SpectroSERVER パフォーマンス管理

内容
casp1032
非常に動的な IT 環境において、システムの容量の監視および
DX NetOps Spectrum
展開の最適化は、一度だけ行えば済むタスクではありません。 大規模な環境(監視対象デバイスの数が 1,000 を超える環境)で
DX NetOps Spectrum
が最適な動作を維持するには、標準の定期的な確認が必要です。 数年にわたる
DX NetOps Spectrum
のテストとサポートの経験からパフォーマンスとチューニングのベスト プラクティスを導き出し、吟味して最新情報をまとめています。ドキュメントのマニュアル選択メニューから、「」を参照してください。
また、
DX NetOps Spectrum
には自己監視機能があります。 OneClick クライアント アプリケーションを使用すると、ネットワーク管理者は
DX NetOps Spectrum
管理ネットワークの監視とトラブルシューティングを行うことができます。 OneClick インターフェースの[パフォーマンス]タブは、ほとんどのネットワークおよびデバイスのモデルをサポートします。 特定のデバイスの CPU およびメモリの使用量を分析するためにこのタブを使用できます。
SpectroSERVER
を表す VNM モデルについては、パフォーマンスを監視する堅牢なアプリケーションもあります。 パフォーマンス ビューでは、
DX NetOps Spectrum
管理者は
SpectroSERVER
のパフォーマンスおよびシステム リソース使用率を監視できます。 パフォーマンスの問題を識別し、適切な是正処置を決定するために、パフォーマンス ビューを使用します。 [パフォーマンス ビュー]を展開するユーザ アカウントには、Performance Monitor 権限が必要です。
システム コンポーネント モニタリング
コンピュータ システムはそれぞれ 4 つの主要コンポーネント(ディスク、ネットワーク、メモリ、および CPU)から構成されています。
DX NetOps Spectrum
システムが正常に動作するように、これらのコンポーネントの 1 つ以上を調整して、ボトルネックを排除できます。
パフォーマンス ビューには、ボトルネックの検出と特定に役立つ、以下の 2 つの機能が用意されています。
  • パフォーマンスに影響を与える可能性のあるシステム コンポーネントおよび
    SpectroSERVER
    アクティビティに関する情報を提供する一連のタブ。 [メイン]タブでシステム全体およびネットワーク アクティビティをひとめでチェックできます。
  • 24 時間、
    SpectroSERVER
    リソースに関するレポートを実行できるヘルス レポート機能。
分散
SpectroSERVER
環境では、パフォーマンス ビューの焦点を
SpectroSERVER
間で切り替えることができます。
詳細については、「パフォーマンス ビューの概要」および「ユーザ インターフェースの概要」を参照してください。
パフォーマンス データ分析
多くの場合、パフォーマンス ビュー内の情報によって、パフォーマンス問題の原因が特定されます。 たとえば、[CPU]タブには、最も高い割合の CPU 時間を現在使用している 10 個のプロセスがリストされます。 ただし、問題またはボトルネックが正確に何によって構成されているかは、使用している
DX NetOps Spectrum
システムの固有の設定と、ネットワーク管理の優先度によって決まります。
パフォーマンスの問題と是正処置の特定に関するガイドラインについては、「SpectroSERVER のパフォーマンスの評価」を参照してください。 また、パフォーマンス データの分析が記載されたヘルス レポートを実行することもできます。 詳細については、「ヘルス レポートの実行」を参照してください。