コンテキスト ページ

ダッシュボードから、個々の管理対象アイテムに関する詳細情報へ頻繁にアクセスできます。 大半のダッシュボードは、時間ごとのロールアップやアイテム グループの平均などのサマリ データのビューで構成されています。 データ ソースから追加のデータを利用できる場合は、ダッシュボード ページのリンクの 1 つをクリックすると、コンテキスト ページにドリルダウンします。
capm380
HID_Context_Pages
ダッシュボードから、個々の管理対象アイテムに関する詳細情報へ頻繁にアクセスできます。 大半のダッシュボードは、時間ごとのロールアップやアイテム グループの平均などのサマリ データのビューで構成されています。 データ ソースから追加のデータを利用できる場合は、ダッシュボード ページのリンクの 1 つをクリックすると、コンテキスト ページにドリルダウンします。
コンテキスト ページにドリルダウンするには、[ビューへのドリル イン]役割の権限が必要です。
コンテキスト ページ上のビューには、限られたコンテキストからのフィルタされたデータ(単一の管理対象アイテムのデータのビューなど)が表示されます。 リンクを使用して特定のデータにドリルダウンし、パフォーマンス問題の原因を特定します。
一部のデータ ビューでは、テーブル ビュー内のアイテム名を右クリックして、メニューにアクセスすることもできます。 たとえば、[インベントリ]セクション内のアイテム名に対応するリンクを右クリックします。 メニューを使用して、より詳細なデータが含まれている、関連コンテキスト ページを選択することができます。
拡張フロー ビュー
Network Flow Analysis
に移動する必要なく、
NetOps Portal
内でインターフェースの
Network Flow Analysis
データをドリルダウンできます。 インターフェースのコンテキスト ページでは、以下のビューがサポートされています。
IP パフォーマンス
トップ N プロトコル、トップ N ホスト、トップ N 通信、トップ N ToS 値などのフロー データから抽出された、選択されたインターフェースの情報の広範なサマリが提供されます。また、インターフェースではインターフェースの使用率も提供され、Data Aggregator から提供された同じインターフェースの詳細は破棄されます。
プロトコルやホストなどのコンテキスト ページに移動するため、ユーザは任意のビューから目的のプロトコルやホストなどを選択できます。
データ ソースが
Network Flow Analysis
10.x 以上の場合、[IP パフォーマンス]ページのグラフと表のリンクを使用すると、
DX NetOps Performance Management
内で対応するネットワーク フロー ページが表示されます。 データ ソースが
Network Flow Analysis
9.x 以前の場合、リンクを使用すると、
Network Flow Analysis
コンソールに対応するページが表示されます。
以下の新しいインターフェース ページは、データ ソースが
Network Flow Analysis
10.x 以上の場合にのみ利用可能です。 これらのページは、データ ソースが
Network Flow Analysis
9.x 以前の場合は表示されません。
ネットワーク フロー プロトコル
選択されたプロトコルのトレンドと次のレベルのドリルダウン(ホストおよび通信)が表で提供されます。 ホストおよび通信トレンドの表では、選択されたプロトコルのコンテキストで使用率情報が提供されます。
ネットワーク フロー ホスト
選択されたホストのホスト トレンドおよびプロトコル積み重ねトレンドが表で提供されます。
ネットワーク フロー通信
選択された通信のホスト トレンドおよびプロトコル積み重ねトレンドが表で提供されます。
ネットワーク フロー ToS
選択された ToS (Type of Service、サービスのタイプ)のトレンドと次のレベルのドリルダウン(ホストおよび通信)が表で提供されます。 ホストおよび通信トレンドの表では、選択された ToS のコンテキストで使用率情報が提供されます。
すべてのコンテキスト ページでは、一番上のテーブル ビューの行を選択すると、ページ内の他のビューに対応するコンテキストが設定されます。 それぞれのビューの設定で、指標(レート/バイト/使用率)および方向(イン/アウト)を変更できます。
これらのビューは、電子メールでレポートに含めて送信したりスケジュールしたりできます。 デフォルトでは、最初の行がトップ テーブルで選択され、以下のビューのデータが最初の行で選択されます。 詳細については、「他のユーザとのデータの共有」を参照してください。
コンテキストの選択
コンテキストピッカーは、管理対象項目の名前の隣に表示されます。 また、管理されたアイテムの子に対してコンテキストピッカーを使用できるようになりました。 別のコンテキストを選択するには、
[変更]
をクリックし、新しいコンテキストを選択して、
[OK]
をクリックします。
