メトリックの予測

メトリックの履歴データに基づいて将来の値を計算するには、メトリックの予測を使用します。 メトリックの予測はキャパシティ計画に役立ちます。 たとえば、インターフェースの帯域幅が将来の特定の期間にわたって十分なことを確認するには、予測されるインターフェース使用率を計算します。
capm360
HID_Metric_Projection
メトリックの履歴データに基づいて将来の値を計算するには、メトリックの予測を使用します。 メトリックの予測はキャパシティ計画に役立ちます。 たとえば、インターフェースの帯域幅が将来の特定の期間にわたって十分なことを確認するには、予測されるインターフェース使用率を計算します。
将来のトレンドを表示するために、メトリックの予測は最大 3 つの設定可能な間隔をサポートします。 たとえば、今後 20、60、および 180 日間にわたってメトリックを予測できます。 予測が示すのは全体的なトレンドです。 通常、予測の間隔が長いほど、値の正確さが低下します。
スコアカードの予測
  • スコアカード ビューでは、事業部門オーナーに、キー メトリックがどのように機能するかを時系列で示すグループ レベルのサマリを提供します。 パフォーマンスは、ユーザ定義のしきい値のセットに基づきます。
  • スコアカード ビューには、履歴の時間間隔が最大 3 予測値まで表示されます。
  • 予測値はビューが表示されると計算され、ビューの履歴期間に基づいています。
メトリックの予測
  • メトリック予測は、システムで予測を計算し保存する、ネットワークおよびキャパシティ プランナ用に設計されています。
  • 予測は個々のメトリックに対して設定されます。 1 メトリックにつき、最大 3 予測間隔を指定できます。
  • 予測値は、最大 90 日間の履歴データに基づいています。 設定されると、予測メトリック値をカスタム テーブル ビューに含めることができます。
詳細については、「スコアカードの予測」を参照してください。
予測値をカスタム テーブル ビューに追加できます。
テーブル ビューは、キャパシティ計画に役立ちます。
メトリックの予測の計算
予測値は、メトリックの設定可能な日単位パーセンタイル計算に基づき、指定された間隔で計算されます。 キャパシティ計画の場合、一般的なパーセンタイル値は 95% です。 予測の計算には、以下の手順が使用されます。
  1. ポーリング済みデータから、Microsoft Excel のメソッドを使用して日単位パーセンタイル値を計算および格納します。
  2. 日単位パーセンタイル値から、線形回帰ラインを計算します。 この計算では、単純な線形回帰(最小二乗回帰)が使用されます。
    入力データとして、過去 90 日間に使用可能なすべての日単位パーセンタイル値を計算に使用します。 予測には 2 日以上の日単位パーセンタイル値が必要です。 予測の精度は通常、使用可能なデータ ポイントの数に伴って増加します。
  3. 1 次方程式から間隔の将来の値を計算します。
以下の図に計算方法を示します。
メトリックの予測の計算
Metric Projection Calculation
メトリックの予測の設定
メトリックの予測を設定するには、UI からメトリックを編集します。 詳細については、「メトリックの編集」を参照してください。
予測を無効にするときは、ビューのエラーを避けるために予測を含むビューを変更してください。
必要な予測のみを計算してください。 それぞれの予測を計算することで、システムのパフォーマンスに大きな影響を与える場合があります。 詳細については、「
DX Performance Management
Sizing Tool
」を参照してください。
REST Web サービスを使用してメトリックの予測を設定するには、ターゲット メトリックで PUT 操作を実行します。 メトリックの
ProjectionPercentile
および
ProjectionInterval
を設定します。 詳細については、「メトリック ファミリ XML 構造」を参照してください。
ProjectionPercentile を変更すると、最大 90 日間にわたって予測が不正確になります。 ProjectionPercentile の値を変更すると、変更日前のパーセンタイル値は再計算されません。
これらのプロパティを変更すると、管理イベントが生成されます。
例:
この例では、インターフェース使用率の XML を示します。 この予測は、95 パーセンタイルに基づいて計算されます。 20、30、および 90 日間にわたる予測が計算されます。
エンドポイント:
http://
DA_host
:8581/typecatalog/metricfamilies/extension/NormalizedPortInfo
<DataModel xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" namespace="http://im.ca.com/normalizer" xsi:noNamespaceSchemaLocation="IMDBCertificationFacet.xsd">
<Author>CA</Author>
<Version>1.2</Version>
<FacetType name="NormalizedPortInfo" descriptorClass="com.ca.im.core.datamodel.certs.NormalizedFacetDescriptorImpl">
<Documentation/>
<FacetOf namespace="http://im.ca.com/core" name="Item"/>
<AttributeGroup external="true" list="true" name="PortInfoPollable">
<Documentation/>
<Attribute name="Utilization" type="double">
<ProjectionPercentile>95</ProjectionPercentile>
</Attribute>
</AttributeGroup>
<BaselineDefinitions>
<Baseline name="DailyBaseline">
<ID>26</ID>
<PerformanceMetric>Utilization</PerformanceMetric>
<Period>1 Day</Period>
<ProjectionInterval>20</ProjectionInterval>
<ProjectionInterval2>30</ProjectionInterval2>
<ProjectionInterval3>90</ProjectionInterval3>
<Window>90 Days</Window>
<StartDate>0</StartDate>
<EndDate>0</EndDate>
<DaysOfWeek>0</DaysOfWeek>
</Baseline>
</BaselineDefinitions>
</FacetType>
</DataModel>