修正済みの問題

修正済みの問題
nfa1000
2
DX NetOps
10.0.4 で修正済みの問題
障害 ID
サポート ケース
症状
解決方法の説明
DE427109、DE401883
1260915
10.0.1 へのアップグレード後のログの AD エラー
無効なデータ長が設定されたカスタム ストレージ エンジンの不適切なテンプレートを処理するようにコードを変更しました。
DE449372
20325365
NFA の[インターフェースの有効化]ページからデバイスを削除しても、そのデバイスは NFA が接続されている CAPC から削除されません。
NFA UI の[インターフェースの有効化]ページからデバイスを削除すると、そのデバイスは NFA がに接続されている CAPC から(そのインターフェースと共に)削除されます。
DE431573
20064968、20019669
Harvester にルータを追加した後に、「期待フロー シーケンスは null にできません」という例外が harvester ラッパー ログ ファイルに記録される場合があります。
問題の根本原因に対処したため、「期待フロー シーケンスは null にできません」という例外は Harvester ラッパー ログ ファイルに記録されなくなります。
DE424445
20023828
15 単位間隔データをロードしているときに、データベース ファイルが ReaperArchive15 ディレクトリで無効になっていると、NQMysql サービスがクラッシュします。
Netqos NQMysql サービス クラッシュを解決して 15 単位間隔データが正常にロードされるようにコードを変更しました。
DE454079
31830273
Odata API には signed int 32 となる ifindex タイプがありますが、標準に従ってインターフェースの ifindex を unsigned int 32 にできます。
Odata がルータの ifindex を処理する方法を変更しました。
DE441128
20101447、20283369
FLT ファイルの処理速度が遅すぎます。
reporter.routers テーブルでインデックスを追加する列の数を少なくし、.flt ファイルの処理に関与するクエリを最適化して少数にしました。
DE439463
20107064、31829166
インターフェースとルータを削除する際に Odata API が reporter テーブルと harvester テーブルで削除クエリを実行し、さらに reporter.interfaces テーブルからインターフェースを削除する際に interaceid ではなく agentid を送信します。
delete interface odata api および router delete odata api を、その操作中に誤ったインターフェースが reporter.interfaces テーブルから削除されないように変更しました。
DX NetOps
10.0.3 で修正済みの問題
障害 ID
サポート ケース
症状
解決方法の説明
DE433457
20064513
IIS で Web ページが機能しません。「X Content-type-Options」の値を「nosniff」に設定しても、コンソールのカスタム レポート pdf にロゴが表示されません。
「X Content-type-Options」の値を「nosniff」に設定し、画像形式を jpg から gif に変更してください。 これでレポートに nosniff でロゴが表示されるようになります。
DE428904
20050972
[インターフェースの有効化]ページからルータを削除すると、すべての Harvester からルータが削除されます。
対応する Harvester からのみルータを削除するようにコードを変更しました。
DE427756
20037583
入力インターフェースがゼロ以外の場合でも、入力インターフェースに出口マルチキャスト データが表示されません。
入力インターフェースがゼロ以外の場合でも、入力インターフェースに出口マルチキャスト データが表示されるようになりました。
DE413121、DE424390
01336769、20022801
一部のデバイスが自動的にリフレッシュされません。
デバイスには、定期的にリフレッシュされるように適切に優先度が設定されます。
DE435729
20077629
Merge Interface REST API が 2 つのインターフェースをマージする際に「開始時刻と終了時刻は利用できません」というレスポンスを返します。
2 つのインターフェースをマージする際に適切なレスポンスを返すようにコードを変更しました。
DE436715
20090739
プライバシー プロトコルが AES256_3DES である場合、CA PM でのフル同期中に SNMP プロファイルの値が変更されます。
プライバシー プロトコルが AES256_3DES である場合、CA PM とのフル同期後に正しい値が表示されるようにコードを変更しました。
DE433120
20105234
Linux で、Harvester のインストール後に reaper サービスが停止します。 reaper は、Windows のライン エンコーディングが原因で、ini ファイルから不正な DB パスワードを読み取ります。
修正の一環として、dos2unix コマンドを DBUsers\ReporterAnalyzer.ini ファイルに適用しました。
