Docker Monitor

Docker は、開発者およびシステム管理者が、ソフトウェア コンテナ内の分散アプリケーションを作成、配布および実行するためのオープン プラットフォームです。 Docker Monitor は、これらのコンテナを監視し、https 経由で Docker Remote API から主要なパフォーマンス メトリックを収集します。 Docker Monitor はその後、CA APM へこれらのメトリックを書き込み、アプリケーション全体のパフォーマンスと相関します。
apmdevops106
Docker は、開発者およびシステム管理者が、ソフトウェア コンテナ内の分散アプリケーションを作成、配布および実行するためのオープン プラットフォームです。 Docker Monitor は、これらのコンテナを監視し、https 経由で Docker Remote API から主要なパフォーマンス メトリックを収集します。 Docker Monitor はその後、CA APM へこれらのメトリックを書き込み、アプリケーション全体のパフォーマンスと相関します。
Docker Monitor
により、お使いの Docker 環境やコンテナ上で実行されるサービスについて実用的で深い洞察を得られるため、スタッフがより迅速に問題を見つけ、対処できるようになります。 Docker Monitor を使用して、リソースの使用状況、パフォーマンスおよびキャパシティ計画を最適化することができます。
主な特徴
  • コンテナの自動検出
    • すべてのコンテナおよびコンテナのフローを自動的に検出する
    • 自動の Docker 属性および Docker パースペクティブを使用する
  • コンテナの稼働状況の監視
    • コンテナの稼動情報とパフォーマンスを監視する
    • コンテナのパフォーマンスに対する予測的な洞察およびアラートを取得する
  • ホスト パフォーマンスの監視
    • ホスト レベル(SystemEdge)でパフォーマンス メトリックを取得します。
    • 継続的なモニタリングおよびすべてのホスト サーバの最適化の確認
  • 問題の切り分けと診断
    • 問題を自動的に検出し、適切なアプリケーション階層に切り分ける
    • APM の問題切り分け支援で、根本原因の分析をより迅速に実施する
Docker Monitor を使用して、スタンドアロンの Docker コンテナおよび Swarm のデプロイや Apache Mesos のデプロイから、パフォーマンス メトリックをキャプチャできます。 Docker Monitor には、標準装備のダッシュボードがいくつか用意されており、監視タスクを容易に行うことができます。
Docker Monitor のインストールと展開は、数分で終わります。 デプロイが完了すると、次のことが行えます。
  • 各コンテナの稼働状況とステータスの監視
  • 異なるパースペクティブからのメトリック データの視覚化
コンテナ フロー マップ コンポーネントは、Docker Team Center のいずれかのパースペクティブの Docker コンテナ間のネットワークの関係を視覚的に表します。 これはコンテナの相互依存関係を自動的に検出するために使用します。
Docker モニタリングの詳細については、以下のページを参照してください。