log_monitoring_service (ログ モニタリング サービス)

log_monitoring_service プローブは、CA Analytics Datastore (Jarvis)に格納されているログ データに対して定期的にクエリを実行して、事前定義済みのクエリに基づいて通知を生成します。 モニタリング サービスは、事前定義済みのスケジュールで Jarvis にクエリを実行し、次の情報を出力します。
uimpga-ga
log_monitoring_service プローブは、CA Analytics Datastore (Jarvis)に格納されているログ データに対して定期的にクエリを実行して、事前定義済みのクエリに基づいて通知を生成します。 モニタリング サービスは、事前定義済みのスケジュールで Jarvis にクエリを実行し、次の情報を出力します。
  • 一致する項目の数を示す Match_Count メトリクス
  • 一致する数が事前定義済みのしきい値を超えた場合のアラーム
  • 一致したログの行のサンプルが含まれるアラーム(サンプル行の数は設定可能)
1 つまたは複数のプロファイルを作成することができます。 各プロファイルに含まれているクエリは、特定のログ タイプおよび間隔で実行されます。 たとえば、Apache のアクセス ログに対して「response_time:[10 TO *] AND url:*ServiceDesk*」が 5 分間隔でスケジュールされたとします。 UIM 電子メール ゲートウェイ(emailgtw)プローブを使用してログ モニタリング サービスのアラームを電子メールとして転送したり、SNMP ゲートウェイ(snmpgtw)プローブを使用してログ モニタリング サービスのアラームを SNMP 通知として転送したりすることもできます。
IM GUI を使用した設定はサポートされていません。