不十分なトランザクション パフォーマンスの調査

重要なコンポーネントの平均応答時間と同様に、メトリック データは、そのコンポーネントを使用する顧客のエクスペリエンスに関する通知を行うことができます。 ただし、このデータは、パフォーマンスが異常に低速である原因を理解するためには役立ちません。 トランザクションが低速である場合、トランザクション追跡は X 線写真のように役立てることができます。表面的には表示されない詳細が示され、トランザクションがどこで時間を費やしたかを詳細に確認できます。 Application Performance Management (元々は Wily Introscope)は、個々のトランザクションへの深いインサイトを獲得するトランザクション追跡アプローチを開拓しました。 トランザクション追跡は、個別のトランザクションが以下のエージェント監視のアプリケーションを通過する際のアクティビティを監視します。 メトリック データは交通のボトルネックがどこにあるかを示しますが、トランザクション追跡は 1 台の車がどこで遅れ、どれほど時間がかかり、さらにはなぜそうなったかというエクスペリエンスについて示すことができます。 トランザクション追跡が格納されると、最初にトランザクションが発生した以降の詳細日時を表示することができます。
apmdevops106
重要なコンポーネントの平均応答時間と同様に、メトリック データは、そのコンポーネントを使用する顧客のエクスペリエンスに関する通知を行うことができます。 ただし、このデータは、パフォーマンスが異常に低速である原因を理解するためには役立ちません。 トランザクションが低速である場合、トランザクション追跡は X 線写真のように役立てることができます。表面的には表示されない詳細が示され、トランザクションがどこで時間を費やしたかを詳細に確認できます。 Application Performance Management (元々は Wily Introscope)は、個々のトランザクションへの深いインサイトを獲得するトランザクション追跡アプローチを開拓しました。 トランザクション追跡は、個別のトランザクションが以下のエージェント監視のアプリケーションを通過する際のアクティビティを監視します。 メトリック データは交通のボトルネックがどこにあるかを示しますが、トランザクション追跡は 1 台の車がどこで遅れ、どれほど時間がかかり、さらにはなぜそうなったかというエクスペリエンスについて示すことができます。 トランザクション追跡が格納されると、最初にトランザクションが発生した以降の詳細日時を表示することができます。
トランザクションの動作遅延や障害の検索
エクスぺリエンス ビューは、アナリストが有効なトランザクション追跡を検索して、調査するのに役立ちます。 アナリストは、[ビジネス トランザクション]タブで、トランザクション追跡のサマリと詳細を表示できます。 この情報は、トランザクション パフォーマンスを把握し、パフォーマンスが低下した際、その場所および原因を特定することでパフォーマンスの低下を解決できます。
以下の手順に従います。
  1. 左側のペインで、
    [エクスペリエンス ビュー]
    をクリックします。
    Experience ビューでは、個々のエクスペリエンス カードが表示されます。 各カードは、サマリを表示します。 赤色の項目は、遅延または障害が発生したトランザクションを表示しています。
    注:
    Experience ビューの詳細については、「Experience ビューを使用したパフォーマンスの監視」 を参照してください。
    マップから調査を開始することもできます。 左側のペインで
    [マップ]
    をクリックし、次の手順をスキップします。 マップの詳細については、「マップでのコンポーネント関係の表示」を参照してください。
  2. カードを参照し、対象のカードの
    ノートブック
    のアイコンをクリックします。
    [分析ノートブック]はエクスペリエンスの詳細を表示します。 関係フローに、選択したエクスペリエンスのトランザクション パスを表示します。 このマップは、発生したイベントのコンテキストを提供します。
  3. マップを分析し、問題または異常としてフラグが立てられたノード(コンポーネント)を特定します。
    - 赤い円は、コンポーネントが少なくとも 1 つの問題または異常のアクターであることを示しています。- 同心の赤い円は、コンポーネントが 1 つ以上の問題または異常の原因であることを示します。このコンポーネントは、アプリケーション環境においてパフォーマンスの低下の原因となる可能性があります。
  4. 個々のノードまたはノードのグループのいずれかをクリックします(最大 1,000 ノード)。 マップ内で
    [アプリケーション レイヤ]
    または
    [APM インフラストラクチャ レイヤ]
    を選択し、ホスト、エージェント、またはアプリケーションによって収集されたすべての追跡を確認します。
    コンポーネント図が表示され、正常な状態と不十分なトランザクションを表示します。
    コンポーネント図のヘルプを参照するには、ここをクリックしてください。
    コンポーネントの図は、最大 20 ノードを表示します。 コンポーネント図を使用すると、任意のノード間でライブまたは履歴のメトリックを比較できます。 コンポーネント図には、マップ内のすべてのコンポーネントで利用可能な多くのメトリック情報が含まれています。 図の下部にあるスイッチ オプション(点)を使用して、以下の情報を表示します。
    • 応答時間ヒストグラム: このヒストグラムは、正常および低品質なトランザクションについての 1 秒あたりの集約された平均応答時間を示します。 たとえば、追跡の数が増加または減少する場合など、棒グラフでは、簡単にデータを比較し傾向を識別できます。
