ドロップされたパケット数

ドロップ パケット センサは、キュー ドロップでパターンを探します。
nfa1000
ドロップ パケット センサは、キュー ドロップでパターンを探します。
ドロップ パケット アラートのトラブルシューティング
ドロップ パケット(またはキュー ドロップ)がバッファ不足を示すことがあります。 入力キュー ドロップは通常、パケットがプロセス交換されるときに発生します。 プロセス交換とは、ルータが高速切り替えや Cisco Express Forwarding (CEF)など推奨されるルート キャッシュ方法を使用して転送決定を処理できないことを言います。 入力ドロップが引き続き発生する場合は、単にトラフィックが多すぎることを示唆しています。 出力ドロップは、輻輳インターフェースが原因で発生します。