サービス マネージャ

casp1032
DX NetOps Spectrum
Service Manager は、それが提供するビジネス サービスに基づく IT インフラストラクチャを監視し、管理するための機能を提供するツールです。 ネットワーク デバイス、サーバ、アプリケーションの集合を管理するのではなく、それらのエレメントが特定のサービスを提供またはサポートする仕組みに基づき、それらのエレメントを整理し、管理できます。
DX NetOps Spectrum
サービス モデルを観察すれば、インフラストラクチャ エレメントがビジネス サービスの可用性に与える影響を理解できます。 ビジネス サービスへの影響に基づいてインフラストラクチャ障害に優先順位を付けたり、環境の弱点を強調したりするうえでこの可視性が役に立ちます。
Service Manager のアプリケーションには、ビジネス サービス、サービス レベル アグリーメント(SLA)、サービス カスタマの各モデルを
DX NetOps Spectrum
で作成し、管理し、監視するための包括的なツール セットが含まれます。 Service Manager は、
DX NetOps Spectrum
の障害管理機能を利用し、サービス管理コンポーネントのステータスの現状と履歴について詳細な情報を提供します。 また、
DX NetOps Spectrum
Report Manager のアプリケーションで生成できる、すべてのサービス管理コンポーネントに関する一連のレポートを提供します。
サービス マネージャのコンポーネントは、以下のインターフェースで管理および監視が可能です。
  • OneClick コンソールでは、サービス マネージャの設定エディタおよびサービス管理モデルに対する管理者の完全なアクセス権限が提供されます。
  • サービス ダッシュボードでは、サービス管理モデルおよびサービス停止管理ツールのステータス ビューに対するサービス プロバイダおよびカスタマのアクセス権限が提供されます。
  • サービス レベル マネージャ ポートレットは、Unicenter Management Portal (UMP)に組み込むことができ、Service Manager モデルへのセキュリティ アクセスに基づいて、サービス、SLA、カスタマに関するステータスのサマリ情報を Unicenter ユーザに提供します。
Service Manager では、インフラストラクチャ管理機能をデバイス単位レベルとアプリケーション単位レベルを超えて拡張できます。 IT サービスのプロバイダとカスタマがサービスの可用性とパフォーマンスを検証できるメカニズムを作成するためのツールも用意されています。