.NET エージェントのインストール

このセクションでは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス(IIS)サーバに.NET エージェントをインストールする方法を説明します。
apmdevops106
このセクションでは、Microsoft インターネット インフォメーション サービス(IIS)サーバに.NET エージェントをインストールする方法を説明します。
2
2
インストールする前に
展開プロセスを確認します。
以下の手順に従います。
  1. 以下のコンポーネントのサポートされているバージョンがインストールされていることを確認します。
    • .NET Framework
      デフォルトでは、エージェントは 1 つの Framework のみを監視します。 エージェント プロパティを設定して、.NET Framework 4 および In-Process、Side-by-Side 実行を使用して監視する対象を管理できます。
    • Windows オペレーティング システムおよび IIS
    • ODP.NET ドライバ
  2. 監視する Web アプリケーションが IIS ワーカー プロセスを使用して実行されていることを確認します。
    1. アプリケーションからページをロードします。
    2. タスク マネージャを開き、IIS で以下のファイルを探します。
      • aspnet_wp.exe[aspnet_wp.exe]
      • w3wp.exe
      これらのいずれかのファイルが表示されている場合は、検証が完了しています。 手順 4 に進みます。
  3. 監視するアプリケーションが、以下のサポートされているデータベースのいずれかに接続されていることを確認します。
    • Microsoft SQL Server
    • ODP.NET 経由の Oracle データベース
  4. ワーカ プロセスが表示されない場合は、IIS が管理対象コンポーネントを処理できるようにします。
    使用している .NET のバージョンに対応した .NET Framework ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行します。
    aspnet_regiis.exe -i
    例:
    C:\WINDOWS\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_regiis.exe -i
  5. エージェント ファイルをインストールするために十分なディスク空き容量があることを確認します。 インストーラ実行ファイルのサイズの 3 倍に相当するディスク領域を確保することをお勧めします。
  6. 新しい .NET エージェントをインストールするコンピュータから、旧バージョンの .NET エージェントが削除されていることを確認します。
    .NET エージェントが存在するかどうかを確認するには、コマンド ウィンドウを開き、「
    set
    」と入力して現在定義されている環境変数のリストを表示します。
    com.wily.introscope.agentProfile=<path>
    がリストに表示されていれば、作業を先に進める前にエージェントを削除します。
  7. .NET エージェントをインストールするコンピュータに別の監視エージェントや CLR のプロファイラがインストールされていないことを確認します。
  8. Enterprise Manager および Workstation がインストール済みであることを確認します。 Enterprise Manager との接続設定に使用するホスト名およびポート番号を確認します。
    エージェントと Enterprise Manager の間の接続状況の確認には、
    ping
    または telnet を使用します。
インストール方法の選択
以下の方法のいずれかを使用して、.NET エージェントをインストールできます。
3
3
コンピュータにローカルでファイルをインストールする際には、通常、対話モードのインストーラを使用します。 ただし、状況によっては、コマンド ライン パラメータを指定したスクリプトでインストーラを実行できます。 例えば、コンピュータにリモートでファイルをインストールする場合、または事前に設定されたインストール手順に従ってデプロイする場合です。 対話モードまたはサイレント モードのインストーラを使用しない場合は、インストール アーカイブを使用して手動でエージェントのインストールおよび設定を行うことができます。
どちらのインストール方法でも、SharePoint 監視用に選択された Windows Active Directory ドメイン ユーザ アカウントには「サービスとしてログオン」特権が必要です。
対話モードでの .NET エージェントのインストール
.NET エージェントのインストーラ プログラムを起動し、表示される指示に従って .NET エージェントを対話モードでインストールできます。
以下の手順に従います。
  1. 32 ビットまたは 64 ビット オペレーティング システム用のエージェント インストーラの実行可能ファイルをダブルクリックします。
    たとえば、次の実行可能ファイルに似た名前のファイルをダブルクリックします。
    introscope<version>windowsAgent_dotNET_32.exe
    初期画面ページが表示されます。 [
    次へ
    ]を選択して、インストールを開始します。
    .exe
    または
    .msi
    実行可能ファイルを使用してインストールできます。
    .msi
