Performance Center Web サイト設定の更新

Single Sign-On 設定ツールでは、npc Web サイトおよび Web サービスのデフォルト設定を変更できます。 たとえば、npc Web サービスに別のホストまたはポート番号を指定できます。 これらの設定は、npc への接続方法を Single Sign-On アプリケーションに示します。
capm370
Single Sign-On 設定ツールでは、
NetOps Portal
の Web サイトおよび Web サービスのデフォルト設定を変更できます。 たとえば、
NetOps Portal
Web サービスに別のホストまたはポート番号を指定できます。 これらの設定は、
NetOps Portal
への接続方法を Single Sign-On アプリケーションに指示します。
以下の手順に従います。
  1. root として
    NetOps Portal
    ホストにログインするか、または「sudo」コマンドでログインします。
  2. 以下のディレクトリで「./SsoConfig」コマンドを実行し、Single Sign-On 設定ツールを起動します。
    InstallDirectory
    /PerformanceCenter
    /opt/CA/ はデフォルト インストール ディレクトリです。
    オプションを選択するように促されます。 利用可能なオプションは、ローカル サーバ上で実行される CA アプリケーションに対応します。
  3. 設定を選択している間、必要に応じて以下のコマンドを使用します。
    • q (終了)
    • b (前のメニューに戻る)
    • u (更新)
    • r (リセット)
  4. NetOps Portal
    を設定するために 1 を入力します。
    設定オプションを選択するように促されます。
  5. NetOps Portal
    には 3 を入力します。
    優先度を指定するように促されます。
    [優先度]パラメータは
    NetOps Portal
    のみに適用されます。
  6. 以下のオプションのいずれかを入力します。
    • 1. 値の削除
      これらの設定は、
      NetOps Portal
      のこのインスタンスに登録されている他のすべての CA 製品およびデータ ソースに反映されます。 これには、
      NetOps Portal
      の URL を埋め込む、
      NetOps Portal
      のイベント マネージャも含まれています。
      NetOps Portal
      がリモート値の設定を使用するのは、対応するローカル上書き値が存在しない場合のみです。
    • 2. ローカル上書き
      この
      NetOps Portal
      インスタンス上の設定をオーバーライドします。他の CA 製品および
      NetOps Portal
      のこのインスタンスに登録されているデータ ソース(イベント マネージャを含む)には反映されません。 ローカル上書きは、リモート値とデフォルト設定のいずれよりも優先されます。
    設定するプロパティを選択するように促されます。
    しきい値イベントの電子メール メッセージに正しい CAPC URL が含まれるように、リモート値を使用してスキームまたはポートを設定します。
  7. 以下のプロパティの 1 つ以上を入力します。 プロンプトが表示されたら、値を更新するために u を入力し、新しい値を指定します。
    • 1. Web サービス スキーム
      デバイス マネージャ サービスの URL スキームを指定します。
    • 2. Web サービス ホスト
      デバイス マネージャ サービスの URL ホストを指定します。
      OpenAPI SSO 認証で
      NetOps Portal
      コンソールおよび SSO のポートにアクセスできる必要があります。 リストされているホスト名または IP アドレスに対してこれらのポートがブロックされている場合、コンソールおよび SSO ポートにアクセス可能な特定のホスト名または IP アドレスを使用します。
    • 3. Web サービス ポート
      デバイス マネージャ サービスの URL ポートを指定します。
    • 4. Web サービス インベントリ
      デバイス マネージャ インベントリ Web サービス (バージョン 1) の URL パスを指定します。
    • 5. Web サービス データ ソース管理
      デバイス マネージャ データ ソース Web サービスの URL パスを指定します。
    • 6. Web サイト スキーム
      NetOps Portal
      Web サイトへのすべてのアクセスの URL スキームを指定します。 HTTPS をセットアップしている場合は、「https」を使用します。
    • 7. Web サイト ホスト
      NetOps Portal
      Web サイトへのすべてのアクセスの URL ホストを指定します。
      電子メール内で
      NetOps Portal
      ホストの IP アドレスの代わりに特定のホスト名を使用するには、[リモート値]をそのホスト名に設定します。
    • 8. Web サイト ポート
      NetOps Portal
      Web サイトへのすべてのアクセスの URL ポートを指定します。
    • 9. Web サイト パス
      NetOps Portal
      Web サイトへのすべてのアクセスの URL パスを指定します。
    • 10. SMTP 有効
      NetOps Portal
      オペレータがレポートおよびイベント通知を電子メールで送信できるように、SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)を有効にするかどうかを指定します。
      デフォルト:
      無効
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 11. SMTP サーバ アドレス
      SMTP サーバの IP アドレスです。
      デフォルト:
      無効
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 12. SMTP ポート:
      SMTP リクエストに使用するポートを指定します。
      デフォルト
      は、ポート 25 です。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 13. SMTP SSL
      NetOps Portal
      または他の CA データ ソース製品から電子メールを送信するときに、SSL 暗号化を使用するかどうかを指定します。 このオプションを有効にする前に、システム上で SSL が正しくセットアップされていることを確認します。
      デフォルト:
      無効
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 14. 電子メール返信アドレス
      NetOps Portal
      によって生成される電子メール メッセージに使用する返信用アドレスを指定します。 値を更新するために u を入力し、電子メール アドレスを指定します。 「[email protected]」形式を使用します。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 15. 電子メール形式
      NetOps Portal
      によって送信される電子メール メッセージに使用する形式を指定します。 値を更新するには u を入力して、HTML またはテキストのいずれかを指定します。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 16. SMTP ユーザ名
      電子メール サーバが SMTP リクエストのチャレンジを行うときに使用するユーザ名を指定します。 ユーザ名を指定するか、またはクライアント側認証を無効にするために空の文字列を指定します。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 17. SMTP パスワード
      電子メール サーバが SMTP リクエストのチャレンジを行うときに使用するユーザ名を指定します。 任意の有効なパスワードを指定します。 [SMTP ユーザ名]パラメータは必須です。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 18. Web サービス インベントリ(バージョン 2)(ローカル上書き)
      デバイス マネージャ インベントリ Web サービス(バージョン 2)の URL パスを指定します。
    • 19. SMTP 認証(ローカル上書き)
      CA 製品から電子メールを送信する際に認証を使用するかどうかを指定します。
      [電子メール サーバ設定]ページで SMTP 設定を更新することをお勧めします。 詳細については、「電子メール サーバの設定」を参照してください。
    • 20.
      NetOps Portal
      のフレーム内表示を許可する(ローカル上書き)
      Web ページで
      NetOps Portal
      のフレーム内表示を許可するかどうかを決定します。
      デフォルト:
      有効
  8. デフォルト設定の変更を終了してから、b を入力します。
    前のオプション セットに戻ります。
  9. 再度 b を入力して、最初のオプション セットに戻ります。
  10. 終了するために q を入力します。
    Single Sign-On 設定ツールが閉じます。
    NetOps Portal
    は、ユーザが指定した新しい値を使用してすべてのユーザを Single Sign-On Web サイトに転送します。