ビューのカスタマイズ

ビューのカスタマイズ オプションは、ビュー内でレポートされたデータのフィルタに使用する方法を決定します。 ビューの右上にアイコンにより、ビューの折りたたみ、ビュー設定の変更、コンテキスト依存のドキュメントへのアクセスが可能になります。
capm370
HID_Customize_Views
ビューのカスタマイズ オプションは、ビュー内でレポートされたデータのフィルタに使用する方法を決定します。 ビューの右上にアイコンにより、ビューの折りたたみ、ビュー設定の変更、コンテキスト依存のドキュメントへのアクセスが可能になります。
デフォルトでは、ダッシュ ボード ページ上のすべてのビューは、同じグループおよび同じタイム フレームからデータを表示します。 特定のビューのデータ コンテキストを変更して、特定のグループを表示することができます。 異なる時間に収集されたデータを比較するために、ビューのカスタム時間範囲を選択できます。
ビューのタイプによっては、テーブルまたはグラフのフォーマットをカスタマイズできます。 また、カスタム ビューでレポートされるデータを選択できます。
詳細:
ビュー設定の範囲の設定
ビューの変更を表示するユーザを決定するには、ビューの設定を変更する際に範囲を設定します。 ビューを編集する場合は常に、
[変更の適用先]
ドロップダウン リストから範囲を選択します。 権限に従って、オプションの範囲が設定されます。
  • 現在のマイ セッション
    現在のセッションに変更を保存します。 ログインしているセッションが終了した後、変更は保持されません。 このレベルで設定されている値は、ログイン セッション中は、[
    マイ ユーザ アカウント
    ]および[
    すべてのテナント ユーザ用
    ]レベルでの設定よりも優先されます。 このオプションは、ビューが構成され、ダッシュ ボードページに追加された後にのみ使用できます。
  • マイ ユーザ アカウント
    (デフォルト)
    ビューを表示している現在のユーザ アカウントに変更を保存します。 変更は、ログイン セッションが終了した後も、ユーザがログ バックした後も保持されます。 このレベルで設定されている値は、そのユーザ アカウントでは
    [すべてのテナント ユーザ用]
    レベルでの設定よりも優先されます。
  • すべてのテナント ユーザ用
    ビューを表示しているテナントに関連付けられている、すべてのユーザ アカウントに変更を保存します。 このレベルで設定されている値は、テナントに関連付けられたすべてのユーザ アカウントで、標準装備のデフォルト設定よりも優先されます。
Restore Defaults
ビュー設定をデフォルト値に戻すには、[
デフォルトを使用
]をクリックします。 ビューは、デフォルトのオプションに戻ります。 これらの変更は、ビューを保存するときに、選択された範囲にのみ適用されます。
各範囲で、以下の動作を予測してください。
  • 現在のマイ セッション
    デフォルトの復元により、[
    現在のマイ セッション
    ]レベルでの設定がクリアされます。 ビューでは、
    [マイ ユーザ アカウント]レ
    ベルで設定された値、
    [すべてのテナント ユーザ用]
    レベルで設定された値、または標準装備のデフォルト設定が使用されます。
  • マイ ユーザ アカウント
    デフォルトの復元により、[
    マイ ユーザ アカウント
    ]レベルでの設定がクリアされます。 ビューでは、
    [すべてのテナント ユーザ用]
    レベルで設定された値または標準装備のデフォルト設定が使用されます。
  • すべてのテナント ユーザ用
    デフォルトの復元により、[
    すべてのテナント ユーザ用
    ]レベルでの設定がクリアされます。 ビューでは、標準装備のデフォルト設定が使用されます。
アップグレード時に新しい設定オプションをビュー追加しても、ビューにオプションは表示されません。 新しい設定オプションを使用するには、ビューをデフォルト オプションにリセットします。
ビューの間隔の設定
トレンド グラフおよび関連ビューは、データを時系列で表示します。 時系列データは、レポートの時間範囲全体を対象に複数の時間ポイントの値を示します。 トレンド ビューの間隔設定は、グラフ内の各データ ポイントが表す時間の長さを決定します。
テーブル ビューにも、データ間隔の設定が含まれます。 テーブル ビューでは、間隔は表示するデータのロールアップ レベル(ポーリングされたデータ、時間単位のロールアップ、または日単位のロールアップ)を表します。
デフォルトの
間隔を使用
]オプションは時間範囲を使用して、適切な間隔を自動的に決定します。
カスタム間隔を設定すると、以下の条件が成立する場合のみ、ビューにその間隔が表示されます。
  • ユーザが、その時間範囲について、その間隔でレポート データを表示できる。
  • データ間隔が、データ ソースのデータ保持ポリシーの範囲を超えていない。
データが利用できないか、時間範囲が大きすぎる場合、システムは指定された間隔を自動的に無効にします。 システムは、その時間範囲について許可されている最も近い間隔を返します。
トレンド ビューでは、
グラフ
のサブタイトルがデータ間隔を示します。
テーブル ビューでは、
ビュー
のサブタイトルがデータの間隔を指定します。 以下の例では、テーブル ビューのいくつかのサブタイトルについて説明します。
  • 間隔: 時間単位ロールアップ(上書き)
    現在のユーザが選択した時間範囲では、時間単位の間隔が要求されます。
  • 間隔: 時間単位ロールアップ(上書き) 返される間隔: 日単位ロールアップ
    現在のユーザが選択した時間範囲では、時間単位の間隔が要求されます。 しかし、データ ソースが時間範囲全体を対象にした時間単位データを持たないため、ビューは日単位の間隔を提供します。
詳細については、「データ間隔」を参照してください。
メトリック フィルタリングとベースライン メトリック
ビューにメトリックを含めるには、[
メトリック値
]リストからメトリックを選択します。 メトリックは 2 つのプロファイル タイプ(カウンタまたはゲージ)に分類され、使用状況などでの、バイト数や割合(%)など、いくつかのカテゴリでレポートされます。
カウンタ プロファイル タイプのメトリックは、一定期間にわたって合計され、それに基づいてまとめられます。 ゲージ プロファイル タイプのメトリックは、一定期間にわたって平均されます。
以下のオプションは、[
メトリック値
]リストで利用可能なメトリックに影響を及ぼします。
  • メトリック ファミリ
    選択された
    メトリック ファミリ
    は、その
    メトリック ファミリ
    と関連付けられたメトリックを
    [メトリック値]
    リストに格納します。 メトリック ファミリは、デバイス コレクション、ベンダー認定、および監視プロファイルと関連付けられた、メトリックの正規化グループです。 メトリック ファミリには、サポートされているユニットおよび、関連するメトリックを格納する時期についてのロールアップ戦略に関する情報が含まれます。
  • メトリック フィルタリング
    このオプションを選択すると、[
    メトリック値
    ]リストがメトリックのプロファイル タイプ(カウンタまたはゲージ)に対応するメトリックのみに制限されます。
    選択を解除すると、選択された
    メトリック ファミリ
    のすべてのメトリックを利用できます。 メトリックのプロファイル タイプとの整合性がないメトリックを選択すると、メトリックに警告のフラグが立てられます。
  • ベースライン メトリック
    このオプションを選択すると、[
    メトリック値
    ]リストにベースラインが追加されます。 ベースライン データは、選択された監視対象パラメータの過去のパフォーマンスを把握したり、現在のパフォーマンスを評価して将来のパフォーマンスを見積もるのに役立ちます。 詳細については、「ベースライン計算」を参照してください。
カスタム時間範囲の設定
特定の期間に基づいてデータをフィルタするには、ビュー用のカスタム時間範囲を選択します。 ビューのカスタム時間範囲は、ダッシュボードに設定されている時間範囲よりも優先されます。
[カレンダ ヒート チャート]ビュー、またはオンデマンド レポート テンプレートのカスタム時間範囲は指定できません。
以下の手順に従います。
  1. ビュー上の[ビュー設定](歯車)アイコンをクリックし、メニューから
    [編集]
    を選択します。
  2. カスタム時間範囲
    ]の[
    有効化
    ]を選択します。
  3. [時間範囲]
    ドロップダウン リストからカスタム時間範囲を選択します。
  4. [保存]
    をクリックします。
    ビューのサブタイトルには、カスタム時間範囲が示されます。
タイム ゾーンと営業時間のフィルタのビューへの割り当て
特定の営業時間のデータを表示するには、ビューにタイム ゾーンおよび営業時間フィルタを割り当てます。 選択された営業時間フィルタがあるサイト グループ内のアイテムのみが、このフィルタのあるビューに表示されます。 グループ コンテキストに割り当てられたタイム ゾーンおよび営業時間を持つグループが含まれていない場合、ビューにデータが表示されません。 ビューのサブタイトルは、ビューに適用されているタイム ゾーンおよび営業時間フィルタを示します。
トレンド ビューおよびヒート チャートは、選択した営業時間を表示するために網かけを適用しますが、データは営業時間に制限されません。
時間フィルタは、以下のオプションを提供します。
  • 営業時間フィルタがないタイム ゾーン フィルタを選択します。 ビューに、そのタイム ゾーンに関連付けられているサイト グループ内のデバイスからのデータが表示されます。
  • タイム ゾーンおよび営業時間フィルタを選択します。 ビューに、選択された営業時間のそのタイム ゾーンに関連付けられたサイト グループ内のデバイスのデータが表示されます。
  • [すべてのタイム ゾーン]および営業時間フィルタを選択します。 ビューに、選択された営業時間があるサイト グループ内のデバイスのデータが表示されます。
    このオプションは、ロードに時間がかかります。
営業時間フィルタが割り当てられているビューでは、タイム フレーム全体が営業時間外の場合、ビューに次のメッセージが表示されます。
このタイム フレームの営業時間内には、データはありません
詳細については、「営業時間のフィルタリングの設定」を参照してください。
以下の手順に従います。
  1. ビュー内の[ビュー設定](歯車)アイコンをクリックし、
    [編集]
    をクリックします。
  2. [時間フィルタ]
    [有効化]
    を選択します。
  3. [タイム ゾーン]
    を選択します。 このリストには、現在のテナントのサイト グループと関連付けられているタイム ゾーンのみが含まれています。
  4. [営業時間]
    フィルタを選択します。 このリストには、現在のテナントのサイト グループと関連付けられている営業時間のみが含まれます。
  5. (オプション)ビュー内の特定のサイト グループを表示するには、固定のコンテキストを選択します。 選択されたタイム ゾーンと営業時間を持たないグループ コンテキストを選択する場合、ビューにデータは表示されません。
  6. [保存]
    をクリックします。
    ビューは、ビューのタイプに合わせてデータをフィルタし、選択された営業時間内のデータに限定します。
ビューのデータ コンテキストの変更
ビュー コンテキストは、ビューに表示されるデータの性質を決定するフィルタとして機能します。 ビューのコンテキストは、「動的」モードと「固定」モードのいずれかです。
  • 動的なコンテキストは、ダッシュボード ページのコンテキストに応じて、ビューのコンテキストが変更されることを示します。 詳細については、「ダッシュボード」を参照してください。
  • 固定のコンテキストは、ビューが、データのコンテキストとして、指定したグループ、デバイス、またコンポーネントを使用することを示します。
個々のビューで特定のアイテムまたはグループからのデータを表示するには、ビュー用の固定コンテキストを設定します。
以下の手順に従います。
  1. ビュー内の[
    ビュー設定
    ](歯車)アイコンをクリックし、[
    編集
    ]をクリックします。
  2. コンテキスト
    ]で、[
    固定
    ]を選択します。
  3. ビューのタイプに合わせて、コンテキストを選択します。
  4. [保存]
    をクリックします。
    ビューは、選択したアイテムまたはグループからのデータのみを表示します。 ビューのサブタイトルに、選択されたコンテキストが示され、ロック アイコンが含まれます。