メモリ設定

vmoptions ファイルは、より多くのパラメータを Java プロセスへ渡して JVM で使用されるデフォルト設定を変更するために使用されます。 これらのファイルは、サーバで使用される各 ldt プロセスのメモリ割り当て設定をカスタマイズするために使用されます。 LISA_HOME\bin フォルダには、各実行可能ファイルと同じ名前の .vmoptions ファイルが含まれています。
dts1024
vmoptions
ファイルは、より多くのパラメータを Java プロセスへ渡して JVM で使用されるデフォルト設定を変更するために使用されます。 これらのファイルは、サーバで使用される各
DevTest
プロセスのメモリ割り当て設定をカスタマイズするために使用されます。
LISA_HOME\bin
フォルダには、各実行可能ファイルと同じ名前の
.vmoptions
ファイルが含まれています。
JVM パラメータの完全なリストは、Oracle Web サイトの「Configuring the Default JVM and Java Arguments」にあります。
Windows オペレーティング システムの場合、
DevTest Workstation
のデフォルトのメモリ制限は 512 MB (-Xmx512m)です。
Windows システムでは、必要に応じてより多くのメモリを利用できるように、
DevTest Server
を Windows 64 ビット上で使用することをお勧めします。
Application Insight
では、レジストリ サービスで何百万のビジネス トランザクションを処理するために、さらに多くのヒープ メモリが必要になる場合があります。 レジストリに対して推奨される最大ヒープ メモリ設定は、5 百万件のトランザクションごとに 1 GB です。
2
2
Windows および UNIX 上での Java ヒープ サイズの変更
以下の手順に従います。
  1. 拡張子が
    .vmoptions
    のターゲット ファイルを開きます。 以下に例を示します。
    # Enter one VM parameter per line
    # For example, to adjust the maximum memory usage to 512 MB, uncomment the following line:
    # -Xmx512m
    # To include another file, uncomment the following line:
    # -include-options [path to other .vmoption file]
  2. 割り当てられる最大メモリ容量(
    Xmx
    )を変更するには、以下の行のコメントを解除します。
    # -Xmx512m
  3. 割り当てられる最小メモリ容量(
    Xms
    )を変更するには、別の行に VM 引数を追加します。
    -Xms128M
    これらの操作により、ファイルはメモリの割り当て範囲を以下の例に示すように指定します。
    -Xms128M
    -Xmx512M
  4. このテキスト ファイルを
    LISA_HOME\bin
    フォルダに保存します。
OS X 上での Java ヒープ サイズの変更
LISAWorkstation.app
を参照し、
Info.plist
ファイルを編集します。
パスは
LisaHome/bin/LISAWorkstation.app/Contents/Info.plist
です。
Info.plist
ファイルを変更できます。ただし、変更は
DevTest Workstation
にのみ適用されます。
個々のプロセス用のメモリの調整
以下のプログラム用のメモリを調整できます。
  • ATK
  • ブローカ
  • BrokerService
  • CoordinatorServer
  • CoordinatorService
  • CVSManager
  • EnterpriseDashboard
  • EnterpriseDashboardCIC
  • EnterpriseDashboardCICService
  • EnterpriseDashboardService
  • MakeMar
  • PFAdapter
  • PFCmdLineTool
  • ポータル
  • PortalService
  • レジストリ
  • RegistryService
  • ServiceImageManager
  • サービス マネージャ
  • シミュレータ
  • SimulatorService
  • テスト ランナー
  • VirtualServiceEnvironment
  • VirtualServiceEnvironmentService
  • VSE マネージャ
  • ワークステーション
これらのプログラムの一部は
DevTest Server
のインストールで使用できますが、
DevTest Workstation
では使用できません。
プロセスごとにメモリを調整するには、個々のスクリプト ファイルを編集できます。 たとえば、レジストリ用に 128M、シミュレータ用に1024M を割り当てることができます。
これらのファイルをコピーして、コピーを編集することもできます。 たとえば、
MyRegistry
Registry
をコピーし、
MyRegistry
に若干の変更を加えることができます。