PHP エージェントのインストール

CA APM PHP エージェントは、PHP ベースの Web アプリケーションを監視して可視化します。 PHP エージェントは、PHP アプリケーションでのトランザクションに関する詳細なパフォーマンス情報を収集してレポートします。 PHP エージェントは、PHP アプリケーションが実行されるシステム環境についての情報も収集してレポートします。
apmdevops106
CA APM PHP エージェントは、PHP ベースの Web アプリケーションを監視して可視化します。 PHP エージェントは、PHP アプリケーションでのトランザクションに関する詳細なパフォーマンス情報を収集してレポートします。 PHP エージェントは、PHP アプリケーションが実行されるシステム環境についての情報も収集してレポートします。
  • PHP エージェントは、PHP プロセス内で監視およびロードし、アプリケーションのパフォーマンス メトリックを収集します。 PHP エージェントは、インフラストラクチャ エージェントにデータを送信します。
  • インフラストラクチャ エージェントは、プローブ エージェントからメソッドの開始および終了イベントを受信し、タイミング データを収集して、メトリックを作成します。 インフラストラクチャ エージェントはメトリックとトランザクション追跡のスナップショットを作成して Enterprise Manager に送信します。
    インフラストラクチャ エージェントには、Java Runtime Environment (JRE)のローカル インストールが含まれており、これが使用されます。 1 つのインフラストラクチャ エージェントは、複数のエージェント拡張機能プローブ エージェントを処理できます。
管理者は、以下の手順を使用して、PHP プローブ エージェントと PHP インフラストラクチャ エージェントをインストールし、必要に応じて他のタスクを実行します。
以下の手順に従って、インストールを計画して開始します。
2
PHP エージェントのインストール前提条件の確認
PHP エージェント コンポーネントをインストールする前に、ご使用のシステムが以下の要件を満たしていることを確認します。
  • システム要件を確認します。
    製品互換性マトリックス」を参照してください。
  • PHP エージェント コンポーネントをインストールするシステムに少なくとも 500 MB の空きディスク容量があることを確認します。
  • サポート対象の Linux システムと Apache および PHP のサポート対象バージョンがインストールされていることを確認します。
サポートされているサーバ環境および PHP モード
以下の表に、いくつかのタイプの Web サーバでサポートされている PHP 実装タイプを示します。
Web サーバ タイプ
Apache (Prefork モード)
Apache (Worker MPM モード)
その他の Web サーバ
PHP 実装タイプ
mod_php
はい
いいえ
いいえ
mod_fastcgid と php-fpm (FastCGI)(PHP-FPM (FastCGI Process Manager)
はい
はい
はい
mod_fcgid と php-cgi
はい
はい
いいえ
PHP プローブ エージェントおよび Zend Thread Safety (ZTS)のサポートについては、CA サポートにお問い合わせください。
インフラストラクチャ エージェント ソフトウェアのダウンロード
PHP エージェントは、インフラストラクチャ エージェントの一部として提供されます。 インフラストラクチャ エージェントは、CA サポートで入手可能です。
以下の手順に従います。
  1. [Product Downloads (製品のダウンロード)]
    を選択します。
    [Download Management (ダウンロード管理)]
    ページが表示されます。
  2. CA Application Performance Management Agent
    」を検索します。
  3. [Product Downloads (製品のダウンロード)]
    をクリックしてから、フィルタ結果で用語「
    CA Application Performance Management PHP Agent MULTI-PLATFORM
    」を検索します。
    [Release (リリース)]
    10.7.0
    に、
    [Service Pack (サービス パック)]
    0000
    に設定されていることを確認します。
  4. CA Application Performance Management PHP Agent MULTI-PLATFORM
    」のリンクをクリックします。
  5. [Component (コンポーネント)]
    で、「
    Infrastructure Agent
    」を検索します。
  6. [Cloud (雲)]
    アイコンをクリックして、GEN500000000000822.tar ファイルをダウンロードし、それを任意の場所に保存します。
インフラストラクチャ エージェントのインストールおよび開始
  1. Infrastructure-Agent-<version>-UNIX パッケージ ファイルのコンテンツを、任意のインストール場所に抽出します。 オペレーティング システム コマンドを使用して、ファイルを抽出します。
    tar xf APM-Infrastructure-Agent-<version>-unix.tar.gz
  2. PhpExtension を有効にします。 <
    Install_Home
    >/apmia/extensions/Extensions.profile をテキスト エディタで開き、PhpExtension をプロファイルに追加します。
    introscope.agent.extensions.bundles.load=PhpExtension
    複数のモニタ エントリを指定する場合は、カンマで区切ります。
  3. 以下のインストール スクリプトを実行します。
    ./apmia-ca-installer.sh install
    Enterprise Manager は、インフラストラクチャ エージェントの接続に関する詳細をログにレポートします。
    インフラストラクチャ エージェントは、root、スーパー ユーザ、または通常のユーザとしてインストールできます。 インストール スクリプトによって、スクリプトを実行するユーザの crontab にエントリが生成されます。 スクリプトを実行する前に、ユーザに適切な crontab 権限があることを確認します。 crontab 権限を設定する方法については、オペレーティング システムのマニュアルを参照してください。
インフラストラクチャ エージェント ファイル
インフラストラクチャ エージェントでは、以下のファイルを使用します。
  • IntroscopeAgent.profile
    PHP エージェント プロファイルは、
    <
    Install_Home
    >/apmia/core/config
    ディレクトリに格納されています。
  • Extensions.profile
  • Extensions.profile
    ファイルは、
    <
    Install_Home
    >/apmia/extensions
    ディレクトリにあります。
  • bundle.properties
  • bundles.properties
    ファイルは、
    <
    Install_Home
    >
    /extensions/PhpExtension
    ディレクトリに格納されています。
    bundle.properties
    ファイル内のプロパティには、拡張機能に固有のプロパティを含めることができます。
    bundle.properties
    には、動的な(ホット)プロパティと制御された(コールド)プロパティの両方を含めることができます。 制御されたプロパティを有効にするには、アプリケーションの再起動が必要です。
  • ProbeBuilder ディレクティブ
    PHP エージェント PBD ファイルは、
    <
    Install_Home
    >
    /apmia/extensions/PhpExtension/directives
    ディレクトリに格納されています。 これらのファイルは、PHP エージェントがインスツルメントできる PHP メソッドおよびクラスを決定します。
    • PHP-toggles.pbd
    • PHP-common.pbd
    • PHP-sample.pbd
インストール方法の選択
PHP エージェントのインストールに使用する PHP エージェント インストーラ モードを以下の中から 1 つ指定します。
  • オプション引数を入力してコマンド ラインから PHP エージェントをインストールする場合は、サイレント モードを使用します。サイレント モードでは、コマンド ラインからエージェント インストーラを起動し、インストールの指示が含まれる入力を指定します。 サイレント モード インストーラは、バック グラウンドで実行されます。進捗状況に関する情報が表示されるため、ユーザの操作は必要はありません。 このインストール方法は、リモート コンピュータにエージェントをインストールしたり、同一の設定内容で複数のエージェントをインストールしたりするのに使用するのが最も一般的です。
  • ウィザード形式のインストーラを使用して PHP エージェントをインストールする場合は、対話型モードを使用します。
次の手順: 
または