製品の再インストールまたはアップグレード

DX NetOps Spectrum
を再インストールするか、
DX NetOps Spectrum
のバージョンをアップグレードするときに、インストール プロセスは自動的に SetScript、UpdateScript、および ClearScript をバックアップ ディレクトリに保存します。 デフォルト スクリプトの別名(たとえば SetScript_version1 や UpdateScript_modified など)で保存したバージョンは、<$SPECROOT>/Notifier ディレクトリに保持されます。 そのディレクトリには、再インストールまたはアップグレードに含まれているデフォルト スクリプトも含まれます。
casp1032
DX NetOps Spectrum
を再インストールするか、
DX NetOps Spectrum
のバージョンをアップグレードするときに、インストール プロセスは自動的に SetScript、UpdateScript、および ClearScript をバックアップ ディレクトリに保存します。 デフォルト スクリプトの別名(たとえば SetScript_version1 や UpdateScript_modified など)で保存したバージョンは、<
$SPECROOT
>/Notifier ディレクトリに保持されます。 そのディレクトリには、再インストールまたはアップグレードに含まれているデフォルト スクリプトも含まれます。
さらに、インストール プロセスは、ユーザの .alarmrc ファイルをバックアップ ディレクトリに保存します。 .alarmrc リソース ファイルの別名(たとえば .alarmrc1 または .alarmrc2)で保存したバージョンは、<
$SPECROOT
>/Notifier ディレクトリで保持されます。
バックアップ スクリプトおよびバックアップ .alarmrc は以下のディレクトリに保存されます。
<$SPECROOT>/Install-Tools/SAVES_<date>/<time>/Notifier
非デフォルトのディレクトリを使用して作成されたカスタムの AlarmNotifier を使用する場合、AlarmNotifier は、
DX NetOps Spectrum
のマイグレーション タスクによってによってアップグレードされず、アップグレードされた
DX NetOps Spectrum
のインストールと同期していない AlarmNotifier の実行可能ファイル(およびモジュール/ライブラリ)を持つようになります。 これは、「new_release SpectroSERVER」へ接続する「old_release 通知」を持つなどの重大な問題の原因となることがあります。 この場合、現在のリリースの実行可能ファイル/モジュールに対応するため、カスタムの AlarmNotifier ディレクトリを手動で更新する必要があります。
DX NetOps Spectrum
プロセスのアップグレードにより、$SPECROOT/lib/SDPM/partslist/ の場所にあるデフォルト ファイル(製品に付属)に対して行われたカスタマイズは失われます。 アップグレード プロセスを開始する前に、これらのファイルを保持して、アップグレード後にマージすることをお勧めします。