    • 平均応答時間スパークライン: スパークラインは、任意のコンポーネントについて BlamePoint メトリックの時間的な変化の一般的な形状を示します。 スパークラインでは、タイムラインで選択されているアクティブな期間の情報が表示されます。 スパークラインの任意のポイント上にマウスを合わせると、数値が表示されます。
    • トランザクション量グラフ: この棒グラフは、トランザクション量のレベルを迅速に特定するのに役立ちます。 バーによって、ボリュームの傾向を簡単に識別することもできます。
    コンポーネントは
    [AFFECTED APPLICATION COMPONENTS (影響を受けるアプリケーション コンポーネント)]
    ペインで強調表示されます。
  5. ビジネス トランザクション
    ]タブをクリックします。
    サマリのリストには、タイムラインで選択されている範囲のコンポーネントに対応する追跡が表示されます。 推定コンポーネント(バックエンド、Web サービス、またはソケット)の追跡は、それらのトランザクションがエージェントによって監視されていない場合でも一覧表示されます。 追跡は継続時間を示し、色分けされています。 それぞれの色は、トランザクションに関連付けられている特性を示します。たとえば、赤はエラーを示します。 追跡の継続期間の通知により、問題のあるメソッドを識別できます。 追跡が予想外に長いと、トランザクションの速度低下を引き起こす可能性が高くなります。
    注:
    ライブ モードを使用すると、リストが自動的に更新されます。
    リストには、最大で 2,000 の追跡について以下の追跡情報が表示されます。
    URL
    -- このトランザクションを開始するために呼び出された URL、またはトランザクションを開始したコンポーネントへのパス
    名前
    --高レベルのコンポーネントの名前。例: Default
    タイムスタンプ
    -- 選択したコンポーネントの呼び出し開始時刻(エージェント ホスト コンピュータのシステム クロックに基づきます)
    継続時間
    --選択したコンポーネントの実行継続時間(ミリ秒単位)。
    追跡タイプ
    -- 追跡のタイプ: エラー、ストール、またはその他
    ユーザ ID
    -- トランザクションを実行しているログイン ユーザの ID
    この情報により、期間内のコールのシーケンスを理解し、パフォーマンスを評価できます。
    注:
    高深度可視性コンポーネントに関するすべての情報が取得できるわけではありません。
  6. 次の 1 つまたは複数のアクションを実行します。
    • ポップアウト ボタン
      ポップアウト ボタンでフル ビューを表示)をクリックして、フル ビュー ダイアログ ボックスでビューアを開きます。
      Esc
      キーを押して、ダイアログ ボックスを閉じます。
    • [追跡タイプ]
      ドロップダウン リストからオプションを選択し、特性で追跡を分類します。 追跡は、以下のような複数の特性を持つことができます。
      エラー
      : エラー特性を含むトランザクション追跡を返します。 エラーは JVM または HTTP のエラー コードによってレポートされた例外です。 たとえば、エラーには HTTP エラー ステータス、SQL 例外、または Java 例外が含まれます。 [追跡タイプ]が[標準]で、エラーが自動トランザクション追跡をトリガした場合、コンポーネントはエラーとして表示され、エラー合計にカウントされます。 トランザクション追跡にエラー スナップショットが含まれている場合、2 つのトランザクション追跡が一覧表示されます。
      - 継続時間を含む追跡
      - 継続時間を含まない追跡(N/A)。これはエラー スナップショットを示します
      したがって、赤いトランザクション(エラー)にエラー スナップショットが含まれる場合、2 つのトランザクションが一覧表示されますが、マップには 1 つのカウントが表示されます。
      ストール
      : エラー メッセージが
      Stalled Transaction
      のトランザクション追跡を返します。 ストールは、しきい値で指定された時間内に完了していないトランザクション(トランザクションのコンポーネント)です。 トランザクション追跡にストールが含まれている場合、2 つのトランザクション追跡が一覧表示されます。
      - 継続時間を含む追跡
      - 継続時間を含まない追跡(N/A)。これはストールを示します。
      したがって、2 つのトランザクションが一覧表示されますが、マップ ビューには 1 つのカウントが表示されます。
      その他
      : エラーまたはストールを含む追跡以外のすべてのトランザクション追跡を返します。 薄いオレンジ色 差異分析 orange.png は、トランザクションに制御されていない差異があるというアラートが差異分析によってトリガされたことを示します。
    • カラム ヘッダ
      をクリックします。
      リストは、
      ユーザ ID
      など、カラムのタイプの順で追跡を並べ替えます。 追跡タイプについては、カラム ヘッダをクリックしても並べ替えできません。
      注:
      ユーザ ID は、各行のトランザクションを実行しているログイン ユーザの ID です(この情報を取得するように設定されており、この情報が取得可能な場合に表示されます)。
  7. 個々のコンポーネントおよび追跡データを検査します。 コール シーケンスおよびコード内を参照して、問題の原因を特定できます。
詳細: