イベント設定

このセクションでは、イベントおよびアラームの概念に関する概要について説明します。
casp1032
DX NetOps Spectrum
のイベントとアラームの概念
このセクションでは、イベントおよびアラームの概念に関する概要について説明します。
アラームおよびイベントについて
DX NetOps Spectrum
は、ネットワーク インフラストラクチャ内の管理対象エレメント上の障害をユーザに通知する、サービスおよびインフラストラクチャ管理システムです。
DX NetOps Spectrum
は、管理対象インフラストラクチャ内の問題領域からアラートを受信します。
DX NetOps Spectrum
は、アラートをイベントおよびアラームに変換します。これらは OneClick のイベントおよびアラーム ビューに表示されます。
DX NetOps Spectrum
は、アラート、イベント、およびアラームを使用して、IT インフラストラクチャで発生した重大な問題についてユーザに通知します。
アラート
アラート
は、ネットワーク上の管理対象エレメントから送信される要求不要メッセージです。 アラートのより具体的な定義は、アラートをレポートするために使用される管理プロトコルに応じます。 一般に、
DX NetOps Spectrum
は管理プロトコルとして SNMP を使用して、ネットワーク上のデバイスと通信します。 SNMP 対応のデバイスが生成するアラートは、
トラップ
と呼ばれます。
SNMP トラップが有効になっている管理対象エレメントが、それらのトラップを
DX NetOps Spectrum
が実行されているホストに送信するように設定できます。 ホストはトラップ
DX NetOps Spectrum
を受信し、ソース IP アドレスを使用して、管理対象エレメントに関連付けられている
DX NetOps Spectrum
データベースでモデルを識別します。 次に、
DX NetOps Spectrum
はトラップを
DX NetOps Spectrum
イベントにマップします。 その後、イベントが生成されて処理されます。
DX NetOps Spectrum
は、特定の
DX NetOps Spectrum
イベントにマップされていないトラップに特別な処理を適用します。 トラップの受信時にモデリングされていない管理対象エレメント上で発生するトラップも、異なる方法で処理されます。 詳細については、「
IT インフラストラクチャのモデリングと管理」を参照してください。
OneClick の MIB ツール アプリケーションを使用して、トラップを管理対象エレメントから特定の
DX NetOps Spectrum
 イベントにマップします。 [イベント設定]を使用してイベントと関連付けられたアラームを作成および変更する前に、これらのマッピングを実行します。 詳細については、「
認定」を参照してください。
イベント
イベント
は、
DX NetOps Spectrum
自体、または管理対象環境の中で重大なことが発生したことを示す
DX NetOps Spectrum
のオブジェクトです。 イベントは、常にモデルに関して発生します。
DX NetOps Spectrum
がネットワーク上の管理対象エレメントからアラートを受信すると、応答として、対応するモデルの
DX NetOps Spectrum
イベントを生成します(受信したトラップがイベントにマップされている場合)。
また、
DX NetOps Spectrum
は一部のイベントを自動的に生成します。 たとえば、モデルが作成または破棄されるとき、または
DX NetOps Spectrum
がデバイス アプリケーションに対して接続または切断されたときに、
DX NetOps Spectrum
 はイベントを生成します。 また、
DX NetOps Spectrum
は、管理対象エレメントとの接続が確立されたとき、または切断されたときにもイベントを生成します。
DX NetOps Spectrum
は、基礎となるイベントの設定を使用して、イベントのインスタンスを処理します。 たとえば、分散データ マネージャ(DDM)データベースのアーカイブ マネージャは、イベントのインスタンスにログを作成できます。 また、イベント インスタンスは、アラームをクリアするか、イベント ルールを使用して別のイベントを生成することができます。
ネットワーク オペレータは、OneClick の[イベント]タブでランドスケープ内の現在のイベントのリストを表示できます。 また、特定のイベントについて、イベントの説明や作成時刻などの情報を表示することもできます。
トラップをデバイスから特定の
DX NetOps Spectrum
イベントにマップするには、OneClick の MIB ツール アプリケーションを使用します。 次に、[イベント設定]を使用してイベントのカスタマイズを完了します。 [イベント設定]で、イベント処理ルールを定義し、ユーザに表示するイベント メッセージを作成し、その他のパラメータを設定します。
イベント コード
すべてのイベントには、一意のイベント コードがあります。 イベント コードは、16 進形式で表現された 4 バイト整数です。
イベント コードには、2 つの部分があります。
  • 最初の 2 バイトには、イベントを作成する開発者の開発者 ID が含まれています。
  • 最後の 2 バイトは、その開発者の他のすべてのイベント コードに関連する一意の番号でイベントを識別します。
DX NetOps Spectrum
は、MIB ツールまたは[イベント設定]を使用して作成されたすべてのイベントにイベント コードを割り当てます。 次の利用可能なイベント コードは常にデフォルト コードとして使用されます。 [イベント設定]には、デフォルト コードを上書きして、別のコードを指定するオプションがあります。
イベント コード 0x10000 は、null イベントを表します。 このイベントは生成できません。 ただし、NULL イベントは、パラメータとしてイベント コードを要求するイベント ルールで使用できます。
アラーム
アラーム
は、ユーザが対処可能な異常な状態がモデルに存在することを示す
DX NetOps Spectrum
オブジェクトです。
DX NetOps Spectrum
は、
DX NetOps Spectrum
イベント(通常は受信したトラップの結果として生成される)でアラームの作成が指定されている場合にアラームを生成します。
DX NetOps Spectrum
は、ウォッチの結果に基づいてアラームを生成できます。 また、
DX NetOps Spectrum
は、イベントが送信されなかった異常な状況に応答してイベントを送信できます。 (たとえば、モデルがその管理対象エレメントへの接続を失った場合)。
ネットワーク オペレータには、OneClick 設定に応じて複数の方法でアラームが通知されます。 たとえば、管理対象エレメントのモデル(または管理対象エレメント モデルのコンテナ モデル)を表すアイコンの色を変更することができます。 または、音声メッセージで新しいアラームを通知できます。
オペレータは、OneClick の[アラーム]タブでランドスケープ内の現在のアラームのリストを表示できます。 特定のアラームについて、詳細な情報を表示することもできます。 たとえば、ユーザがアラーム、その兆候、想定される原因、および推奨される修正アクションを確認したかどうかを確認できます。
アラームを引き起こした異常状態が終了すると、別のイベントによって対応するアラームが自動的にクリアされます。 アラームを手動でクリアし、必要に応じて外部のサードパーティ アプリケーションまたは内部の
DX NetOps Spectrum
 アプリケーションにアラーム通知を送信できます。
トラップをイベントにマップするときに、MIB ツールでイベントがアラーム(およびアラーム重大度)を生成するかどうかを指定できます。 ただし、[イベント設定]を使用してアラーム パラメータをさらに設定し、アラーム重大度を変更します。
以下の図に、
DX NetOps Spectrum
内のアラート、イベント、およびアラームのフローを示します。
spec--ec--flowofevents--OTH