API

利用可能な API についての情報を表示します。
capm250
DX NetOps Performance Management
は、ユーザがプロビジョニング タスクと設定タスクを自動化したり、
DX NetOps Performance Management
データベースからデータを抽出したりできる API を提供します。 最も頻繁に繰り返されるタスク、または時間のかかるタスクは、Web サービスによりユーザに公開されます。
API の一部は RESTful Web サービスから構成されます。 REST モデルでは、あらかじめ決められた一連の操作を使用してリソース セットにアクセスできます。 このモデルでは、広く導入されている HTTP 機能を活用しています。これらの機能はゲートウェイ デバイスなどの一般的なハードウェアでサポートされています。
グローバル管理者は RESTful Web サービスを使用し、多くの管理タスクを実行できます。
以下のカテゴリの API を使用できます。
  • NetOps Portal
    REST Web サービス
    これらの Web サービスを使用して、
    NetOps Portal
    で手動で実行されるタスクを自動化します。
    詳細については、「Performance Center REST Web サービス」を参照してください。
  • Data Aggregator REST Web サービス
    これらの Web サービスは、データの取得や、プロファイルとテナントまたはグループ間の関係の管理など、管理上の操作を管理します。
    詳細については、「Data Aggregator REST Web サービス」を参照してください。
  • OpenAPI
    Open API は、
    DX NetOps Performance Management
    データベースからデータを簡単に抽出できる柔軟なツールです。 OpenAPI では、
    DX NetOps Performance Management
    データと外部アプリケーション間を統合できます。
    詳細については、「OpenAPI」 を参照してください。
REST クライアントをセットアップする
使用可能な Web サービスと対話するには、REST クライアントをセットアップする必要があります。 CA では、Web サービスを使用するユーザが、RESTful API および REST クライアントをセットアップする方法に精通していることを前提としています。
既知の制限のため、Firefox 以外のブラウザを使用して REST クライアントをセットアップすることをお勧めします。