冗長接続

内容
casp1032
モデリングされたデバイスにネットワークでの通信に使用可能な IP アドレス プールが設定されている場合、
DX NetOps Spectrum
はこれらの IP アドレスを使用して、そのデバイスの冗長接続を作成できます。
DX NetOps Spectrum
が指定されているプライマリ アドレスでデバイスに到達できない場合、冗長機能が有効なデバイスに対して、
DX NetOps Spectrum
は使用可能な IP アドレスのリストを使用して接続の再確立を試みます。
冗長優先アドレス リスト
DX NetOps Spectrum
冗長機能をサポートするデバイスは、そのインターフェース IP アドレスが含まれる冗長優先アドレス リストを持っています。このリストは、ルータが最初にモデリングされるときに作成されます。
DX NetOps Spectrum
はこのリストを使用して、デバイスに対する冗長接続を決定します。 デバイスには、デバイスをモデリングする際に決定されるプライマリ アドレスがあります。
DX NetOps Spectrum
のモデリング プロセスには、ループバック機能もあります。 ループバック機能を使用するように設定されている VNM では、デバイスの有効なループバック アドレスとして最初に検出されたアドレスが、デバイス モデルのプライマリ アドレスとして使用されます。
推奨されるリストからの共有 IP アドレスの削除
DX NetOps Spectrum
は、デバイス モデルの冗長優先アドレス リストから、「共有されている IP アドレス」として検出した IP アドレスを自動的に削除します。
DX NetOps Spectrum
は、これらの共有されたアドレスを[冗長除外アドレス]リストに配置します。 このような共有 IP アドレスは、
DX NetOps Spectrum
が冗長 IP アドレスを使用していたデバイスとの通信が切断された後でそのデバイスとの通信の復元を試みる際には使用されません。
ユーザが手動で共有 IP アドレスを冗長優先アドレス リストに追加した場合、そのアドレスは
DX NetOps Spectrum
によって自動的に冗長除外アドレス リストに戻されます。 現在のビューを閉じて再開するまで、このリストは参照できません。
デバイス プライマリ アドレス
デフォルトでは、ネットワーク通信用としてデバイスに割り当てられる IP アドレスが、デバイスのプライマリ アドレスになります。 デバイスのネットワーク アドレスが変更された場合は、OneClick でプライマリ アドレスを変更できます。
DX NetOps Spectrum
は、プライマリ アドレスでデバイスにアクセスできない場合、冗長優先アドレス リストの 1 番目の IP アドレスを使用してデバイスへの接続を試みます。
デバイスのプライマリ アドレスと冗長優先アドレス リストの IP アドレスは、[IP 冗長性]サブビューで変更できます。
IP 冗長性サブビュー
[IP 冗長性]サブビューには、
DX NetOps Spectrum
がデバイスへの冗長通信パスを作成および監視する際に使用する属性と設定が表示されます。 [IP 冗長性]サブビューにアクセスするには、ナビゲーション画面、[リスト]タブ、または[トポロジ]タブのいずれかでデバイスを選択し、コンポーネント詳細画面で[情報]タブを選択します。 [情報]タブに[IP 冗長性]サブビューが表示されます。
冗長を有効化
この属性に「はい」が設定されている場合、モデリングされたデバイスのプライマリ アドレスが使用不可能で、そのデバイスの冗長優先アドレス リストが存在するときには、
DX NetOps Spectrum
はそのリストのアドレスを使用します。
冗長アラームの生成
この属性に「はい」が設定されている場合、デバイスにそのプライマリ アドレスで接続できないときには、
DX NetOps Spectrum
はアラームを生成します。
冗長優先アドレスの選択
[冗長優先アドレス]リストには、デバイスがネットワーク通信に使用できる IP アドレスが含まれます。 デバイスの[冗長優先アドレス]リストでは、手動で IP アドレスを追加または削除できます。
以下の手順に従います。
  1. 冗長な IP アドレスを持ったデバイスを選択します。
  2. [情報]タブをクリックし、[IP 冗長性]サブビューを展開します。
  3. [プライマリ アドレス]の横の[設定]をクリックします。
    [優先アドレス]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [冗長優先アドレス]リストの下の[追加]をクリックします。
  5. [IP アドレスの追加]ダイアログ ボックスでリストに追加する IP アドレスを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    IP アドレスが[冗長優先アドレス]リストに表示されます。
  6. [OK]をクリックします。
    デバイスの[冗長優先アドレス]リストへの変更が適用されます。
冗長なアドレスの除外
冗長除外アドレス リストには、デバイスがネットワーク通信に使用できない IP アドレスが含まれます。 デバイスの[冗長除外アドレス]リストでは、手動で IP アドレスを追加または削除できます。
以下の手順に従います。
  1. 除外 IP アドレスを追加するデバイスを選択します。
  2. [情報]タブをクリックし、[IP 冗長性]サブビューを展開します。
  3. [プライマリ アドレス]の横の[設定]をクリックします。
    [優先アドレス]ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [冗長除外アドレス]リストの下の[追加]をクリックします。
  5. [追加]ダイアログ ボックスで除外リストに追加する IP アドレスを入力し、[OK]ボタンをクリックします。
    IP アドレスが[冗長除外アドレス]リストに表示されます。
    [冗長優先アドレス]リストでアドレスを選択し、2 つのリストの間にある右矢印をクリックすることによって、そのアドレスを[冗長除外アドレス]リストに移動することもできます。 同様に、[冗長除外アドレス]リストでアドレスを選択し、2 つのリストの間にある左矢印をクリックすることによって、そのアドレスを[冗長優先アドレス]リストに移動できます。
デバイス通信の共有 IP について
共有 IP アドレスは冗長除外アドレス リストに追加済みであることが多いので、
DX NetOps Spectrum
の冗長インテリジェンスが共有 IP アドレスを使用してデバイスとの通信を試みることはなく、
DX NetOps Spectrum
が PrimaryAddress 属性に共有 IP アドレスを割り当てることも決してありません。
また、ユーザがデバイス モデルの NetworkAddress 属性または PrimaryAddress 属性に新しい値として共有 IP アドレスを設定しようとすると、警告ダイアログ ボックスが表示され、新しい値を設定することはできません。