    実行可能ファイルでは、グループ ポリシーによるソフトウェア配信や、スケジュールされたタスクなどのその他の自動配信が可能になります。
    .exe
    実行可能ファイルはさらに機能を提供します。 たとえば、管理者としてログオンしていないときに、インストーラを右クリックして管理者として実行できます。
  2. 次へ
    ]を選択してデフォルトのインストール ディレクトリをそのまま使用するか、または[
    変更
    ]を選択して別のディレクトリを選択して、[
    次へ
    ]を選択します。
    .NET エージェントのデフォルトのインストール ディレクトリは、C:\Program Files\CA APM\Introscope
    <
    バージョン
    >
    です。
    ルート インストール ディレクトリ内に、インストーラによって
    wily
    ディレクトリが作成されます。このディレクトリがデフォルトの
    <
    Agent_Home
    >
    ディレクトリになります。
  3. エージェントがメトリックをレポートする Enterprise Manager のホスト名とポート番号を入力し、[
    次へ
    ]を選択します。
    エージェントのデフォルトの Enterprise Manager は
    localhost
    です。 ローカル ホストは、Enterprise Manager とエージェントが同じコンピュータ上にインストールされているテスト環境に適しています。 標準的な実運用環境で、リモートの Enterprise Manager への接続を設定します。 デフォルトの Enterprise Manager ポートは
    5001
    です。
  4. 有効にする監視オプションを選択し、[
    次へ
    ]を選択します。
    • ChangeDetector はアプリケーション環境内の変化を追跡し、それを Workstation でレポートします。 ChangeDetector を有効にする場合は、ChangeDetector エージェントの ID を入力します。
    • CA APM for SOA は、クライアント側およびサーバ側 Web サービスのための拡張された監視を行います。 .NET エージェントは、デフォルトでこの監視を提供します。
    • CA APM for Microsoft SharePoint および CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint (SPMonitor)を使用すると、Microsoft SharePoint Web アプリケーションおよびサービスの監視が可能になります。 このオプションは Windows Server 2003 または 2008 でのみ使用できます。
    どの監視オプションも有効にしない場合は、後で監視オプションを手動で有効にすることができます。
  5. 追加のエージェント サービスを自動または手動のどちらで開始するかを選択します。
    CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint (SPMonitor)を選択した場合
    サービスを実行するために、Windows Active Directory ドメインのユーザ アカウントとパスワードを指定します。
    Example:
    <domain>\<username>
  6. インストール
    ]を選択します。
    インストーラにより .NET エージェントのルート インストール ディレクトリが作成され、エージェントが使用するファイルがインストールされます。
  7. インストールが完了したら、[
    完了
    ]を選択します。
  8. エージェントが正常にインストールされていることを確認するには、以下の
    いずれか
    の検証を実行します。
    • .exe インストーラ
      IntroscopeDotNetAgentInstall*.exe.log ファイルがインストーラ実行可能ファイルと同じディレクトリ内にあることを確認します。
    • .msi インストーラ
      MSI*.LOG ファイルが
      %temp%
      ディレクトリ内に作成されていることを確認します。 ログ ファイルは Windows Installer 4.0 以降でのみ提供されます。
  9. IIS 管理サービスを再起動してインストールを完了します。
.NET エージェントをインストールすると、システム環境変数
com.wily.introscope.agentProfile
,
Cor_Enable_Profiling
,
COR_PROFILER
がオペレーティング システムに追加されます。システム環境変数が変更されたことを IIS に通知するために、IIS の再起動またはローカル コンピュータの再起動が必要です。
サイレント モードでの .NET エージェントのインストール
インストーラをサイレント モードで実行するには、コマンド ラインから .NET エージェント インストーラを起動し、インストールの指示をコマンド ライン パラメータとして指定します。 開始後は、インストールはバックグランウンドで実行され、進捗状況などは一切表示されません。 このインストール方法では、操作しなくてもエージェントをインストールできるので、リモート コンピュータに .NET エージェントをインストールする際に使用するのが最も一般的です。 同一の設定内容で複数のエージェントをインストールすることもできます。 コマンドには .exe または .msi のいずれかを指定できます。
以下の手順に従います。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
