Extension Integration (SEI)開発者ガイド

sp Extension Integration Developer ツールキット(SEI ツールキット)を使用すると、sp 拡張モジュールを整理およびパッケージ化して、他の sp ホストにインストールおよび統合できます。 拡張モジュールは、sp 製品の機能を拡張するソフトウェアのセットです。 拡張モジュールには 3 つの基本的なタイプがあります。
casp1032
DX NetOps Spectrum
Extension Integration Developer ツールキット(SEI ツールキット)について
DX NetOps Spectrum
Extension Integration Developer ツールキット(SEI ツールキット)を使用すると、インストールおよび統合用の
DX NetOps Spectrum
拡張モジュールを、他の
DX NetOps Spectrum
ホストに整理およびパッケージ化することができます。
拡張モジュール
は、
DX NetOps Spectrum
製品の機能を拡張するソフトウェアのセットです。 拡張モジュールには 3 つの基本的なタイプがあります。
  • Core Components
    標準的な
    DX NetOps Spectrum
    機能を提供します。 CA は、コア コンポーネントの独占的な開発者です。
  • 管理モジュール
    DX NetOps Spectrum
    を拡張してさまざまなネットワーク デバイスの管理します。 CA は多数の共通ネットワーク デバイス用の管理モジュールを提供していますが、ほぼ毎日市場に登場する新しいすべてのネットワーク デバイス用の管理モジュールを提供することは不可能です。 このため、
    DX NetOps Spectrum
    付加価値再販業者(VAR)およびデバイス ハードウェア製造者は、多くの場合、CA の標準管理モジュール スイートに含まれていないネットワーク デバイス用の
    DX NetOps Spectrum
    管理を提供する管理モジュールを開発および販売しています。
  • 外部アプリケーション
    DX NetOps Spectrum
    と連携してユーザビリティを向上させます。 外部
    DX NetOps Spectrum
    アプリケーションを開発できますが、ほとんどありません。
このセクションでは、主に管理モジュールの開発における SEI ツールキットのアプリケーションに焦点を当てます。 SEI ツールキットは、レベル 1 ツールキットであり、CA によって提供される開発者ツールキットのスイートの一部です。これによって、
DX NetOps Spectrum
管理モジュールの開発と配布が容易になります。 管理モジュール開発のコンテキストでは、SEI ツールキットを使用して以下を実施することができます。
  • 新しく開発された管理モジュールのパッケージ化およびインストールのテスト
  • ある
    DX NetOps Spectrum
    ホストからその他のホストへの管理モジュールの伝達
  • 外部の
    DX NetOps Spectrum
    ホストでのインストール用の管理モジュールのパッケージ化 たとえば、新しいネットワーク デバイス用の管理モジュールを開発し、SEI ツールキットを使用して、顧客への販売および配布用にこれらの管理モジュールをパッケージ化します。 顧客は、既存の
    DX NetOps Spectrum
    ホストへパッケージ化された管理ジュールをインストールすることができます。これによって、
    DX NetOps Spectrum
    が新しいネットワーク デバイスを管理することができます。
管理モジュールが SEI ツールキットを使用して配布されていない限り、CA はそのモジュールを認定またはサポートしません。