DX NetOps Spectrum の Docker 化

このページには、以下のトピックが含まれます。
casp1032
このページには、以下のトピックが含まれます。
10.3.1 で
DX NetOps Spectrum
DSS の自動インストールが
利用できるようになりました。
DX NetOps Spectrum
の Docker 化について
Docker 化した
DX NetOps Spectrum
DX NetOps Spectrum
ユーザに有益です。 Docker 化した
DX NetOps Spectrum
コンポーネントは、spectrum-one-click-server-image、spectrum-ss-image、spectrum-sdc-image などのように、個別に展開できます。 時間をかけずに、複数のコンテナをスピンして分散
DX NetOps Spectrum
展開をセットアップするのに役立ちます(数分*)。 Docker 化によって、さまざまなデータセンターのさまざまな環境で、アプリケーションの動作、ステージング、および実行中の問題を解決できます。
DX NetOps Spectrum
の Docker 化によって、すべての必要な設定ファイルとライブラリ、および任意の環境で
DX NetOps Spectrum
を実行するのに必要なその他の依存関係をパッケージ化できます。
DX NetOps Spectrum
の Docker 化によって、自動的に展開される継続的インテグレーションを保証できます。 1 つのコンテナを複数の環境で使用できるため、開発から実運用への移行時間を大幅に削減できます。 Docker イメージは、あるサーバから別のサーバに簡単に移動できます。 Docker コンテナは、ユーザの要求に応じて簡単にスケーリングできます。 コンテナ アプリケーション プラットフォーム上で
DX NetOps Spectrum
を実行することで、シームレス サービス抽象化レイヤが提供されます。 コンテナ プロパティへの変更(ホスト名/IP の変更など)は、現在の展開に大きく影響を与えません。
DX NetOps Spectrum
は Red Hat® (7.4) OpenShift 上で Docker 化でき、prem またはクラウド アプリケーションの開発、展開、ビルドが簡単になります。
推奨ソフトウェア要件
Docker エンジンおよび OpenShift インストールのための推奨ソフトウェア要件は以下のとおりです。
Docker エンジンの場合
  • RHEL - v7.4 (Docker-engine のインストールおよびコンテナ作成は RHEL 7.4 VM でテストされています)。 「yum install docker」コマンドを使用して Docker の最新バージョンをインストールします。
OpenShift の場合
  • OpenShift - v3.6
  • RHEL - v7.4
  • Ansible - v2.5.4
  • Git 1.5
Spectrum 事前構築済み ISO イメージのロード プロセス
Docker イメージを手動で構築したくない場合は、以下の手順に従います。
  1. 必要な tar.gz ファイルをサポート ポータルから Linux Rhel 7.4 VM にダウンロードします。
    CA-Spectrum-SpectroSERVER-Docker-10.3.tar.gz
    CA-Spectrum-OneClickServer-Docker-10.3.tar.gz
    CA-Spectrum-SDC-Docker-10.3.tar.gz
    CA-Spectrum-OneClickServer-And-SRM-Docker-10.3.tar.gz
  2. tar ファイルを解凍するには、以下のコマンドを実行します。
    gzip -d <filename>.tar.gz
  3. 解凍した上記の tar ファイルが利用可能になったら、それぞれの docker イメージを展開するため以下のコマンドを実行します。
    docker load -i CA-Spectrum-SpectroSERVER-Docker-10.3.tar
  4. ロードした docker イメージを表示するには、以下のコマンドを実行します。
    docker images
次に