サービス イメージの編集

仮想サービス イメージ レコーダはサービス イメージを生成します。 サービス イメージは、ユーザが記録したもの(記録された RAW トラフィックの操作または変更されたバージョン)のように振る舞います。
dts91
仮想サービス イメージ レコーダ
はサービス イメージを生成します。 サービス イメージは、ユーザが記録したもの(記録された RAW トラフィックの操作または変更されたバージョン)のように振る舞います。
LISA
6.0 より前の
VSE
リリースのサービス イメージが存在する場合は、それらのサービス イメージをエクスポートします。 エクスポートを行うことにより、それらが以前のバージョンのデータベースから、現在のリリースで格納されるファイル システムに移動します。 詳細については、「レガシー サービス イメージ」を参照してください。
サービス イメージを開くと、
サービス イメージ エディタ
でイメージを変更できます。
以下の手順に従います。
  1. プロジェクト パネルでサービス イメージを右クリックし、[
    開く
    ]を選択します。
    サービス イメージ エディタ
    が開きます。
  2. 選択したサービス イメージを確認し、必要な変更を行います。
サービス イメージ名の横の
[開く]
をクリックすることにより、VSM の
応答選択
ステップからエディタにアクセスすることもできます。