ハブのベスト プラクティス

v7.6
uimpga-ga
v7.6
ほとんどのハブは管理者による介入がほとんど、またはまったくなくても十分にタスクを実行しますが、さまざまな設定を変更することによってパフォーマンスと操作性をさらに高めることができます。
トンネル
  • SSL セッションをキャッシュすると、サーバ/クライアントの接続時間が著しく向上する可能性があります。
  • 機能しないトンネルが操作に大きな影響を与える場合は、接続が失われた場合または接続できない場合に送信されるアラームのレベルを高くします。
これらの設定は、アドミン コンソールのハブ設定 GUI の
[詳細]
-[トンネル設定]ノードにあります。
キュー
  • ゲット キューまたはポスト キューのサイズがゼロに縮小しない場合、または常に多くのメッセージが存在する場合は、キューの
    バルク サイズ
    を増やします。 これにより、ハブは 1 つのパケットで複数のメッセージを転送できるようになります。