Microsoft Azure App Service 用の CA APM .NET Agent のインストール

Microsoft Azure App Service 用の .NET エージェントを使用すると、Microsoft Azure で .NET アプリケーションを実行する企業を監視し、パフォーマンスの問題を特定および解決できます。 Microsoft Azure App Service 用の .NET エージェントは、インテリジェント分析、アラート管理、可視化を単一ダッシュボードで実現するために、パフォーマンス メトリックを CA APM に統合します。
apmdevops106
Microsoft Azure App Service 用の .NET エージェントを使用すると、Microsoft Azure で .NET アプリケーションを実行する企業を監視し、パフォーマンスの問題を特定および解決できます。 Microsoft Azure App Service 用の .NET エージェントは、インテリジェント分析、アラート管理、可視化を単一ダッシュボードで実現するために、パフォーマンス メトリックを CA APM に統合します。
Microsoft Azure App Service 用の CA APM .NET エージェントをインストールおよび設定する手順を以下に示します。
2
2
.NET エージェント サイトの拡張機能のインストール
Microsoft Azure 拡張機能ギャラリーから CA APM .NET サイトの拡張機能をインストールします。
以下の手順に従います。
  1. Microsoft Azure にログインし、
    [App Service]
    に移動して、App Service を選択します。
  2. 選択した App Service の拡張機能ブレードを選択します。
  3. [+ 追加]
    をクリックします。
  4. 利用可能な拡張機能のリストから
    [Microsoft Azure App Service 用の APM .NET Agent]
    を選択します。
  5. [OK]
    をクリックして使用許諾の条項に同意します。
  6. [OK]
    をクリックして、拡張機能をインストールします。
.NET エージェントの設定
Microsoft Azure アプリケーション設定ブレードで .NET エージェントを設定することができます。
Microsoft Azure アプリケーション設定ブレードのプロパティ設定では、IntroscopeAgent.profile で指定されたプロパティ設定は上書きされます。
以下の手順に従います。
  1. [アプリケーション設定]
    ブレードを選択し、app service プロパティを設定します。
  2. エージェントの接続の詳細の設定
    Enterprise Manager 設定から
    agentManager.url.1
    値と
    agentManager.credential
    値を取得します。
    1. <Agent_Home> ディレクトリに移動し、テキスト エディタで IntroscopeAgent.profile を開きます。
    2. agentManager.url.1
      プロパティを見つけて、値をコピーします。
    3. Azure で、agentManager.url.1 値を
      agentManager.url.1
      キーに追加します。
  3. ブラウザ エージェント自動スニペット挿入を設定します。
    1. App Experience Analytics インスタンス上でアプリケーションを作成します。 アプリケーションを、使用している Application Performance Management インスタンスに関連付けます。 この手順および次の手順を完了するには、こちらの情報を使用します。
    2. 使用している Application Performance Management インスタンスに関連付けた App Experience Analytics インスタンスからスニペットをコピーします。
    3. Azure で、スニペット コンテンツを
      introscope.agent.browseragent.snippetString
      キーに追加します。
    4. 値が true のキー
      introscope.agent.browseragent.autoInjectionEnabled
      を追加します。
    5. true
      の値を持つキー
      introscope.agent.browseragent.responseCookieEnabled
      を追加します。
  4. [概要]
    ブレードを選択し、
    [再起動]
    をクリックします。
.NET エージェントのログ ファイルの設定
.NET エージェント ログ ファイルは、D:/home/LogFiles/SiteExtensions/APM/<Agent_Home> ディレクトリにあります。 通常、<Agent_Home> ディレクトリは、
wily
という名前です。
ログ関連プロパティを設定することができます。
以下の手順に従います。
  1. <Agent_Home> ディレクトリに移動し、テキスト エディタで IntroscopeAgent.profile を開きます。
  2. 必要に応じて、以下のログ関連のプロパティを設定します。
    Azure App Service 用に .NET エージェントをインストールした後は、以下のプロパティをエージェント プロファイルに追加し、必要に応じてコメント化を解除します。
    • introscope.agent.log.level
      エージェント ログのログ レベルを設定します。
      デフォルト:
      INFO
      値:
      INFO、DEBUG
      モニタ アプリケーションの再起動が必要
      : はい
    • introscope.agent.log.max.file.size
      出力がバックアップ ファイルにロールされる前のログ ファイルの最大サイズ。
      デフォルト:
      200 MB
      モニタ アプリケーションの再起動が必要
      : はい
    • introscope.agent.log.max.roll.backups
      最も古いファイルを削除するまで保持するバックアップ ログ ファイルの最大数。
      デフォルト:
      4
      モニタ アプリケーションの再起動が必要
      : はい
  3. 監視対象 .NET アプリケーションを再起動します。
  4. ファイルを保存します。