    適切なコマンド ライン パラメータを指定して、
    .exe
    または
    .msi
    インストーラ実行可能ファイルを起動します。
    たとえば、64 ビット システムにインストールするには、以下のコマンド ライン パラメータを使用できます。
    x.x.x.x としてバージョン番号をフォーマットします。
    .msi
    インストーラ:
    IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.msi /qn [INSTALLDIR="<install_dir>"] [EMHOST=myhost] [EMPORT=5001] [ENABLECD=1 CDAGENTID=<change_dectector_agent_id>] [ENABLESPP=1] [INSTALLSPMONITOR=1 IS_NET_API_LOGON_USERNAME=<SP Monitor Domain username> IS_NET_API_LOGON_PASSWORD=<SP Monitor Domain password>]
    .exe
    インストーラ:
    IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.exe /s /v"/qn [INSTALLDIR="<install_dir>"] [EMHOST=myhost] [EMPORT=5001] [ENABLECD=1 CDAGENTID=<change_dectector_agent_id>] [ENABLESPP=1] [INSTALLSPMONITOR=1] IS_NET_API_LOGON_USERNAME=<SP Monitor Domain username> IS_NET_API_LOGON_PASSWORD=<SP Monitor Domain password>]"
    サイレント モードでインストールするには、
    /s
    /v
    /q
    n
    オプションを指定してインストーラを起動します。 その他のパラメータの指定はオプションです。 コマンド ラインでパラメータを指定しない場合、インストーラでは、パラメータのデフォルト設定が使用されます。 このようなオプションのパラメータは、インストーラを対話モードで実行するときの選択内容と同じものです。
    INSTALLDIR=<root_installation_directory>
    .NET エージェントをインストールするディレクトリを指定します。 パスに円記号が含まれる場合、パスの先頭に円記号を追加します。 例:
    \C:\IntroscopeDir
    デフォルトのルート インストール ディレクトリは以下のとおりです。
    C:\Program Files\CA APM\Introscope<バージョン>
    デフォルト ディレクトリを変更する場合は、このプロパティを変更します。
    EMHOST=<ホスト名>
    エージェントがメトリックをレポートする Enterprise Manager のホスト名を指定します。 エージェントのデフォルト ホスト名は localhost です。
    EMPORT=<ポート番号>
    エージェントがメトリックをレポートする Enterprise Manager のリスニング ポート番号を指定します。 デフォルト ポートは 5001 です
    ENABLECD=0
    ChangeDetector を有効にするかどうかを指定します。 このパラメータのデフォルト値は 0 で、ChangeDetector が有効でないことを示しています。
    ChangeDetector を有効にする場合は、
    ENABLECD
    パラメータを
    1
    に設定します。
    ChangeDetector を無効のままにすると、関連ファイルは <Agent_Home>\examples ディレクトリ内に配置され、後で有効にすることができます。
    CDAGENTID=<agent_name>
    ChangeDetector エージェントの名前を指定します。 このパラメータをコマンド ラインに含めるのは、
    ENABLECD
    1
    に設定したときだけです。 ChangeDetector エージェントのデフォルトのエージェント名は SampleApplicationName です。
    ENABLESPP=0
    CA APM for Microsoft SharePoint Portal を有効にするかどうかを指定します。 このパラメータのデフォルト値は 0 で、CA APM for Microsoft SharePoint を有効にしてはいけないことを示しています。
    CA APM for Microsoft SharePoint Portal を有効にする場合は、
    ENABLESPP
    パラメータを
    1
    に設定します。 Microsoft SharePoint の監視を有効にするのは、オペレーティング システムが Windows Server 2003 または Windows Server 2008 である場合のみです。
    CA APM for Microsoft SharePoint Portal を無効のままにすると、関連ファイルは
    <
    Agent_Home
    >
    \examples ディレクトリ内に配置され、後で有効にすることができます。
    INSTALLSPMONITOR=0
    CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint Portal をインストールするかどうかを指定します。 このパラメータのデフォルト値は 0 で、CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint をインストールしてはいけないことを示しています。
    CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint をインストールする場合は、
    INSTALLSPMONITOR
    パラメータを
    1
    に設定します。
    CA APM Standalone Agent for Microsoft SharePoint をインストールしない場合は、後でインストールできます。 CA APM スタンドアロン エージェント インストーラを実行できます。
    たとえば、64 ビット システムでデフォルト設定を変更するには、以下のようなコマンド ラインを指定します。
    IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.exe /s /v"/qn INSTALLDIR=\"C:\IntroscopeAgent\" EMHOST=dell-M65.org EMPORT=5001 ENABLECD=1 CDAGENTID=myCDAgent ENABLESPP=1 INSTALLSPMONITOR=1 IS_NET_API_LOGON_USERNAME=apm-domain\apmuser IS_NET_API_LOGON_PASSWORD=apmPassword"
    • IS_NET_API_LOGON_USERNAME=
      <
      domain>
      \
      <username>
      Microsoft SharePoint 監視ドメイン ユーザ名を指定します。 このパラメータは、
      INSTALLMONITOR
      パラメータが
      0
      に設定されている場合に指定されます。 このパラメータのデフォルト値は null です。
    • IS_NET_API_LOGON_PASSWORD=<password>
      Microsoft SharePoint 監視用のパスワードを指定します。 このパラメータのデフォルト値は null です。
  2. エージェントが正常にインストールされていることを確認するには、以下のようにしてログ ファイルを表示します。
    • .exe
      インストーラ:
      インストーラ実行可能ファイルと同じディレクトリ内の IntroscopeDotNetAgentInstall*.exe.log ファイルを参照します。
    • .msi
      インストーラ:
      %temp%
      ディレクトリ内の MSI*.LOG ファイルを参照します。 ログ ファイルは Windows Installer 4.0 以降でのみ提供されます。
  3. (オプション)適切な設定でインストーラを起動するスクリプトを作成します。 スクリプトでは、スケジュールされたタスクとして、または複数のコンピュータ上でリモートで実行するために、インストールの設定を呼び出すことができます。
  4. IIS 管理サービスを再起動してインストールを完了します。
.NET エージェントをインストールすると、システム環境変数
com.wily.introscope.agentProfile
,
Cor_Enable_Profiling
、および
COR_PROFILER
がオペレーティング システムに追加されます。システム環境変数が変更されたことを IIS に通知するために、IIS の再起動またはローカル コンピュータの再起動が必要です。
インストール アーカイブを使用した .NET エージェントの手動インストール
インストーラを対話モードで実行したり、応答ファイルを設定したりしなくても、エージェント ファイルはシステム上に配置できます。 アプリケーション サーバ固有のアーカイブを使用すれば、エージェントをインストールできます。
インストール アーカイブには、エージェント インストーラと同じファイルが含まれます。 アーカイブをコンピュータにコピーしてから展開し、エージェントを設定します。 これらのファイルを使用して複数のエージェントをバッチ ジョブでデプロイするか、またはこれらのファイルをエージェント ファイルのデフォルト セットのアーカイブとして保存します。
以下の手順に従います。
  1. CA サポートの CA APM ソフトウェア ダウンロード領域から、以下に示すインストール アーカイブの
    いずれか
    をダウンロードします。
    • DotNetAgentFiles-NoInstaller.x64.<version>.zip
    • DotNetAgentFiles-NoInstaller.x86.<version>.zip
    例:
    DotNetAgentFiles-NoInstaller.x64.<version>.zip
  2. インストール アーカイブの中身を、選択したディレクトリに展開します。
  3. .Net エージェント用の
    <
    Agent_Home
    >
    ディレクトリを設定します。 デフォルトのルート インストール ディレクトリは、C:\Program Files\CA APM\Introscope
    <
    バージョン
    >
    です。 ルート インストール ディレクトリから、インストーラによって wily ディレクトリが作成されます。このディレクトリがデフォルトの
    <
    Agent_Home
    >
    ディレクトリになります。
  4. コマンド プロンプトで、Windows SDK の gacutil.exe を実行して、
    wily.Agent.dll
