Data Repository のハートビート監視プロセス

ハートビート監視プロセスは、Data Repository が実行中かどうかを 10 秒ごとに確認します。 ハートビート プロセスが、データベースが実行中であることを 5 分間確認できない場合、Data Aggregator はシャットダウンします。 監査メッセージは DA_installation_directory/apache-karaf-<vers>/shutdown.log ファイルに記録されます。
capm270
ハートビート監視プロセスは、Data Repository が実行中かどうかを 10 秒ごとに確認します。 ハートビート プロセスが、データベースが実行中であることを 5 分間確認できない場合、Data Aggregator はシャットダウンします。 監査メッセージは
DA_installation_directory
/apache-karaf-<
vers
>/shutdown.log ファイルに記録されます。
クラスタ環境では、10 秒ごとにクラスタ内のすべてのノードの可用性が継続的に確認されます。 5 分以内にノードにアクセスできない場合、
DX NetOps Performance Management
はイベントを生成し、ログに記録します。 監査メッセージは
DA_installation_directory
/apache-karaf-<
vers
>/shutdown.log ファイルに記録されます。
失敗した Data Repository ノードがプライマリ ノードである場合、Data Aggregator は次に利用可能なノードに自動的に切り替えます。
DX NetOps Performance Management
はイベントを生成し、ログに記録します。
高可用性フェールオーバ中に発生する特定の管理機能は中断され、失敗します。 1 つのポーリング サイクルが失われます。 これらの機能は、Data Repository がクラスタ環境内の別のノードに接続した後でも再開しません。 Data Repository がクラスタ環境内の別のノードに接続した後に実行する管理機能は、設計どおりに動作します。
複数の Data Repository ノードが失敗した場合、Data Aggregator はシャット ダウンします。
起動時に Data Repository に接続できない場合、Data Aggregator は自動的にシャット ダウンします。