aws (Amazon Web サービスの監視)

Amazon Web サービス(AWS)は、分散された IT インフラストラクチャを複数の組織に提供します。 AWS クラウドにアカウントを作成できます。IT インフラストラクチャの要件に合わせてそのサービスを使用できます。 AWS のさまざまな機能には、ストレージ、Web スケールのコンピューティング、データベース アクセス、およびメッセージングなどがあります。 Amazon Web サービス モニタリング(aws)プローブは、AWS クラウドで利用可能なサービスのヘルスとパフォーマンスをリモートでモニタします。 このプローブでは、AWS ユーザ アカウントをモニタできます。このプローブは AWS CloudWatch からすべてのサービス データを取得します。 プローブは Quality of Service (QoS)データを生成して、可用性ステータス アラームを発行します。
uimpga-ga
Amazon Web サービス(AWS)
は、分散された IT インフラストラクチャを複数の組織に提供します。 AWS クラウドにアカウントを作成できます。IT インフラストラクチャの要件に合わせてそのサービスを使用できます。 AWS のさまざまな機能には、ストレージ、Web スケールのコンピューティング、データベース アクセス、およびメッセージングなどがあります。 Amazon Web サービス モニタリング(aws)プローブは、AWS クラウドで利用可能なサービスのヘルスとパフォーマンスをリモートでモニタします。 このプローブでは、AWS ユーザ アカウントをモニタできます。このプローブは AWS CloudWatch からすべてのサービス データを取得します。 プローブは Quality of Service (QoS)データを生成して、可用性ステータス アラームを発行します。
また、このプローブでは、異なる地理的な地域に基づいて AWS サービスを表示することもできます。 特定の AWS リージョンおよびサービスをディスカバリとモニタリングに含めたり、それらから除外したりすることで、API の使用率を最適化できます。 詳細については、「aws AC 設定」を参照してください。
Cloudtrail ログを取得し、解析して、AXA Kafka に送信するようにこのプローブを設定できます。 AXA Kafka トピックに送信される Cloudtrail ログ データは、Jarvis にプッシュするために Logparser によって使用されます。 詳細については、「aws AC 設定」を参照してください。
Amazon は、AWS サービスのモニタリングのためにプローブが使用する AWS アカウントに課金します。 さまざまな AWS サービスをモニタするようにプローブを設定する際に、請求コストを検討することをお勧めします。
サポートされている AWS サービス
プローブは、以下の AWS サービスのモニタを提供します。
  • 地理的なサービス ヘルス: プローブは、すべての地理的位置の AWS サービスの全体的なヘルス ステータスをモニタします。 すべての AWS サービスのステータスに基づいてアラームのメッセージが生成されます。 AWS バージョン 4.10 以降から QoS メッセージを生成することもできます。
  • AWS Auto Scaling: この AWS サービスでは、さまざまな EC2 インスタンスを 1 つのグループに蓄積できます。 プローブは、グループ レベルでインスタンスのステータスをモニタします。
  • AWS Billing and Cost Management: この AWS サービスでは、推定課金をモニタできます。 プローブは、以下の AWS サービスの推定課金に関する QoS およびアラームのメッセージを生成します。
    • DynamoDB
    • Elastic Compute Cloud (EC2)
    • ElastiCache
    • Lambda
    • Relational Database Service (RDS)
    • Route 53
    • Simple Notification Service (SNS)
    • Simple Queue Service (SQS)
    • Simple Storage Service (S3)
  • Amazon DynamoDB: この AWS サービスは、予測可能なパフォーマンスを実現する拡張可能な分散 NoSQL データベース サービスです。 プローブは、データベースのパフォーマンスとデータベースの操作の両方に基づく QoS およびアラームのメッセージを生成します。
  • Amazon EC2 Container Service (ECS): この AWS サービスでは、Amazon EC2 インスタンスのクラスタで Docker コンテナを実行、停止、および管理できます。 プローブは、さまざまな EC2 クラスタとサービスのパフォーマンスに基づく QoS データおよびアラームのメッセージを生成します。
  • Amazon Elastic Block Storage (EBS): この AWS サービスは、EC2 インスタンスのスケーラブルなストレージ ボリューム機能を提供します。 プローブは、ストレージ ボリュームで実行される操作に基づく QoS データおよびアラームの メッセージを生成します。
  • Amazon Elastic Compute Cloud (EC2): この AWS サービスは柔軟な Web スケールのコンピューティング インターフェースを提供します。 プローブは、さまざまな EC2 インスタンスのパフォーマンスに基づく QoS データおよびアラームのメッセージを生成します。
  • AWS Elastic Load Balancing (ELB): この AWS サービスでは、利用可能な複数の EC2 インスタンス間でさまざまなアプリケーションから送信されるトラフィックをルーティングできます。 プローブは、グループ レベルで ELB レイヤをモニタします。 プローブは、ELB レイヤのステータスに基づく QoS およびアラームのメッセージも生成します。
  • Amazon ElastiCache: この AWS サービスは、拡張可能なキャッシュ メモリに一時データを格納するオプションを含む AWS インスタンスを提供します。 プローブは、キャッシュへのアクセスで消費される時間に基づく QoS およびアラームのメッセージを生成します。 プローブは、保存されたデータの量、およびデータの取得にかかる時間についてのメッセージも生成します。
  • AWS Lambda: この AWS サービスは、拡張可能なオンデマンドのコードを自動的に実行することを可能にします。 プローブは、AWS Lambda 計算サービスのパフォーマンスに基づく QoS データおよびアラームのメッセージを生成します。
  • Amazon リレーショナル データベース サービス(RDS): この AWS サービスは、クラウド ネットワークに格納されているリレーショナル データベースを管理します。 AWS-RDS は、多くのデータベース管理タスクを処理して、ユーザがデータベースのセットアップや拡張などの他の操作を実行できるようにします。 プローブは、システム メトリクスとデータベース操作に基づく QoS データおよびアラームのメッセージを生成します。
  • Amazon Route 53: この AWS サービスは、可用性と拡張性の高いドメイン ネーム システム (DNS) を提供します。 プローブは、サービスの可用性ステータスおよびネットワーク パフォーマンスに基づく QoS およびアラームのメッセージを生成します。
  • AWS Simple Notification Service (SNS): この AWS サービスでは、通知メッセージを管理できます。 通信チャネル経由でパブリッシャが通知を送信して、サブスクライバが通知を受信します。 プローブは、通信チャネルをモニタして、通知ステータスに基づく QoS およびアラームのメッセージを生成します。
  • AWS Simple Queue Service (SQS): この AWS サービスでは、メッセージ キューを使用して他のサービスにデータを送信できます。 このプローブでは、QoS 生成のメッセージ キュー プロパティを設定できます。
  • Amazon Simple Storage Service (S3): この AWS サービスは、インスタンスのモニタリングデータを取得および格納するためのインターフェースを提供します。 プローブは、これらの操作に費やされた時間に基づく QoS およびアラームのメッセージを生成します。
  • AWS のカスタム メトリクス: AWS はそのすべてのサービスでいくつかのデフォルトのメトリクスを提供します。 カスタマイズされたメトリクスを作成および設定できます。 これらのメトリクスを必要に応じて表示またはモニタできるように AWS CloudWatch に保存できます。 このプローブでは、QoS 生成のカスタム メトリクスを設定できます。