DX NetOps
10.0.2 で修正済みの問題
障害 ID
サポート ケース
症状
解決方法の説明
DE405363
01259410
Huawei デバイスの場合、インターフェース速度などの SNMP 情報が[インターフェースの有効化]ページに表示されません。
Huawei デバイスの場合も、SNMP 情報が[インターフェースの有効化]ページに表示されるようになりました。
DE415974
01352611
  • netflow からのマスク値が 128 より大きいと、Harvester サービスが受信フローの処理を停止します。
  • netflow から ::ffff:xx.xx.xx.xx (ipv4 でマップされた ipv6 アドレス)のような srcIpv6/dstIpv6 ホスト アドレスを受信すると、Harvester サービスが受信フローの処理を停止します。
Harvester サービスは正常に動作し、すべての受信フローを処理します。
DE343953
00957440、00931541、00960805、00960786
複数のレポートを同時に実行していると、クエリ サービスがクラッシュします。
レポートは、クエリ サービスをクラッシュすることなく同時に実行できるようになりました。
DX NetOps
10.0.1 で修正済みの問題
障害 ID
サポート ケース
症状
解決方法の説明
DE343953
00931541、00957440、00960786、00960805、00951251、01126402、01255217
カスタム レポートで ToS グループ フィルタを使用すると、レポート ステータスとして「ベースライン計算を完了できませんでした」というエラーが返されて失敗します。
レポートは、エラーになることなく正常に完了します。
DE408219
01313998
カスタム レポートに ToS グループ フィルタを適用できないため、関連性のない結果がレポートに表示されます。
適用した ToS グループ フィルタに関連する結果がレポートに表示されるようになりました。
DE394610
01224491
[カスタム レポート]タブのステータス メッセージにユーザのタイム ゾーンが適用されません。
[カスタム レポート]タブのステータス メッセージに、ユーザのタイム ゾーンに関連する日付と時刻が表示されるようになりました。
DE416011
01350365
[Anomaly Detector]タブの[収集ソース]にデータがロードされません。
[Anomaly Detector]タブの[収集ソース]に適切なデータが表示されるようになりました。
DX NetOps
10.0.0 で修正済みの問題
障害 ID
サポート ケース
症状
解決方法の説明
DE320627
00861196/ 00869246
ルータ リフレッシュ検出で、データが依然として古いインターフェースを指しています。
ルータ リフレッシュ検出で、データは新しいインターフェースを指します。
DE360946
01012887
CSV へのエクスポート時に、カスタム レポート内のホスト サマリ ボリュームの列ヘッダが列に一致しません。
CSV へのエクスポート時に、カスタム レポート内のホスト サマリ ボリュームの列ヘッダが列に一致します。
DE364215
01083039
インターフェース リストを展開していると、カスタム レポートの[インターフェース フィルタの追加]ページで検索が正常に機能しません。
インターフェース リストを展開している場合でも、検索が正しく動作します。
DE364955
01087939
CSV へのエクスポート時に、列ヘッダがプロトコル レポートに一致しません。
CSV へのエクスポート時に、列ヘッダはプロトコル レポートに一致します。
DE367156
01101644
物理インターフェースおよび仮想インターフェースのページで、[インターフェースの有効化]のロードに時間がかかります。
物理インターフェースおよび仮想インターフェースのページで、[インターフェースの有効化]がすばやくロードされます。
DE369513
01111560
[フロー統計]ページに、ルータの再起動数が実際よりも多く表示されます。
[フロー統計]ページに、ルータの再起動数が正しく表示されます。
DE369591
01113363
AdminTrapsInitial.asp ページがスクリプティング攻撃に対して脆弱です。
このフィールドは、スクリプティング攻撃を回避するために暗号化されるようになりました。
DE373591
01132632
RIB クエリが失敗するため、CA PC の通信グラフがエラーになります。
通信グラフは、CA PC で適切にロードされます。
DE381174
01108921
CA NFA 内のグラフに、Viptela デバイスのデータが高めのレートで表示されます。
Viptela デバイスのデータは正しく表示されます。
DE386567
01195069
CA NFA がルータに適切なサンプリング率を検出しなくなりました。
CA NFA は、ルータに適切なサンプリング率を検出して適用します。
DE391191
01070997
データ ギャップが[フロー統計]ページに表示されます。
データ ギャップは表示されなくなりました。
DE394250
01245443
CA NFA 9.5.0 では、一部のルータのデータ量が CA NFA 9.3.8 の同じルータと比較して少なくなっています。
CA NFA にすべてのルータのデータが正しく表示されます。