付録. spectrumgtw プローブを使用したイベント管理

DX NetOps Spectrum
と UIM 統合のイベントのマッピング(一方向および双方向)
casp1032
DX NetOps Spectrum
と UIM 統合のイベントのマッピング(一方向および双方向)
DX NetOps Spectrum
は、UIM からトラップを受信します。
DX NetOps Spectrum
は AlertMap マッピングに基づいて発信元のイベントを使用し、イベント条件/重大度に基づいて、異なるイベント コードを生成します。
DX NetOps Spectrum
は発信元イベントとして、0x06330010、0x06330011、0x06330012、0x06330013 イベント コードを使用します。 発信元イベントに基づいたイベント コードのマッピングの詳細なリストについては、ページの後半部分を参照してください。
SNMP Gateway プローブおよび SBGW/Southbound ゲートウェイを使用して、
DX NetOps Spectrum
と UIM を統合しており、spectrumgtw プローブを使用して、イベントとイベント コードを管理する方法がどのように変わるかを理解したい場合は、以下のマッピングを参照してください。
使用される発信元のイベントが
0x6330010
である場合、後で、以下の表に示すように、イベント条件に基づいて適切なイベントが生成されます。
イベント条件
生成されたイベント コード
重要度
クリアされた原因コード
UIM モデルの powerState が OK の場合
0x06330062
[クリア]
0x06330058、0x06330059
Ping による UIM モデルの通信が成功した場合
0x06330057
[クリア]
0x06330056
UIM モデルの HostPowerState が OK の場合
0x06330063
[クリア]
0x06330060、0x06330061
電源オン イベントが生成された場合
0x06330065
[クリア]
0x06330064
電源オン イベントが生成された場合
0x06330065
[クリア]
0x06330064
UIM モデルが接続状態にある場合
0x06330065
[クリア]
0x06330064
UIM モデルのステータスが電源オンの場合
0x06330065
[クリア]
0x06330064
UIM モデルの GuestState が OK の場合
0x06330062
[クリア]
0x06330058、0x06330059
UIM モデルの保守モードが OK の場合
0x06330067
[クリア]
0x06330066
デフォルト(上記のイベント条件に一致しない場合)
0x06330000
[クリア]
0x06330001、0x06330002、0x06330003
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.1 と一致する場合(ディスク アラームが発生)
0x06330030
[クリア]
0x63300031、0x63300041、0x63300051、
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.2 と一致する場合(メモリ アラームが発生)
0x06330040
[クリア]
0x63300032、0x63300042、0x63300052、
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.3 と一致する場合(CPU アラームが発生)
0x06330050
[クリア]
0x63300033、0x63300043、0x63300053、
0x06330010 を使用する
DX NetOps Spectrum
でイベント/アラームは発生しません。これは内部イベント条件のマッピングに使われます。
使用される発信元のイベントが
0x06330011
である場合、後で、以下の表に示すように、イベント条件に基づいて適切なイベントが生成されます。
イベント条件
生成されたイベント コード
重要度
電源オフ イベントが生成された場合
0x6330064
クリティカル
UIM モデルが接続されていない状態にある場合
0x6330064
クリティカル
電源オフ イベントが生成された場合
0x6330064
クリティカル
UIM モデルが実行していない状態にある場合
0x6330058
クリティカル
UIM モデルが不明状態にある場合
0x6330058
クリティカル
UIM モデルの保守状態が true の場合
0x6330066
メジャー
UIM モデルが保守状態に入った場合
0x6330066
メジャー
UIM モデルが保守状態を終了した場合
0x6330067
[クリア]
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.1 と一致する場合(ディスク アラームが発生)
0x06330031
マイナー
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.2 と一致する場合(メモリ アラームが発生)
0x06330041
マイナー
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.3 と一致する場合(CPU アラームが発生)
0x06330051
マイナー
デフォルト(上記のイベント条件に一致しない場合)
0x6330001
マイナー
0x06330011 を使用する
DX NetOps Spectrum
でイベント/アラームは発生しません。これは内部イベント条件のマッピングに使われます。
使用される発信元のイベントが
0x06330012
である場合、後で、以下の表に示すように、イベント条件に基づいて適切なイベントが生成されます。
イベント条件
生成されたイベント コード
重要度
Ping による UIM モデルの通信が失敗した
0x06330056
クリティカル
UIM モデルの HostPowerState が poweredOFF
0x06330060
クリティカル
UIM モデルの HostPowerState が不明
0x06330061
クリティカル
UIM モデルの PowerState が poweredOff
0x06330058
クリティカル
UIM モデルの PowerState が Suspended
0x06330059
クリティカル
UIM モデルは電源オフ イベントが生成された
0x06330064
クリティカル
UIM モデルは PoweredOff、イベントが生成された
0x06330064
クリティカル
UIM モデルのステータスが電源オフ
0x06330064
クリティカル
UIM モデルの GuestState が実行されていない