    ファイルを Global Assembly Cache に登録します。 wily.Agent.dll は、<Agent_Home>\bin ディレクトリにあります。 例:
    gacutil -i <Agent_home>\bin\wily.Agent.dll
  5. 以下のように wily.NativeProfiler ファイルを登録します。
    1. コマンド ラインから、
      <
      Agent_Home
      >\
      bin ディレクトリに移動し、以下の実行可能ファイルを起動します。
      C:\WINDOWS\SysWOW64\regsvr32.exe <Agent_Home>\bin\x86\wily.NativeProfiler.dll
  6. IntroscopeAgent.profile ファイルをテキスト エディタで開き、以下のように Enterprise Manager 接続を設定します。
    1. introscope.agent.enterprisemanager.transport.tcp.host.DEFAULT
      の行を探し、エージェント用の Enterprise Manager のホスト名を指定します。 例:
      introscope.agent.enterprisemanager.transport.tcp.host.DEFAULT=sfcollect01
    2. 必要に応じて、Enterprise Manager との通信のための、その他のプロパティを設定します。
  7. 以下のようにコマンド ラインから PerfMon コレクタ サービスを開始します。
    sc create PerfMonCollectorAgent binPath= "<Agent_home>\bin\PerfMonCollectorAgent.exe start= auto DisplayName= "CA APM PerfMon Collector Service"
  8. ユーザが
    <
    Agent_Home
    >
    ディレクトリにアクセスする権限があることを確認するには、コマンド ラインからの
    wilypermissions
    ユーティリティを実行します。 例:
    wilypermissions.exe c:\WilyAgent9065\wily w3wp.exe
  9. 以下の .NET エージェント環境変数を設定します。
    • com.wily.introscope.agentProfile=<Agent_Home>\IntroscopeAgent.profile
    • Cor_Enable_Profiling=0x1
    • COR_PROFILER={5F048FC6-251C-4684-8CCA-76047B02AC98}
  10. インストールを完了するには、IIS 管理サービスを再起動します。
中国語または日本語での .NET エージェントのインストール
.msi インストーラ実行可能ファイルを実行するときは、言語の値を指定できます。
この情報は、32 ビットおよび 64 ビット Windows にのみ適用されます。
以下の手順に従います。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. 以下のように、言語の値を指定して .msi インストーラ実行可能ファイルを起動します。
    • 日本語:
      IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.msi TRANSFORMS=1041.mst ProductLanguage=1041
    • 中国語:
      IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.msi TRANSFORMS=2052.mst ProductLanguage=2052
  3. インストールを完了するには、アプリケーション サーバを再起動します。
    インストーラにより .NET エージェントのルート インストール ディレクトリが作成され、エージェント ファイルがインストールされます。 インストーラによって
    %temp%
    ディレクトリに .MSI*.LOG ファイルが作成されます。
.NET エージェントのインストールの確認
特定のコンピュータで、.NET エージェントがインストールされているのか、それとも無効にされているのかがわからない場合があります。 ユーザはインストールまたは設定エラーについて知らない可能性があります。 .NET エージェントがインストールされているかどうかが確実でない場合は、環境のチェックを実行できます。 また、.NET エージェントが正しく設定されていることを確認するときにも、このチェックを実行できます。
以下の手順に従います。
  1. .NET エージェント環境変数が設定され、正しい値が設定されていることを確認します。
    コマンド ウィンドウを開き、
    「set」
    を入力し、テキスト ファイルに出力します。 ファイルを表示し、以下の環境変数が設定されていることを確認します。
    com.wily.introscope.agentProfile=C:\Program Files\CA Wily\Introscope<version>\wily\IntroscopeAgent.profile
    Cor_Enable_Profiling=0x1
    COR_PROFILER={5F048FC6-251C-4684-8CCA-76047B02AC98}
  2. wily.Agent.dll の正しいバージョンがグローバル アセンブリ キャッシュ(c:\windows\assembly)に登録されていることを確認します。