到達可能性ステータス
ルータやサーバなど、一部のコンテキスト ページには、デバイスの到達可能性ステータスが含まれます。 到達可能性ステータスは、コンテキスト ページの選択された時間範囲において、
DX NetOps Performance Management
がデバイスに到達可能かどうかを示します。
詳細については、「到達可能性のステータスおよび接続ステータス」を参照してください。
コンテキスト ページの編集
ユーザ アカウントに「コンテキスト ページの編集」および「ビューへのドリル イン」の役割の権限がある場合、コンテキスト ページをカスタマイズできます。 事前定義済みの管理者およびデザイナの役割には、デフォルトでこれらの役割の権限があります。
標準的なダッシュボード ページとは異なり、アイテム コンテキスト ページはタブ ページのセットから構成されます。 事前定義済みのタブを編集して、タブに表示されるビューを変更できます。 タブ ページを追加できます。 また、アイテム コンテキスト内のタブを再配置して、表示順序を変更することもできます。
Data Aggregator は、デバイス サービス情報に基づいて、管理可能デバイスをプライマリのデバイス タイプ(ルータ、スイッチおよびサーバ)に自動的に分類します。 また、該当する場合、管理対象デバイスは、コンテキスト タイプ(ファイアウォール、ロード バランサ、ワイヤレス コントローラ、およびワイヤレス アクセス ポイント)に関連付けられます。 プライマリのデバイス タイプを含め、関連付けられているコンテキスト タイプは、デバイス インベントリ テーブル内の列に表示されます。
デバイスのコンテキスト ページは、そのタブを追加または編集することで、プライマリのデバイス タイプまたはコンテキスト タイプに関連付けることができます。 プライマリのデバイス タイプまたはコンテキスト タイプに関連付けられているタブは、指定したタイプに関連付けられているデバイスのコンテキスト ページに表示されます。
例:
  • タブを追加または編集し、それをサーバ タイプに関連付けると、そのタブは、すべてのサーバ タイプに対して表示されます。
  • サーバ タイプについてタブを追加または編集し、それをファイアウォールに関連付けると、そのタブは、すべてのサーバおよびファイアウォール タイプに対して表示されます。 タブは、ルータおよびファイアウォール タイプに対しては表示されません。
  • ルータ タイプについてタブを追加または編集し、それをワイヤレス アクセス ポイントに関連付けると、そのタブは、すべてのルータおよびワイヤレス アクセス ポイント タイプに対して表示されます。 タブは、スイッチおよびワイヤレス アクセス ポイント タイプに対しては表示されません。
  • サーバ タイプについてタブを追加または編集し、それをワイヤレス コントローラに関連付けると、そのタブは、すべてのサーバおよびワイヤレス コントローラ タイプに対して表示されます。 タブは、ルータおよびワイヤレス コントローラ タイプに対しては表示されません。
タブをプライマリのデバイス タイプまたはコンテキスト タイプに関連付けると、その変更は、そのプライマリのデバイス タイプまたはコンテキスト タイプに関連付けられているすべての管理可能デバイスに影響します。 変更管理のため、関連付け後のタブに対する追加編集は、最小限に抑えることをお勧めします。
[タブの編集]メニューから[タブをデフォルトにリストア]を選択すると、現在のコンテキスト内のタブの変更がすべて元に戻ります。
変更は現在のテナントに適用されます。
以下の手順に従います。
  1. 必要な役割の権限を持つユーザとしてログインします。
  2. 編集対象のページのアイテム コンテキストに移動します。 たとえば、任意のダッシュボード上のルータのリンクをクリックして、[ルータ]コンテキスト ページを呼び出します。
    選択されているタブには[編集]アイコンが含まれており、[編集]メニューにアクセスできます。
  3. 変更するタブを選択します。
    [編集]アイコンが表示されます。
  4. [編集]
    アイコンをクリックし、
    [タブの追加]
    または
    [タブの編集]
    を選択します。
  5. (オプション)メニューから[デフォルト タブ テンプレート]の 1 つを選択します。 各テンプレートは、そのタイプのページに対するデフォルト ビューをページに適用します。
  6. タブ タイトルを変更します。 タイトルは必須です。
    タブ タイトルは、タブを含むコンテキスト ページの一番上に表示される名前です。
  7. (オプション)タブをプライマリのデバイス タイプまたはコンテキスト タイプに関連付けるには、コンテキスト ページ タイプを選択します。
  8. [レイアウト]ボタンで、ページ用のレイアウト テンプレートを選択します。
  9. 必要に応じて、ページから不要なビューを削除します。 [レイアウト]ペインで、以下の操作を実行します。
    • レイアウトをクリアしますか?
      ] - ページ上のすべてのビューの位置を変更します。
    • [X] - ページから個別のビューを削除します。
  10. ページに追加可能なビューが、カテゴリ別のリストに表示されます。 このリストは選択されたグループまたはアイテム コンテキストでフィルタされます。
    登録済みのすべてのデータ ソースが表示されます。 ただし、使用可能なビューは、コンテキストに適用可能なビューに制限されています。
    ページのアイテム コンテキストは変更できません。現在のコンテキストに対して事前選択されています。
  11. ビューのカテゴリをクリックして展開します。
  12. ビューを選択して、[レイアウト]ペインにドラッグし、表示する場所にドロップします。
  13. [保存]
    をクリックします。
    コンテキスト ページがリフレッシュして変更が反映されます。 変更はログイン セッションを通じて保持されますが、現在のテナントのみに適用されます。
項目のプロパティの編集
コンテキスト ページで、[詳細]タブの[情報]セクションの項目について記載されているフィールドを編集します。
関連付けられているフィールドを編集するには、以下の役割の権限が必要です。
  • デバイス エイリアスの変更
  • インターフェース エイリアスの変更
  • デバイスの IP アドレスの変更
  • インターフェース速度の上書きの変更
以下の手順に従います。
  1. 詳細
    ]タブを選択します。
  2. [情報]セクションの
    [編集]
    アイコンをクリックします。
  3. 必要に応じて使用可能な詳細を編集します。
    [エイリアス]
    で、
    [速度(イン)(bps)]
    または
    [ 速度(アウト)(bps)]
    が設定されていない場合、それらは空白になります。
    Data Aggregator に存在しないインターフェースを編集する場合、以下のフィールドは使用できません。
    • 速度(イン)(bps)
    • 速度(アウト)(bps)
  4. [保存]
    をクリックします。
    [速度(イン)(bps)]
    または
    [速度(アウト)(bps)]
    をクリアした場合、変更が表示されるまで数分かかります。
コンテキスト ページへの営業時間の適用
営業時間のフィルタリングはコンテキスト ページのほとんどのビューでサポートされています。 営業時間のフィルタ リングは、イベントを有効にするオプションが選択されているトレンド グラフではサポートされていません。 詳細については、「営業時間のフィルタリングの設定」を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. [Apply Business Hours (営業時間の適用)]
    をクリックします。
  2. [Site to apply (適用するサイト)]
    ドロップダウン リストに表示されたサイトに営業時間を適用します。
  3. [適用]
    をクリックします。
    指定したサイトの営業時間がコンテキスト ページに適用されます。 タブを切り替えたり、時間範囲を変更したりしても、営業時間は適用されたままになります。 トップレベル ダッシュボードに移動するか、またはコンテキストを変更すると、営業時間フィルタが削除されます。
コンテキスト タブの再配置
ユーザ アカウントに「コンテキスト ページの編集」および「ビューへのドリル イン」の役割の権限がある場合、コンテキスト ページをカスタマイズできます。 事前定義済みの管理者およびデザイナの役割には、デフォルトでこれらの役割の権限があります。
各アイテム コンテキストは、タブ ページのセットから構成されます。 個別のタブ ページの変更に加えて、アイテム コンテキスト内のタブも再配置できます。 変更は現在のテナントのみに保存されます。
以下の手順に従います。
  1. 選択したタブの
    [編集]
    アイコンをクリックし、
    [タブの並べ替え]
    を選択します。
    [現在のコンテキスト ページ]タブのリストが表示されます。
    このリストでは、左から右への現在のタブ順序が反映されています。
  2. 移動するタブを選択し、リスト内の別の場所にドラッグします。
  3. [保存]
    をクリックします。
    コンテキスト ページがリフレッシュして変更が反映されます。 タブは左から右に新しい順序で表示されます。
    コンテキストで利用可能なタブが多数あり、表示するのに水平スクロールが必要な場合は、右側に矢印が表示されます。 追加のタブを参照するには矢印をクリックします。