しい Rally 統合および Rally ポートフォリオ アイテム階層、投資、または(
    Clarity
    )タイムシート統合の両方を引き続き使用できます。
    • お客様が「Agile」統合を設定した場合、アップグレード後、既存の統合に影響はありません
    • 新しいジョブ(統合マッピングのインポート、マップされた情報の同期、ステージング テーブルのインポートなど)は、古いジョブ(Agile Central の同期、Agile Central 投資の作成など)と互換性がないように設定され、同時に実行できません。
  • 新しい統合マッピング インスタンスを作成した後に統合マッピングのインポート ジョブを実行しない場合、
    Clarity
    および Rally オブジェクトはそれぞれのプルダウンから利用できなくなります
    • 新しいカスタム属性を作成する場合(
      Clarity
      または Rally のいずれか)、統合マッピングのインポート ジョブを実行してフィールド マッピング グリッドで使用できるようにする必要があります。
  • Rally フィールドが更新されない
    • どちらかのシステムのフィールドがビジネス ロジックで管理されている場合、そのシステムをターゲットとして使用することはサポートされていません
      Linked
  • マップされた情報の同期ジョブは変更のみを返します
    • マップされた情報の同期ジョブを初めて実行すると、
      Clarity
      と Rally は同期します
    • ジョブの実行後、
      Clarity
      ユーザが[完了率(%)]フィールドを更新します(Rally から提供)
    • パフォーマンス上の観点から、次回マップされた情報の同期ジョブの実行時に、Rally に変更がないため、システムは
      Clarity
      の[完了率(%)]フィールドを更新せず、
      Clarity
      と Rally は同期しなくなります
    • Clarity
      の[完了率(%)]フィールドは、マッピングされたポートフォリオ アイテムが Rally で更新された場合にのみ動悸されます
    • その時点まで、これらのマッピングされたフィールドは引き続き同期されません
  • ジョブ ログを活用して、
    Clarity
    と Rally データ交換のトラブルシューティングを行うことができます。
    Linked