モデリング ゲートウェイ ツールキット

casp1032
DX NetOps Spectrum
Modeling Gateway Toolkit を使用して、
DX NetOps Spectrum
との間でネットワーク トポロジ データをインポートまたはエクスポートできます。 このツールキットには、XML エレメントと属性を定義する文書型定義(DTD)が含まれています。 また、
DX NetOps Spectrum
構文、およびインポートまたはエクスポートする情報を定義するリソース ファイルも含まれています。
トポロジのインポートでは、DTD エレメントを使用すると、デバイス、ポート、およびネットワークの接続を説明する XML ファイルを作成できます。 この XML ファイルでは、
DX NetOps Spectrum
での新しいトポロジ データの作成、既存のデータの更新、または正しくなくなったデータの破棄を行うことができます。 さらに、XML 構文で使用されるエレメントと属性は、ほとんどの統合のニーズに合わせて拡張およびカスタマイズできます。
また、ツールキットでは、カンマ区切りの ASCII テキスト ファイルを使用して、フレーム リレー接続または ATM 接続をインポートできます。 前に説明した XML 機能を使用して、この接続情報をインポートすることもできます。
ネットワーク トポロジ データが に存在していれば、手動またはディスカバリで作成される他のモデルのように、これらのデバイスを管理できます。
DX NetOps Spectrum
インポートの結果は、各インポートに関する診断情報と共に確認できます。
Modeling Gateway Toolkit では、XML ファイルを使用して、
DX NetOps Spectrum
からトポロジ情報および設定をエクスポートすることもできます。 この情報は、Modeling Gateway を介して、指定された
SpectroSERVER
にインポートできます。
動的なネットワーク トポロジ情報による
DX NetOps Spectrum
の継続的な生成は、以前は困難なタスクでした。 ディスカバリと手動モデリングは、変化する環境で必要な定期的な更新に適していません。 また、ディスカバリを使用したモデリング接続も、さまざまな物理インフラストラクチャ(これらの環境内にあるものなど)では課題となることもあります。
  • ケーブル MSO (マルチサービス オペレータ)
  • ATM (非同期転送モード)
  • フレーム リレー
  • ワイヤレス デバイス
セキュア ドメインにあるデバイスで Modeling Gateway を使用する場合、セキュア ドメインの属性の詳細をインポートに追加して、Modeling Gateway が対象となるモデルを検索してセキュア ドメインを検出できるようにする必要があります。 通常、デバイスは IP アドレスだけで参照できます。
例: (Device ip_dnsname="x.x.x.x" secdomain_ipname="y.y.y.y")
10.2.1 Modeling Gateway ファイル(SNMPv3 プロファイルを含む)が 10.4.1 にインポートされると、SpectroSERVER がクラッシュし、応答が停止します。 回避策としては、このシナリオをサポートするために、最初に 10.2.3 以降のリリースにアップグレードする必要があります。
ワールドおよびオーガニゼーション ビューのモデリング ゲートウェイ エクスポートおよびインポート サポート
10.3 では、
World
および
Top_Org
モデル用に、モデリング ゲートウェイ経由で xml ファイルをエクスポートおよびインポートする標準の方法をサポートしています。 このサポートは、10.3 からそれより上のバージョンに移行する場合に役立ちます。
デフォルトでは、「RootContainderToExport」の値は「
Universe
」です。
ワールド
ビューのモデルをエクスポートする方法
  1. $SPECROOT/SS-Tools\modelinggatewayresource.xml ファイルで、RootContainerToExport 値を「
    World
    」に変更します。
オーガニゼーション
ビューのモデルをエクスポートする方法
  1. $SPECROOT/SS-Tools\modelinggatewayresource.xml ファイルで、RootContainerToExport 値を「
    Top_Org
    」に変更します。
ワイヤレス デバイスの Modeling Gateway サポート
10.1 以降では、ワイヤレス デバイスのトポロジ データと設定を
DX NetOps Spectrum
との間でインポートおよびエクスポートできます。 ただし、AccessPoint のデバイスは、Modeling Gateway Toolkit ではサポートされていません。
AccessPoint デバイスを検出してモデリングするには、次の手順のようにします。
  1. Modeling Gateway Toolkit
    を使用して、関連するカンマ区切りの ASCII テキスト/XML ファイルをインポートします。
  2. [エクスプローラ]ビュー >[WLC マネージャ]>[情報]タブ >[設定]
    サブビュー
    >[アクセス ポイント ディスカバリ:]
    に移動し、
    [実行]
    をクリックします。
WLC Manager_info.png
既存のすべてのアクセス ポイント(
AP
)は、対応する
[WLC デバイス]
の下に作成されます。
DX NetOps Spectrum
Modeling Gateway は、これらの問題に対する効果的なソリューションです。