    wily.Agent.dll が表示されない場合は、管理者として <Agent_Home>\bin\wily.Agent.dll を C:\Windows\assembly にコピーします。
  3. IIS ワーカ プロセスを実行するユーザ アカウントを確認します。 ワーカ プロセスが実行されるすべてのアカウントが、
    <
    Agent_Home
    >
    ディレクトリに対するフル コントロールの権限を持っていることを確認します。
.NET エージェントの削除
ご使用のオペレーティング システム用の .NET エージェントを削除するには、以下の
いずれか
の方法を使用します。
4
4
注:
ご使用のオペレーティング システム用のアンインストール プログラムを使用してください。 たとえば、.exe インストーラ プログラムを使用する場合は、対応する .exe アンインストーラ プログラムを使用してエージェントを削除します。 それ以外の場合、プロセスはエージェントを削除できません。
対話モードでの .NET エージェントの削除
.NET エージェントは、インスツルメントされたアプリケーションの実行中は常にアクティブです。 エージェント DLL ファイルを削除または変更する前に、インスツルメント済みのアプリケーションがすべて停止されていることを確認してください。 その後、[プログラムの追加と削除]コントロール パネルを使用してローカルでエージェントファイルを削除するか、アンインストール プログラムを使用してサイレントで削除できます。
以下の手順に従います。
  1. IIS サービスを停止します。
    この操作は、インスツルメント済みのアプリケーションをすべて停止します。
  2. スタート
    ]-[
    設定
    ]-[
    コントロール パネル
    ]-[
    プログラムの追加と削除
    ]を選択します。
  3. 現在インストールされているプログラムのリストから、以下の
    いずれか
    を選択します。
    • CA APM .NET エージェント <version> (32 bit)
    • CA APM .NET エージェント <version> (64 bit)
  4. 削除
    ]を選択します。
    エージェントを削除するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。
  5. はい
    ]を選択してエージェントを削除します。
    .NET エージェントの DLL が登録解除され、関連する環境変数が削除されます。また、エージェント ファイルが削除されます。
  6. プログラムの追加と削除
    ]を閉じます。
  7. IIS 管理サービを再起動するか、コンピュータを再起動してください。
  8. エージェントのルート インストール ディレクトリを選択し、右クリックして[
    削除
    ]を選択します。
    .NET エージェントが削除されます。
サイレント モードでの .NET エージェントの削除
.NET エージェントおよび関連ファイルをサイレント モードで削除することができます。
以下の手順に従います。
  1. すべてのインスツルメント済みアプリケーションを停止するために IIS サービスを停止します。
  2. コマンド プロンプトで、以下の
    いずれか
    のコマンドを実行します。
    IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.exe /s /x /v"qn"
    IntroscopeDotNetAgentInstall64_<version>.msi /x /qn
    .NET エージェントが削除されます。
手動モードでの .NET エージェントの削除
.NET エージェントおよび関連付けられたファイルを手動で削除することができます。
.NET エージェントは、インスツルメントされたアプリケーションの実行中は常にアクティブです。 エージェント DLL ファイルを削除または変更する前に、インスツルメント済みのアプリケーションがすべて停止されていることを確認してください。
以下の手順に従います。
  1. C:\WINDOWS\assembly ディレクトリに移動します。
  2. wily.Agent.dll
    ]を右クリックし、メニューから[
    アンインストール
    ]を選択します。
    エージェント ファイルが削除されます。
  3. 管理者としてコマンド プロンプトを開きます。
    1. 以下のコマンドを入力して NativeProfiler ファイルを削除します。
      • C:\WINDOWS\system32\regsvr32.exe /u <Agent_Home>\bin \wily.NativeProfiler.dll
      • C:\WINDOWS\SysWOW64\regsvr32.exe /u <Agent_Home>\bin\x86 \wily.NativeProfiler.dll
    2. 以下のコマンドを実行して PerfMon Collector サービスを削除します。
      sc delete PerfMonCollectorAgent
    3. 以下の .NET エージェント環境変数を手動で削除します。
      • com.wily.introscope.agentProfile=<Agent_Home>\IntroscopeAgent.profile
      • Cor_Enable_Profiling=0x1
      • COR_PROFILER={5F048FC6-251C-4684-8CCA-76047B02AC98}
  4. IIS を再起動してアンインストール プロセスを完了します。