WLC マネージャのエクスプローラ階層

WLC デバイスが検出されると、以下の図に示すように、モデルは対応するベンダーのフォルダの[WLC マネージャ]の下に作成されます。 [エクスプローラ]ビュー >[ランドスケープ]>[WLC マネージャ]>[ナビゲーション階層]に表示されるように、すべてのアクセス ポイントは[WLC マネージャ階層]の対応する[WLC デバイス]に作成されます。
casp1032
WLC デバイスが検出されると、以下の図に示すように、モデルは対応するベンダーのフォルダの[
WLC マネージャ
]の下に作成されます。
[エクスプローラ]ビュー >[ランドスケープ]>[WLC マネージャ]>[ナビゲーション階層]
に表示されるように、すべてのアクセス ポイントは[WLC マネージャ階層]の対応する[WLC デバイス]に作成されます。
WLC Hierarchy.png
初期ディスカバリ中に
[ディスカバリ コンソール]
>
[モデリング オプション]
[ワイヤレス アクセス ポイントの作成]
を有効にしなかった場合、または
[IP でモデルを作成]
オプションを使用した場合、アクセス ポイント
(AP)
は検出されません。
上記の手順を実施せずに(以下に示すように)[WLC マネージャ]から AP をモデリングするには、以下を実行します。
  1. [エクスプローラ]ビュー >[WLC マネージャ]>[情報]タブ >[設定]
    サブビュー
    >[アクセス ポイント ディスカバリ:]
    に移動し、
    [実行]
    をクリックします。すべてのアクセス ポイント
    (AP)
    は、対応する
    WLC デバイス
    の下に作成されます。
WLC Manager_info.png
以下のアクションのいずれかを実施する場合、影響を受ける WLC デバイスを Spectrum で再モデリングする必要があります。
  • [WLC マネージャ]
    のベンダー レベルでの削除操作
  • [WLC マネージャ]
    >
    [ベンダー レベル]
    の WLC / コントローラ レベルでの削除操作
10.1 より前でモデリングされた Cisco ワイヤレス コントローラ デバイスは、アップグレード後に
[WLC マネージャ]
の下に自動的に関連付けられます。
モデリングされた CISCO WLC デバイスがアップグレード中がダウンすると、Spectrum はアップグレード後にデバイスのベンダを認識しません。 このデバイス モデルは[WLC マネージャ]>
[その他]
ベンダー フォルダに保持されます。
アクセス ポイントを検出して関連付けるには、
[エクスプローラ]ビュー >[WLC マネージャ]>[情報]タブ >[設定]
から「
アクセス ポイント ディスカバリ
」を実行します。 上記の図を参照
Aruba コントローラのエクスプローラ階層
Aruba WLC デバイスが検出されると、以下の図に示すように、モデルは対応するベンダーのフォルダの
[WLC マネージャ]
の下に作成されます。
[エクスプローラ]ビュー >[ランドスケープ]>[WLC マネージャ]>[ナビゲーション階層]
に表示されるように、すべてのアクセス ポイントは[WLC マネージャ階層]の対応する WLC デバイスの下に作成されます。 Aruba WLC アーキテクチャはマスター - ローカル設計に従っているため、階層は Cisco WLC および AP 階層と少し異なります。
Explorer Aruba Hierearchy 2.png