Microsoft SharePoint

CA APM for Microsoft SharePoint は、完全なパフォーマンス監視および管理ソリューションです。 この拡張機能は、開発、QA、ステージング、および実運用時に、SharePoint ポータル コンポーネントの継続的な監視を提供します。 また、この拡張機能では SharePoint ポータルの外部への可視性が拡張されるため、SharePoint ポータル内およびクリティカルなバックエンド システムへの接続におけるパフォーマンスの問題を識別することが可能になります。
apmdevops106
CA APM for Microsoft SharePoint は、完全なパフォーマンス監視および管理ソリューションです。 この拡張機能は、開発、QA、ステージング、および実運用時に、SharePoint ポータル コンポーネントの継続的な監視を提供します。 また、この拡張機能では SharePoint ポータルの外部への可視性が拡張されるため、SharePoint ポータル内およびクリティカルなバックエンド システムへの接続におけるパフォーマンスの問題を識別することが可能になります。
この拡張機能は、SharePoint ポータルからリアルタイムでメトリックを収集して分析します。 メトリックは、可用性、パフォーマンス、稼働状況に関連する問題を示します。 発生した問題について管理者またはシステム ユーザにアラートを発行するように拡張機能をカスタマイズすることができます。 個々の SharePoint ポータル展開のニーズを満たすようにアラートを設定できます。 この拡張機能は CA Introscope エンタープライズ監視プラットフォーム上に構築されているため、その主要な利点をすべて共有します。
ダッシュボードを使用して、SharePoint ポータルの全般的な稼働状況、パフォーマンス、および可用性を表示できます。 Investigator ツリーでは、最もパフォーマンスが低いコンポーネントのリストがテーブル ビューに表示されます。 このテーブル ビューを使用して、グラフィカル ビューを生成することができます。 このグラフィカル ビューでは、最もパフォーマンスが低いコンポーネントとその他の SharePoint ポータル コンポーネントとの関係が表示されます。 グラフィカル ビューは、最もパフォーマンスが低いコンポーネントが SharePoint ポータルのほかのコンポーネントにどのように影響するかをユーザが理解するのに役立ちます。
さらに、SharePoint ポータル サーバ環境で SharePoint Monitor エージェントをデプロイすると、SharePoint Monitor エージェントのコンポーネントは Performance Monitor カウンタおよび Windows アプリケーション イベントをレポートします。
拡張機能コンポーネント
CA APM for Microsoft SharePoint には以下のコンポーネントが含まれています。
  • A
    gent 拡張機能、PBL、および PBD ファイル
    SharePoint ポータル メトリック データを収集し、そのデータを Enterprise Manager に転送します。
  • Enterprise Manager プラグインおよび Workstation プラグイン
    – メトリックを分析および集約して、表示用のデータを Workstation に転送します。
  • 管理モジュール
    SharePoint ポータル用のメトリック グループ、アラート、およびダッシュボードを表示します。
  • SharePoint Monitor エージェント
    Windows イベントおよび PerfMon カウンタを Enterprise Manager にレポートします。
拡張機能コンポーネントは、以下のように動作します。
  • CA Introscope エージェントはメトリックを収集し、そのデータを Enterprise Manager に渡します。 このエージェントは、SharePoint ポータルおよびアプリケーション サーバ内に常駐しています。
  • SharePoint Monitor エージェントは Windows イベントおよび PerfMon カウンタを収集し、そのイベントとカウンタを Enterprise Manager に渡します。 このエージェントは、ファーム内にある SharePoint サーバの 1 つに常駐しています。
  • Enterprise Manager はメトリックを分析し、Enterprise Manager プラグインを使用してそれらを集約します。
Workstation はこれらのメトリックを表示し、さらにメトリックに基づいてパフォーマンスが低いコンポーネントを表示します。 また、Workstation は、SharePoint ポータル サーバの全般的な稼働状況、パフォーマンス、および可用性を表示します。
SharePoint Monitor エージェント
SharePoint Monitor エージェントには以下のコンポーネントが含まれています。
  • SPPerfCounters.list.xml
    拡張機能で監視される PerfMon カテゴリ、カウンタ、およびそれらのインスタンス情報のリストが含まれています。 このコンポーネントには、カウンタに関連付けられている監視レベルも含まれています。
  • SPEvents.list
    拡張機能で監視される SharePoint Windows アプリケーション イベント ソースのリストが含まれています。
  • SPMonitor.properties
    – SharePoint 監視用のプロパティが含まれています。
SharePoint Monitor エージェントは以下のように動作します。
  • SharePoint ポータル アプリケーション サーバの PerfMon カウンタおよび Windows イベントを監視します。
  • 指定されたメトリックを Enterprise Manager に送信します。 これは、サービスに設定されている監視レベルに依存します。
  • SPEvents.list ファイルで指定されているソースに対するアプリケーション イベントを監視し、そのイベント情報を Enterprise Manager に送信します。