管理

CA APM を設定、カスタマイズ、管理する方法について説明します。
apmdevops106
管理者として、組織のニーズに従って APM 環境をセットアップできます。 管理設定により、APM が IT サポートのニーズを管理するための効果的なツールとして機能するようにできます。 管理者は、組織およびユーザの APM アプリケーション固有の属性を管理します。 1
2
管理者の機能
管理者は、2 つの広範な機能を実行します。
  • 初期設定
  • インストール後の設定
デフォルトで、管理者には、CA APM の機能の完全なスイートに対するアクセス権があります。 管理者は、すべてのフォームおよびレコードにアクセスできます。
初期設定
まず、組織の初期設定を行います。 このアクティビティには、以下の操作が含まれています。
APM コンポーネント
オペレーション
詳細情報
Enterprise Manager (EM)
Enterprise Manager (EM) をダウンロード、インストール、展開します。
Team Center/APM Command Center
ユーザおよびグループのセキュリティを設定します。
チーム センター
APM 環境内の特定の部分へのアクセスを管理します。
APM Command Center
APM Command Center を設定します。
APM Command Center
エージェントおよび拡張機能をダウンロードし、展開します。
: エージェントは多くの場合、APM 管理者と異なる組織グループに含まれるアプリケーションまたはサーバのチームによって展開されます。 CA Services およびパートナーがこの操作で役立ちます。
Team Center/APM Command Center
CA APM をアップグレードします。
インストール後の設定
APM がインストールされ、有効にされ、設定が完了した後、それ以降のアクティビティが発生します。 この機能は、組織のニーズの変化に応じて管理上の定期的な更新および変更を実行します。 これらのアクティビティには、以下の操作が含まれています。
組織の設定要件が、インストール後のアクティビティにおける管理者の役割を決定します。 CA Services およびパートナーはこの設定でも役立ちます。
APM コンポーネント
オペレーション
詳細情報
Team Center/APM Command Center
新しいプロパティを設定し、新しい機能を有効にします。
チーム センター
既存のコンポーネントの属性を編集または変更します。
: アプリケーション チームはこの操作で役立ちます。
チーム センター
アナリストがレポートしたパフォーマンス インシデントに対するアラートを分析し調査します。
: アプリケーション チームはこの操作で役立ちます。
チーム センター
Team Center のエクスペリエンス カードを分析および管理します
: CA Services およびパートナーがこの操作で役立ちます。
WebView
WebView でアラートを設定します。
: CA Services およびパートナーがこの操作で役立ちます。
Customer Experience Manager(CEM)
監視対象の新しいアプリケーションおよびトランザクションを追加します。
: CA Services およびパートナーがこの操作で役立ちます。
管理者タスク カレンダ
APM アプリケーションの使用後に、管理者は組織のニーズの変化に応じて管理上の定期的な更新および変更を実行します。 このアクティビティには、以下のタスクが含まれています。
日単位のタスク
APM コンポーネント
Task
詳細情報
チーム センター
インシデントおよびアラートを確認します。 必要であれば、分析ツールを使用して問題を切り分けます。
Team Center/Enterprise Manager
日次バックアップが完了したことを確認します。 組織の内部の手続きに基づくバックアップにサードパーティ ツールを使用します。
APM Command Center
エラーについては、Java エージェント ログなど、エージェント ログを確認します。
注:
CA Services およびパートナーがこのタスクで役立ちます。
APM Command Center
エージェントがレポートされていることを確認します。
Enterprise Manager
メトリックの数および上位 RPI メトリック(1 つの間隔あたりの応答数)を監視します。
Enterprise Manager
Enterprise Manager の稼働状況メトリックを監視します。
Enterprise Manager/Transaction Impact Monitor(TIM)
APM アプリケーションのログでエラー メッセージを確認します。
: CA Services およびパートナーがこのタスクで役立ちます。
Customer Experience Manager
CEM の解決済みまたは以前のパフォーマンス インシデントをクローズします。
実行中のタスク(週単位)
APM コンポーネント
Task
詳細情報
チーム センター
特定したインシデントのエクスペリエンス カードおよびアラートを調整します。
注:
CA Services およびパートナーがこのタスクで役立ちます。
Team Center/Enterprise Manager
APM 設定とバックアップのコピーをオフサイトの場所に保存します。
Team Center/WebView/Workstation
予期しない変更や無許可の変更を APM 監査ログで確認します。
WebView
通知システムとの統合が正常に機能していることをテストします。
Enterprise Manager
スケジュールされた停止の停止期間を見直して設定します。
Enterprise Manager
リソースの使用量(CPU、ディスク空き容量)を確認して、Enterprise Manager が正常に機能するのに十分なリソースがあることを確認します。
Customer Experience Manager
CEM で電子メール レポートが作成されて配信されることを確認します。
時々発生するタスク(月単位 ~ 四半期単位)
APM コンポーネント
Task
詳細情報
すべてのコンポーネント
今後のアプリケーション リリースを確認し、ベース ライニングのアクティビティをスケジュールします。
すべてのコンポーネント
APM アーキテクチャのパフォーマンス、スケーラビリティ、フェールオーバ、地理的な分散、およびその他の要因を確認します
すべてのコンポーネント
APM コンポーネントのアップグレードおよびパッチを計画して展開します。
Team Center/Enterprise Manager
バックアップのリストアをテストします。
Team Center/WebView
アラートおよびしきい値のベースラインを作成、確認、展開します。 アプリケーション所有者による承認のしきい値を必要に応じて変更することをお勧めします。
Workstation
アラートの頻度と顧客の重要なトランザクションの傾向についてレポートします。
Workstation
管理エレメントおよびダッシュ ボードを作成します。
Workstation/WebView
レポートされたパフォーマンス インシデントに対してアラートを分析します。 ギャップと問題を特定し、設定の拡張を推奨します
Enterprise Manager
APM クラスタ パフォーマンスの稼働状況の確認を実行します。
オンデマンド タスク
APM コンポーネント
Task
詳細情報
すべてのコンポーネント
設定の拡張を設計およびインストールします。 詳細については、CA Services にお問い合わせください。
すべてのコンポーネント
システムへのユーザ アクセスをプロビジョニングします。
APM Command Center
アプリケーション アーキテクチャの変更が監視に及ぼす影響を確認します。
WebView
パフォーマンスの低いコードを特定するトランザクション追跡を確認します。
Enterprise Manager/Customer Experience Manager
Enterprise Manager、TIM、および APM データベース コンポーネントを構成します。
Customer Experience Manager
監視対象の新しいトランザクションを追加します。
詳細: