ダッシュボード

ダッシュボードには、ポーリング済みデータを有意な情報として参照できる、ビューのセットが含まれています。 ダッシュボードからレポートを生成することもできます。 管理者が作成したカスタム ダッシュボードに加えて、いくつかの標準装備のダッシュボードが使用可能です。 ログインすると、ユーザ アカウントに割り当てられているすべてのダッシュボードにアクセスできます。
capm370
HID_Dashboards
ダッシュボードには、ポーリング済みデータを有意な情報として参照できる、ビューのセットが含まれています。 ダッシュボードからレポートを生成することもできます。 管理者が作成したカスタム ダッシュボードに加えて、いくつかの標準装備のダッシュボードが使用可能です。 ログインすると、ユーザ アカウントに割り当てられているすべてのダッシュボードにアクセスできます。
新しいデータ ソースを登録すると、それに関連付けられている標準装備のダッシュボードとビューを使用できます。 必要な役割の権限がある場合、ダッシュボードを編集して、その変更内容を自身のユーザ アカウントに保存できます。
DX NetOps Performance Management
には、ページの 2 つのカテゴリが含まれています。
  • ダッシュボード ページ
    グループ内の監視対象アイテムの平均パフォーマンスなどの高レベルの情報を提供します。 ダッシュボードは、選択されたコンテキストに関連する、より詳細なページへのドリルダウン パスをしばしば提供します。
  • コンテキスト
    ページ
    単一のルータまたはサーバなど、特定のアイテムに範囲が指定された、焦点を絞ったパフォーマンスまたはステータス データを提供します。 これらのページは、ダッシュボードページのドリル ダウン リンクまたはタブから利用可能です。
ダッシュボードからコンテンツページにドリルダウンするには、以下の手順のいずれかを実行します。
  • アイテム上のハイパーリンクを右クリックし、コンテキスト ページのタブを選択します
  • アイテム上のハイパーリンクをクリックして、デフォルトのコンテキスト ページ タブを開きます。
ドリル ダウン機能では、[ビューへのドリル イン]役割権限が必要です。
カスタム ダッシュボード
すべてのダッシュボードは、さまざまな一連のビュー、コンテキスト、およびレイアウトを使用してカスタマイズできます。 カスタム ダッシュボードは、問題のトラブルシューティングのために使用できます。また、アイテムのカテゴリの監視のために長期にわたって使用することもできます。
例:
  • 地域マネージャが、その地域の各サイト グループにビューを固定表示するダッシュボードを使用します。
  • システム管理者が、すべてのサーバを監視するためにダッシュボードを使用します。
  • ネットワーク エンジニアが、問題のあるルータまたは重要なインターフェースにビューを固定表示するダッシュボードを使用します。
コンテキストの変更
ダッシュボードのコンテキストは、ダッシュボードのビューに表示されるデータをフィルタします。 標準のダッシュボードにグループを選択すると、ページ上のすべてのビューにフィルタが適用されます。 グループ コンテキストを選択すると、使用できるすべてのサブグループからのアイテムがダッシュボード上のビューに表示されます。 ただし、同じサブグループは、グループ管理の[アイテム]タブには表示されない可能性があります。 グループの管理の詳細については、「グループ」を参照してください。
また、複数のウィンドウにダッシュボードを表示して、ダッシュボードごとに別々のデータ コンテキストを適用できます。
以下の手順に従います。
  1. ダッシュボードのタイトルの下にある[変更]リンクをクリックします。
  2. グループの階層から、グループを選択します。
  3. [OK]をクリックします。
    動的コンテキストを含むページ上のすべてのビューが新しいデータ コンテキストを反映するように更新されます。 変更はログアウトするまで適用されます。
時間範囲の変更
特定の期間に基づいてデータをフィルタするには、ダッシュ ボード用の時間範囲を指定します。 時間範囲の変更は、パフォーマンス問題のトラブルシューティングに役立ちます。 たとえば、時間範囲を変更して過去 7 日分のデータを表示することができます。 この場合、時間範囲は問題が定期的に発生しているかどうかを判断するのに役立ちます。
現在のダッシュボードに表示されているパフォーマンス データに対する正確な時間範囲を選択できます。 期間セレクタを使用すると、日付、開始時刻、および終了時刻を選択できます。 ダッシュボードの時間範囲を変更すると、そのウィンドウ内のすべてのダッシュボードに変更が適用されます。 別々の時間範囲内のコンテンツを比較するには、複数のブラウザ ウィンドウでダッシュボードを開くか、または特定のビューを変更して固定のカスタム時間範囲を表示します。
以下の手順に従います。
  1. ダッシュボード ページの右上隅にある
    [変更]
    をクリックします。
  2. リストからデフォルトの期間を選択するか、カスタムの時間範囲を指定します。
    選択した時間範囲が、ダッシュボードに適用されます。
ダッシュボードへの営業時間の適用
営業時間のフィルタリングは、ダッシュボードの一部のビューでサポートされています。 営業時間のフィルタ リングは、イベントを有効にするオプションが選択されているトレンド グラフではサポートされていません。 詳細については、「営業時間のフィルタリングの設定」を参照してください。
営業時間は、以下の優先度順で、その他の営業時間の設定を上書きします。
  1. サイト グループで設定され、それに関連付けられている営業時間。 詳細については、「営業時間のフィルタリングの設定」を参照してください。
  2. ビューに割り当てられている営業時間フィルタ。 詳細については、「ビューのカスタマイズ」を参照してください。
  3. ダッシュボードに適用されている営業時間。
以下の手順に従います。
  1. [Apply Business Hours (営業時間の適用)]
    をクリックします。
  2. [Site to apply (適用するサイト)]
    ドロップダウン リストに表示されたサイトに営業時間を適用します。
  3. [適用]
    をクリックします。
    指定されたサイトの営業時間が、ダッシュボードに適用されます。 タブを切り替えたり、時間範囲を変更したりしても、営業時間は適用されたままになります。 トップレベル ダッシュボードに移動するか、またはコンテキストを変更すると、営業時間フィルタが削除されます。