0x06330058
クリティカル
UIM モデルの GuestState が不明
0x06330058
クリティカル
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.1 と一致する場合(ディスク アラームが発生)
0x06330032
メジャー
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.2 と一致する場合(メモリ アラームが発生)
0x06330042
メジャー
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.3 と一致する場合(CPU アラームが発生)
0x06330052
メジャー
デフォルト(上記のイベント条件に一致しない場合)
0x06330002
メジャー
0x06330012 を使用する
DX NetOps Spectrum
でイベント/アラームは発生しません。これは内部イベント条件のマッピングに使われます。
使用される発信元のイベントが
0x06330013
である場合、後で、以下の表に示すように、イベント条件に基づいて適切なイベントが生成されます。
イベント条件
生成されたイベント コード
重要度
UIM モデルの HostPowerState が poweredOFF
0x06330060
クリティカル
UIM モデルの HostPowerState が不明
0x06330061
クリティカル
UIM モデルの PowerState が poweredOff
0x06330058
クリティカル
UIM モデルの PowerState が Suspended
0x06330059
クリティカル
UIM モデルは電源オフ イベントが生成された
0x06330064
クリティカル
UIM モデルは PoweredOff、イベントが生成された
0x06330064
クリティカル
UIM モデルのステータスが電源オフ
0x06330064
クリティカル
UIM モデルの GuestState が実行されていない
0x06330058
クリティカル
UIM モデルの GuestState が不明
0x06330058
クリティカル
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.1 と一致する場合(ディスク アラームが発生)
0x06330033
クリティカル
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.2 と一致する場合(メモリ アラームが発生)
0x06330043
クリティカル
varbind 102 の値がオクテット文字列 1.1.1.3 と一致する場合(CPU アラームが発生)
0x06330053
クリティカル
デフォルト(上記のイベント条件に一致しない場合)
0x06330003
クリティカル
0x06330013 を使用する
DX NetOps Spectrum
でイベント/アラームは発生しません。これは内部イベント条件のマッピングに使われます。
デバイスが保守モードの場合、イベント 0x06330066 が発生すると、デバイスを保守モードにし、イベント 0x06330067 が発生すると、デバイスを保守モードから削除します。
DX NetOps Spectrum
と UIM の双方向イベント:
DX NetOps Spectrum
は、spectrumgtw プローブからアラームを受け取り、Spectrum で発信元イベント
0x06330071
を使用して、イベント条件に基づいてイベントを発生させます。
イベント条件
生成されたイベント コード
重要度
クリアされた原因コード
UIM モデルが保守状態に入った場合
0x6330066
保守
UIM モデルが保守状態を終了した場合
0x6330067
[クリア]
0x06330066
UIM モデルの保守状態が true の場合
0x6330066
保守
UIM モデルの保守状態が OK である場合
0x6330067
[クリア]
0x06330066
マイナー、メジャー、重大アラームが重大度 varbind (S 101)に基づいて発生します。
イベント
生成されたイベント コード
重要度
クリアされた原因コード
マイナー イベントが発生した場合
0x0633006e
マイナー
0x0633006f、0x06330070
メジャー イベントが発生した場合
0x0633006f
メジャー
0x0633006e、0x06330070
重大イベントが発生した場合
0x06330070
クリティカル
0x0633006e、0x0633006f
デフォルト(UIM からイベントを受信したか、イベント条件や重大度が一致しない場合)
0x06330076
0x06330071 を使用する Spectrum でイベント/アラームは発生しません。これは内部イベント条件のマッピングに使われます。
一方向および双方向 UIM 統合のイベント コード
重要度
SouthBound ゲートウェイ機能の使用(一方向の統合) 
Spectrum Gateway の使用(双方向の統合)
メジャー
0x6330066、0x06330032、0x06330042、0x06330052、0x06330002
0x0633006f
マイナー
0x06330031、0x06330041、0x06330051 0x06330001
0x0633006e
クリティカル
0x06330064、0x6330058、0x06330056、0x06330060、0x06330061、0x06330059、0x06330064、0x06330033、0x06330043、0x06330053、0x06330003
0x06330070、0x06330072、0x06330074
[クリア]
以下を参照してください
IH を使用してクリア
イベント コード
原因コードがクリアされました
0x06330062
0x06330058、0x06330059
0x06330057
0x06330056
0x06330063
0x06330060、0x06330061
0x06330065
0x06330064
0x06330065
0x06330064
クリアの場合
0x06330065
0x06330064
0x06330065
0x06330064
0x06330062
0x06330058、0x06330059
0x06330067
0x06330066
0x06330000
0x06330001、0x06330002、0x06330003
0x06330030
0x63300031、0x63300041、0x63300051、
0x06330040
0x63300032、0x63300042、0x63300052、
0x06330050
0x63300033、0x63300043、0x63300053、